« WCRLラリーオビディエンス体験競技会参加者募集中 | トップページ | 愛犬の身体能力を把握する »

2018年9月29日 (土)

リングドッグへの道 その1

今回のご相談は愛犬を結婚式のリングドッグにというもの。

先日初顔合わせしたE君は、とってもおとなしい5歳の男の子。
今まで特にトレーニングの必要性を感じたことが無いとおっしゃるほど、日常生活には全く問題はありません。

では、リングドッグになるためにはまず何をしなければいけないか。

リングドッグの設定もいろいろありますが、単独入場となるとかなりハードルが高いので、呼ばれたらリングを運ぶという設定から始めることにしました。
っが、日常的にあまり呼び戻しの練習をしていらっしゃらないとのこと。
確かに、名前に対する反応はいまひとつ。


元々あまり飼い主さんのそばから離れない子の場合、呼び戻しの必要性も無いので、練習をしているご家庭は少ないのかもしれませんが、呼び戻しはこれからのE君の人生にとって学んでおいて損はないと思うので、まずは呼ばれたら来るというところから始めることにしました。


201809291


E君、あたりまえですが、ママのやさしくてちょっとトーンが高い声の方が、パパの低めの声よりいい反応。

ポイントは楽しそうに名前を呼んであげることですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

|

« WCRLラリーオビディエンス体験競技会参加者募集中 | トップページ | 愛犬の身体能力を把握する »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/67221490

この記事へのトラックバック一覧です: リングドッグへの道 その1:

« WCRLラリーオビディエンス体験競技会参加者募集中 | トップページ | 愛犬の身体能力を把握する »