« 「持来」は意外と難しい | トップページ | ルーティンのつくりかた »

2018年8月21日 (火)

ラリオビ練習会

週末AFC(アニマルファンスィアーズクラブ)でWCRL規定のラリーオビディエンストライアルがあるので、今日は参加者のための練習会を開きました。

今回初参加の方が何人かいらしたので、レベル1から、レベル2、そしてアシスタントが参加するレベル3の練習を行いました。

しかし、どのレベルであっても、結局はハンドラーの問題だと感じました。

サインカードに慣れていないと、ハンドラーはいちいちカードを読むため、余裕がありません。
余裕がなくなると、パートナーを褒めることすらできなくなり、パートナーは次第に不安になって、集中力が保てなくなるわけです。
負のスパイラルのようですね。


しかし、今回同じコースを二度目に歩いてもらったときは、自分の弱点にも気づき、パートナーを褒めるタイミングも自然になってきました。
すると、パートナーの尻尾も上がって楽しそうになります。

今回参加してくれたペアたちは、基本のオビディエンストレーニングは出来ていますし、ドッグダンスにも楽しんでいらっしゃる方たち、レベル3のエクセサイズに出てくるパートナーと一緒にバックステップもなんなく踏んでくれます。

まずはハンドラーが慣れることですね。

ちなみに今回初トライのアシスタントのレベル3。
まさにハンドラーの余裕のなさがアシスタントにも伝わったようです。


201808211
Photo by A.Hさん

とりあえず練習の成果はでたようで、ハードルは無事跳びました(笑)。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

|

« 「持来」は意外と難しい | トップページ | ルーティンのつくりかた »

ラリーオビディエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/67082098

この記事へのトラックバック一覧です: ラリオビ練習会:

« 「持来」は意外と難しい | トップページ | ルーティンのつくりかた »