« トリックレッスン@DogLifeDesign | トップページ | ドッグダンス:フロントポジションからのバックステップ »

2018年6月25日 (月)

ドッグダンス:フロントポジション

ドッグダンスのポジションはいくつかありますが、そのうちのひとつフロントポジション。
競技会によってはヒールワークトゥミュージック(HTM)のポジションと認めていませんが、ハンドラーと犬が向かい合わせの位置関係です。

201806251


ヒールワークのポジションとは認められてなくても、フロントポジションは様々なトリックを教えるときに有効なポジションです。
なぜなら、犬がハンドラーの顔が見られるので一番安心できる場所でもあるからです。


例えば、「オスワリ」、「お手お代わり」などの基本的な動きも向かい合わせで始めることが多いものです。

ドッグダンスで必須のバックステップや前足を交差させるクロスなどのトリックもフロントポジションから教えます。
もちろん、バックステップの足づかいに関しては、脚側位置からハンドラーと一緒に下がることから教えますが、スムースに下がれるようになっていたら、向かい合わせからバックステップの距離を伸ばしていきます。

つまりフロントポジションは覚えておくと便利なポジションです。

角度や距離も含め、正しく教えてあげましょう。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

|

« トリックレッスン@DogLifeDesign | トップページ | ドッグダンス:フロントポジションからのバックステップ »

ドッグダンス(K9フリースタイル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/66869928

この記事へのトラックバック一覧です: ドッグダンス:フロントポジション:

« トリックレッスン@DogLifeDesign | トップページ | ドッグダンス:フロントポジションからのバックステップ »