« ドッグトレーニング:トイレトレーニング | トップページ | 犬の行動学:食餌中の威嚇 »

2018年6月11日 (月)

ドッグトレーニング:前進を教える

ドッグダンスには遠隔のムーヴがあります。
つまりハンドラーとパートナー(犬)が離れてシンクロしたり、違う動きをしたりするのですが、パートナーがハンドラーから離れるためには、パートナーが一人で動かなければいけません。

パートナーを待たせてハンドラーだけが離れる方法も無くはありませんが、ドッグダンスである以上、犬が動いていることが一番のポイントです。
犬より人が目立ってしまってはドッグダンスとは言えません。

そこで個人的にはパートナーがハンドラーから離れていく方法を私は推奨しています。
そのためには、パートナーがバックステップやサイドステップ、あるいは前進してハンドラーから離れる技をパートナーに教えなければいけません。

今回のプライベートレッスンでは、前進の導入方法をお伝えしました。


201806111

初めはターゲットを用意し、そこに向かっていくことを教えていきますが、最終的にはターゲットが無くてもハンドラーから次のキューが出されるまで前進し続けるように伝えていきます。

「前進」はオビディエンス(服従訓練)でも課題に含まれているので教えていきますが、遠隔を教えるのはなかなか難しいので、少しずつ伝えていくことがポイントです。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
WCRL規定ラリーオビディエンスの座学と競技体験会開催します。
詳しくはこちらから
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

|

« ドッグトレーニング:トイレトレーニング | トップページ | 犬の行動学:食餌中の威嚇 »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/66820062

この記事へのトラックバック一覧です: ドッグトレーニング:前進を教える:

« ドッグトレーニング:トイレトレーニング | トップページ | 犬の行動学:食餌中の威嚇 »