« ニコルドッグダンスクラブリハーサルショウ@woof | トップページ | ラリーオビディエンス初タイトル »

2018年3月27日 (火)

ドッグトレーニング:誘惑(刺激)のレベル

「家では出来るのに外で出来ない。」という言葉をよくお聞きします。
当然です。
家の中は誘惑などの刺激が少ない慣れた場所なので、飼い主さんが言ったことが耳に入って来やすいからです。
反対に外に出れば、犬、人、車などなど、環境刺激が満載なので、犬たちは気を散らしてしまい、飼い主さんの言っていることに耳を傾けづらくなります。

環境刺激は、犬にとって「大好きなもの」であったり「嫌いなもの」であったりしますが、いずれにしても、犬の気持ちは全てその刺激に向けられ、他のことは目や耳に入らなくなります。

例えば車の動きが気になって興奮してしまうM君、レッスンを重ねることで、車との距離が近くなっても大分無視できるようになりました。
それでも、大型トラックやスピードを出す車には少し反応してしまいます。

ところが、今日はアシスタントのニコルと一緒に散歩に出たところ、若いM君はアシスタントが気になって車にほとんど反応しませんでした。
アシスタントは車より刺激的ということですね。


201803271


犬にも苦手なものはあります。
それを少しずつ克服していくには、時間をかけて慣らしていくことが必要です。

陽性強化トレーニングを使い、アイコンタクトを強化することで、車を注視することから、ハンドラー(飼い主さん)に目を向けることが習慣になっていたM君ですが、車の刺激より犬の刺激の方がM君にとっては優先順位が高かったということです。


愛犬にとっての優先順位はトレーニングを行うときに重要なポイントにもなります。トリーツ(おやつ)一つとっても、レベルが違うので、トリーツならなんでも同じというわけではありません。

いろいろ試しながら、効果的なトレーニング方法を進めることで、犬のストレスを最小限に抑えることもできます。

まずは愛犬のことをよく観察してみましょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

|

« ニコルドッグダンスクラブリハーサルショウ@woof | トップページ | ラリーオビディエンス初タイトル »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/66545130

この記事へのトラックバック一覧です: ドッグトレーニング:誘惑(刺激)のレベル:

« ニコルドッグダンスクラブリハーサルショウ@woof | トップページ | ラリーオビディエンス初タイトル »