« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

ドッグトレーニング:非日常の誘惑

生徒さんの犬と歩いていると、「先生とやっているとき、すごく楽しそうで、出来る子に見える。」などと言われることがあります。

別に突然出来る子になったわけではなく、元々出来る子ですが、私と一緒に歩いていると、犬が楽しそうにしてくれていることが多いのでそう見えるのでしょう。

しかし、それは別に私がスーパードッグトレーナーなのではなく、私がたまにくるおばさんなので喜んでくれているだけです。


レッスン中私が犬を叱ることはほとんどありません。
別に、悪いことをしても叱らないのではなく、悪いことをする前に、しないで済むような環境設定をしているので、あまり叱る状況にならないのです。

たとえ失敗してしまったとしても、些細な場合は褒められないだけなので、嫌われるようなことはあまりしていないということもあります。

しかし、日常一緒にいる飼い主さんは、家の中や外でのルールから外れてしまえば叱らざるを得ません。
これは私の犬でも同様です。
一日24時間ずっと犬の行動に先回りするわけにはいかないので、たまにはやらかしてしまうこともあります。
そんなときは、「それは違う。」とはっきり伝えていかなければいけません。
まぁ、どちらかというと、こちらのミスの方が多いので、やっぱりあまり叱っていないかもしれませんね(笑)。


いずれにしても、毎日見ている飼い主さんより、たまに来るおばさんの方が珍しいので、好奇心旺盛な子であればあるほど私に集中しやすくなります。

それは非日常の誘惑、外的刺激とも言えます。


飼い主さんは、そんな非日常の誘惑が無い場所で、普段きちんと練習して下さっていれば、犬たちはちゃんと学習して、学んだことを身に付けていきます。
悲観することなく、目標を持って続けていきましょう。


201803311

多くの生徒さんはたまに会う私に喜んでくれますが、それはどんなトレーナーであっても同じだと思います。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

ドッグトレーニング:Leave it(リーヴイット)

日本はサクラ前線が縦断していて、桜のお花見で、人の心はついつい浮かれがちです。
お散歩の途中のお花見もありですが、愛犬の様子から目を離さないことも大事です。

201803301


今日の散歩中も何度かお散歩の犬たちと遭遇しました。
わが家の見習いは若い雄犬ということもあり、散歩中は他の犬にかまわないように教えています。
その時使っている言葉が、「Leave it.」
「それは放っておきなさい」という意味です。

これは落ちているものの拾い食いなどにも使う言葉です。

通りの向こうから小型犬を連れてお散歩している家族が歩いてきたので、我が家は通りの端に避けながら、見習いに「Leave it」。

見習いは気になりながらも、その場で待機していたのですが、小型犬を連れたご家族はどんどんこちらに近づいてきます。
小型犬はまだ子犬のようで、ご家族を引っ張りながら見習いのほうに向かってきます。

さすがにこれ以上は難しいかと思い、ハーネスを掴んだところ、相手の犬が見習いに吠えかかってきました。
これをやり過ごすにはまだまだ修行が足りない見習い。
少し吠えてしまいました。

しかし、私はこれについて彼を叱らず、ハーネスを掴んだままでいました。

続いて反対からもまた小型犬が見習い目指して来たので、続けて「Leave it」と声をかけたところ。
連れていた方が外国人の方だったので、自分の犬を制御しながら通り過ぎて行きました。
見習いも吠えずに落ち着いてやり過ごしたので、おもいきり褒めてやりました。

何事も繰り返し続けることが大事です。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

ラリーオビディエンス練習会


今日のラリーオビディエンスの練習会ではレベル2も取り入れてみました。

WCRL規定のラリーオビディエンスにはイントロクラス、レベル1、レベル2、レベル3、ベテランクラスと5つあります。

イントロクラスは初心者向けですが、多少のオビ(服従訓練や基本トレーニング)の経験者(犬)であればレベル1クラスからエントリーすることができます。

レベル1クラスで3回合格(異なる2名のジャッジによる審査)するとレベル2に上がることができます。
レベル1はリード付のクラスなので、リードさばきに気を付けなければいけませんが、レベル2になると、リード無のクラスになります。
オビ経験者にとっては、リード付は簡単そうで意外と難しいもの。
ちょっとでもリードが張ったように見えるとペナルティです。


っということで、早くレベル1を終わらせてレベル2に行きたいと思う人が多いのですが、今日の練習会には近々レベル2に上がれそうな方が参加されていたので、レベル2のコースも作ることにしました。

レベル2はレベル1と違い、遠隔作業が沢山盛り込まれています。
さらに障害飛越も入り、バリエーションもゆたかです。


201803291


今回初参加のJ君は、先日JKCの訓練競技会のCDIで一席をとった強者。
ラリオビ初とは思えない確実な作業でハンドラーさんを含め、周囲を驚かせました。


201803292


基礎トレーニングは大事ですね。


ラリーオビディエンスの練習会を不定期に開催しています。
参加してみたい方はお気軽にお問合せ下さい。

ちなみに4月はオプデスとアニマルファンスィアーズクラブ、6月はアニマルファンスィアーズクラブでトライアルが開催されます。
ご興味がある方は是非チャレンジしてみてください。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

ラリーオビディエンス初タイトル

昨年からアシスタントと始めたWCRL規定のラリーオビディエンスで、レベル1を3回合格したので、次回のトライアルからはレベル2に昇格できることになりました。
これでようやくオフリーシュで競技ができます。

しかも、今回レベル1の点数が3回続けて190点以上ということで、"Award of Excellence"というタイトルも付いてきました。


201803281

今年からオプデスがトライアルを開催するようになって競技の回数が昨年より増えるので、早くレベル1をクリアできる人が増えることでしょう。

愛犬を褒めながら作業出来るラリーオビディエンスは、一般の服従訓練やオビディエンスと比べると、愛犬の集中が取りやすい競技です。



<昨年アシスタントと参加したレベル1>

しかも、アジリティ競技のように、ひとつひとつの課題をクリアして次に進むというゲーム性も加味されています。

走るのが苦手でアジリティに踏み込めない人は是非ラリーオビディエンスにトライしてみませんか?

定期的に練習会を開催していますので、ご興味がおありの方はお気軽にお問合せ下さい。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

ドッグトレーニング:誘惑(刺激)のレベル

「家では出来るのに外で出来ない。」という言葉をよくお聞きします。
当然です。
家の中は誘惑などの刺激が少ない慣れた場所なので、飼い主さんが言ったことが耳に入って来やすいからです。
反対に外に出れば、犬、人、車などなど、環境刺激が満載なので、犬たちは気を散らしてしまい、飼い主さんの言っていることに耳を傾けづらくなります。

環境刺激は、犬にとって「大好きなもの」であったり「嫌いなもの」であったりしますが、いずれにしても、犬の気持ちは全てその刺激に向けられ、他のことは目や耳に入らなくなります。

例えば車の動きが気になって興奮してしまうM君、レッスンを重ねることで、車との距離が近くなっても大分無視できるようになりました。
それでも、大型トラックやスピードを出す車には少し反応してしまいます。

ところが、今日はアシスタントのニコルと一緒に散歩に出たところ、若いM君はアシスタントが気になって車にほとんど反応しませんでした。
アシスタントは車より刺激的ということですね。


201803271


犬にも苦手なものはあります。
それを少しずつ克服していくには、時間をかけて慣らしていくことが必要です。

陽性強化トレーニングを使い、アイコンタクトを強化することで、車を注視することから、ハンドラー(飼い主さん)に目を向けることが習慣になっていたM君ですが、車の刺激より犬の刺激の方がM君にとっては優先順位が高かったということです。


愛犬にとっての優先順位はトレーニングを行うときに重要なポイントにもなります。トリーツ(おやつ)一つとっても、レベルが違うので、トリーツならなんでも同じというわけではありません。

いろいろ試しながら、効果的なトレーニング方法を進めることで、犬のストレスを最小限に抑えることもできます。

まずは愛犬のことをよく観察してみましょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

ニコルドッグダンスクラブリハーサルショウ@woof

ドッグダンスのワークショップの翌日は屋内ドッグランを使ってドッグダンスのリハーサルショウを開催させていただきました。

なぜ、コンペとかファンマッチとか言わないのかと言うと、これからシーズン真っ盛りとなるドッグダンスの競技会やファンマッチに向けて、ハンドラー、犬共に、場慣らしやルーティーンの調整に使っていただければと思ったからです。
もちろん、ルーティーンが仕上がっている方には素晴らしいパフォーマンスを見せて頂きたいので、プレコンペというカテゴリーも作ってみました。


数日前の大雪にもかかわらず、参加者の皆様キャンセルなく現地までお出で下さり、寒い中でパフォーマンスを披露され、他の方の演技や練習をご覧になりました。

リングの中に入ってから、演技を始めるまで、人も犬もどうやって集中を取って行くのか、そんなところをお互い観察するいい機会と感じて頂ければと思っています。


持ち時間6分の中で、最初から演技をする人、犬の集中力が取れるまで馴致する人、最後まで犬と一緒に楽しい時間を過ごす人、それぞれの目標が達成できていればいいのですが。


リトライを含め50組ほどのエントリーが終わった後は、主催者側の独断と偏見で書いた感想のコメントと、勝手に選ばせて頂いた入賞者を発表させていただき、予定時間内に無事に終わることができました。

201803268

お集まりいただいた皆様と、精鋭スタッフの皆様、共催して商品を提供して下さった株式会社共立商会様に心より御礼申し上げます。
最後まで文句ひとつ言わずに付き合ってくれた犬たちにも感謝。


以下は入賞者の方々です。

201803261

201803269

201803262


201803263


201803264


201803265


201803266


201803267


機会がありましたら、また次回お会いできるのを楽しみにしております!!

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

ニコルドッグダンスクラブワークショップ@woof

先週の金曜日は山中湖のwoofにてドッグダンスのワークショップを開催しました。

時節柄屋内ドッグランでは難しいため、本館2階の多目的ルームを2部屋使って行いました。

201803251


今や春と秋のシーズンは毎週どこかで競技会が開催されるほどになってきたドッグダンスですが、実際に音楽に合わせて犬と動こうとすると、犬が言うことを聞いてくれず、音楽に乗れなかったり、離れたポジションでシンクロしたいのに、犬が離れてくれないなど、いろいろな現実に直面することになります。

どうしてやってくれないのでしょうか、どうして離れられないのでしょうか。

そんなお悩みの解決に役立てばというのが今回のワークショップのベースでした。

ドッグダンス(フリースタイル)は究極のオビディエンスと私は思っています。
オビディエンスと言うと「服従訓練」というイメージで、力で犬をコントロールすると思っている人がいまだにいるようですが、犬のトレーニング方法は進化しています。
特にノーリードで行うドッグダンスにおいては、リードを使って犬に言うことを聞かせると言うことは根本的に出来ません。

どうやったら、犬にやって欲しいことを理解させ、行動に移せるようにサポートしていくかということがすべての基本にあります。

ハンドラーの指示のキューがきちんと犬に伝わっているのか、犬は理解できているのか、どうすれば理解しやすいのか、と言ったところで、オビディエンスの段階ごとに確実に理解させながら次のステップに上がっていく工程と、プラットフォームと言うツールを使って犬の理解をサポートする方法、そして最後にタイムオーバーしてしまいましたが、ドッグダンスのルーティーン(演目)を作るにあたってのポイントなどをお話させて頂きました。

201803252

201803253

開催日直前の降雪で、一時は通行止めかと懸念された現地への道のりも、開催日前日には整備され、皆様無事に到着されました。

丸一日がかりで、参加者、参加犬、見学の方もさぞお疲れになったことでしょうが、少しでも何か持って帰って頂けたと楽観的に信じております。

201803254

犬に伝える楽しさ、犬に伝わる喜びを、是非ドッグダンスを通して実現していって頂きたいと思います。

ご参加の皆様、陰になり支えて下さったスタッフや生徒さんに心より感謝いたします。


---------------------------------
ブログ村に参加しています!ワンクリック励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

ドッグダンスワークショップ&ドッグダンスショウ


今週末ドッグリゾートwoofで開催予定のイベント目前に、予想しなかった降雪に見舞われている関東甲信越地方ですが、明日以降は天気も回復し、気温も高めに推移しそうです。

山中湖までの道のりが懸念されますので、明日以降変更がある場合は当ブログおよびFacebookにてお知らせして参ります。

ちなみに、今日のwoofさんの様子はこんな感じです。
https://www.facebook.com/dogresortwoof/?hc_ref=ARQQ1wXlkmyZ79kesVLgpqC_cSWB6GrKTe0MHxQtg3GgR2x7gtoYkMNLvjK2wvzLhT4&fref=nf

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

ドッグスポーツ:犬にとっての義務感とは

犬と一緒に楽しめるドッグスポーツは沢山あります。
ハンドラー(飼い主)も体力や運動神経が多少は必要なアジリティやフライングディスク、もちろんドッグダンス。またガンドッグやフライボール、犬ぞりなどなど様々なドッグスポーツがあります。

私が犬たちと日々やっているオビディエンスも、私にとってはドッグスポーツのひとつです。犬に新しい行動を教えていくには体力と忍耐は欠かせません。

しかし、なぜかオビディエンスや服従訓練をやっていると、犬に多くのことを求めすぎるせいか、犬がハンドラーの思い通りに動かない時、ハンドラーは「この犬にはまだ義務感がない。」などという言葉を耳にします。

犬の「義務感」とは何でしょうか。

ハンドラーの出したキューに対し、理解できていてもやらない場合は「義務感が無い」ということになってしまうのでしょうか。


「義務感とはやりたくなくても、仕方ないからやるという気持ち」のように捉えられている場合、その成果は果たして喜ぶべきものなのでしょうか。


愛犬がもし「仕方ないからつきあってやるよ。」と人間の言葉で伝えて来たとき、ハンドラーが「悪いな。ちょっと我慢してくれよ。」と言葉を返したとしたら、両者の関係性はお互いがうまく折り合いをつけているように見えます。

しかし、単純に「おまえには義務感がないのか」とハンドラーに言われてしまった犬は、「すみません。」と謝らなければならないのでしょうか。


「ボクはあなたと一緒に何かすることが楽しいので、義務だとは思っていませんよ。」と言ってくれる犬と一緒に私はスポーツを楽しみたいと思うのですが、それは単なる理想論でしょうか。


私は「義務感」と聞くたびに違和感を感じてしまいます。

201803201
昨年の初オビ1参戦時の見習いとのヒールワーク。
見習いがまだ若く、慣れていないためにストレスサインが出ています。
それでも頑張ってくれたのは、義務感からではないと私は思いたい。

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

ラリオビ&ドッグダンスレッスン@わんのわさん

今日は相模原のわんのわさんでのレッスンでした。

午前中のラリーオビディエンスは、コーンを使った動きと、レベル2になると出てくる遠隔作業を体験していただきました。
遠隔と言っても、通常のオビディエンスのように10メートル離れるといったことはありませんが、レベル2になると犬を待たせててハンドラーが犬から離れる課目がいくつかあります。

服従訓練やオビディエンスに出てくる「行進中の作業」とは異なり、犬といったん停止してから離れることができます。
確実に「マテ」を伝えてあげることと、その後の呼び戻しをきちんと行えば難しいことではありません。


201803191


後半はドッグダンスのレッスンでした。
今期最終回ということもあり、課題曲に合わせてショートルーティンを創っていただき、参加者の前でお披露目となりました。


201803192


前期はおおよその動きをこちらで決めて踊って頂きましたが、今回は参加者各自が考えた振付ですので、バリエーションが沢山見られて楽しいルーティンとなりました。


201803193


来期は遠隔などもふくめ、更にステップアップ出来るように頑張っていきましょう。

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

犬:性別の違い

犬という大きなくくりの中で見た場合、メス犬とオス犬の違いは体の構造だけではないと感じる人は多いのではないでしょうか。

メス犬は空気を読む一方で、いろいろなことを考えるので、扱いにくいとなどと言われ、オス犬は単純でわかりやすくかわいいが、おバカなどと言われたりします。

別に本当に「バカ」なのではなく、人間同様性別によって思考回路が違うのではないかとよく思います。

特に我が家のアシスタントたちの場合、メス犬は嫌なことがあると、さっさと職場放棄をしてしまいますが、オス犬は困った時にこちらに助けを求めに来たりします。


また、オス犬の方が圧倒的に成長がゆっくりで、精神的に落ち着くまでには3歳から4歳と言われていますが、メス犬は体の成熟とともに2歳ぐらいまでには落ち着く子が多いようです。
もちろん個体差があるので、一概には言えませんが、メス犬は人間の女性と同じように、一度にいろいろなことを処理できる能力があるのか、周囲が気になったり、余計なことを気にしたりしていることがよくありますが、オス犬は一点集中型で、いっぺんにいろいろなことをやらせようとするといっぱいいっぱいになることがあるようです。

それぞれの成長に合せて対応する必要がありますね。

今日は見習いが再びJKCのオビディエンス2に参戦してきました。
前回「休止」と「招呼」以外、頭の整理が出来ず散々な結果でしたが、今回は1課目以外はちゃんと点が付く結果となりました。
もちろん、まだまだなのですが、人の話が少し聞こえるようになった気がします。

日々の繰り返し練習に加え、頭を整理できるような精神的な成長が伴わないと結果につながりません。
まだまだ先は長そうです。


201803181


---------------------------------

4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

ドッグトレーニング:環境設定

犬のトレーニングはただ新しい行動を教えたり、やって欲しくない行動をやめさせるだけではありません。

やって欲しい行動を犬がとりやすくしたり、やって欲しくない行動を出にくくするための環境設定が不可欠です。

っとまぁ、これは犬の話しなのですが、今日たまたま聴いていたラジオで、投稿者がメタボを気にしつつも、仕事の帰り道に「天玉そば」を食べてしまう行動を嘆いているというので、ナビゲーターが通勤経路を変えたらいいんじゃないかとさりげなく言ったのです。
まさに、これこそ環境設定。
そば屋の前を通らない経路に変更することで、投稿者は誘惑を回避でき、メタボは止められるというわけです。


同様に散歩の経路に吠えかかる、あるいは吠えかかられる犬がいる場合、その道を通らなければ愛犬にストレスがかかって吠えるという習慣は減らせるわけです。

やって欲しくない行動を出させない環境設定。
例えば、盗み食いをさせたくないと思ったら、食べものを愛犬の口が届くところに置かなければいいし、場合によっては愛犬がアクセスできないように部屋を分けることも必要です。

愛犬に無用なストレスを与えないように環境を整えることもドッグトレーニングの一部と言えるでしょう。

201803171
例えば、多頭飼いの場合、食事中のいさかいが心配であれば、クレートに入れるなど、離して食べさせることで余計なストレスは減ります。


--------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

ドッグダンス:リハーサルショウのご連絡

3月24日開催のリハーサルショウにご参加の皆様に、本日プログラムをメールで送らせて頂きました。
もしお手元に届いていらっしゃらない方はご連絡下さい。

当日は7:45からwoof屋内ドッグランの二階席のみ入場できます。
一階席のご入場および受付は8:00からとなります。

開会式前に馴致時間を取っていますので、1番~10番の方は時間のご確認宜しくお願いいたします。

尚、お申し込み時にプレコンペとファンクラスとにカテゴリー分けをしておりますが、多頭エントリーの方もいらっしゃるので、午前の部の前半と午後の部の前半にプレコンペの方の演技時間をまとめています。

持ち時間6分は両カテゴリーとも同じですが、プレコンペの方は途中で音を止めたりすることは出来ません。
時間内で一曲通しで演技をしていただき、余った時間に関しては、パーツの練習に使われたり、馴致や遊びの時間にしていただいても構いません。

当日はCDとパートナーと衣装をお忘れになりませんように。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。


当日お会いできるのを楽しみにしております。

201704151
画像は去年の4月です。

--------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

ドッグトレーニング:臭気選別を教える -Vincentの場合-


犬の訓練競技には「臭気選別」という課目があります。
臭気選別とは、名前の通り匂いを嗅ぎ分けさせることで、犬の嗅覚を使った、最も犬らしい競技と言っても過言ではないでしょう。

警察犬、災害救助犬、麻薬探知犬、医療現場での病気の探知犬など、犬の嗅覚を有効活用した作業犬は多岐にわたります。

もちろん、一般家庭の犬が誰でもそうなれるわけではありませんが、トレーニングによって潜在能力をある程度まで引き出すことは可能です。

最近巷で流行っているノーズワークなどがいい例で、犬たちが鼻を屈指して、目的のものを探し当てたり、選別している姿を見ると、その能力の素晴らしさに感動するとともに、犬たちの自然な動きを改めて目の当たりにすることができます。

以前飼っていた犬たちは家庭犬としての訓練競技会には出ていましたが、臭気選別は経験したことがありませんでした。
オビディエンスを現アシスタントと初めてから、臭気選別が課目にあるので初めて教え、予想以上に能力があることに驚かされました。
そして今見習いに教えていますが、アシスタントとは違い、頭の中がうまく整理されずに、ことごとく壁にぶつかります。

特に彼は「持来」が大好きで、咥えて持って帰ってくることで頭がいっぱいになっているため、落ち着いて作業する頭を作らないと正解を出せません。
これは臭気選別に限ったことではありません。
常に、「冷静に!」と声をかけたくなるほど。


正解と不正解の違いを理解させること、正解以外を口に入れてはいけないこと、咥えた正解を噛み返さないことなどなど、教えなければいけないことは沢山ありましたが、ようやく外での練習でも正解率があがってきました。

気になる地面の匂いや、周囲の刺激の中で、頭を整理することが少し出来るようになってきたのかもしれません。

前回の競技では、正解を持って戻ったものの、途中違う木片を2度咥えてしまったことで得点できませんでした。

週末は正解のみに集中して持って帰ってこられるでしょうか。

201803151


4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

ドッグトレーニング:犬に新しい行動を教えるには。

犬のトレーニングには様々な方法がありますが、陽性強化と言われる手法に置いては、犬にとって好きな物をモチベーターやご褒美として使用します。

犬にとっての好きなものと言えば、食べるものであったり、遊ぶものであったりするのですが、それもトレーニングの内容によって使い分けをしています。
もちろん、触れること(撫でられること)が好きな犬もいますので、それをご褒美にすることは出来ますが、モチベーターとして使うことは難しいかもしれません。

モチベーターとはなんでしょうか。
犬がそれを欲して付いてくることができるものです。
つまり興味が無ければ付いて来ないので、一番効果があるのは食べ物だったりします。

一方、トレーニングにおやつなどの食べ物を使うことに抵抗がある人がいます。
なぜなら、おやつが無いと動かない犬になってしまうことを懸念するからです。
しかし、誘導で使ていたおやつは次第にハンドシグナルに代わり、最後は言葉のキューだけでも犬が動けるように理解させていくので、おやつを持っていなくても犬は出来るようになります。
最初は犬の鼻先におやつを見せながら「オスワリ」と言っていたのに、次第におやつを持っていなくても犬が「オスワリ」と言われて座れるようになるのがその証拠です。

おやつやおもちゃの代わりに、ハンドタッチやターゲットスティックなどを利用して誘導することもできます。
ポジションを教えるときなどはそれらも有効ですが、ご褒美は別に必要です。

ただ、単純に考えても、好きなものが目の前にあれば意欲が出ます。
これは人間も同じです。
口でああだこうだ言われて仕方なくやるのではなく、楽しく作業が出来るのも、ご褒美が目の前にあればこそです。
行動が身に付いて来れば、いちいちご褒美が目の前に無くても、犬はきちんと作業が出来るようになります。
楽しくトレーニングを始めるには、犬にとってのやる気も必要ですね。

今日初めてドッグダンスにチャレンジしてくれたEさん。
最初はヒールポジションも離れ気味で曲がっていたのが、おやつで誘導してあげると、次第正しい位置に入ってこられるようになりました。


201803141


一歩ずつ、焦らず、ゆっくり。


4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

犬は人を見る?

「トレーナーの言うことはよく聞くのに、飼い主の言うことは聞かない。」という話はよく聞きます。

これは何もトレーナーが偉いとか怖いとかいう話ではなく、おそらくトレーナーの言うことが犬にとってわかりやすいことからという理由だと思います。
プロだから当然と言えば当然ですが、だからと言ってすべての犬が初対面のトレーナーの言うことを聞くわけではありません。
よく知らないやつの言うことなど無視する犬もいます。

犬は頭のいい生き物です。
特に賢いと言われる犬種ほど、いい意味でも悪い意味でも自分にとって利益があるように振る舞うので、接し方を間違えると、お互いの立場が逆転してしまう危険性もあります。
この場合の利益とは、犬にとって本来持っている欲求を満たすこと。
つまり、食べること、安全の確保、嫌なことからの回避、自由な行動などです。


では立場が逆転するとどうなるか。
自分に都合のいい話しか聞かない。
嫌なことをされるとキレる。
人間の居場所が狭くなる。

これらのことは、頭ごなしに犬を押さえつけようとしても逆効果になります。

愛犬のスペースを制限したり、すべての要求に応えるのではなく、家のルールを教え、嫌なことを少しずつ嫌ではなくなるようにするなどの対処方法を取ることが必要です。

このように賢い犬たちは、飼い主から離れているときは、いつものような行動を取らないことが多いものです。
なぜなら、その行動は飼い主だから受け入れてくれることもわかっているからです。
ちょっとの間のお泊りだったりすると、本性は出さず、借りてきたネコになっていることもあります。

家族の中でも接し方が違うことはよくありますよね。

「ウチの犬はバカだから全然言うことを聞かない。」のではなく、「賢すぎて、私には太刀打ちできない。」ということもあるかもしれませんね。

愛犬とうまく折り合いをつけるには根気が必要です。

ちなみに我が家の見習い、私の顔を舐めることをほとんどしないのに、なぜか知人の顔はペロリ。
その違いはなんなんでしょうね。


201803131

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

ドッグトレーニング:ディストラクション


多くの訓練競技が、屋外で他の犬が周囲にいる状況下で行われます。
個人的にはなかなかそのような状況を想定した練習ができませんが、グループ練習では可能になります。

そこで、今日はいつものディストラクションよりちょっと強めのディストラクションとして、休止中の犬のそばで招呼をやってもらいました。


201803121


ちょっと釣られてしまった子もいましたが、ちゃんと練習すれば気にしなくなります。

後半はWCRL規定のラリーオビディエンスの練習。
レベル1でポイントとなるのがリードさばき。
回転時や、コーン周りで張った感じに見えないようにするには、リードに緩みを多く持たせること。


201803122


しかし、緩すぎて犬の足にからめないことも重要なポイントです。

楽しく、ゆっくり、確実に。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

Crufts Heelwork to Music

英国で開催されているCruftsのHeelwork to Music(ドッグダンス)のコンペが終わりました。
1日目がイギリス国内のFreestyle
2日目がイギリス国内のHeelwork to Music
3日目がFreestyle International

イギリス国内戦では、イギリス各地で開催されたFreestyleのコンペで勝ち上がってきた10ペアの決勝戦が行われ、そこでトップとなったペアが、翌日のFreestyle Internationalでイギリス代表として参戦し、世界のトップペアが決まるのです。

youtubeでライブ配信されるので、日本にいてもタイムリーに見ることができます。
便利になったものです。

あの広い会場で愛犬の集中を切らさないで1曲踊りきるためには、犬の技術力だけでなく経験値や精神力も必要です。
当然ハンドラーが緊張していれば犬にも伝わってしまいますね。

今年も多くの素晴らしいルーティンが見ることができました。


201803111


愛犬との共同作業と言えるHeelwork to Music、チャレンジしてみませんか?

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

ドッグトレーニング:フリーシェーピング

前回フリーシェーピングで台の上に前足を乗せる練習を始めたLさん。
片方の前足が上手に乗るときと、乗せた前足で台をひっかく動きが出てしまうときがあり、ちょっと躓き気味でしたが、クリッカーのタイミングに気を付けたり、リセットを入れたりしていたら、落ち着いて片方の前足が乗るようになってきました。


201803101


台を引っ掻くという余計な動きを強化しないよう気を付けて続けていたら、ふとしたタイミングで両前足が台の上に乗ったので、そこをすかさずクリック。
トリーツを投げずに直接口に入れ続けることで、前足を2本乗せてそのままでいた方がいいらしいとLさんが認識し始め、両前足が乗る頻度が上がってきました。


201803102


あとは、前足を乗せる言葉のキューを行動にのせながら行動とリンクさせていきます。

最終目標は、両前足を台の上に乗せて台の周りを周ること。
半分ぐらいまで来ましたね。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

英国Crufts開催中

イギリス最大の犬の祭典Cruftsが始まっています。
ドッグダンスも昨日がイギリス国内のFreestyle、今日がHeelwork to Music、そして明日がInternationalの演技です。

ドッグダンスのイメージが湧かない人は是非覗いてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=gCVMbbBYOuk&feature=youtu.be

ライブ配信中ですので、遡って各フリースタイラーの演技を観ることもできます。

201803091


---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

ドッグトレーニング:若犬への接し方

子犬が落ち着かないのはあたりまえです。
好きなだけ遊んだら寝る。そんなことの繰り返しです。

1歳過ぎたからと言っても、犬たちはまだまだ大人とは言えません。

多少バタバタしても若い犬のありあまるエネルギーを失くしてしまうことはできませんが、若いからと言って、そのままにしておくと、落ち着くということを学ばないまま大人になってしまいます。

落ち着けないとなぜいけないのか。
それは考えることができなくなるからです。
落ち着いているのと、大人しくて動かないのとは違います。

飼い主の言葉を聞き、作業するこには、技術だけでなく精神力も必要です。
若い犬たちは英才教育のように多くのことを詰め込めば、スポンジのように吸収してめきめき伸びていくことでしょう。
しかし、時にはその犬の年齢を考えて、焦らないことも大事です。
若犬はいっぱいいっぱいになると正解を出せなくなるだけでなく、思考回路がとまることもあるからです。

脚側で歩くことの意味はわかっていても、歩度を変えたり、方向を変えても脚側を維持し続けるというのは若い雄犬にはまだまだハードルが高いようです。
時々、あらぬ動きをしてしまう見習い。

201803082

難しいですね。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 7日 (水)

ベーシックトレーニング参加者募集中

4月から始まる定期レッスンのご案内です。
毎月1回、相模原のわんのわさんで行っているドッグダンスなどの定期レッスンに「ベーシックトレーニング」を新設しました。

どんなドッグスポーツを楽しむにしても、基礎となるトレーニングは不可欠です。
基本の動作だけでなく、教えておくと便利な行動などに加え、犬が普段あまり使わない後肢の強化などを含めた基礎トレーニングを行います。


今回の募集は5組です。

レッスン日およびレッスン時間は以下の通りです。

4/16、5/14、6/18、7/23、8/20、9/10
11:00-12:30 (90分)
1回5,500円x6回、合計33,000円

お問合せおよびお申し込みはinfoアットマークwanbywan.comまでお願いします。
※アットマークは@に変えてください。

201803071

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

WCRL規定ラリーオビディエンス練習会

今日はWCRL規定のラリーオビディエンスの練習会を行いました。


201803061
見分中


今回初参加の方もいらっしゃったので、ラリーオビディエンスの概要、エクセサイズの作業方法、ペナルティについての座学の後、実際にコースを作って体験していただきました。


201803062
コースデモ

動画はこちらから↓

ラリーオビディエンスは通常の服従訓練やFCIオビディエンスなどとは異なり、作業中のパートナーを褒めることができますし、視符や体符を使うこともできます。
しかし、基本はハンドラーとパートナーの一体感。
パートナーのペースに合わせてしまったり、適当なポジションはペナルティの対象となります。
パートナーとの楽しい共同作業は、若い犬やシニア犬でも楽しめます。
アジリティのように、コース上のエクセサイズをひとつひとつクリアしていくのはとてもおもしろいです。

公式トライアルの予定は以下の通りです。
4/8 AFC(アニマルファンスィアーズクラブ)主催
4/21 OPDES(オプデス)主催
詳細は各主催団体のホームページでご確認ください。

練習会は不定期に開催していますので、ご興味がおありの方はWanByWanまでお気軽にお問合せください。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

ニコルドッグダンスクラブリハーサルショウご参加の皆様へ

201711041


リハーサルショウまで3週間を切りました。

ただいまプログラムを製作しておりますが、曲名が未定の方はお手数ですが、曲名およびルーティン時間をお知らせ下さい。
宜しくお願いいたします。

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

愛犬の好きな物


愛犬にとってのご褒美はなんでしょう。

スキンシップ?
おもちゃ?
おやつ?
遊ぶこと?

「犬と遊ぶ」ことを推奨する北欧のトレーナーではありませんが、ハンドラー(飼い主)が愛犬にとって一番のモチベーターになることが究極の関係だと思いますが、ハンドラー以外のご褒美がなんであるかということもわかっていないと、外的刺激に対しての対応ができなくなることもあります。

今日のレッスンのJくん。
時々しか会えない私やアシスタントが大きな刺激になってしまいますが、少し落ち着ければおやつも食べられるし、公園の中を一緒に散歩していれば、他の犬より、ママと一緒に遊ぶボールの方が気になります。

今はその子にとって何がご褒美になるのか。
そんなことを考えながらトレーニングプランを作ることも大事なポイントです。


201803041

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

ドッグトレーニング:環境馴致

犬にとって、いつもの散歩コースは決していつもと同じではありません。
それでも、日々通い、様々な経験を重ねていくと、いつもと多少違っていても気にしなくなります。
そのために多くの経験は必須です。
と言っても、犬が勝手に経験を増やすことは出来ないので、人がサポートしていきます。

今日のレッスンでは、普段あまり接触することのない小さい子供が遊ぶ公園でリラックスする練習を行いました。

201803031


F君は別に子供に何かあるわけではありません。でも知らない子供がいる公園の中を歩いているとき多少の緊張があり、初めは飼い主さんに全くアテンションを向けられませんでした。

2周まわっても一度も自分から飼い主さんをみようとしませんでしたが、3周目にようやくゆとりが出来て、6回も自分からアイコンタクトを取ってきました。
子供たちが自分に感心を示さず、問題ないと理解したからでしょう。

ポイントは子供との距離と、飼い主さんのいつも通りの動きです。

場に慣れると言うのは簡単ではありません。

焦らず、ゆっくり、待ってあげましょう。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

「マテ」は一歩一歩確実に

服従訓練やオビディエンスなどのトレーニングでは必須の課目「行進中の作業」があります。
犬はハンドラーと行進中にハンドラーが歩き続けてもその場に留まり、姿勢を変更するというのが作業の内容です。
つまり、犬だけ待たされるということですが、そこまで難しい設定でなくても、愛犬に「待っていてね。」という場面は沢山あります。

犬だけ残してハンドラーが離れるというのはなかなか難しいものです。
犬はハンドラー(飼い主)から離れたがらず、一緒に付いて来てしまいます。

そこで、犬だけ待たせて離れる練習が必要になります。

初めの一歩で犬から離れてしまうのではなく、片方の足だけ踏み出してみるところから始めると、少しずつ待っていられるようになります。


201802281


201802282


愛犬が不安にならないよう、少しずつハードルを上げていきましょう。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

ドッグダンスがZIPで紹介されました。

昨日のつづきが本日無事放映されました。

後半はウィーブの誘導の仕方と、音楽に合わせて動く練習。

ウィーブは犬が足の下をくぐりやすいように誘導してあげないと途中で止まってしまったり、あらぬ方向に抜けてしまったりします。
足の間を抜けたら、次の動きに続けやすいように誘導してあげるのがポイントです。

もちろん、誘導によって犬が動きを覚えたら、言葉のキューと関連付けてあげれば、誘導の手の動きを外すことができます。
時間はかかりますが、ゆっくり教えてあげると出来るようになります。

最後は音楽に合わせて踊らなければドッグダンスではありません。
しかし、これが実に難しい。
自分で音のカウントを取りながら、愛犬に動きのキューを出し、上手に出来たら褒める。そんなことを一度にやらなければいけないドッグダンスはとても忙しいとも言えます。
しかし、愛犬と一緒に動けた時、お互いが達成感を感じられるはずです。
愛犬と楽しく動くドッグダンス、ご興味があれば是非体験してみてくださいね。


201803011


---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »