« 犬が喜ぶポイントには当然個体差があります。 | トップページ | パピーレッスン:自分の足で歩く大切さ »

2018年2月 2日 (金)

WCRLラリーオビディエンス練習会

今日はオビディエンスの練習会の日でしたが、あいにくの悪天候で参加者が少なかったため、参加された方の希望に合わせて、ラリーオビディエンスの練習を行いました。

201802020


数年前からAFC(アニマルファンスィアーズクラブ)で開催されているラリオビですが、今年からOPDESが参入し、競技会の回数も増えていくので、機会があれば練習会を随時開催しています。

今日の参加者はJKCなどの競技経験がある方と、加えてラリオビの経験もあるというおふたかたでした。

ひと口にオビディエンスと言っても、競技の種類は様々で、規定も異なります。
例えばハンドラーが立ち止まれば犬は何も言わなくても左側に脚側停座するオートマチックスィットや、その都度「停座」のキューを言ってもいい場合などがあります。

競技ごとに、犬が混乱しないように明確なキューを出すことが一番大事なポイントですが、犬は予測するので、次はこうだろうと勝手に動くこともあります。
冷静にハンドラーのキューに耳が傾けられるようにする練習も必要ですね。

201802021

シェアードステーションの練習。
トリーツをあげるタイミングや、作業実行の詳細などを体験していただきました。

---------------------------------
2018年3月24日、山中湖のwoofでドッグダンスのファンマッチを開催します。
新しいルーティンの練習や、場慣らしの場としてお使いいただけますので、是非ご参加ください。
詳細はこちらから。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« 犬が喜ぶポイントには当然個体差があります。 | トップページ | パピーレッスン:自分の足で歩く大切さ »

ラリーオビディエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/66349827

この記事へのトラックバック一覧です: WCRLラリーオビディエンス練習会:

« 犬が喜ぶポイントには当然個体差があります。 | トップページ | パピーレッスン:自分の足で歩く大切さ »