« ドッグトレーニング:ひとつクリアされると次の課題が見えてくる | トップページ | WCRLラリーオビディエンス練習会 »

2018年2月 1日 (木)

犬が喜ぶポイントには当然個体差があります。


「い~ぬはよろこび、庭駆け回り・・・・。」

こどもの頃はよく歌ったものですが、先日の雪で喜んだ犬もいれば、散歩に行きたくないと駄々をこねた犬もいました。
「犬だから〇〇」というのは当てはまらないということですね。

これは、普通に食べ物でも言えますし、スキンシップなども同様です。

「このおやつは美味しいって聞いたから。」と愛犬にご馳走しても、ペッと吐き出されたり、「いい子ねぇ」と頭をグリグリしたら、逃げられたり。
犬が心地いいと感じるポイントはみんな違います。


愛犬が喜ぶと思っていたら、実は嫌がっていたなんていうこともありますので、一方的な押し付けにならないよう、よく話し合ってみましょう。

典型的なのは、「柴犬は体に触られることをあまり好まない」という通説。
もちろん、柴犬だって触られることが好きな子もいるでしょうが、洋犬と同じように考えて、撫で繰り回していると、「いい加減にしろよ。」と言われることもあるでしょう。

愛犬のこと、もっとよく知ってみましょう。


201802012


床に座っていると、こんな風に自分から甘えてくるほど甘ったれな見習いですが、外から帰って脚を拭くときは、文句を言います。
やさしく、声をかけながら、素早く終わらせるようにしています。

---------------------------------
2018年3月24日、山中湖のwoofでドッグダンスのファンマッチを開催します。
新しいルーティンの練習や、場慣らしの場としてお使いいただけますので、是非ご参加ください。
詳細はこちらから。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« ドッグトレーニング:ひとつクリアされると次の課題が見えてくる | トップページ | WCRLラリーオビディエンス練習会 »

犬との生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/66347122

この記事へのトラックバック一覧です: 犬が喜ぶポイントには当然個体差があります。:

« ドッグトレーニング:ひとつクリアされると次の課題が見えてくる | トップページ | WCRLラリーオビディエンス練習会 »