« ドッグトレーニング:ダンベル持来 | トップページ | 生まれつきの咬み犬はいないはず »

2018年2月 7日 (水)

FCIオビディエンス:方向変換を伴う持来 その2


見習のオビ練習がダンベルの刺激に負けて大変ということを先日書きました。

そこで、昨日は敢えてダンベルを置かないで練習することにしました。
ダンベルの代わりに何を置いたかと言えば、コーン。

201802071


すると、今度はコーンを咥えて戻ってきました。
思わず笑ってしまいました。
犬たちの考えていること、想定外なのが楽しいですね。


そこで、ターゲットのマーカー(8センチ四方)を置いたところ、マーカーも咥えて持ってきます。


ということで、昨日はここで一度作業をやめ、今日は一切のターゲットを失くし、方向のキューだけにしたところ、とりあえずダンベルが置いてあるだろう地点に向かって走って行きました。
そこで、クリックして「あってるよ。」と伝えていきます。

しかしながら、ターゲットが無くても、走って行きたくて仕方ない見習い。

刺激をどうやって乗り越えていくか。

課題はまだまだ続きそうです。

---------------------------------
2018年3月24日、山中湖のwoofでドッグダンスのファンマッチを開催します。
新しいルーティンの練習や、場慣らしの場としてお使いいただけますので、是非ご参加ください。
詳細はこちらから。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« ドッグトレーニング:ダンベル持来 | トップページ | 生まれつきの咬み犬はいないはず »

FCIオビディエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/66369183

この記事へのトラックバック一覧です: FCIオビディエンス:方向変換を伴う持来 その2:

« ドッグトレーニング:ダンベル持来 | トップページ | 生まれつきの咬み犬はいないはず »