« ドッグトレーニング:カフェマット | トップページ | ラリーオビディエンスアトラクション競技@OPDES »

2017年12月16日 (土)

パピートレーニング:社会化


子犬を様々な環境に慣らしていくことが社会化ですが、慣らすときは洪水のように刺激の中に投げ入れるのではなく、少しずつ距離を近づけていくことも大事なポイントです。

特に都会の犬たちには刺激が満載なので、それらの刺激が関係ないものだと理解できるまで、時間をかけて教えていかなくてはいけません。

例えば、散歩で目にする車。
5~6メートル離れた場所を行き来する程度なら気にしなくても、歩道のない道路で、わずか数十センチ脇をすり抜けていく車は怖いものです。
人間だって、すぐそばを通られたら緊張しますよね。


見習いもある時期、夜の散歩道で車が来ると少し挙動不審になっていたことがありましたが、毎日「君とは関係ないよ」と伝えていくことで、ボーダー・コリーながら、バイク追いも、車追いも、自転車追いも現在ありません。
しかし、牧羊犬種でなくても、怖いものを見てうろたえたり、吠えたり、固まったりすることがあります。
車を見るたびに愛犬がジタバタするとお散歩もままなりませんね。

201712161


事が起きる前に、ある程度予測することで、問題の種を小さいうちに排除することも可能です。

ポイントは小さな異変に早く気づくこと。
愛犬をよく観てあげましょう。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


|

« ドッグトレーニング:カフェマット | トップページ | ラリーオビディエンスアトラクション競技@OPDES »

パピーレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パピートレーニング:社会化:

« ドッグトレーニング:カフェマット | トップページ | ラリーオビディエンスアトラクション競技@OPDES »