« オビディエンス模擬練習:障害飛越を伴う招呼 | トップページ | ドッグダンスデモ&体験会@たまペット »

2017年11月25日 (土)

ドッグダンス:ポジションチェンジ

ドッグダンスのヒールポジションの数は競技団体によって異なりますが、いずれのヒールポジションも次のポジションへ移行しないと、ずっと同じポジションのまま動かなくてはいけなくなってしまいます。

スタータークラスであっても、少なくとも左右のヒールポジションはルーティンに組み込めると動きのバリエーションが広がります。
しかし、ポジションの移行がうまくできないとルーティンの流れがとまってしまうので気を付けたいところですね。

では、ヒールポジションをチェンジする方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
例えば左から右に移行する場合、一度足の間を通してから右のヒールポジションに行く方法と、ハンドラーの前を扇のように半円をかいて周る方法、ハンドラーの後ろでチェンジする方法などがあります。

ポジションチェンジのあとの動きと合わせて考えると、流れるように移行できるので、いろいろ試してみてください。

動画は見習いが9ヵ月の時の練習ですが、ここでは最初のふたつの方法が入っていますので見てみてください。


201711251
※左のヒールポジションから足の間をくぐって右のヒールポジションに移動しています。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


|

« オビディエンス模擬練習:障害飛越を伴う招呼 | トップページ | ドッグダンスデモ&体験会@たまペット »

ドッグダンス(K9フリースタイル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/66086052

この記事へのトラックバック一覧です: ドッグダンス:ポジションチェンジ:

« オビディエンス模擬練習:障害飛越を伴う招呼 | トップページ | ドッグダンスデモ&体験会@たまペット »