« トレーニングデモ@麻布十番 | トップページ | 目が合わなくても出来ますか? »

2017年11月14日 (火)

ハンドシグナルとボディシグナルをはずす理由


訓練競技会(オビディエンス含む)ではパートナー(犬)に伝える指示のキューは言葉だけ(1声符)が基本です。
つまり、手を動かしたり(遠隔は別)体をねじったりなど余計な動きをすると全て減点になります。
ハンドラーは常にニュートラル(自然)な姿勢をとっていないといけないので、常歩(並足で歩く)や速歩(はやあし)で移動するとき、両手が自然に振れていないとそれも減点となります。


一方ドッグダンスにおいては、言葉のキューは何度言ってもかまわないし、手足や体は振付が出来るので動いていてもかまいません。
しかし犬を誘導するような動きは「ルアー」とみなされて評価されません。

※ドッグダンスは減点方式ではなく、各コンテンツをどれくらい満たしているかプラス評価をします。難度が高ければ評価点は高く満点に限りなく近づき、難度が低ければ低い点数となります。


そこで、振付と誘導の違いをどう見分けるかがポイントになってきます。
手のひらの向いている方向や、手の位置が限りなく犬の鼻先に近ければ誘導と見られてしまうかもしれませんし、手の形がおやつを握っているように見えるとそれもルアーと取られかねません。

そのためにハンドラーは振付の手の動きにはとても注意しますが、ハンドシグナルやボディシグナルをはずしても犬がきちんとその行動やポジションを理解していない場合、ハンドラーの手や体の動きばかりに目がいってしまい、ハンドラーの言葉のキューをちゃんと聞かなくなってしまいます。
そうなると、振付のつもりで動いていても、犬は誘導の動きと勘違いして、本来ハンドラーが言ったキューとは違う動きをとってしまったりという弊害が出てきます。


まずは言葉のキューだけでも犬がちゃんと理解していることを確かめてから、振付の動きに犬が惑わされず反応できるかどうか確認することが重要になります。


一枚目の画像は言葉のキューで「おじぎ(バウ)」の指示をしているところ。
201711141


二枚目の画像は振付で犬とシンクロしてハンドラーが前にかがんでいるところ。
201711142

ハンドラーが体を曲げることが「おじぎ」だと犬が理解してしまうと、ハンドラーが前かがみになるたびに犬は勝手に「おじぎ」をしたり、あるいはハンドラーが立ったポーズでおじぎをさせようとしても犬は「おじぎ」をしようとしなくなります。

まずはニュートラルな姿勢で犬にキューが伝わっているか確認してみましょう。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


|

« トレーニングデモ@麻布十番 | トップページ | 目が合わなくても出来ますか? »

ドッグダンス(K9フリースタイル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/66043831

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドシグナルとボディシグナルをはずす理由:

« トレーニングデモ@麻布十番 | トップページ | 目が合わなくても出来ますか? »