« お預かり犬の食事 | トップページ | ポイントはディストラクションとの距離と強さと持続時間 »

2017年10月 7日 (土)

言葉の有効性

ドッグダンスではパートナー(愛犬)に様々なポジションや動きを教えますが、それらにはすべてに言葉のキュー(合図)をつけています。
しかし、ドッグダンスに限らず、私は日常生活の中でも犬たちに言葉を教えています。
例えば、散歩から帰って足を拭くとき、足をむんずと掴むのではなく、ひとつひとつ名前を言いながら拭いています。
また、何かの上にあがるとき、降りる時、あるいは抱っこするときなど、すべての動きに名前を付けて犬に伝えています。

今回お預かりのワンコさんも、トイレのキューだけでなく、『抱っこ』などの言葉をきちんと教えてもらっているので、車に乗せる時や階段を下りる時に『抱っこ』と声をかけると、自分から体を預けてくれます。
小型犬なので簡単に抱き上げることはできますが、驚かせたくないので、抱き上げる前に心の準備をしてもらう方がいいと思っています。
もちろん自分の犬たちにも『抱っこ』を教えています。
これは獣医さんで診察台に乗せる時にもとても有効です。


言葉がわかるというのは、飼い主にとっても、愛犬にとってもストレスが軽減されるのではないでしょうか。


201710071
レッスンに同行したゲスト。レッスン中も大変お行儀が良く、お手本にもなってくれました。


---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


|

« お預かり犬の食事 | トップページ | ポイントはディストラクションとの距離と強さと持続時間 »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/65886959

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の有効性:

« お預かり犬の食事 | トップページ | ポイントはディストラクションとの距離と強さと持続時間 »