« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

ドッグダンスデモ&体験会@動物感謝デー

今日は一般社団法人家庭動物愛護協会様のご厚意により、動物感謝デーでドッグダンスのデモと体験会を開催してきました。

201709301
photo by Chanty mam

お天気にも恵まれ、後半若干暑くなってきたものの、無事終了することができました。
体験会にご参加の皆様やご覧いただいた一般観客の皆様ありがとうございました。


またデモ参加の犬たちも、周囲の犬や子供、遠くから漂ってくるステーキの匂いにも負けず、最後まで頑張ってくれました。
本当に感謝です。


201709302
トリック紹介で頑張ってくれたEVさん
photo by Chanty mam


201709303
ちょっと遠隔の距離が伸びなかったアシスタント
photo by Chanty mam


体験会には6組のペアが参加され、ヒールで歩くことはスピン、ウィーブなどにチャレンジしていただきましたが、皆様一様に、見た目より実際にやってみると大変。とおっしゃっていました。
デモのみなさんが、楽しそうに演じていらっしゃるので、きっと簡単に見えてしまったのかもしれませんね。

人も犬も、楽しいと感じるまでにはちょっと積み重ねが必要ですが、まずは一歩から始めてみませんか。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

いよいよ明日!ドッグダンスデモ&体験会@駒沢公園

明日は駒沢公園で開催される動物感謝デーでドッグダンスのデモと体験会を行います。

天気予報もバッチリのようなので、ドッグダンスのレッスンを受ける勇気はないけれど、ちょっとだけでも試してみたいというかたは是非ご参加ください。

12:15-12:45 ドッグダンスファンシャー6ペアによるドッグダンスデモ
12:50-13:15 ドッグダンス体験会(先着順)

詳細は日本獣医師会のサイトをご確認ください。
http://doubutsukansha.jp/2017/

お待ちしています!


201510032
一昨年ニコルとハロウィンバージョンのルーティンで参加したとき。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

「持って来い」を教える

JKCのCDやオビディエンスの課目には「持来」というものがあります。
「持来」とは犬が指定されたものを咥えて持ってきて、ハンドラーに手渡すというものです。

以前にも書いていますが、「持来」とは
A「取りに行く」
B「咥える」
C「咥えたまま歩く」
D「咥えている物をハンドラーに手渡す」
という4つの動作を繋げたものです。

犬によっては、Aは出来ても、その場で一人遊びを始めて終わってしまう。
AとBは出来るが、そのまま持ち逃げしてしまう。
A、B,Cは出来るが、Dが出来ない。

などなど、「持来」をきちんと教えていない場合、上記のような事態になることは容易に予想がつきます。

Aひとつとっても、犬がよほどその物に興味を持っていなければ、おそらく目もくれない可能性があります。
例えばボールのように投げた後でもコロコロと転がっている物に関しては興味をそそられても、その場で動かない物の場合は、追いかけたい衝動が湧かないために、全く取りに行こうとしない場合があります。


犬が咥えたくなるようにするには、日常的にその物を使って一緒に遊ぶことが大事です。
犬が一人遊びで完結してしまう場合は、なかなか持ってきてくれないからです。

一緒に遊ぶ方法としては、引っ張りっこなどがありますが、興奮しやすいなどの理由から、引っ張りっこを禁止している飼い主さんもいます。
そうなると、おもちゃなどをハンドラーと一緒に遊ぶものと理解するのは難しいかもしれません。


また、A,B,Cが出来てDが出来ない理由としては、持ってきたものを放してくれない場合や、逆にすぐ放してしまい、飼い主の手元まで持って来ない場合などがあります。
わかりやすいのはディスク競技で、ハンドラーは早く次のディスクを投げたいのに、犬が咥えたままなかなか放してくれなかったり、ハンドラーのいる場所よりかなり手前でディスクを落としてしまい、ハンドラーが走って取りに行かなくてはいけない場合がこれにあたります。


放してくれない時は、咥えているものと交換できるものを飼い主が持っていると放してくれやすくなります。
持ってきてくれない時は、持ってきてハンドラーに手渡せば次に楽しいことが起こるという図式を犬に理解させることで解決できます。

しかし、どちらもすぐに犬たちが理解できるわけではありません。
前者は美味しいおやつや、同等の価値のあるものを犬に見せることですぐ放してくれる確率がたかいのですが、後者は少し時間がかかります。
犬たちにどちらがメリットがあるかを理解させなくてはいけないからです。犬も賢いので天秤にかけてきますから、なかなか納得しないこともあります。
ただ、人間があきらめるとそこで終わってしまいますので、地道な繰り返しは必要ですね。

201709282


---------------------------------
今週末9/30は駒沢公園の中央広場でドッグダンスデモと無料体験会を開催します。
詳細はこちら↓
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2017/09/post-1761.html
---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

ハンドラーの視線


ドッグダンスのヒールワークや様々な動きの中で、ハンドラーはどうしてもパートナー(犬)の動きを目で追ってしまいます。
当然、パートナーも視線が合うことである意味安心して動いている部分があるので、パートナーもハンドラーを見上げます。
いわゆるアイコンタクトを犬がハンドラーに向け、その先にハンドラーの視線があることで自信を持って動いていると言っていいでしょう。
客観的に見ても、ハンドラーとパートナーの視線が合っていると、思いが通じ合っているように見えて微笑ましいものです。

しかし、ドッグダンスの中には遠隔の作業であったり、パートナーと視線が合わない作業もあり、慣れていない犬たちにとってはハンドラーの顔が見えないと見える位置まで移動してしまう場合があります。

オビディエンスの練習では、休止中ハンドラーが犬の後ろに立ったり、犬の視界から消えたりして、様々な状況下でも犬が自信を持って伏せていられるような練習をします。
またオビディエンスの場合は、ハンドラーが正面に顔を向け、あえて犬と目を合わさずヒールワークを行うことを推奨している部分もあります。
なぜなら、顔を向けることで体が傾くと体符(ボディシグナル)と取られて減点されるからです。

そんな状況下でも、犬が嬉々として作業をこなせるようにするためには、そういう練習も欠かせません。

以前にも書きましたが、練習中パートナーから完全に視線をはずしてしまうと、正確な行動を褒めてあげることができないので、鏡や窓ガラスなどに映してパートナーの動きを確認してみましょう。

201709271

ハンドラーの視線が無い状態でも、確実にやる習慣を付けて行くことが大事ですね。

---------------------------------
今週末9/30は駒沢公園の中央広場でドッグダンスデモと無料体験会を開催します。
詳細はこちら↓
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2017/09/post-1761.html
---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

ドッグダンスステップアップセミナー@長岡

5月のセミナーに続き、今回も長岡でドッグダンスのセミナーを開催させて頂きました。


201709261


5月以降、地元で毎月練習会を重ねて頂いたので、ハンドラーとパートナー共に、とても自然に動いていらっしゃるのを感じました。


今回はステップアップということで、ヒールポジションの強化も含め、バックステップやサイドステップの導入方法を主体に練習していただきました。
また、おやつをはずすステップの大切さを、手に持っているおやつがパートナーの思考の妨げになる場面を体感していただくことで実感していただきました。

最後は前回から今回学んだ動きを盛り込んだショートルーティンを音楽にのせて動いて頂きました。

後半時間が足りず、ルーティンの流れを体で掴めるところまではいきませんでしたが、犬たちはしっかりキューを聞きながら動いていました。


201709262


201709263


また、ドッツダンスを通して愛犬との関係に多くの気づきを持っていただけたことは嬉しい限りです。
これからも良い関係作りの助けになればと思います。

---------------------------------
今週末9/30は駒沢公園の中央広場でドッグダンスデモと無料体験会を開催します。
詳細はこちら↓
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2017/09/post-1761.html
---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

なぜドアホンに吠えるのか

我が家の犬たちはドアホンに吠えたことがありません。
別に何も教えていませんが、ドアホンが鳴っても気にしません。
なぜなら私がドアホンにあまり反応しないからです。
インターホンに近い家人がいるので、私が慌てて出ていくことが無いので、ドアホンと何かが起きるということが関連づいていない我が家の犬たちは吠える必要性を感じていないのです。

私以外誰もいない時も「は~い。」とか声を出して慌てて出ていくことはしないので、犬たちは一瞬、「どこに行くのか?」というそぶりは見せても、吠えることはありません。

なぜドアホンに反応する犬がいるのでしょうか。

ひとつは、ドアホンが鳴ると必ず飼い主がその場から立ち去って行くとインプットされているからです。
群れから出ようとするものがいると、止めようとするタイプの犬もいるので、興奮して吠えがでることがあります。

また、マンションのような平屋の場合、リビングから玄関へのアクセスがしやすいため、ドアホン=他人が来る という構図がしっかり出来上がり、警戒から吠える場合や、嬉しくて興奮から吠えが出る場合があります。

では、そのような場合どうしたらいいのでしょう。

犬を迎えた段階で、住居環境によってはこういう事態を想定しておく必要があります。
そこで、ドアホンが鳴ったら、部屋の隅に置かれたマットに行って伏せるというルールづけをしておく方法があります。
もちろん一人では難しい場合は、ドアホンの音を録音しておいて、適当に鳴らして、その都度マットに誘導し、褒めてトリーツを渡すということを繰り返します。

また、警戒や興奮で吠えてしまう場合も、あらかじめ録音した音をさりげなく鳴らし、飼い主は何も行動を起こさないと言う方法もあります。

しかしながら、実際に玄関に人が来ることもあるわけですから、外部からの刺激に対しても冷静でいられるためには、「マットに行って伏せる」という仕事を与えるのが犬にとっては一番わかりやすいかもしれません。

今日はエアコンのクリーニングの人が来ることになっていました。
アシスタントは尻尾を振りながら静かに挨拶に行くでしょうが、見習いは近づいてくる人に興奮して突撃する可能性があるので、犬嫌いでは申し訳ないと思い、クレートに入れて扉を閉めておきました。

最初の一吠えぐらいは侵入者への警戒もあるので良しとしたのですが、すぐ早く挨拶させろと興奮吠えに移行したので、吠え止むのを待ってから、「ご挨拶」で出しました。
すると意外と冷静に挨拶に行けたので、最初から「ハウス」と指示を出して、扉を開けておけば興奮しなかったかもしれないと思いました。

その後何度か部屋を出たり入ったりしていましたが、二度目に部屋に足を踏み入れた時少し吠えた程度で、その後は何も自分に関係ないとわかったのか、自分からハウスに入って寝ていました。

人間だって、自分の部屋に知らない人が突然来れば警戒するわけで、犬も同じです。
犬が納得できるようなルールを作ってあげると、犬にとっても無用なストレスを抱えないで済むかもしれませんね。

201709252


---------------------------------
今週末9/30は駒沢公園の中央広場でドッグダンスデモと無料体験会を開催します。
詳細はこちら↓
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2017/09/post-1761.html
---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

ドッグダンスレッスン@DogLifeDesign

今日のレッスン参加者は競技会シーズン突入直前のルーティン最終調整でした。

201709241


本番で出来るだけ精度の高いパフォーマンスをするためには・・・、

当然のことながら日ごろの練習量が関係してきますが、それでも本番では何があるかわかりません。
周囲の環境馴致であったり、パートナーの当日の状況、もちろんハンドラーの精神状態などもかかわってきます。
「これさえやっておけば絶対!」ということはありませんが、出来る限りの準備は必要です。

小道具を使ったルーティンの場合、演技中複数回同じ小道具に犬をアクセスさせなければいけないので、アクセスの違いを犬に明確に認識させておく必要があります。

この違いは、例えば左右両方のある動きの勘違いにも見られます。
「お手」と「お変わり」、どっちが右前足でどっちが左前足か。
練習量が足りないと、犬が混乱して間違えてしまうこともあります。

周囲に気が散るもの(ディストラクション)があっても集中できるような練習を重ねることや、一つ一つを丁寧に理解させるステップは欠かせません。

当日はハンドラーのアドリブ(応用力)も重要ですね。
いいシーズンが迎えられますように。

---------------------------------
来週末9/30は駒沢公園の中央広場でドッグダンスデモと無料体験会を開催します。
詳細はこちら↓
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2017/09/post-1761.html
---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

家で出来ることを外でも出来るように

今日は若犬J君のレッスン。
前回はご近所での「マテ」練習でしたが、今日は刺激満載の公園での実習。

レッスンを始めた頃は周囲が気になって、アイコンタクトが取りづらかったJ君も、今では自分から飼い主さんの様子を確認したり、ちょっと気になることがあっても、早めの声掛けで呼び戻しもスムースになってきました。

後半はテニスコート脇での「マテ」。


201709231


ボレー練習でJ君の近くにボールがコロコロと転がって来ると言う刺激にちょっと負けそうになりましたが、ランニングの団体や、子供サッカーチームが横切って行ってもまったく気にしないJ君。

しかしボーダーコリーであるということは、いつどこで動くものへの反応が出るか常に想定していなくてはいけません。

J君だけでなく、飼い主さんもしっかり学んで下さり、予測や反応が速くなって頼もしいかぎりです。
---------------------------------
来週末9/30は駒沢公園の中央広場でドッグダンスデモと無料体験会を開催します。
詳細はこちら↓
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2017/09/post-1761.html
---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

ディストラクション:見習いの場合


昨日はディストラクションのことを書きましたが、見習いにとって数多くのディストラクションが存在する中、練習用のオレンジ色のコーンも大きなディストラクションとなっています。
なぜなら、これを見たら、「前進」してコーンに囲まれた場所で伏せるとインプットされているからです。
隣でサッカーやバスケをする少年よりもコーンが彼にとっては最優先のようです。

このコーンが設置されているだけで気もそぞろでヒールワークもままならない見習いは、毎日コーンを横目にいろいろな練習をしています。

今日はコーンを挟んで呼び戻しの練習

201709221


呼び戻しに関して言えば、コーンはあまり気になっていないようですが、コーンの横での常歩行進中の作業や方向転換はまだまだ難関です。

ディストラクションの中で平常心でいるには、精神的にも成長が必要ですね。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

ディストラクション

犬が集中を欠く原因は沢山あります。

わかりやすいところでは、周囲の犬や人、つまり動くもの。
匂い、これは主に食べ物の匂いですが、場合によっては他の犬の匂い。

でも、どちらが気になるかと言えば、動くものの方が動体視力が優れた犬にとって気になるのではないでしょうか。
もちろん、ノーズワークなど嗅覚にシフトしているときは、視覚は二の次になりやすくなるでしょう。


いずれにしても、「動くもの」「食べ物の匂い」は犬にとっては最大のディストラクションになります。

日ごろ、ハンドラーへの集中を高めるために、様々なディストラクションを想定した練習を行いますが、時に犬に分かりやすく指示を与えるはずのハンドシグナルや、報酬としてのトリーツがディストラクションとなって犬の頭を混乱させてしまう場合があります。

見せるタイミング、手渡すタイミングをよく考えてサポートしてあげましょう。

201709211

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

愛犬のトイレの考え方

パピーレッスンを始めると、一番最初に飼い主さんよりご相談頂くのがトイレトレーニングです。
「トイレを失敗する。」
こう思っているのは人間側で、犬にしてみれば特に失敗ではありません。
教わっていないことは出来ないし、ましてや子犬であれば、言われたことがすぐわかるはずもありません。

そこでひとつひとつトイレの成功体験が増えるように、人間が様々なサポートをしていくことになるのですが、当然のことながら飼い主さんの家庭の事情によっては、トイレトレーニング自体にあまり関心のない方もいらっしゃいます。
「どうせ外でするようになれば必要ないから、早く散歩に連れて行こう。」
「外で出来るようになったら犬のトイレは家の中に置かない」


確かに、外に連れて出るようになれば、次第に外でもトイレが出来るようになるので、どこでもトイレをしたい時にさせるのが犬の幸せと考えていらっしゃる方もいるでしょう。
しかし、それがよそのお宅の玄関前だったり、花壇だったり、あるいは連れて入ったカフェだったりとなると、犬の好きな場所で自由にという考え方が周囲に受け入れられない環境もあるでしょう。
そんな時にトイレトレーニングが出来ていれば、排泄してもいい場所まで犬を誘導することが可能です。


あるいは、悪天候で外に出られない日や、病気や老犬になって散歩もままならないときなど、家の中でトイレを済ませてもらうこともできます。
それを人間の身勝手と思うかどうかは個人差がありますが、人間社会で共に生きていく以上、お互いの折り合いをうまくつけていきたいと私は思っています。


我が家もかつては庭があったので、散歩に出る前に庭で排泄を済ませることができましたが、あいにく今は過密な都会暮らしのためそうもいきません。

犬を飼っていない人が不愉快になったり、怒りの矛先が犬になったり、行きつけの公園の犬の出入りが禁止されないように気を付けたいものです。

201709203


---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

日々の練習は宝物


日差しは強かったものの、秋風が気持ちよくなった今日の東京、J君の屋外レッスンでした。

夏場はあまりの暑さで屋内レッスンの方が多かったのですが、オーナーさんがきちんと日々のお散歩で屋内レッスンの内容を実践して下さっていたので、しっかりJ君が進化しているのを目の当たりにすることができました。

ウォーキング中のアテンションの取り方も的確で、J君も楽しそうにママを見上げています。

空き地ではロングリードを使った遊び(持って来い)や「マテ」の練習。
ディストラクションがあまり高くない場所で成功体験を増やしていきます。

201709191


201709192

特に毎朝のロングウォークでJ君との距離がさらに縮まったようです。
意思の疎通をはかりながら一緒に歩く時間はとても貴重ですね。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

首輪とハーネス

犬と言えば首輪というのが昔からの定番ですが、ここ数年ハーネスが普及しています。
首輪とハーネス、何が違うのでしょう。

外観を見れば一目瞭然ですが、なぜ首輪ではなくハーネスを使うのでしょうか。
個体によって、気管虚脱などの疾病をかかえている犬の場合は、首に負担をかけないためにハーネスを使うことが推奨されています。

ただ、疾患が無かったとしても、首のみにリードの負担をかけてしまうことは多少なりともリスクを伴います。
特に引っ張りが強い犬の場合は首への負担が更に大きくなるのでハーネスの方が健康上のリスクを軽減できると言われています。

ただハーネスの形状もそれぞれですので、その個体に合ったサイズの物を選ばないと、急に止まって後ろに下がったときなど、するっと抜けてしまう危険があります。
きつすぎないか、ゆるすぎないか、しっかりチェックしましょう。


ハーネスをしていれば首輪は不要と思われがちですが、リードを付けていない時に犬と離れ離れになってしまう可能性もあるので、首輪をつけておくことをお奨めします。
首輪には鑑札が付いていればさらに何かあったときに有効ですが、犬種によっては、鑑札が大きくて負担になる場合もあるので、必須とはいいませんが、出来るだけ万が一を想定しておく必要があります。

201709181


マイクロチップもかなり普及してきていますが、一般の人(犬を飼っていない人)はマイクロチップの存在を知らない人も多いので、迷い犬を見つけた時に、警察などに届けてくれるかどうかわかりません。
首輪がついていないと「野良犬」と思われることもあります。
また首輪が付いていないと、捕まえられないという事態にもなりかねません。

様々な想定外を予測し、首輪を掴まれることに愛犬を慣らしておくことも大事です。

大事な愛犬と生き別れにならないように、最善策を考えてみましょう。

蛇足ですが、25年ほど前、先住のハスキーと散歩をしていた時、放れた大型犬と遭遇。
周囲を見回しても探していそうな人もなく、すれ違う人に声掛けしても知らないとのことでしたのでとりあえず家まで首輪を持って連れて帰って来ました。
家でよくよく見ると首輪に電話番号が記載されていたので電話をかけましたがつながらず(固定電話)、夜になってようやく連絡が取れ、ご主人の留守中に逃走したことが判明。
夜無事に引き取られて行きました。
家に小さい子供がいたこともあり、交番まで歩いて連れて行くことも出来ずで、首輪と電話番号が助けになりました。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

ドッグスポーツの基本:マテ


「『マテ』なんてご飯を前にすれば必ず出来る。」とおっしゃる方は沢山いらっしゃいます。
我が家の犬たちもごはんの時は、とりあえず配膳が済んでから「いただきます!」のキューで食べています。
ただし、待つ時間は二頭の配膳が済むまでなのでわずか数秒です。

ごはんは犬にとっては死活問題ですので、ご飯を目の前に長く待たせるのは酷ですし、よだれの洪水も困るので長い「マテ」はやりません。

しかし、「マテ」が出来ないと、どんなドッグスポーツも始まらないし、日常生活でも犬の安全を確保するためには大変重要なことだと思うので練習は徹底的にやります。


もちろんレベルは様々ですので、その子にあった「マテ」から始めます。
犬と向かい合って「マテ」が1秒でも2秒でも出来るように。
犬から一歩離れて・・・、
犬の後ろにまわって・・・、
犬から1メートル離れて・・・、
犬から10メートル離れて・・・、
犬の視界から消えて・・・
少しずつ時間を伸ばしながら、犬が安心して待っていられる状況に慣らしていきます。

201709161


もちろん、いろいろな場所で練習することが必要です。
家の中、玄関の前、屋内練習場、公園などなど。

最初はすぐに立ってしまった愛犬が、次第にちゃんと待てるようになっていく。
そんな成長を見るのが楽しいですね。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

犬の行動を予測する

犬を迎える準備のことを昨日書いたのですが、犬を迎える前の準備だけでなく、犬の成長に合わせた危険予測も必要です。

30年ほど前の我が家、昼間庭に出していた犬がかかりつけの獣医師に捕獲されているとの連絡をもらいあわてて引取りに行ったことがありました。

201709162


垣根にはどこにも大型犬がすり抜けられる隙間はありませんでした。
垣根の高さは十分あったので、跳び越えることは想定外でした。

一体どうやって逃げたのか不思議で仕方がなかったのですが、ある日庭に目をやると、垣根の横桟に一歩一歩足をかけてよじ登っているハスキーがいました。
さすがに後姿を見て笑ってしまいましたが、無事に獣医師の元に辿り着いたから良かったものの、万が一車に轢かれていたら、あるいは誰かに怪我をさせていたらと思うとぞっとしました。

今年の夏も花火や雷などで、逃げてしまう犬が少なくなかったようですが、絶対大丈夫と思っても、必死な犬はなんとか逃げようとするので、予想外の行動に出ないとも限りません。
逃走癖のある犬の管理は特に気を付けなければいけませんね。

もちろん、万が一のことを考えて、鑑札(首輪)やマイクロチップは忘れずに。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

犬を迎える前に

犬を迎え入れる時はいろいろなことを準備しなくてはいけません。
食べるもの、ベッドやトイレなどの住環境、カラーやリードなどの犬具、揃えなくなくてはいけないものが沢山あります。
っが、それだけでなく、一番最初にやらなくてはいけないのが、家の中の片づけと言ってもいいでしょう。
愛犬が立ち入るであろう場所や、触れるであろう物、犬の安全を考えて、あらゆる危険回避を想定しなくてはいけません。


子犬だからと言って油断していると、囲いから脱出できるようになっていたり、届かないと思っていたキッチンのカウンターに鼻が届いてしまったり、思いもよらぬ結果を招くこともあります。


子犬が楽しそうに悪戯をしている様子は見ていてかわいいと感じることもあるでしょうが、「これはいいけど、これはダメ」というのが理解しづらい犬たちにとって、あいまいなルールは覚えられません。

危険なものは初めから排除しておくことによって被害や悲劇を未然に防ぐことができるので、犬を家族に迎え入れるときは、おうちの中の状況を家族全員で再確認してみることをお奨めします。


201709151
※アシスタントが安全な場所だと思っていたソファの上も、わずか2週間で見習いに占拠されました。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

パピーレッスン:リードに慣らす


「子犬に首輪とリードを付ければ、飼い主の横をリードを引っ張ることなく普通に歩くだろう」と思っている飼い主初心者は意外と少なくないのではないでしょうか。

しかし、実際はいろいろなことが起こります。

初めて首輪を付けられた子犬は、なんとかそれを外そうとして首を掻いたり、噛もうともがいたり。
リードを付けられ行動を制限された途端に、前に突っ走ろうとしたり、座り込んで動かなくなったり、あるいはリードに噛みついたりと様々な行動に出て、一向に前に進まないということがあります。


また外の刺激が強すぎてフリーズしてしまい、引っ張っても動かなかったり、地面に落ちている物が気になって、あっちに行ったりこっちに来たりとまったくコントロールができなかったりいろいろです。


リードが張った状態になれば犬も不快に感じます。
引っ張られたら引っ張り返し、押されたら押しかえす。
反抗的なのではなく、生き物の自然な動きですね。

そこで不可欠なのが、安全な場所での首輪やリードの着脱や、リードを付けた状態で歩く練習です。
子犬の社会化と同じで、新しい刺激に慣らしながら、首輪やリードが不快なものではないと認識してもらうことが大事です。


201709141


もうすぐ外に出られるRくん、自宅での散歩練習。
外で上手に歩けるようになるのはず~っと先ですが、まずは家の中でリード慣らし。

リードはおもちゃではなく、大事な命綱。
リードを張らないで歩けるようになれば、リードへの依存度も低くなり、自立しやすくなります。
毎日少しずつ、飽きない程度に練習しましょう。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

ドッグダンスデモ&体験会@駒沢公園

9月30日(土)、駒沢公園で開催される動物感謝デーでドッグダンスのデモと体験会を行います。
ドッグダンスのレッスンを受ける勇気はないけれど、ちょっとだけでも試してみたいというかたは是非体験会にご参加ください。

12:15-12:45 ドッグダンスファンシャー6ペアによるドッグダンスデモ
12:50-13:15 ドッグダンス体験会(先着順)

※雨天決行

詳細は日本獣医師会のサイトをご確認ください。


201709131
一昨年ニコルとハロウィンバージョンのルーティンで参加したとき。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

ドッグダンスレッスン@わんのわさん

月に一度相模原のわんのわさんで6回に渡って行ってきたドッグダンスレッスンの最終回。
今回は今まで練習してきた動きにアレンジを加えたりしながら、課題曲のルーティンを発表していただきました。

最初はなかなか誘導のトリーツが外せなかったペアも、少しずつ言葉のキューにシフトしながらパートナーに動きを伝えていきます。
コツがわかると、人も犬もコミュニケーションが少しずつスムースになっていきます。


201709121


第一期が終わった後も継続を希望される方が多く嬉しい限りです。


10月からの第二期に若干の空があります。
多少でもしつけ教室やトレーニングを経験しているペアで、ドッグダンスを始めてみたい方は是非ご一考下さい。
詳細はわんのわさんのFacebookをご確認ください。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

刺激への抵抗力:若犬の修行

見習いは小さい頃から私から離れることにあまり違和感をもっていませんでした。

呼び戻しが出来るようになった生後5~6ヵ月の頃、自分から20メートルぐらい先まで走って行き、振り返り、私が動かないで見ていたらそのまままっすぐ戻ってきました。

その後もあちこち散策に行っては、自分から戻ってきます。
もちろん呼べばすぐ戻ってきます。
ハーディングのDNAが関係しているのも理由の一つかもしれません。

そんな見習いがアシスタントのオビディエンスの遠隔作業を横目で見ていて、教えた訳でもないのにコーンに囲まれたスペースに向かってダッシュし、伏せて待つようになりました。
前進に時間がかかったアシスタントとは雲泥の差です。
ところが、これがまた曲者で、コーンを見ると頭のなかが「前進」や「コーン周り」でいっぱいになって、他のことが考えられなくなるのです。
日常の練習では、遠隔作業の前にコーンを設置していたので、コーンの弊害に気づくのが遅れてしまいました。

そこで、先月から遠隔の練習前からコーンを並べた状態で休止、脚側や常歩行進中の作業をすることにしました。
頭の中がコーンでいっぱいにならないように、少しずつ認識を変えていきます。


201709111


ひとつずつ丁寧に。見習いに伝わるといいのですが。


---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

ドッグダンス:パーツを組み合わせると一連の動きになる


毎月プライベートレッスンで地道にムーヴやトリックを増やしているRさん、今日は今まで出来る動きを繋ぎ合わせてみました。

ヒールポジションで歩きながらウィーヴを入れて左右のポジションチェンジ、さらに動きながらポジションチェンジでフロントへ、バックステップで少し離れ、呼び戻したらクロス、その後匍匐前進でハンドラーに付いてきたら足の間をくぐって元のヒールポジションへ。

201709101

あいにく音楽は流していませんでしたが、流れるように動けていたので、音楽にのせて動いても違和感はなかったでしょう。

一つ一つのトリックだけではドッグダンスは出来ませんが、パーツを組み合わせると、まるでダンスのステップを踏んでいるようになります。

お気に入りの曲にのせて動いてみませんか?

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

犬もど忘れ?

最近ちょっと練習不足だった「コーン周り」と「前進」の練習を見習いで行ったのですが、なんとやってくれました。
あいにく動画はありませんが、コーン周りでは勢いよく飛び出して行ったかと思うと、コーンから1メートル手前でUターンして戻ってきました。
これはもう一度やり直して思い出したようですが、Boxの前進は入口を間違えてしまいました。
つまり手前からではなく、左側面から入ったのです。
なぜそうなるのか・・・。


とりあえず距離を縮めやり直したところ、どうにか前面から入りました。
その後何度か距離を伸ばしながら、通常の距離にしたところ、いつも通り前面からBoxに入ることができました。

ほぼ3週間ぶりとなった遠隔練習。
やはりサボってはいけませんね。


201709091


覚えることが多い犬達。毎日すべての練習をすることは出来ませんが、ローテーションしながら、リマインドさせてあげることが大事ですね。


---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

持来保持:ドッグトレーニング


今日のオビディエンスの練習会は盛りだくさんでした。

ウォーミングアップのあとは休止。
ハンドラーの立ち位置を今日は犬の後ろにしてみました。
後ろを振り返ってしまうのは当然のことですが、腰を崩さないように体勢を維持し続ける練習。
結構大変です。

行進中の作業やドッグダンスでもよく使うバック(後退)の練習。
今回はドッグダンスの経験者ばかりでしたので、敢えて直線コースではなく、スラロームでのバック。
ヒールポジションが理解出来ていると、バックスラロームでも上手に後肢を動かしながら付いて来てくれます。

他の犬の刺激の中での遠隔姿勢変更。
誰も他のハンドラーの招呼の声に惑わされることなく、ちゃんと待っていられました。
さすがです。


そして持来保持。
咥えて持ってきたものを咥え続けると言うことですが、ただ咥えているだけではなく、落としたり、噛み返したりすることなく、落ち着いて咥え続けていることが必要となります。
物品持来の教え方については以前も書いていますが、今回の参加犬たちは、おもちゃなどを取に行くことは理解しているので、咥えたものをきちんと保持するという練習を行いました。
実はこれが意外と難しいのです。

咥えて戻ってきてもすぐ離してしまったり、咥えながら噛んだり振り回したり、おもちゃのようになってしまったり。
オビディエンスの競技では『噛み返し』は減点となりますし、ドッグダンスでも、小道具などを咥えたあと、振り回してしまったりするとモチベーターと判断され失格になってしまうこともあります。
落ち着いて静かに咥え続ける。これが今回の課題です。

当然、離してしまっては失敗なので、咥えた状態でいることを地道に褒めていきます。
一秒でも二秒でも落とさなかったり、噛み返しをしなかったりしたらクリッカーでマークして褒めていきます。
咥えさせてマズルを押さえつけるような強制はしません。


201709081

物品持来は上手に出来るものの、噛み返さないことを理解するまでは、まだちょっと時間がかかる見習い。

最後は来月開催されるラリーオビディエンスの競技に向けて練習。

ハンドラーも犬も、頭から湯気が出そうな一日でした。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

クレートはあったほうがいい。

クレートと言うとわかりづらいかもしれませんが、要は「ハウス」、いわゆるかつての「犬小屋」です。
もちろん今でも屋外で飼育されている犬たちはいるので、当然犬小屋は健在ですが、室内飼育の場合は犬小屋とは言わず、ハウスやクレートと言っています。
クレートは持ち運び(移動)も出来るので、車に乗せたり、あるいは飛行機で移動する際などは壊れにくいクレートタイプのものが一般的です。


実は我が家にかつて(20年くらい前)クレートはありませんでした。
室内には3頭の母子のボーダーコリーが好きな場所(ソファの上やテーブルの下など)で休んだり寝たりしており、特に決まった場所は用意していませんでした。
夜は全頭寝室にあげていたので、これまた好きな場所(ベッドの上や扉の傍など)で寝ていて特に問題はありませんでした。

しかし、引っ越しを機に一台クレートを購入したところ、母子がかわるがわるクレートに入って寝ていることが多く見られるようになりました。
あえて「ハウス」と言ったことは無いのですが、犬たちにとっては囲まれたその場所がソファの上より落ち着ける場所だったのでしょう。


プライベートレッスンなどでご自宅にお伺いしてお話を聞くと、「この子には家中好きなように、自由に過ごさせてやりたい。」とおっしゃって、クレートやハウスに入れたくないとおっしゃることがあります。

いえいえ、クレートもハウスも罰する場所や嫌な場所ではないんです。
愛犬が安心して眠れる、落ち着けるスペースと考えてあげましょう。

パピーレッスンで行うハウストレーニングは小さい頃からクレートに慣らし、クレートが安全な場所だと認識してもらうため。
悪いことをしたから、罰で家族と隔離するために入れる場所ではありません。

入りづらい時は、大好きなおやつを一緒に入れて、少しずつ滞在時間を伸ばしていきます。
特に子犬の頃は、目を離さなければならないときなどに、子犬の安全を確保できるのでとても有効です。

201709071
安全な場所とわかっている見習い(もちろんアシスタントも)は勝手に入って、ドアが開いていても中で寝たりしてくつろいでいます。


一度慣れてしまえば、車の移動時や、旅行先の室内でも静かに入っていられるようになります。
特に多頭飼いの場合は、自分のスペースを確保しづらい立ち位置の犬にとって、誰にも邪魔されない自分のスペースが確保できるクレートがあるということはリラックスにもつながるので是非クレート(ハウス)トレーニングをして欲しいと思います。

犬の大きさに関係なく、家全体をテリトリーとして守らなければいけない場所という認識を持たせないためにも、守るべき場所は小さ目にしてあげた方が犬にとっても無用な頑張りは必要ないとわかるかもしれませんね。


---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

バックステップは段階を追って

DogLifeDesignさんでのプライベートレッスンに参加してくれたLくん。
10歳と言う年齢にもかかわらず日々進化しています。もちろん飼い主さんの努力があってこそ。

ヒールポジションで歩くことに大分慣れてきて、一緒に後ろに下がることもスムースになってきたLくんの今日の課題はフロントポジション。

まずはフロントポジションで歩くことを慣らしていきます。そして次に来るのがフロントポジションからのバックステップへの誘導。

201709061

フロントポジション自体に慣れるのはさほど時間はかかりません。
犬にとって、飼い主さんの顔を見ながら付いて行くのは横を一緒に歩くよりたやすいからです。

フロントポジションの意味を更に分かりやすくするために、Lくんが出来るスピン(右回り)をフロントポジションで行い、最後の着地点として「フロント」キューを出します。

201709062
201709063

フロントに入りやすいので、体にも馴染みやすいですね。

次回からは単独バックに入れるでしょう。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

全ては飼い主さんの意識次第

「散歩で引っ張る犬。」ってどうでしょうか。

小さいチワワが飼い主さんの前をちょこちょことリードを張りながら歩いていても、おそらく飼い主さんは体勢を崩すことなく、場合によってはスマホを片手に余裕でお散歩されているでしょう。

でも、ラブラドールが飼い主さんを引っ張りながらグイグイ前を歩いていたら飼い主さんはどうでしょうか。
おそらく体重を後ろにかけて、愛犬のパワーに負けないようにリードをぐっと握りしめ、かなりの負荷が腕にかかった状態ではないでしょうか。

大型犬を飼いはじめて腱鞘炎になった人は沢山います。もちろん腰痛になった人も。

ただ、人間がそういう状況に慣らされてしまうこともあります。
いつしか大変だと思わなくなってしまう。
傍から見ていると結構大変そうですが。

要は飼い主さんが今の状況をどう思っているか。
愛犬がリードを引っ張らずにそばを歩いてくれることを望めば、そのために愛犬に一緒に歩く方法を教えていくことに時間を割くことをいとわないでしょう。
しかし、途中でやめてしまったら、それ以後の進化は望めません。

数週間か数か月頑張るか、それから先およそ15年間大変な思いをするか。
全ては飼い主さん次第です。

我が家の見習い、思春期を迎え、周囲が気になって仕方がありません。
散歩の途中も時折心ここにあらず。
パピーの頃にやった呼び戻しもまたやり直しです。
一度で戻ってこないのを放置しておけば、戻らなくてもいいと学習していきます。
犬は学習する動物ですから。
あきらめないことが重要です。

201709051


---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

トリーツの渡し方には意味がある

陽性強化で犬たちに新しい行動を教えていく際、トリーツなどを使って犬を誘導しながら行動を引き出し、好ましい行動をとったときにご褒美としてトリーツを渡します。

誘導時のトリーツの位置や速さは元より、その後与えるトリーツの位置やタイミングも大変重要となります。

つまり渡すトリーツの高さが高すぎれば犬は立ち上がってしまうし、位置が左右にぶれてしまうと、犬の顔がぶれるだけでなく、からだ全体もぶれてしまい、好ましいポジションからずれてしまったりするからです。

ドッグダンスの入れ子のポジションに見習いを誘導し、その位置でトリーツを渡し続けることで、ポジションが安定して身に付いて行きます。
トリーツを渡す手の位置が外側を向いてしまうと、犬の体がハンドラーから離れてしまう可能性もあります。

201709041

小型犬の場合は、誘導時やトリーツを渡すときに腰をかがめなくてはいけないので、ちょっと大変ですが、手を抜いてしまうと、ピョンピョン跳ねてしまう可能性もあるので、ポジションの意識が身に付くまではちょっと我慢して犬の顔の前でトリーツを渡すようにしていきましょう。

201709042


今回はポジションを教える時のトリーツの渡し方を例にお話しましたが、オスワリやフセなど、基本の姿勢を教える時も、手の位置を注意してあげると、確実に犬に行動を伝えることができます。


---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

ドッグトレーニングは日々進化

初めて犬を飼う人にとって助けとなるのはブリーダーさんからの情報であったり、ペットショップの情報であったり、場合によってはワクチンを受けに行った獣医さんからの情報になります。

その犬種の特性や子犬の気質などはブリーダーさんから得るものは大きく、ワクチネーションや健康管理などは獣医さんからの情報がとても大事です。
しかし、トレーニングに関して言うと、時としてブリーダーさんや獣医さんが知らないことも多くあります。
なぜならドッグトレーニングも日々進化していているからです。

「犬は昔から犬だから、大して変わらない」と言われてしまうかも知れませんが、犬の行動学や学習理論などの研究がなされたことで、体罰ではなく、もっと犬に分かりやすく伝える方法が広まり、家庭犬としても、ドッグスポーツを楽しむ競技犬にとってもお互いの関係を親密に出来ることができるようになりました。
それは、半世紀前までの番犬として外で飼われていた犬たちとの関係とは全く違うものです。

いつも家族と一緒に家の中で生活し、場合によってはベッドで一緒に寝たり、子供たちと遊んだりする犬たちにとって、人間は怖いものだから従わなければならないと教え込むことには少なからず無理が生じます。

いまだに、ホールドスティールをしながら、マズルを抑え込むことを推奨したり、子犬の社会化と称して、誰かれかまわず、抱っこを強要することは犬たちにストレスを与えかねません。
犬種や個体による気質や性格の違いで、これらの方法が弊害をもたらさないタイプの犬もいますが、最悪の場合、噛む行為に出ないとも限らないのです。

パピーさんのプライベートレッスンに行ってきました。

201709031

これからしばらくは、子犬に沢山学ばせてもらえると思うと、わくわくします。


---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

練習前のストレッチ


人も運動前に準備体操やストレッチをしますが、犬も出来ればエクセサイズ前にストレッチをして軽くほぐしてあげると動きやすくなります。

当然犬が意識的にストレッチをすることはないので、人がサポートしながらストレッチを行います。

犬が自発的に行う伸びの動作(バウ)や、首回りのストレッチなどを練習前に行うと、負荷はかかりにくくなるかもしれませんよ。

バウのポーズ

201709021


首を左右に伸ばす
201709022

このほかにも、首を上げる動きの多いドッグダンスに合わせて、首の後ろを伸ばすストレッチなどもあります。

犬は動物だからと、ついつい万能のように思いがちですが、犬だって凝って硬くなることもあるので、ストレッチのサポートをしてあげると怪我を避けられるかもしれませんね。


---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

ビデオ撮りのすすめ

子犬や子供の成長記録としてビデオを撮るのはみなさんよくされるのではないでしょうか。

もちろん、競技会なども記録に残しておくために録画するというのはとてもいいことです。

しかし、ビデオはそんな記録だけでなく、自分の動きや犬の動きを客観的に観ることができるとても便利なツールなので、どんどん撮って欲しいと思います。
もちろん他人様は許可が必要ですが、自分の分に関しては、お願い出来ない場合でも三脚などを持って行って撮ることをお奨めします。

ドッグダンスのルーティンも未完成であっても、ビデオで撮ることで、自分の動きや、犬との距離、音楽と動きが合っているかなどを客観的に確認することができるので、私はなるべくこまめに撮るようにしています。
何度も見返しているうちに、新しい構想が湧くこともあります。

昨日Tタッチのセミナーに参加したので、当初自分がやったことを忘れないように記録用としてビデオを撮っていましたが、作業していくうちに犬の動きの変化を確認するのにもいいことがわかりました。
特にボディラップをする前とした後の犬の動きの変化など、なかなか自分がリードを持っているとわかりづらいのですが、ビデオを撮ることで客観的に観ることができます。

自分のビデオを撮るのは恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、学ぶためには必要ですので、是非撮って見てみてください。

もちろん静止画も有効です。これは一瞬を切り取ってくれるので、それなりに見えて自信になったりしますよ。

201709011
photo by Sherry mam

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »