« ドイツのブリーダーさんとの情報交換 その2 
ブリーディングとは。
| トップページ | ラリーオビディエンスの練習会 »

2017年7月23日 (日)

基本の「マテ」

犬に「マテ」を教えることは簡単そうに見えますが、実はそうでもありません。

「マテ」とは動かないでその場にいること。

「マテ」が出来ないと、どんなドッグスポーツもタイミングよくスタートすることはできません。

アジリティ、ディスク、オビディエンス、そして様々な動きが要求されるドッグダンス。
どれをとっても、動いてほしくない時に犬が動いてしまうとうまくいかないものです。

「ごはんの前に『マテ』と言えば、ちゃんと待ってるよ」
というのはよくある話。
ごはんという最大のモチベーターを目の前にすれば、
ほとんどの犬は言われたことをテキパキとこなしてくれますが、
おやつが無い場合や、お散歩の途中、競技の中で「マテ」と言われて動かないでいられるでしょうか。

もしハンドラーが犬の傍を離れてしまったら。

ハンドラーが犬の後ろに立っているとしたら。

ハンドラーが犬の視界から消えてしまったら。

「マテ」が出来るようになってくると、ハンドラーが犬から離れた場所で犬に作業のキューを出しても、犬たちは自信を持って作業をこなしてくれるようになります。

何事も練習の繰り返しですね。

201707221


---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


|

« ドイツのブリーダーさんとの情報交換 その2 
ブリーディングとは。
| トップページ | ラリーオビディエンスの練習会 »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/65568186

この記事へのトラックバック一覧です: 基本の「マテ」:

« ドイツのブリーダーさんとの情報交換 その2 
ブリーディングとは。
| トップページ | ラリーオビディエンスの練習会 »