« 犬の成長に合わせてトレーニングを続けていきましょう。 | トップページ | PIVOT(ピボット)の有効性 »

2017年6月14日 (水)

「マテ」を教える

今日のベーシックプラストレーニングでは、生後6か月のC君のママから「マテ」がいまひとつ理解できていないようだということで、C君は「マテ」の意味を教える練習になりました。

C君にはお兄ちゃん犬がいるので、いろいろなことを見て学んでいます。
お兄ちゃんが座ればC君も座ってご褒美をゲットすることを知っています。
っが、お兄ちゃんが傍にいないとちょっと?マークが点くときも。

そこで、お兄ちゃんとは別に、「オスワリ」を再確認するところから練習を始めました。
隣にお兄ちゃんのいないC君、一生懸命考えながら行動しています。
上手に出来たら、クリック/トリーツを繰り返していくと、3セッション目ぐらいで、「オスワリ」の言葉のキューだけでスッと腰を下ろすようになりました。

次は「オスワリ」の持続を強化します。
一秒、二秒と伸ばしながら「マテ」のキューをのせていくと同時に、ハンドラーとの距離も変えてみます。
そして最後は解除のキューで解放します。


201706141


さすが若いC君、残りの3セッションで大分意味がわかってきたようです。
あとは、これを繰り返し練習して忘れないようにしていくことですね。


---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


|

« 犬の成長に合わせてトレーニングを続けていきましょう。 | トップページ | PIVOT(ピボット)の有効性 »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/65411961

この記事へのトラックバック一覧です: 「マテ」を教える:

« 犬の成長に合わせてトレーニングを続けていきましょう。 | トップページ | PIVOT(ピボット)の有効性 »