« フロントポジションとバックステップ | トップページ | トリック練習は楽しい »

2017年3月25日 (土)

障害飛越をともなうダンベル持来

見習いVincentのトレーニングで、以前「障害飛越を伴うダンベル持来」について書きました。

この課目は、板障害を跳ぶこと、ダンベルを取に行くこと、ダンベルを咥えて板障害を跳ぶこと、ハンドラーの元に脚側停座すること、そしてハンドラーにダンベルを渡すという5つの行動に分かれていますが、その際キュー(声符)は3つまでしかかけられません。

先月の練習では、障害飛越のみは問題はありませんでしたが、ダンベルを持って来る時に、障害に足をぶつけてみたり、ダンベルの前で静止してしまったり、咥えても帰りは障害を避けてみたりと、いろいろ課題をつきつけてくれていました。

201702071


昨日の練習ではとりあえず障害に足をぶつけることなく、3声符で咥えて戻ることが出来るようになりましたが、ダンベルの噛み返しの課題はまだ克服できていない状況です。

ダンベル持来だけでもオビディエンスIの課目に入っているので、ひどくならないうちに修正しなくてはいけません。
果たしてどうなることやら。



---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


|

« フロントポジションとバックステップ | トップページ | トリック練習は楽しい »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/65065868

この記事へのトラックバック一覧です: 障害飛越をともなうダンベル持来:

« フロントポジションとバックステップ | トップページ | トリック練習は楽しい »