« ドッグダンスレッスン@DLD(DogLifeDesign) | トップページ | パピーの夜泣き »

2017年2月21日 (火)

食餌のトラブルは環境変化で改善されることもある

「犬はネコと違って、出されたご飯は全部食べる。」というのが以前は当たり前のように言われていました。

確かにネコは食器に入っているごはんを好きな時に好きなだけ食べて残しています。
入っているだけ食べてしまうのは犬の特権のような気がしますが、実は犬も食べないと言うことが最近では当たり前に言われるようになっています。

よく言えば「お口がきれい。」言い方を変えると「食べることにあまり興味が無い。」
つまり危機感があまりないというわけです。


危機感の無い子は一頭飼いによく見られます。
一人っ子だと誰とも競争する必要がないので、好きな時に好きなだけ食べて、またあとで食べたくなったら食べればいい。
そんな感じの子がよくいます。
我が家でかつて預かった大型犬も一人っ子だったので、食器を目の前に置いて、ウチの子たちと同時に「いただきます。」とご飯を始めようとすると、その子だけ食器から2~3粒フードを拾い上げては床に落として、食べたり食べなかったり。

そのままにしておくとウチの犬たちが取に行ってしまうので、「他の犬がいて落ち着かないからだろうか」と隔離してみたのですが、やっぱり一人で遊び食いをしているので、「食べないのならと片づけますよ。」と下げたところ、3度目の食餌から、みんなと一緒に食べ始め、とりあえず出されたものは全部食べられるようになりました。

この子の場合は、自宅でもいつも食器にフードが入れっぱなしの状態だったので、食べられないと言う危機感を全く持っていなかったのが原因でしょう。
衛生面からも、食べ残しはそのまま置いておかず、さっさと片付けることをお奨めします。


一方ごはんが食べられない状態を経験し、保護犬として一般家庭に預けられている子は食べることへの執着が強く、よその子の分にまで顔を突っ込む勢いです。
場合によっては取られまいとして、食事中に人が近づくことすら拒む犬もいます。


前者のタイプは、同居犬が増えたりすると真面目にご飯を食べるようになる場合もありますし、後者の場合は、一頭で落ち着いて食べる時間を作ってあげることで、精神的な落ち着きが保てるようになる場合があります。

ご飯は人にとっても犬にとっても楽しい時間であって欲しいと思うので、周囲の環境に気を配ってみるのもトラブルの改善になるかもしれません。

ちなみに先住クリスは自分の食器に子供たちが近寄ることは許さなかったので、子供たちからは1メートルぐらい離れた場所で食べ、子供たちはハンスがニキーと目が合うとうるさかったので、二頭の間についたてを置き、ニキーはハンスより先に食べ終わり、バックでその場を立ち去っていました。


201702211


現状アシスタントはウチに来た時から早食い。おそらく5か月まで大家族でご飯を食べていたので、さっさと食べる癖がついたのでしょう。見習いは教えた訳でもないのに、ご飯の時間はクレートに入って静かに待っています。アシスタントが歓喜の舞を見せてくれるのとは対照的で、ゆっくり味わって、最後の最後まで食器を舐めています。

201702212


201702213


飼い主としては、きれいに食べきり、満足して食後の惰眠をむさぼっている犬を見るのが楽しいですね。


---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


|

« ドッグダンスレッスン@DLD(DogLifeDesign) | トップページ | パピーの夜泣き »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/64923036

この記事へのトラックバック一覧です: 食餌のトラブルは環境変化で改善されることもある:

« ドッグダンスレッスン@DLD(DogLifeDesign) | トップページ | パピーの夜泣き »