« オビ練:Distraction対策 | トップページ | DOG PULLER@イーノの森 »

2016年11月 3日 (木)

一貫性

犬のトレーニングにおいて、一貫性の大切さは何度も書いていますが、ハンドラーの接し方だけでなく、家族が多い場合は、それぞれのファミリーメンバーも同じように接してあげなければ犬は混乱してしまいます。


長年一緒に暮らした家族であれば、飼い主さんが「Sit」と教えているのに、他のご家族が「オスワリ」と言い続けていても、犬はバイリンガルに理解することが出来ますが、新しいルールを教える時に、言っていることや、対応が違ってしまうと犬は混乱してしまいます。


そこで、家族間では、同じように接していただくようにお願いするのですが、なかなかうまく伝えられないことも多いもの。

しかし今回は自主的に奥様だけでなく、お子様やメイドさんもトレーニングに参加してくださいました。
これはとてもありがたいことです。
犬への対応方法をデモを交えながら説明し、みなさんが交代でやって下さり、誰かが間違えてしまうと、奥様がそこを指摘してくださいます。


一方、小さいお子さんの場合は、ママの言うことは聞かなくても、他人の言うことだと聞いてくれる場合もあります。

今回はハロウィーンパーティもあったせいか、犬の口の届くところにチョコレートキャンディが置いてありました。
ママにそこに置いてはいけないと言われても、お子さんは言い訳をして片づけてくれなかったのですが、私が、「〇〇ちゃんにチョコレートは良くないけど、○○ちゃんにはわからないから、もし食べてしまうと病気になっちゃうの。○○ちゃんのお口が届かないところにしまってネ。」と言うと、彼女はみんなにチョコレートキャンディを配ったあと、残ったものはママにしまっておいてと渡していました。


小さい子供さんがいるとトレーニングはいろいろ大変ですが、一緒に成長してくれると嬉しいです。

201611031

---------------------------------
基本のマナーやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« オビ練:Distraction対策 | トップページ | DOG PULLER@イーノの森 »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/64439645

この記事へのトラックバック一覧です: 一貫性:

« オビ練:Distraction対策 | トップページ | DOG PULLER@イーノの森 »