« トリック練習でコミュニケ―ションアップ | トップページ | トリーツの出し方 »

2016年9月27日 (火)

情報は最小限に。

愛犬に行動を教える時、最初はトリーツ(おやつ)を持ってルアーのようにして犬を誘導する方法を使うことがあります。

その後、行動が身についてくると、ルアーとしてのトリーツを少しずつ外し、ハンドシグナルから言葉のキューへ移行させていくのですが、その際出来るだけハンドシグナルをきちんと外すことがドッグダンスでは必要となります。
なぜなら、ハンドラーは振付として手を動かすこともあるので、いつまでも手の動きに釣られていたり、手にいつもトリーツがあると犬が思っていると、犬がそれにつられて違う動きをしてしまうことがあるからです。


クリッカートレーニングも同じです。
フリーシェービングなどで、犬に行動を教えている時、犬の目の前にクリッカーやトリーツを持つ手を見せてしまうと、犬がトリーツに気をとられてしまい、ハンドラーのキューに集中できなかったりするからです。


ハンドシグナルだけでなく、前かがみになったりするボディシグナルも同じです。
なるべくシンプルな状態でキューを出せるように、少しずつ練習していきましょう。


201609271
フロントポジションからバックステップのキューを出している図。


---------------------------------
基本のマナーやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« トリック練習でコミュニケ―ションアップ | トップページ | トリーツの出し方 »

ドッグダンス(K9フリースタイル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報は最小限に。:

« トリック練習でコミュニケ―ションアップ | トップページ | トリーツの出し方 »