« ドッグダンスレッスン | トップページ | ちょっと待ってあげましょう。 »

2016年9月15日 (木)

ハンドラー(飼い主)は忙しい

「犬を迎えたら一緒に散歩に行きたい!」
これは誰もが夢見る姿だと思います。
というより、あたりまえの絵だと思います。

子犬が嬉しそうに自分を追いかけながら一緒に散歩する姿。
まったりと同じ時間を共有しながら、散策する以心伝心の愛犬と自分。

ところが、実際愛犬がやってくると、理想のお散歩とは全く違った状況に陥ることもしばしば。
そこで、愛犬に「我が家のお散歩ルール」を教えていくことになるのですが、実は結構大変です。

片手にはリードを持たなければならず、もう片方の手には愛犬のご褒美にトリーツ(おやつ)、クリッカートレーニングを始めれば、それも手に持たなければいけません。
もうてんやわんやです。

何しろ持っているだけではなく、クリッカーは鳴らさなければいけないし、タイミングも大事。
愛犬の口にはご褒美を投げ込んだり、リードを引っ張られたら止まらなければならない。ロングリードを使うとなればリードさばきも必要です。

こんな忙しいお散歩、聞いているだけでいやになりますよね。

でも、もしお散歩の時、愛犬とうまくコミュニケーションが取れていないと感じたら、早めにこれらの道具を使いこなす方法をプロに聞いてください。

タイミングよく、愛犬の気持ちが伝われば、ず~っとこんなに忙しいお散歩をしていなくても済むはずです。


201609151


そして、ハンドラーもその動きにだんだん慣れていくので、気が付いたら苦にならなくなっているはずです。

新しい行動を教えてあげるつもりで、コツコツ根気よく繰り返すのがポイントです。

---------------------------------
基本のマナーやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


|

« ドッグダンスレッスン | トップページ | ちょっと待ってあげましょう。 »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/64208520

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドラー(飼い主)は忙しい:

« ドッグダンスレッスン | トップページ | ちょっと待ってあげましょう。 »