« バランスボールワークショップ | トップページ | ドッグダンスレッスン »

2016年7月 5日 (火)

動画で見るヒールワーク

先日、お散歩の時の犬のヒールポジションとドッグダンスやオビディエンスのヒールポジションの違いについて書きましたが、字面ではわかりづらいと思い動画を撮ってみました。
っが、距離感がいまひとつで、全画面にしないとわかりづらいかもしれません。



モデルは生後7か月半の見習いVincentです。

前半は、ほとんど声をかけず、見習いが勝手な方向に行こうとして、リードが張る直前に私が反対方向に向きを変えます。見習いが気づいてあわててついてくればそのまま歩きます。
その後、この動きに馴れてこちらを意識するようになり、自分からアイコンタクトを取ってくるようになったら、クリッカーでマークして褒めます。

まだまだフラフラしてみたり、私の前を歩きがちです。

実際の散歩では、アシスタントニコルも一緒なので、ニコルが私の左側を歩いていると、彼はそのちょっと前を歩くので、そのたびにUターンさせられますが、何回か繰り返すことで、こちらの歩度を少し気にするようになります。

もちろん日常の散歩では毎回新しい刺激にさらされるので、見習いが急に周囲を気にしなくなることはありません。
毎日繰り返して、「一緒に歩こうね。」のサインを出し続け、彼の経験値があがるのを待つのです。

※使用している首輪(カラー)はベルトタイプ、リードは瀬川の12mm、140cmです。
少し前まで9mmリードを使っていましたが、何年も使用して安全面に不安があったので、晩年ハンスが使っていた12mmリードに先月変更しました。


リードを外したトレーニング用ヒールワークでは、私の歩度に合わせて前後左右に歩かねばならないので、かなり集中力が必要になります。


やり過ぎず、適当なところで解放してあげると、次回につながります。


201607050

---------------------------------
基本のマナーやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
グループレッスンやプライベートレッスンを行っています。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


|

« バランスボールワークショップ | トップページ | ドッグダンスレッスン »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/63874484

この記事へのトラックバック一覧です: 動画で見るヒールワーク:

« バランスボールワークショップ | トップページ | ドッグダンスレッスン »