« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

犬の集中力

週末フリースタイルのワークショップとコンペを見て感じたことを少し書きます。

ワークショップは、参加者がそれぞれ25分の持ち時間の中で、自分のルーティンを見てもらったり、あるいは日ごろ解決したい問題を聞くプライベートレッスン方式でおこなわれました。


いずれにしても、犬たちはその25分間の間、ルーティーンを踊ったり、トリックや動きの練習をしたり、あるいはハンドラーさんが講師と話をしている間大人しくその場で待機しています。

25分間集中しているというのは意外と大変です。


さらにその後、少し時間を空けて再度ルーティーンに挑戦することが出来ます。

訓練競技会などでは、カテゴリーによって7~8分の作業時間のクラスから、30分を超えるクラスもあり、さらにその間トリーツやおもちゃなどのモチベーターは一切使うことが出来ません。
いかに集中力が必要かとい言うことがお分かりになると思います。


ということは、本番に備えて、日常的に集中する時間を伸ばすという練習が必要になります。
なぜなら、日ごろ2~3分しか集中して練習していなければ、急に時間を伸ばされたとき犬はストレスを感じてしまうからです。


もちろん、新しいトリックなどを教える時は2~3分のセッションを数回行う方法をとりますが、ヒールワークや様々なトリックなどを交えた練習は、たとえトリーツを使ったり、ご褒美のおもちゃで少し遊ぶことがあったとしても、持続して作業し続けるという習慣がなければうまくいきません。


また、個体によっては飽きっぽい子がいたり、あるいは「やめ」と言うまでエンドレスに作業をつづける子もいたりするので、一概に集中力の持続できる時間を算定することはできませんが、大事なのは持続する練習もしておく必要があるということ。


そして、それは、犬を追いこむことではなく、犬が楽しいと思えるような作業のプランニングでなければ続けられません。


作業意欲を落とさず犬の行動が持続できるように、日ごろから愛犬のことをよく知っておくことが不可欠ですね。

今回ワークショップで頑張った犬たちの中には、翌日素晴らしい演技を披露できた子もいれば、うまくいかなかった子もいます。

いつもと違う環境で、しかもいつもと違う場所で寝起きし、場合によっては犬の吠える声が聞こえて寝られなかったかもしれません。
あるいは、朝早くに起きて、長時間車に揺られてきたかもしれません。

そのような状況であったとしてもハンドラーと一緒に頑張った犬たちを私はすごいと思います。

彼らにとって、出来る限りストレスを減らしてあげながら、その時のベストが発揮できるような環境を作ってあげられるといいですね。

同時に免疫力を高めるために、少しずついい経験を増やしていってあげましょう。


201605301

---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
グループレッスンやプライベートレッスンを行っています。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

Dog Dance Japan Freestyle Competition @ Woof

昨日はDog Dance Japanさん主催のフリースタイル競技会に参加しました。


アシスタントニコルとの出番はエキジビションクラス#1のすぐあと。
つまり2番目ということで、朝から大忙し。

実は、見習いVincentを大人しくケージで待機させておくためには、コングに詰めた朝ごはんをタイミングよく彼に渡さなければいけません。


生後4か月から様々のイベントに連れまわし、ケージ待機の練習を繰り返し行ってきました。

ケージを閉めておく場合。ケージを開けておく場合。ケージを閉めてカバーをかけて外部の刺激から遮断する方法など、様々なシチュエーションで練習を重ねてきたので、フードを渡さなくても騒ぐ可能性は大変低くなってきていますが、ニコルとの本番の演技中に騒ぐことがあってはニコルにとっても、当然競技の進行上もよくありません。

そこで、ギリギリまで待機場所で待ち、出番直前にお湯でゆがいたフード入りコングをケージに入れ、ホワイエまでニコルと走りリングイン。


去年の秋から取り組んできたこのルーティンも今回で最後となるので、あとは演ずるのみ。

結果はフリースタイル、ノービス部門17ペア中3席。


201605292

当初予定していたパフォーマンスの7割程度の出来栄えでしたが、今までの中では一番ニコルがイキイキしていたパフォーマンスだったと言えるでしょう。


各トリックを考えると、まだまだ完成度は低いので、今後もパーツ練習は続けていきます。

さて、秋に向けて新しいルーティン。どうなることやら。

---------------------------------
ドッグダンス定期レッスン@東京都稲城市
参加者募集中!
4月より月2回、火曜日の午後ドッグダンスのレッスンを行っています。
クラスは「ベーシック」と「ステップアップ」の二つです。
「ベーシック」は基本のトレーニングを中心にした内容で、ドッグダンス初心者やご興味がおありの方を対象に、「ステップアップ」はファンマッチや競技会の経験者、プロのドッグトレーナーを対象としています。
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group_aura
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

フリースタイルトレーニングショウ

昨日は山梨のWoofで開催されたドッグダンスジャパンさん主催のワークショップを見学しました。

今回はデンマークから著名なフリースタイラーであるエミィ・マリー・シモンセン氏を講師として招いています。

ワークショップはトレーニングショウ形式で行われます。
参加者が各々のルーティンをみてもらいながら、アドバイスを受けるというもので、持ち時間内であれば何度か練習することもできますし、ポイントを絞って聞くこともできます。

今回は見学ということもあり、我が家はリラックスして臨みましたが、参加者それぞれの質問は個人的なものではなく、フリースタイルを楽しむ人たちみなさんに共通する問題であることも多々あるので、大変興味深く、ためになるお話を聞くことができました。

今日は競技会、そして明日はまたワークショップと3日間続きます。

参加された方々が、多くのことを得て帰ることができますように。

---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
グループレッスンやプライベートレッスンを行っています。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月27日 (金)

マットトレーニング

今日のプライベートレッスンは5か月のボーダーコリー、Lくん。
彼は我が家の見習いヴィンセントと1か月違い。
見た目ではすっかり見習い君を追い越す勢い。

しかし行動パターンはまだお子ちゃま。


L君は前回はハウストレーニングの徹底を行いました。
ハウスは、お留守番、食餌の時などにとても有効です。

ハウスは叱られたから入る場所ではなく、落ち着ける場所であり、ごはんが食べられる楽しい場所と認識してほしいものです。
だから、中におやつを入れたり、入ることをしっかり褒めたりしながら練習していきます。


ハウストレーニングでコツをつかんだLくん、「マットトレーニング」でも、進んでマットに乗るようになってきました。


201605265


確実にマットに乗れるようになってきたら、マットにいる時間を伸ばしていきます。


「マットトレーニング」は昨日も書きましたが、そこ(マットの上)にいることで、やって欲しくない行動を制御することができます。
やって欲しくない行動を取る前にマットに乗ってくれれば、人も叱る頻度が減り、犬共々ストレスが減ります。


ということで、来客に跳びついたり、テーブルに足をかけたりする前に、「マット」と言って褒めてあげてましょう。


オンオフの切り替えにも役立つ「マットトレーニング」、是非取り入れてみてください。

---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
グループレッスンやプライベートレッスンを行っています。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

Basic+レッスン:マットトレーニングと匍匐前進

昨日行われたBasic+のグループレッスンでは、遠隔作業を加味したマットトレーニングと、後肢の筋肉アップに匍匐前進を練習しました。


一般的な「マットトレーニング」は出来ている生徒さんたちなので、今回は「離れた場所にあるマットまで一人で歩いていき、その場で伏せて待つ。」と言う一連の動作を身に着けてもらうことに。


飼い主さんにマットを目の前に「マット」とキューを出されれば問題なくマットに乗ることが出来る子でも、飼い主さんから離れた場所にあるマットに一人で歩いて行くというのは簡単ではありません。
「『マット』は同じだから行けるでしょ。」と人間は思うのですが、犬にとってみれば距離が変わることで、簡単に理解する子とそうでない子がいます。


最初は見習いヴィンセントが敷いていたマットを外して7~8メートル離れた場所に置いてみます。

「マット」のキューにヴィンセントは今までマットが敷いてあった場所に行き、何食わぬ顔で伏せています。
なるほど、彼は場所で「マット」を理解したというわけですね。

そこで、もう少し実際のマットに近づいて、更にハンドシグナルも混ぜて「マット」のキューを出すと、ようやく「なんだ、これか。」と歩いていき、その場で伏せました。

マットに乗ると伏せるシチュエーションが多いので、彼は言われる前に伏せたわけです。

ヴィンセントを一度傍に呼び戻し、今度は最初と同じくらいマットから離れて「マット」のキューを出すと、もうマットの置かれている場所が変わったことを理解し、すぐにマットまで歩いて行くことが出来ました。

ヴィンセントのデモを見て頂いた後、実際に生徒さんたちに「マット」のキューを出してもらいました。
マットとの距離があるので初めは少し躊躇する子、離れていても自信を持ってマットまで行く子いろいろです。

今回の生徒さんの中にも、言われなくても伏せる習慣がきちんと付いている子もいれば、そうではない子もいるので、その子たちに合せてクリッカーのタイミングやキューの数を変えます。


201605261


201605262

「マット」のキューで離れていても自分でその場所に行き、伏せて待つことが出来るようになると、例えばご自宅で来客があった時、興奮して客人に吠えかかってしまったり、まとわりついてしまったりすることがわかっていれば、自分は玄関に向かいながら、犬には「マット」の指示を出すことが出来ます。
日常でもとても有効なキューですので、是非覚えてくださいね。


後半は後肢の筋力アップ練習ということで、匍匐前進を練習しました。

トリーツの誘導だけで動きが覚えられる場合と、お尻を持ち上げないように物理的なバリアを使う方法といろいろあるので、その子に合わせて練習してみましょう。

201605263


201605264


---------------------------------
基本のマナートレーニング@池尻
5月期生参加者募集中!
クラスは「ベーシック」と「ベーシックプラス」の二つで、それぞれ月に2回の隔週クラスです。
「ベーシック」は「オスワリ」や「マテ」の基本的な教え方、日常生活に必要なマナーについて勉強し、「ベーシックプラス」では、基本の動作の完成度をあげるとともに、体のバランス力アップと考える犬つくりをベースにしたレッスンを行います。
詳細およびお申し込みは下記から。
http://wanbywan.com/lesson.htm#basic_course
---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
グループレッスンやプライベートレッスンを行っています。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

フリースタイル初・中級クラス@DogLifeDesign

日曜日のフリースタイルのクラスでは、少し前から課題曲をご提案して、ルーティンの振付を作ってもらっています。


基本の動きやいろいろなトリックは練習されていますが、実際に曲に合わせて動くことを想定しないと、なかなか実感がわかないものです。


しかも、トリックを繋げていくためには、ポジションチェンジや、動く方向など、様々なことを視野に入れてルーティンを作らなければなりません。


今まで単体で覚えてきたそれぞれの動きが点から線になっていく瞬間です。


「私は競技会に出ないからいいの。」と端からあきらめてしまわずに、是非お気に入りの曲でルーティンを作ってみましょう。

少しずつ欲が出てきますよ~。


201605241

左右のポジションも少しずつ安定してきて、サイドステップで上手に後ろ足が動かせるようになってMさん。

201605242

「お手・お代わり」をママの足でやってのけるチワワのNくん。

---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
グループレッスンやプライベートレッスンを行っています。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月22日 (日)

無料しつけ相談@麻布十番


今日はロンリーペットさん主催で行われた「いぬねこ里親会」でしつけのデモと無料しつけ相談をさせていただきました。

デモでは、前回護国寺で興奮さめやらず車待機になった見習いVincentが初めてアシスタントを務めました。
と言っても、「ちゃんと出来ない犬」の代表としてのデモです。

案の定、通りかかった小型犬を見て興奮吠え。

しかし、前回とは異なり、呼び戻してフセをさせることが出来ました。


見習い君は人も犬も大好きです。
つまり、挨拶に行きたくて仕方ない訳ですが、そうそう誰彼かまわず挨拶ができる状況とは限りません。

そこで、吠えることに「イケナイ!」と言うより、興奮を冷ましてやる方が結果的には再度吠えることを防ぐことになります。

もちろん、吠える原因によって対処方法は変わりますが、見習い君の場合は、とにかく一度手元に呼び戻して、刺激対象犬から少し距離をおき、出来たことを褒めてトリーツを出せば、吠えるよりおやつの方がいいと考えるにいたったということです。


同時に、リードの長さが犬の興奮度を上げる原因となる可能性があることや、リードが常に緩んだ状態が普通なんだと犬に認識させるために、ロングリードを使ったお散歩方法や、呼び戻しのタイミングなどをお話ししてきました。

後半のしつけ相談では、怖がりな小型犬が多かったので、少しずつ環境に馴らしていく方法などをお話ししました。

特に、まだ迎えて二週間程度のパピーの飼い主さんは「叱る」より「犬に気づかせる」スタンスでいらしたことが喜ばしく感じられました。

信頼関係がまだ出来ていない上に、おうちのルールさえまだ覚えていない仔犬を叱りつけても混乱させてしまうだけですものね。

最初は尻尾が下がっていたパピーも、帰るころには元気よく尻尾があがり、自分から新しいものに近寄っていく様子が見られました。


子供の成長のように、温かく見守ってあげるのも大事ですね。


201605221
前回のデモからおよそ1か月。
少し落ち着くことが出来るようになった見習いと、今日は出番の無かったアシスタントのツーショット。

---------------------------------
基本のマナートレーニング@池尻
5月期生参加者募集中!
クラスは「ベーシック」と「ベーシックプラス」の二つで、それぞれ月に2回の隔週クラスです。
「ベーシック」は「オスワリ」や「マテ」の基本的な教え方、日常生活に必要なマナーについて勉強し、「ベーシックプラス」では、基本の動作の完成度をあげるとともに、体のバランス力アップと考える犬つくりをベースにしたレッスンを行います。
詳細およびお申し込みは下記から。
http://wanbywan.com/lesson.htm#basic_course
---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
グループレッスンやプライベートレッスンを行っています。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

ファンマッチでびゅう

ドッグダンスの発表の場としては、競技会やファンマッチなどがあります。


競技会は採点されるために、規定に照らしながらルーティンを作らなければいけませんが、ファンマッチなどの発表の場では、トリーツを持つことも可能ですし、犬にとって危険と判断されない限り、持ち時間をどのように使っても問題ありません。


ということで、今回見習いのVincentが初めてファンマッチでびゅうしました。


まずは、現在練習中の右ヒールポジションをリングという新しい環境の中でもトリーツ満載で練習していきます。
いつも通りが大切。

それから、ハンドシグナルが無くても動けるようになってきた左側のヒールポジション。

ちょっと出来るようになったウィーヴをハンドシグナル付で。

途中で一緒に走り回る。

その後、「スワレ」「フセ」などをいつものようにリングの中でもやってみて、最後はおもちゃのレトリーブ。

ルーティンでもなんでもない動きですが、いつもの練習場所とは違った環境の中で、音楽も鳴らしながら一緒に楽しく動くというのが今回の課題。


201605211


とりあえず脱走することもなく、排泄することもなく、最後までハンドラーに集中しながら遊べたので、課題は無事クリアといったところでしょうか。

ドッグダンスを始めたからと言って、最初からハードルを高くする必要はまったくありません。
好きな曲をバックに、パートナーと一緒に動くことが大切です。
楽しい時間を共有することで、次へのステップアップとなります。

さぁ、今から好きな曲を探してみませんか?

秋のフリスタシーズンまで半年。

ファンマッチでびゅうも夢ではありませんよ。

---------------------------------
ドッグダンス定期レッスン@東京都稲城市
参加者募集中!
4月より月2回、火曜日の午後ドッグダンスのレッスンを行っています。
クラスは「ベーシック」と「ステップアップ」の二つです。
「ベーシック」は基本のトレーニングを中心にした内容で、ドッグダンス初心者やご興味がおありの方を対象に、「ステップアップ」はファンマッチや競技会の経験者、プロのドッグトレーナーを対象としています。
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group_aura
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

見習いVincentの場合

昨日は後ろ足を意識して使うことで、サイドステップやバックステップなどがスムースに出来るようになるということで、アシスタント犬ニコルの足づかいを動画で見て頂きました。

ニコルは左右のポジションを理解しているので、私が移動すれば素早くそのポジションに自分から動いてくれます。
その際、頭からではなく、後ろ足を使いながら上手に回っているのがお分かり頂けたと思います。

そこで今日は見習いVincentの動画で、犬が模索しながら動いている様子をご覧ください。

彼は左側のヒールポジションは大分理解出来てきましたが、右側はまだ若干曲がってしまうので、トリーツを使って誘導しています。

上手に出来たら、クリックアンドトリーツ。
トリーツを渡す手の位置にも注意が必要です。

まずは一歩ずつ。
上手に動けたらクリックアンドトリーツです。


---------------------------------
ドッグダンス定期レッスン@東京都稲城市
参加者募集中!
4月より月2回、火曜日の午後ドッグダンスのレッスンを行っています。
クラスは「ベーシック」と「ステップアップ」の二つです。
「ベーシック」は基本のトレーニングを中心にした内容で、ドッグダンス初心者やご興味がおありの方を対象に、「ステップアップ」はファンマッチや競技会の経験者、プロのドッグトレーナーを対象としています。
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group_aura
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

後ろ足がキーポイントです。

昨日サイドステップには犬の後肢の動きが大事だと書きました。

リードを使ってコントロールすることのできないドッグダンスでは、当然のことながら犬が自発的に動くことが必須となります。


では、どうやって動いてもらうのか。

「犬がそうしたくなっちゃうような環境をつくる。」
そして、それを「しっかり理解してもらう。」ことが早道ではないでしょうか。


「ヒールポジション」がきちんと理解できていると、前後左右、回転しても犬はそのポジションをキープしてくれます。

焦らずゆっくり犬が付いてくるのを待ってあげるのがポイントです。

前進する中で、ちょっと後退する、ちょっと左右に動く、後ろ向きに回転しながら動く。
そんなことを繰り返していると、後肢がだんだん動きやすくなってきます。



---------------------------------
ドッグダンス定期レッスン@東京都稲城市
参加者募集中!
4月より月2回、火曜日の午後ドッグダンスのレッスンを行っています。
クラスは「ベーシック」と「ステップアップ」の二つです。
「ベーシック」は基本のトレーニングを中心にした内容で、ドッグダンス初心者やご興味がおありの方を対象に、「ステップアップ」はファンマッチや競技会の経験者、プロのドッグトレーナーを対象としています。
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group_aura
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

サイドステップ

ドッグダンスでは、ハンドラーとパートナーが一緒に前に進むだけでなく、後ろに下がったり、横に移動したりします。
パートナーは、ハンドラーがどっちの方向に進もうと、ハンドラーとの位置関係を維持し続けるために、後ろ足からバックしたり、横にサイドステップを踏まなければなりません。


犬は本来前足に付いて後ろ足が動くので、遊びに誘うときに後ろに下がったりする以外は、自発的に後ろに下がったりしません。
ましてや、サイドステップなど踏むことはありません。


そこで、犬たちにサイドステップを踏んでもらうためには、犬が自発的にサイドステップを踏むようになることが不可欠です。
無理矢理犬を横に引っ張っても、犬には理解できないからです。

前足はその場で足踏みをしていると、少しずつでも左右に動く可能性はありますが、後ろ足がその場で足踏みをするというのはあまりありません。
後ろ足に対する意識が少ないからです。

ではどうやって後ろ足への意識を持たせるのでしょうか。


今回右方向へはとても上手にサイドステップが踏めるのに、左方向になると、頭の方から移動してしまい、ちょっと後ろ足が遅れ気味のMさんに、左の後ろ足に意識を持ってもらうために、スツールの周りを左方向に回ってもらいました。


201605181


スツールの角を左足をぶつけないで上手に回るためには、左の後ろ足への意識が必要になってきます。

こんな練習をするだけでも、後ろ足の使い方が格段と変化してきますので、是非試してみてくださいね。

C君は、フロントポジションからのサイドステップの方が上手に後ろ足が動かせるようになりました。


201605182


ヒールポジションを維持しながら左右に動くのと同様、フロントポジションを維持しながらの左右の動きも練習することで、犬にとって左に動く、あるいは右に動くということが単独で認識できるようになってきます。

遠隔作業でも使えるので、少しずつ距離を伸ばしながら練習してみましょう。

---------------------------------
ドッグダンス定期レッスン@東京都稲城市
参加者募集中!
4月より月2回、火曜日の午後ドッグダンスのレッスンを行っています。
クラスは「ベーシック」と「ステップアップ」の二つです。
「ベーシック」は基本のトレーニングを中心にした内容で、ドッグダンス初心者やご興味がおありの方を対象に、「ステップアップ」はファンマッチや競技会の経験者、プロのドッグトレーナーを対象としています。
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group_aura

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

クリッカーワークショップ

昨日はKaren Pryor Academy認定トレーナーである美香子ビアさんのクリッカートレーニング応用編のワークショップに参加してきました。
昨年開催された基礎編に続くコースです。


私がクリッカーと出会ったのは10年以上前になりますが、Karen Pryor氏の本やビデオの独学から始まり、実際のトレーニングで使用する海外トレーナーの実践を見て学んできたものだったので、昨年のワークショップに続く今回の応用編はとても実のあるものでした。


前回はニコルで参加しましたが、今回は生後6か月になったVincentで参加してみました。


通常のトレーニングはクリッカーで行っているVincent。
シェーピングも何度か試したことがあるので、本犬はやる気満々で始めました。

しかしながら、若さゆえか、多少ガサツなところが。

それでも、沢山頭を使ったので、途中で湯気が出てしまったようです。


201605171

そうです。
犬は頭を使うととても疲れるのです。


これから梅雨の季節。
なかなかお散歩で発散出来ない時は、クリッカーで楽しくお勉強してみませんか?

WanByWanのトレーニングクラスはクリッカーを使ってシェーピングも行っています。

---------------------------------
基本のマナートレーニング@池尻
5月期生参加者募集中!
クラスは「ベーシック」と「ベーシックプラス」の二つで、それぞれ月に2回の隔週クラスです。
「ベーシック」は「オスワリ」や「マテ」の基本的な教え方、日常生活に必要なマナーについて勉強し、「ベーシックプラス」では、基本の動作の完成度をあげるとともに、体のバランス力アップと考える犬つくりをベースにしたレッスンを行います。
詳細およびお申し込みは下記から。
http://wanbywan.com/lesson.htm#basic_course
---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
グループレッスンやプライベートレッスンを行っています。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月13日 (金)

フリーシェーピング

今週のベーシックプラストレーニングでは、クリッカーを使ったフリーシェーピングを行いました。

ベーシックから参加しているCくん。
まだ若いので、やんちゃな面も沢山ありますが、フリーシェーピングは考える力を育てるのに大変有効です。


201605121

201605122

201605123


2セッション目でハンドラーの意図を察してくれました。

理解できると、あとはスムースです。

行動が引き出せたら、その行動にキューをのせて、言葉と行動を関連付けてあげれば、「オスワリ」を教えた時と同様、犬もそのキューで椅子に乗れるようになります。


---------------------------------
基本のマナートレーニング@池尻
5月期生参加者募集中!
クラスは「ベーシック」と「ベーシックプラス」の二つで、それぞれ月に2回の隔週クラスです。
「ベーシック」は「オスワリ」や「マテ」の基本的な教え方、日常生活に必要なマナーについて勉強し、「ベーシックプラス」では、基本の動作の完成度をあげるとともに、体のバランス力アップと考える犬つくりをベースにしたレッスンを行います。
詳細およびお申し込みは下記から。
http://wanbywan.com/lesson.htm#basic_course
---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
グループレッスンやプライベートレッスンを行っています。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

初心者からのドッグダンスグループレッスン@レシアン

昨日は月に一度開催しているドッグダンスグループレッスン@レシアンでした。


先月から始まったこのレッスン。
一回目は基本のヒールポジションやヒールワークの教え方を練習していただきました。
なんと言っても、ドッグダンスの基本はヒールポジションですから。


二回目はヒールポジションを強化しながら、回転のムーヴの練習です。
回転系の動きは、ポジションチェンジも含め、様々な場面で有効なので、是非マスターしましょう。

また、スターティングポーズやエンディングポーズに使える「バウ(おじぎ)」なども練習してみました。


201605111

201605112

201605113


次回も楽しみです。


---------------------------------
ドッグダンス定期レッスン@東京都稲城市
参加者募集中!
4月より月2回、火曜日の午後ドッグダンスのレッスンを行っています。
クラスは「ベーシック」と「ステップアップ」の二つです。
「ベーシック」は基本のトレーニングを中心にした内容で、ドッグダンス初心者やご興味がおありの方を対象に、「ステップアップ」はファンマッチや競技会の経験者、プロのドッグトレーナーを対象としています。
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group_aura

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

ドッグダンス練習会


5月はドッグダンスのコンペや発表会が目白押しです。
今月の合同練習会でも、参加者たちはルーティンの最終調整に余念がありません。


ルーティンは一度発表したものでも、少しずつ手を加えていくことはかまいません。
一度仕上げたものでも、パートナーのレベルがアップしてくれば、トリックやムーヴをレベルアップさせたり、あるいは練習の中で、パートナーがその動きに不安を感じていると思えば、最初はその不安を減らし、次第に馴れて自信が付いてから、もう一度その動きにチャレンジしてみるというのもいいのではないでしょうか。

不安の原因は、ハンドラーとの距離であったり、視線であったり、苦手なステップだったりと様々です。

一度お披露目したものでも、リメイクしながら、愛犬と一緒に納得できるものが創れるといいですね。

201605091

201605092


201605093


201605094


※ルーティン以外の練習犬はインストラクションをしていたので写真が撮れませんでした。すみません。

---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

多頭飼いの練習方法

愛犬たちとドッグスポーツを楽しむとき、1頭と練習していると、別の犬たちが大騒ぎをするというのはよくあることです。

我が家の初代ボーダーコリーと二年間一対一の競技生活を送った後、その子供たち二頭が家族に加わった時、子供たちと練習しようとすると母犬が初め大騒ぎしていました。

今までは彼女とだけの練習だったのに、急に観客にまわされて不満爆発というところでしょうか。
不思議なことに、子供たちはいつも強い母を見ているので、母の練習中待たされていても一切騒ぎませんでした。


そこで、母犬との練習の後、息子と少し遊び、次に母犬と練習、そして娘と少し遊び、また母犬と練習。というように交代制をルーティン化することにしました。

母犬との練習は普通の時間、子供たちとの遊びはほんの数十秒から。
そして、少しずつ子供たちとの練習時間を長くしていくことで、母犬は数日後待つことに馴れ、それぞれの練習時間をきちんと楽しめるようになりました。

現在のアシスタントニコルが我が家にやってきたときも、初めニコルをポールに繋ぎ、先住の老犬たちと少し遊んだあとに、ニコルの番、そしてまた老犬。というように交代制にすることで2~3日で要求吠えはなくなりました。


今回見習いのVincentはもともとよく吠える子で、我が家に連れて帰ってくる道中も、おやつを投入し続けなければ、7時間吠えっぱなしもいとわないほどでしたので、ニコルの練習中繋いでおこうものなら近所中に響き渡る声で大騒ぎを始めたので、すぐに「マテ」のキューを教え、僅かな時間から待たせるように練習してきました。

すると、彼の場合は物理的に遮断されるよりも、自分が納得すれば待てるようになりました。


今回三度目のイベント参加では、ケージを閉めても開けても、とりあえず大人しく観戦できるようになりました。


201605081

環境馴致も大事ですが、犬に納得させることも大切です。

今回ニコルの出番の時は、ご飯を食べていてもらいましたが、いつかはご飯を食べていなくても、納得して待っていてくれるようになれるでしょう。

ちなみにニコルの結果はコンペ部門一席。
コンペ部門の参加者が少なかったおかげで、出来栄えは全然良くなかったのにお土産を頂きました。


201605082


こちらもまだまだ修行中の5歳です。

---------------------------------
ドッグダンス定期レッスン@東京都稲城市
参加者募集中!
4月より月2回、火曜日の午後ドッグダンスのレッスンを行っています。
クラスは「ベーシック」と「ステップアップ」の二つです。
「ベーシック」は基本のトレーニングを中心にした内容で、ドッグダンス初心者やご興味がおありの方を対象に、「ステップアップ」はファンマッチや競技会の経験者、プロのドッグトレーナーを対象としています。
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group_aura
---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

基本マナーのベーシックコース5月期生募集中!


「オスワリ」「マテ」などの基本マナーから、日常的に知っていると便利なキューやその行動の教え方などを学んでいただくクラスです。

また犬たちには、強制ではなく、陽性強化で教えていきます。


クリッカーの使い方も合わせて学習できるコースですので、クリッカー初心者の方は是非ご参加ください。


隔週水曜日開催のコースです。
5月18日水曜日18:30~19:30 スタートです。

201510061

レッスンの詳細およびお申し込みはこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#basic_course


---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
グループレッスンやプライベートレッスンを行っています。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

「モチベーター」の選び方

「モチベーター」すなわち「ご褒美」に何を使うかということは、犬と共同作業を行うにあたっては欠かせないものだと言えます。


意外と見過ごされてしまいがちな「モチベーター」の機能について見直してみましょう。


「モチベーター」は当然その犬にとって好きなものでなくては意味がありません。
例えば、食べ物(フードやトリーツ)、おもちゃ、一緒に遊ぶことなどなど。

そしてその好きな物にも必ず順位づけがあるので、作業の内容や、周囲の環境によって変える必要があることも頭に入れておかなくてはなりません。


また、「モチベーター」を出すタイミングもとても重要です。
例えば、「フセ」から「マテ」という静的持続作業を行っているときに、「マテ」の時間を伸ばしている最中のご褒美としておもちゃを使ってしまうと、犬が動いてしまいます。
そう言う場合は、トリーツで持続を促す方法が有効ですね。
トリーツの出し方も、投げるのではなく、犬が動かなくてもよいように口元に持って行くのがいいでしょう。


更に、トリーツ一つをとっても、普段のフードなのか、ジャーキーなのか、チーズなのか、茹でササミなのかによってランクは変わってきます。
どれをどのタイミングで使うのかも大事なポイントです。

アシスタントニコルのボールを取に行くことや、引っ張りっこは大好きですが、ランクの高いおやつが出ると、それどころではなくなることも。

201605051


「モチベーター」の使い方をちょっと見直してみませんか?

---------------------------------
基本のマナートレーニング@池尻
5月期生参加者募集中!
クラスは「ベーシック」と「ベーシックプラス」の二つで、それぞれ月に2回の隔週クラスです。
「ベーシック」は「オスワリ」や「マテ」の基本的な教え方、日常生活に必要なマナーについて勉強し、「ベーシックプラス」では、基本の動作の完成度をあげるとともに、体のバランス力アップと考える犬つくりをベースにしたレッスンを行います。
詳細およびお申し込みは下記から。
http://wanbywan.com/lesson.htm#basic_course
---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
グループレッスンやプライベートレッスンを行っています。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

「呼び戻し」の練習


仔犬を迎えた時、最初に教えるのは「名前」だと書きました。

「名前を呼ばれるといいことがある。」と教えていきながら、アイコンタクトを自発的にとれるようにすることがポイントなのですが、仔犬は目の前で動くだけでも追いかけてくるので、それを利用すると「呼び戻し」もさほど苦労することなく教えていくことが出来ます。


しかし、成犬になってから「呼び戻し」を教えようとすると、その子にとって、飼い主さんの所にいくことが「楽しいこと」や「いいこと」ということが結びつかないとなかなかうまくは行きません。
なぜなら、彼らは名前を呼ばれて怒られたことや、呼ばれて行ってもいいことが何もなかったことをちゃんと学習しているからです。

そのためにも、犬たちにとって何が「いいこと」なのかをみつけることがポイントになります。

食いしん坊なら「食べ物」かも知れないし、遊ぶことが好きな子なら「ボール投げ」や「引っ張りっこ」かもしれません。


その子にとっての「いいこと」をみつけたら、呼ばれてきたときのご褒美としてそれを使います。
もちろん、飼い主さんも楽しそうに言葉でも褒めてあげてくださいね。


毎日の地道な繰り返しで、ドッグランなどで犬同士で楽しく遊んでいる時でもしっかり戻ってこられるようになりますし、行って欲しくない方向に行こうとしている犬をきちんと手元に呼び戻すことが出来ます。

愛犬の安全のためにも、是非100%戻れる犬にしてください。

呼び戻しが出来るようになると、「持って来い」も教えやすくなります。

見習いVincent、ただいま「持って来い」の練習中


201605021


「出せ」がもう少しスムースに出来るといいのですが。


---------------------------------
基本のマナートレーニング@池尻
5月期生参加者募集中!
クラスは「ベーシック」と「ベーシックプラス」の二つで、それぞれ月に2回の隔週クラスです。
「ベーシック」は「オスワリ」や「マテ」の基本的な教え方、日常生活に必要なマナーについて勉強し、「ベーシックプラス」では、基本の動作の完成度をあげるとともに、体のバランス力アップと考える犬つくりをベースにしたレッスンを行います。
詳細およびお申し込みは下記から。
http://wanbywan.com/lesson.htm#basic_course
---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
グループレッスンやプライベートレッスンを行っています。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »