« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

ノーズワーク

昨日のベーシックプラスレッスンでは、ちょっとゲーム感覚でノーズワークを行いました。

参加犬は1歳ちょっとの若いオスで、食べる物には目が無いタイプ。

しかし、日常的に視力を使うことの方が多い犬たちは、ついつい目に飛び込んでくる物に対して反射的に反応してしまいます。

そこで今回は本来の感覚である鼻を使うことをゲーム感覚で行ってみました。


初めは、犬が見ている前でおやつを部屋のあちこちに隠していきます。
最初は目で追っていた犬たちも、隠されたおやつの数が増えてくると、もう目ではなく、鼻で探すしかありません。
犬は動いていないものへの反応がしづらいからです。


というわけで、今回は麻薬探知犬さながらに鼻を使って隠れたおやつを探し当ててくれました。


201603311


ラブ君の場合は、体高もあるので、ちょっと高い位置にも隠してみましたが、ちゃんと空気中の匂いを嗅ぎ取ってみつけてくれました。

201603312


最後はちゃんと飼い主さんの前で落ち着いて休めの姿勢。


201603313


レッスンを始めた頃とは信じられないくらい落ち着けるようになってきました。

ノーズワークはおうちの中でも、ソファのクッションの間や、キッチンマットの下など、いろいろな場所におやつを隠して犬たちと遊べるので、雨の日などは是非試してみてくださいね。

---------------------------------
ドッグダンス定期レッスン@東京都稲城市
参加者募集中!
4月より月2回、火曜日の午後ドッグダンスのレッスンを行います。
クラスは「ベーシック」と「ステップアップ」の二つです。
「ベーシック」は基本のトレーニングを中心にした内容で、ドッグダンス初心者やご興味がおありの方を対象に、「ステップアップ」はファンマッチや競技会の経験者、プロのドッグトレーナーを対象としています。
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group_aura
---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

FCIオビディエンスセミナー

先週木曜日から4日間、山梨県で行われたオビディエンスセミナー&ワークショップに参加してきました。

オビディエンスというと日本語では「服従訓練」の総称としてよく使われますが、今回の「オビディエンス」はFCIオビディエンスという競技のことを言います。

FCIとは国際畜犬連盟(Fédération Cynologique Internationale)の略ですので、国際レベルのオビディエンス競技ということになります。


我が家ではJKC(ジャパンケネルクラブ)主催で行われる家庭犬訓練を長年続けてきており、健康な犬たちがいる時は競技会にも参加しています。
いわゆるCD(コンパニオンドッグ)のカテゴリーの競技会で、基本の動作や、様々な動きを犬たちに教えて技術を競い合うというものです。


FCIオビディエンスがJKCで採用されるようになったのは、当時の我が家の犬たちがCDをリタイヤして競技会からすっかり遠ざかっていた数年の間のことでしたので、ニコルが我が家にやってきて、再び競技会に参加するようになって初めてこの競技が日本でも行われていることを知りました。


ニコルは4年間CDの競技会で、CDI,II,IIIs,III,Xと経験を積んできたので、そろそろFCIオビディエンスにチャレンジしようと思った時今回のセミナー開催を知り、参加することにしました。


競技規定はJKCのホームページでも公開されていますが、FCIのサイトには非常に詳細な内容が載せられています。もちろん英語ですが。


ドイツから招いた世界トップクラスの講師による今回のセミナーでは、競技会に参加しクオリファイするための練習方法の詳細を聞くことができ、大変貴重な体験となりました。


世界大会を目指す人たちの中で、私は全くの素人でしたが、ただ競技で良い点を取るだけではなく、犬にわかりやすく伝えることや、基本的な犬との付き合い方に関しても、大変勉強になるセミナーでした。

オビディエンスの正確な動きづくりはドッグダンスにも大変役立つものです。
今後は少しでも皆様にわかりやすくお伝えできればと思っています。


201603281
セミナー4日目、2階席から見学中のアシスタント見習い。


---------------------------------
ドッグダンス定期レッスン@東京都稲城市
参加者募集中!
4月より月2回、火曜日の午後ドッグダンスのレッスンを行います。
クラスは「ベーシック」と「ステップアップ」の二つです。
「ベーシック」は基本のトレーニングを中心にした内容で、ドッグダンス初心者やご興味がおありの方を対象に、「ステップアップ」はファンマッチや競技会の経験者、プロのドッグトレーナーを対象としています。

詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group_aura
---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

バックウィーブ

今日レッスンに参加してくれたKさん。
様々なポジションも覚え、技も増えていますが、今回ルーティンに盛り込むために「バックウィーブ」を強化中です。

「バックウィーブ」とはその名の通り、「ウィーブ」をバックしながら行うこと。
つまり、犬がバックしながら後ろに下がる人間の足の間をくぐっていくというもの。


人間の足の間をくぐるときは、前進する「ウィーブ」と同じで、体を回しながら移動しないと、足の間を縫うように動くことはできません。

そのためには、後ろに下がりながら体を回すことが必要となるので、回転する動きを身に着ける必要があるので、「バックアラウンド」などを体得していると動きやすくなります。

でも、日常的に前に動くことがあたりまえの犬にとって、急にバックウィーブの練習に入る前に、ストレッチも兼ねて、「スピン」などの回転系の動きで体を馴らしてあげることも大切です。

一歩ずつ、繰り返しの練習が有効ですので、地道に続けていきましょう。


201603211_2
Kさん、練習の後半には、自ら上手に体を回してバックすることができました。


---------------------------------
ドッグダンス定期レッスン@東京都稲城市
参加者募集中!
4月より月2回、火曜日の午後ドッグダンスのレッスンを行います。
クラスは「ベーシック」と「ステップアップ」の二つです。
「ベーシック」はドッグダンス初心者や基本のトレーニングにご興味がおありの方を対象に、「ステップアップ」はファンマッチや競技会の経験者、プロのドッグトレーナーを対象としています。
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group_aura
---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

トリックの教え方

今日のトリックレッスンでは、参加者のご希望で「犬の頭の上に何かを乗せる。」と「紙を咥える。」「バックステップ」の教え方を練習しました。


「犬の頭の上に何かを乗せる。」ためには、犬が動かないことがポイントになります。
「マテ」が教えてあると、スムースに進みます。

乗せるものは、負担にならないような物から始めるといいでしょう。
じっとしていられる時間を一秒ずつ伸ばすつもりで、じっくり教えてあげましょう。

今回はティッシュでした。

201603191

「紙を咥える」の場合、この参加犬は新聞紙を咥えることができるそうですので、咥える紙のサイズや厚さをいろいろ変えて練習していくことで、同じキューでなんでも咥えられるようになります。

咥えて保持できる時間は少しずつ伸ばしていきましょう。

201603192


いずれの場合も、犬にとってストレスにならないレベルで進めます。


バックステップに関しては、何度も書いてますので今回は割愛します。

---------------------------------
ドッグダンス定期レッスン@東京都稲城市
参加者募集中!
4月より月2回、火曜日の午後ドッグダンスのレッスンを行います。
クラスは「ベーシック」と「ステップアップ」の二つです。
「ベーシック」はドッグダンス初心者や基本のトレーニングにご興味がおありの方を対象に、「ステップアップ」はファンマッチや競技会の経験者、プロのドッグトレーナーを対象としています。
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group_aura
---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月17日 (木)

スピン(回転)を教える

ドッグダンスのムーヴの中でよく使われるトリックにスピン(回転)があります。
後肢を軸として右あるいは左に犬が頭を回しながら一回転する動きです。


回転の動きは外側にあたる後肢の筋力アップに有効です。
日常的に左側のヒールポジションにいることの多い犬たちは、左側の後肢が強くなる傾向にあるため、今回は右後肢の筋力アップを兼ねて反時計回り(左周り)を練習することにしました。


参加犬たちは、訓練競技会には出ていないので、左脚側よりもハンドラーの正面にいることに馴れています。そこでスピンの練習は正面のポジションから始めることにしました。


最初はトリーツを手に持って、ルアーのように、犬の鼻先に持って行った手を回転させます。
上手に回転出来たら、クリックして持っていたルアーをご褒美として渡します。


201603171

犬が回転する動きに馴れてきたら、今度はトリーツを持たず、ハンドシグナルだけで誘導し、上手に出来たら、クリックしてトリーツを出します。


201603172


ハンドシグナルだけでも上手に回れるようになってきたら、回転を意味する言葉のキューをのせていきます。
同時に、ハンドシグナルの動きも少しずつ小さくしていきます。


201603173


最後は、言葉のキューだけで、犬が回転できるように練習します。


キューの意味が分かってきたら、今度は左側のヒールポジションにいても左回転できるように練習します。

上手に出来たら、歩きながら、回転の動きを入れていくとダンスのトリックにも使えますよ。

---------------------------------
ドッグダンス定期レッスン@東京都稲城市
参加者募集中!
4月より月2回、火曜日の午後ドッグダンスのレッスンを行います。
クラスは「ベーシック」と「ステップアップ」の二つです。
「ベーシック」はドッグダンス初心者や基本のトレーニングにご興味がおありの方を対象に、「ステップアップ」はファンマッチや競技会の経験者、プロのドッグトレーナーを対象としています。
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group_aura
---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

クリッカーだから教えられるトリック

トリックのひとつに、台の上に乗せた前足を軸にしたピボットターン(一周回る)があります。
これは犬が後ろ足を動かさないと出来ない動きなので、なかなか誘導しづらいものがあります。
ましてやリードを使って誘導することなど出来ません。


そこで有効なのがクリッカーのシェーピングという技術です。

レッスンのMさん、すでにオリジナルルーティンも持っているダンサーで、前足を何かの上に乗せるという動きはキュー(言葉の合図)でも出来るのですが、そのあとうまく回れないということで練習しました。


201603141


クリッカーが鳴らないと、Mさんはどうやったらクリッカーが鳴るか試行錯誤始めます。
前足を動かしてみたり、四本足で乗ってみたり。
それでもクリッカーが鳴らないと、後ろ足が少し足踏みをしてみたり。
そこでクリッカーを鳴らしてあげると、Mさんは後ろ足を動かすことだと理解します。


201603142

では、後ろ足はどう動かせばいいのか。
Mさんは再び試行錯誤しながら足を動かします。その時、少しでも横に足を動かして回転するそぶりを見せたらそこでクリックします。


というように、一周回るという最終形を目標に、少しずつ目標に向かっているところをクリック⇒トリーツで褒めていくと、最後には一周回れるようになります。


その後スムースに回れるようになってきたら、初めてキュー(言葉の合図)を付け、回るという行動とキューを関連付けていきます。

ポイントはトリーツをあげる手の動きです。

201603143

回る動きを妨げない方向からトリーツを出してあげることが大事です。

日常的にクリッカーを使って考えることが習慣になっているMさん、なんと数分で回ってしまいました。
おうちでは回れなかったとおっしゃっていましたが、Mさんの頭の中では90パーセント出来上がっていたのでしょうね。

---------------------------------
ドッグダンス定期レッスン@東京都稲城市
参加者募集中!
4月より月2回、火曜日の午後ドッグダンスのレッスンを行います。
クラスは「ベーシック」と「ステップアップ」の二つです。
「ベーシック」はドッグダンス初心者や基本のトレーニングにご興味がおありの方を対象に、「ステップアップ」はファンマッチや競技会の経験者、プロのドッグトレーナーを対象としています。
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group_aura
---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

クリッカーで教える「お手」「お変わり」

「お手」「お変わり」は愛犬によく教える芸のひとつですが、教える時に、ついつい犬の前足を掴んでしまいます。

我が家の場合は中型犬なので、散歩から帰ってくると必ず4本の足をタオルで拭くという作業を行うため、1本ずつ名前を付けた足を持ち上げることを日々繰り返すことで、4本の足をそれぞれキューで上げるということを覚えました。

しかし、小型犬の場合は片手で犬を抱いた状態で、もう一方の手で足を拭くことが多いため、あえて足を上げさせることが無いことから、この教え方では難しい場合があります。

そんな時役に立つのがクリッカーによる行動の強化法です。


では、どうやって犬に自発的に手を上げさせるか。

犬の前で片手におやつを握って座ってみてください。
犬はじれてくると、手を鼻でつっついたり、前足を出したりします。

そこで、前足を上げた瞬間をとらえて『クリック』⇒『トリーツ』

これを繰り返していくうちに、おやつを持っていなくても、手を上げるようになってきたら、「お手」と言う言葉のキューを付けてあげればいいのです。

「お手」というキュート前足をあげることが関連付けられれば、言葉のキューだけでも前足をあげてくれるようになります。

ここでポイントは、左右の前足をそれぞれ別々のキューで教えてあげると、「ドッグダンス」のトリックでは、ハンドラーとシンクロして同じ側の足を上げたり出来るようになります。


201603103

今まで「お手」を教えたことのなかったNさん。
クリッカーで前足をあげられるようになりました。しかもやたらスムースに。
誰かにこっそり教わっていたのでしょうか。

---------------------------------
ドッグダンス定期レッスン@東京都稲城市
参加者募集中!
4月より月2回、火曜日の午後ドッグダンスのレッスンを行います。
クラスは「ベーシック」と「ステップアップ」の二つです。
「ベーシック」はドッグダンス初心者や基本のトレーニングにご興味がおありの方を対象に、「ステップアップ」はファンマッチや競技会の経験者、プロのドッグトレーナーを対象としています。
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group_aura
---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

「オスワリ」の意味

新しく犬を迎えると、一番初めに教える、というか犬が覚えてしまうことは「オスワリ」ではないでしょうか。

昔はリードを引き上げ、お尻を押して教えていた「オスワリ」でしたが、今は陽性強化で、強制することなく教えることが出来ます。


嬉しそうに走ってくる犬が、興奮でピョンピョン飛び跳ねている時、じっと笑顔で待っていると、犬はなぜ相手をしてくらないのかと少し悩んだあと、自分から座ります。
その瞬間を褒めてあげると、犬は何も言われなくても座るようになります。
これが「オスワリ」という形を覚える最初です。
この形に「オスワリ」という言葉のキューをのせていくことで、犬は「オスワリ」と言われれば腰を落として座ることだと理解していきます。


そして「オスワリ」が上手に出来るようになると、次は「フセ」も教えたくなります。

犬が「フセ」も上手に覚えると、人は「オスワリ」の次に「フセ」と犬に伝えることが多くなります。

「『オスワリ』。そう上手。いい子だねぇ。じゃぁ、『フセ』」といった感じです。

すると、犬は立っている時「オスワリ」と言われ、その次に来るのが「フセ」と覚えます。


つまり、立っている状態から腰を落として「オスワリ」をすることが「オスワリ」と覚えるわけです。

そこで「フセ」ている犬に「オスワリ」と言うと、「えっ?それはどうやってやるんだろう。」と戸惑う犬が出てきます。
伏せている状態から上体を上げることに結びつかないのです。


それは、バカでもなんでもありません。「フセ」からの「オスワリ」を教えていなかっただけなのです。


ごはんを前に、「オスワリ!フセ!マテ!」といつも同じパターンで言っている方は、是非次回は「フセ。オスワリ。いいよ。」と声をかけてみてください。

どこまで愛犬が言葉の意味を理解しているかがわかりますよ。


201603101


201603102
レッスン中に上手に「フセ」から「オスワリ」が出来るようになったBくん。

---------------------------------
ベーシックプラスコース3月期生募集中!
基本の動き、愛犬にちゃんと伝わっていますか?
水曜コース:3月9日開講
詳細・お申込みはこちらから。

---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 9日 (水)

ドッグダンス合同練習会

昨日は月に一度の合同練習会の日。
来月からドッグダンスのファンマッチや競技会も始まるので、参加者も最終調整に向けて頑張っています。

また、新しいルーティンを作り始めた人も。

最初は基本中の基本のヒールワークでウォーミングアップ。

レベルが上がってくると、ポジションが増えたり、様々なトリック(動き)を教えることに費やす時間が増えて、ついつい基本練習が少なくなってしまいます。

ヒールポジションにズレは出ていないか、ハンドラーの速度の犬がちゃんとついて来られるか。そんなことを確認するのも大切です。


201603081

201603082


201603086

後半はルーティンの練習と遠隔の教え方。


201603083

201603084

201603085


犬たちに伝えていくのはとても時間がかかりますが、上手に出来た時の喜びと、それを一緒に感じて自信を付けて行く犬たちを見るのは楽しいものです。
焦らず、地道に楽しみましょう!

---------------------------------
ベーシックプラスコース3月期生募集中!
基本の動き、愛犬にちゃんと伝わっていますか?
水曜コース:3月9日開講
詳細・お申込みはこちらから。

---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

馴れない環境にいるとき

人も犬も、周りが気になるといつも通りのことが出来なくなるのはよくあることです。

人間の場合は「自意識過剰」などと言われてしまいますが、犬の場合は、いつもと違う環境にあることだけで、緊張感や不安感などで、その環境に馴れないと、いつも通りのことが出来なかったり、飼い主さんの言うことすら聞こえなくなってしまうことがあります。

それは、単に社会性が身についているかどうかの問題だけではありません。

社会性は免疫力のようなものですから、ある程度付いていれば、新しい刺激に対しても過敏に反応しないで済むわけです。
だからと言って、社会性のある子がすべての新しい刺激に無反応ではありません。


いずれにしても、新しい環境や外部の刺激に馴れるまでに時間がかかる子は、その間ストレスをかかえてしまうこともあります。
そのストレスを少しでも軽減させてあげるためにも、飼い主さんを見ることで、落ち着いていられるように練習していくことはとても有効だと思います。


新しいものを自分で確認し、自分に関係なければ反応する必要がない。と素早く学べれば一番いいのですが、そうでない場合は、とりあえず飼い主さんを見て落ち着けるようになると、飼い主さんの言葉も聴こえるようになってくるでしょう。


先日のプライベートレッスンで、白黒のアシスタントが気になってしまったプードルさん。
中型犬以上が少々苦手とのこと。
アシスタントはほとんど動いていませんでしたが、存在自体が非常に気になってしまったようです。


そんな時でも、飼い主さんから声をかけられ、飼い主さんを見ることでご褒美がもらえるとわかれば、関係ないものを見ているよりそっちの方がいいと少しずつ学んでいきます。

飼い主さんに集中できれば、とても素敵なパフォーマンスができるんですから。


201603071


集中しているとヒールワークも楽しそうです。

いろいろな場所で、名前を呼ばれたらアテンションを取ることを習慣すると、外部の刺激に対しても、過剰に反応しないでいられるようになってきます。


---------------------------------
ベーシックプラスコース3月期生募集中!
基本の動き、愛犬にちゃんと伝わっていますか?
水曜コース:3月9日開講
詳細・お申込みはこちらから。

---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

パピートレーニング:食糞対策

仔犬が家にやってきたとき、飼い主さんとして一番気になるのはトイレトレーニングではないでしょうか。

決まった場所でトイレをして欲しい。


仔犬の場合排泄は頻繁に行われるので、ちょっと目を離すと「あ~ぁ。」となるケースは数多くあると思います。

まず家に連れてきたその時からトイレトレーニングは始まるといっていいでしょう。

ハウスに入れるよりなにより先に、トイレの場所にいざない、トイレをもよおすのを待ってみる。

昔は、ブリーダーさんなどから、トイレシーツに臭いのついたものを持って帰ると、もよおしやすいと言われていましたが、中には、きれいなところでしかトイレをしない子もいるので、一概には決められないようです。


いずれにしても、「頻繁にトイレにいざない、成功したときに褒める」というのが基本ですが、トイレトレーニングと同じくらい気になるのが「食糞」です。


生後3週間くらいまでは、仔犬の排泄物は母犬が食べて処理をしてくれますが、その後離乳食に入るころからは人間がせっせと片付けないと、遊んでいるうちに仔犬が口に入れてしまったり、お腹が空いていてついつい食べてしまったりという悪い習慣がついてしまうことがあります。これが「食糞」です。


どの飼い主さんもこれは絶対治したいと思っているはずです。
しかし、これが案外難しい。何しろ排泄している傍から口にしてしまう子もいるくらいですから。


原因は、ブリーダーさんのところで、仔犬時代兄弟たちのウンチが沢山あると、ついつい遊び半分からということもありますし、ペットショップなど、常に目が行き届いているわけではない場合、ずっと放置されているため口にしてしまうということもあります。


そこで、「出たらすぐ取って片づける」ことが食糞対策の基本になるわけですが、いつも見張っているわけにもいきません。
食糞防止のサプリなどもあるようですが、それでもすべての子に効果があるとは限りません。


当然、排泄のタイミングは一緒に暮らし始めればわかってくるので、そのタイミングで見張っているというのは確率的に高いものですが、それでも、「ちょっと目を離す。」ということはよくあることです。


そこで、有効なのがトイレのキューです。「ワンツー」や「ウンチ」など、ご家庭によっていろいろな声掛けがあると思いますが、排泄のタイミングでそのキューを使い続けていると、排泄行為と言葉のキューが関連付けられて、犬たちもキューによって排泄が促されるようになります。


セカンドアシスタント見習いヴィンセント、現在3ヵ月半。
ウンチが気になるお年頃ですが、キューの声掛けとタイミングの監視という二本立てで、成功率は98%です。

201603011


我が家では「大」と「小」のキューは変えていますが、それを使うことで、排泄してほしい時に排泄してくれるので、犬にとっても、車に乗ってからトイレに行きたくなるなどという困ったことは避けられています。

是非、トイレの声掛けやってみてください。
ただし、あまり大きな声ではなく、やさしく、そして出来たらしっかり褒めてあげましょう!

---------------------------------
ベーシックトレーニングコース、ベーシックプラスコース3月期生募集中!
基本の動き、愛犬にちゃんと伝わっていますか?
水曜コース:3月9日開講
詳細・お申込みはこちらから。

---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »