« ベーシックトレーニングコース 1月期生募集開始 | トップページ | BATセミナー »

2015年12月 4日 (金)

しつけの本の話

犬のしつけに関する本は沢山出ています。
かくいう私も30年前に「しつけ本」を入手したことがあります。
しかし、あの頃と比べると、今はしつけの方法も全く異なったものとなり(強制訓練から陽性強化へ)、
更にいろいろなやり方も加味されて、一体どれが正しいのか、一般の読者には選別しづらくなっているのも事実です。
(出版時期の古い本を購入する時は要チェック)


昔読んだしつけの本の中に、
「犬は叱らなくちゃ。」
「散歩はいつも違う時間に違うコースを歩かなくちゃ。」
「ごはんは毎日同じ時間にあげない。」と言ったことが書かれていました。

「犬は叱らなくちゃ。」はもちろん間違ってはいません。
問題は叱るタイミング?
悪いことをしたらすぐ?
悪い事ってなに?
犬がやってはいけないことだとわかっているのにやったら叱るのは当然。
でも、犬が悪いことだと理解していないのに叱っても犬にはなぜ叱られたのか理解できません。
叱る前には当然「教える」という作業が必要になるのです。


二番目に関しては、半分正解。
同じコースだけでなく、いろいろなコースを歩いて様々な環境に馴らしてあげるのはとても大事です。でも、毎日違うコースだと、毎日犬は緊張しながら歩かなくてはなりません。ちょっと辛いかも。


そして二番目と三番目で言わんとする、「いつも同じ時間にやるな。」というご指導。
理由は、その時間になると犬が催促してうるさいし、決まった時間に決まったことが起こらないと犬にとってストレスになるというもの。

確かに犬たちは、「そろそろですか~?」という顔はします。
お散歩の時間が近くなると、トイレに立とうとしても、「散歩かな?」と目だけ動かして様子をみたり。
犬たちの期待感は痛いほどわかりますが、人には人の都合があって、わざわざ変えなくても、変えざるを得ないことがあります。ですから敢えて変える必要もないかなと個人的に思います。


「催促するようになるから」というご懸念は、散歩やごはんだけの問題ではなく、日ごろの犬との接し方で、いつも犬の要求に応えるように人間が馴らされていれば、ちょっとルーティンが変わっただけで催促されるかもしれません。


要は普段から人と犬がどこまで折り合いをつけて暮らしているかではないでしょうか。

気が付けば犬のペースで家じゅうが仕切られていることが無いように、たまにはネゴシエーションも必要かもしれませんね。


201512041
(おやつ早く下さいの図)

---------------------------------
ベーシックトレーニングコース1月期生募集中!
基本の動き、愛犬にちゃんと伝わっていますか?
水曜コース:1月6日開講16:00 - 17:00
木曜コース:1月7日開講18:30 - 19:30
詳細・お申込みはこちらから。

---------------------------------
基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------
ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« ベーシックトレーニングコース 1月期生募集開始 | トップページ | BATセミナー »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/62804516

この記事へのトラックバック一覧です: しつけの本の話:

« ベーシックトレーニングコース 1月期生募集開始 | トップページ | BATセミナー »