« リード | トップページ | ドッグダンス競技会 »

2015年10月16日 (金)

犬同士の遊び

都会で暮らしている犬たちの相談の中でよく出てくるのが「よその犬を見ると吠える」というもの。
吠える理由は様々です。「遊ぼうよ!」だったり「怖いからあっちへ行って!」だったり「お前は嫌いだ!」だったり。

基本は「社会化不足」のひとつ「犬馴れ不足」。

では、どう馴らすのか。

子犬の頃から母犬や兄弟犬としっかり遊んできた子は犬馴れが出来ているので、比較的問題は起きづらいと考えられています。
しかし、それで完璧というわけではもちろんありません。
その後の経験値や生活環境が大きく影響するからです。

それでも、飼い主さんが意識を持つだけでも、犬たちは沢山学習して、精神的なストレスを軽減させていくことは可能です。

パピーを迎えたら、たとえすぐに散歩に連れて出られなくても、抱っこで外に連れ出したり、ワクチン等の管理の出来ている大人の犬と触れ合わせたりすることで、よその犬に対する接し方も大きく変わってくると思います。


過去に一緒に暮らしてきた犬たちは犬種の特性もありましたが、よその犬と遊ぶことはほとんどありませんでした。
だからと言って、犬に吠えたりおびえたりするわけではなく、相手がいることを確認し、容認するといった関係だったので、ハンドラーとしては大変楽でした。
ですから、犬と遊べる犬にならなければいけないと言っているのではありません。


一方現在のアシスタントは同じ犬種ながら、大変犬と遊ぶのが好きな子で、威嚇されない限り上手に遊びに誘うことができます。威嚇された場合は背中を向けていることも出来る子です。生後5か月まで親元で犬まみれの生活をしていたことと、その後もレッスンのアシスタントとして私がいろいろな場所に連れまわしていたこともあるのでしょう。


犬同士の会話が出来る犬に育つように、幼いころからいろいろな経験値を増やしてあげようと飼い主さんが意識を持つことが大切です。


201510161

201510162

アシスタントニコル(4歳半)ベビーシッター中。

---------------------------------
ベーシックトレーニングコース11月期生募集中!
基本の動き、愛犬にちゃんと伝わっていますか?
11月コース:18:30-19:30
詳細はこちらから。
http://wanbywan.com/lesson.htm#basic_course
---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« リード | トップページ | ドッグダンス競技会 »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/62484063

この記事へのトラックバック一覧です: 犬同士の遊び:

« リード | トップページ | ドッグダンス競技会 »