« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

パピーズデイリーアドバイス

今日はパピーレッスン。

昨日おうちに来たばかりの3ヵ月のコーギーの御嬢さん。

初対面なのに、やけに大人しい。
私に吠えることもなく、ケージ越しに私の手の匂いをとって優しく舐めてくれる。

オーナーさんも、昨日から大人しいとおっしゃる。
ブリーダーさんも大人しめの仔犬と言っていたそうなので、多分そうなのでしょう。
でも、まだまだネコかぶっていそうです(笑)。


っで、ちょっとスイッチを入れてみると、嬉しそうに部屋の中を走りはじめました。
仔犬らしさ満載です。


201509282


そして、お決まりの跳びつきが始まりました。

オーナーさんのお宅には小学生の低学年の坊ちゃんがいます。
それよりなにより、コーギーの跳びつきは身体上あまりおすすめできません。

ところが、跳びついても楽しいことは起きない(おやつはもらえない)と数回で学んだお嬢さん、何も言わないのに、自分で座るようになりました。


201509281

さすが、仔犬は覚えが速い。
でも、きっと明日には忘れてしまうかも。


繰り返していただくようにお願いして今日のセッションは終了しました。


オーナーさんには、抱っこ散歩も含めて、繰り返し続けて欲しいことと、注意してほしいことを伝えて、次のお約束をしました。


------------------------------
「ベーシックトレーニングコース」随時開講

コースの概要はこちらをご覧ください。


お申し込みはinfoアットマークwanbywan.comまで。
---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

無料しつけ相談会

ボランティアでお手伝いしているBCRN(ボーダーコリーレスキューネットワーク)ですが、この度、里親さんになられた方や、これからボーダーコリーの里親さんになろうと考えていらっしゃる方を対象に、「ボーダーコリーってどんな犬種?」と言った「ボーダーコリーについてのなんでも相談会」を下記の要領で開催します。

日時:10月13日(火) 9:30 - 12:00
場所:横浜動物愛護センター、飼育体験実習室
募集人数:最大10頭


短い時間ではありますが、ご希望の方は、以下の内容をinfoアットマークwanbywan.comまでお送りください。

参加者のお名前:
犬の名前(里親さんの場合):
犬の年齢(里親さんの場合):
犬の性別(里親さんの場合):
里親さんになった日:(何年何月くらいまでで結構です)
ご連絡先(当日連絡の取れる携帯電話など):
ご希望の相談内容:
(例:トイレトレーニングについて。呼び戻しを完璧にしたい。などなど)

申し込み締め切り:10月5日

定員に達し次第締め切ります。

Top_rogo


------------------------------
「ベーシックトレーニングコース」随時開講

コースの概要はこちらをご覧ください。
http://wanbywan.com/lesson.htm#basic_course

お申し込みはinfoアットマークwanbywan.comまで。
---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月26日 (土)

フリースタイルファンマッチ@Woof

今日はアウラさん主催のファンマッチが山梨のWoofで行われました。

いつもは一日での開催でしたが、今回はワークショップも組み込んだ二日間の開催。

初日は、いつもレッスンに来て下さる生徒さんたちも参加されました。

いつもの練習通りが発揮できればもちろん素晴らしいことですが、本番では、人も犬もいつもと違う環境で緊張します。
想定外のことが起きることもあります。


そんな中でも、ハンドラーさんに集中してデビュウをかざったMさん。


201509261

ハンドラーさんの目指す、吸い付くようなサイドステップを見せてくれたKさん。


201509262


周りの刺激に負けないで、一生懸命ハンドラーさんに集中していたCくん。


201509263


彼らは、彼らが今出来ることを精いっぱいやってくれました。

彼らの頑張りが次につながるよう、楽しく続けていきましょう!


---------------------------------
アドバンスドトレーニングコース開講
ドッグスポーツにも欠かせないオビディエンスクラス
10月木曜コース:19:00~20:00
詳細はこちらから。
---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

ベーシックトレーニング最終日

今日は連続8回のベーシックトレーニングコース最終日。
今までやってきた練習の最終プルーフィングを行いました。

おやつなどのモチベーターが無くてもハンドラーとリード無しで一緒に歩き、


201509241


ハンドラーが傍にいなくても、周りに刺激があっても、ハンドラーの指示に的確に反応し、


201509242


最後は楽しく呼び戻す。

201509243


基礎の基礎ですが、オスワリやフセなどの単純な動作であっても、
ハンドラーとの位置関係が様々な状況で、
しかも周りに刺激がある中できちんとこなすというのは
犬たちにとって簡単なことではありません。

一見単調な練習の繰り返しのように見えますが、
身につくと、とても日常生活に役立つことばかりです。

また、犬たちに気づかされることも沢山あるので、是非楽しみながらトレーニングを始めてみませんか。

ベーシックトレーニングコース随時開講。
詳細はお問合せください。

---------------------------------
アドバンスドトレーニングコース開講
ドッグスポーツにも欠かせないオビディエンスクラス
10月木曜コース:19:00~20:00
詳細はこちらから。
---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

トリックレッスン@DogLifeDesign

昨日は、駒沢のDogLifeDesignさんで「トリックレッスン」を開催しました。

ドッグダンスで愛犬と一緒に踊るところまではいけないけれど、愛犬に様々なトリックを教えてコミュニケーションアップを図りたいという飼い主様におすすめのクラスで、今回2回目となります。


前回は「おじぎ(バウ)」と「スピン(おまわり)」を練習しましたが、今回もご要望に応えて人気の「おじぎ(バウ)」に加えて「ロールオーバー(ごろん)」、そしてドッグダンスで流行の「クロス(前足をクロスさせる)」の教え方を練習しました。


「おじぎ」の動きは犬たちが日常的に行っていることですが、いざその動きをさせようとすると、おやつを使った誘導が必要になります。
しかし、誘導する手の位置が少しズレただけでも、伏せになってしまったり、立ち上がって前進してしまったりとなかなか難しいもの。

でも、今回の参加犬たちはバッチリ会得しました。

201509221


201509222

201509224

体の動きがマスター出来たら、誘導のおやつをはずして、言葉のコマンドだけで出来るようにします。

201509223


上手に出来たら、犬と向い合せや並んだりと、いろいろなポジションで出来るようにするといいでしょう。


「おじぎ」はストレッチにもなるので、おすすめのトリックです。

次の「ロールオーバー」は勢いでゴロンといける子もいますが、途中でお腹を見せることになるので、グループで練習する時はストレスにならないように少しずつ進めるのがコツ。

人間に利き足や利き手があるように、犬にも動きやすい方向があるので、まずはスムースに体が回せそうな方から練習します。
また、伏せの姿勢で足を崩してしまう場合は、足を崩さない伏せの練習から始めます。

左右転がる方向によってコマンド(指示語)を変えることもポイントです。

最後の「クロス」は「お手やお代わり」が出来ると覚えやすいです。

201509225

ハンドラーの意図していることがわかると、犬たちもスムースに動けるようになります。


是非、愛犬と楽しみながら練習してみてくださいね。

---------------------------------
アドバンスドトレーニングコース開講
ドッグスポーツにも欠かせないオビディエンスクラス
10月木曜コース:19:00~20:00
詳細はこちらから。
---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

ルーティーン最終調整

今週末のファンマッチに向けて、ルーティーンの最終チェックを行いました。

今回初めてファンマッチにチャレンジするペアと、出場経験のあるペア。

初チャレンジのペアにとって、何もかもが初めてなのはハンドラーだけでなくパートナーも同様。
本番で起こりうるいろいろな状況を想定しつつ、リングデザインの最終チェック。
いかにパートナーの動きを効果的に見せるか。
これがなかなか難しいもの。


経験のあるペアは、今までやってきたことをいかに本番で出来るようにするかを考えながら、出来るかぎりパートナーのストレスを減らし、楽しく踊りきるかを考えました。


201509181


201509182


参加者全てが、また出てみたいと思えるような、次につながる瞬間を経験出来ますように。


---------------------------------
アドバンスドトレーニングコース開講
ドッグスポーツにも欠かせないオビディエンスクラス
10月木曜コース:19:00~20:00
詳細はこちらから。
---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

トリーツの出し方

木曜日のベーシックトレーニングクラスは、ご褒美のトリーツの出し方を変えて、ハンドラーがトリーツを手に持っていなくても、また、トリーツポーチを身に着けていなくても、ご褒美はもらえるんだと犬たちに伝えるレッスンでした。

ポジションや動作を強化するために、誘導として使っていたトリーツをご褒美のモチベーターとして使っていると、だんだんとトリーツだけが目当てになってしまい、トリーツが無ければ何もしてくれなくなる言って、トリーツを使わないでトレーニングをされている方もいらっしゃいますが、私はトリーツに限らず、おもちゃ(一緒に遊ぶ)もご褒美としてどんどん使っています。

ただし、それぞれの動作やポジションに対して、ある程度言葉の意味がわかってくれば、褒める時に必ずトリーツが出なくても、言葉で褒めるだけで、やったことが合っていると伝えられるので、ご褒美としてのトリーツをランダムにして、最終的にはトリーツがなくても作業できるようにします。

その過程では、トリーツを手で持っていたり、トリーツポーチの中から出すのではなく、別の場所に取りに行くという方法も使います。

つまり、目の前にトリーツが見えていなくても、ちゃんとご褒美はもらえると伝えていくことで、トリーツを持っていなくても、犬の集中力を持続させると方法です。

トリーツをはずしていくには、パターン化せず、ランダムに、バリエーションをもたせて練習することで、犬に先読みさせないことも大事です。

特にドッグダンスは2分から3分、休みなく流れる曲の中で、弾丸のようにハンドラーから出される指示を聞き分けながら一緒に動くので、集中力の持続性は欠かせません。


頑張ったら、あとでまとめてご褒美が出ることもあるんだとパートナー達に伝えていきましょう。


201709191
トリーツはテーブルの上に置いて練習中


ちなみに、我が家のアシスタントはボールの引っ張りっこが大好きなので、テーブルにボールを置いて練習します。


---------------------------------
アドバンスドトレーニングコース開講
ドッグスポーツにも欠かせないオビディエンスクラス
10月木曜コース:19:00~20:00
残席わずか。
詳細はこちらから
---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

フードの話

犬のごはんを手作りをされている方も多くいらっしゃると思いますが、市販のドッグフードを使われている方も当然いらっしゃいます。

また、市販のフードにトッピングされていらっしゃる方もいるでしょう。

我が家は市販のフードにちょっと手作りを足して食べさせていますが、基本は尿結石が出やすいタイプなので、療法食に少し手を加える程度です。


先住の母犬もそうでしたが、早くに療法食になってしまったので、美味しそうなフード選びの楽しさも味わうことなく、死ぬまで療法食。

犬も同じごはんでは飽きると言われていますが、幸い我が家の犬たちはみんな、出されたものを美味しくさっさと完食してくれるので、フードジプシーになることもなく、大変楽をさせてもらっています。

さて、先日いつもの療法食を頼んだつもりで、到着したものをよく見たら、「ライト」が抜けていました。
療法食としての効果は同じですが、「ライト」は太らないように成分が若干違っています。
そのため、「ライト」と同じ分量で食べさせていれば当然太ってしまう訳です。

かわいそうだけれども、全体の量を1割程度減らして様子を見ることにしました。

犬は猫と違って、よほど贅沢なものを食べていたり、遊び食いをさせていなければ、出されたご飯は食べ切り、もっと出されてもまだまだ食べられるくらい食欲があります。

そんな犬のごはんを減らしてしまえば、物足りなさが残ってしまってストレスになったり、拾い食いなどしたりと、弊害が出ることもあります。

そこがダイエットの難しさとも言えるのですが、だからこそ肥満タイプの犬には「ライト」という強い見方がいて、全体量を減らさなくても太らない仕組みになっているわけです。

以前おからダイエットを試された知人がいますが、被毛がパサパサになってしまったそうです。


先日お散歩で遭遇したご近所のコーギー君、10歳も過ぎて、ちょっと体重が気になり始めたとのこと。
飼い主さんは、「ご飯を減らしているんだけど、その分地面が気になり始めて、気を付けていないと拾い食いしてしまう。」とのこと。

そこで、「ライト」のように、カロリーの少ないものに、少しずつフードを変えてはどうかと提案してみました。
突然全部切り替えてしまうのではなく、まずは1割程度をライトにして胃腸に馴らし、問題なければライトの割合を増やしていく。
すると、フードの全体量は変えずに、肥満対策になります。


一方アシスタントニコルは、ライトからノーマルに変わってしまって、容量を若干減らしているものの、なんと排便量がいつもの3分の1程度に。
このままいくと、食べた分だけぜ~んぶ身になってしまうかもしれません。

201509171
※留守中は怠惰に寝ているアシスタント


1週間様子を見て、体重増加が見られたら、ライトを買ってミックスするしかありません。
大袋を買わなかったことだけが救いです。

---------------------------------
ドッグダンスインストラクター養成講座開講予定です。

対象:ドッグトレーナー、訓練士としてお仕事をされている方および、現在ドッグトレーニングについて勉強していらっしゃる方
※トレーナーを目指されていなくても、オビディエンス(服従訓練や競技会)の経験があり、ドッグダンスに興味を持たれている方も参加できます。
日時:2015年10月より全12回(前期8回、後期4回)、水曜日18:30-20:30
会場:屋内ドッグラン(世田谷池尻)

詳細はこちらでご確認ください。

申し込みの締め切りは9月30日です。
※定員になり次第締め切ります。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

ドッグダンスのグループレッスン@DLD

日曜日はDogLifeDesignさんでのグループレッスン。

ヒールポジションの意味がしっかりわかっていると、そのポジションを維持しながら、ハンドラーと一緒にどこへでも動けるパートナーたち。


Kさんは、ママと一緒にサイドステップ。

201509142


前脚が上手にサイドステップを踏んでますね。






Cくんは、ママと一緒にバックステップ。

201509143

曲がらないでヒールポジションを維持しています。






そして、ハンドターゲットに吸い付くようなKさん。

201509141


目が真剣です。


愛犬と一緒に何かするのは、お互い楽しく、かつ真剣に取り組むと、上達も速くて更に楽しさが倍増します。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

精度をあげる。

今朝は世田谷地方でも震度4を観測する大きな地震で目がさめました。
幸い、小道具のカラスが棚から落ちたくらいで、大きな被害はありませんでしたが、犬舎から飛び出した犬は室内をウロウロ。

しかし、まだ何が振ってくるかわからないので、すかさず手元に呼び戻して、傍にいるように指示しました。
たかが呼び戻し、されど呼び戻し。


今週は台風の被害で、多くの方が被災されました。
愛犬と一緒に避難を余儀なくされた方も沢山いらっしゃいます。


家族と共にヘリコプターで救助された犬たち。
この記事を見て、トレーニングの大切さを痛感された方もいらっしゃるのではないでしょうか。
どんなに人間に対して信頼感をもっている犬であっても、轟音の中、見たことのない制服、ヘルメットをかぶった人間が手を出したとき、すぐ尻尾が振れる犬はいないでしょう。


そんな時、ハンドラーの指示にきちんと反応できるようにしておけば、パニック状況にあっても、生存率はあがるのではないでしょうか。
もし緊急を要する事態で、呼んでも犬がすぐ来なかったら・・。

ハンドラーが何度も言ってから、仕方なく言うことを聞くのではなく、出した指示にすぐ反応できるようにする。
「競技会用」なのではなく、普段の生活の中でも大切なことではないでしょうか。


「おいで」「まて」など以外で、我が家の必須コマンドのひとつは「抱っこ」です。

先月の水練でも「抱っこ」コマンドはとても役に立ちました。


201509122

訓練やトレーニングを非日常的なものと考えず、犬の大小にかかわらず、犬と一緒に学ぶつもりで楽しみながら取り組んでみませんか。
愛犬とのコミュニケーションが信頼関係構築のファーストステップです。

----------------------------------
10月も「ベーシックトレーニングコース」開講予定です。

コースの概要はこちらをご覧ください。

お申し込みはinfoアットマークwanbywan.comまで。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

アドバンスドトレーニングコース開講

ハンドラーの指示や基本動作の意味が理解できている愛犬と、更に愛犬に様々な動きを教えながらトレーにニングを楽しみたいペアにおススメのアドバンスドクラスのトレーニングコースを、10月から毎週木曜日の午後7時から8時まで、全8回開講します。


グループレッスンは、愛犬にとっては他の犬という刺激の中での学習できる良い機会ですし、ハンドラーも他のペアの様子を見ながら、自分の動きを再確認することが出来ます。

日常生活に役立つだけでなく、オビディエンスやドッグダンスを楽しんでいるペアにも参考になるトレーニングコースです。


20150910


また、普段は左側のポジションだけを強化していることで、崩れやすくなっている犬の体のバランスを改善するために、様々なポジションでの動きも取り入れてトレーニングを行います。

参加条件:
犬が「おすわり」「ふせ」「まて」などの基本動作を理解していて、日常的にトレーニングやドッグスポーツなどを楽しんでいるペア。
JKCのCDII、オプデスのTT2やJAHAのGCTなどにチャレンジするレベル。


詳細はこちらから。

ご興味がありましたら、是非ご参加ください。

お申し込みは、infoアットマークwanbywan.comまで。(アットマークは@に変えてご入力下さい。)
---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 9日 (水)

ターゲットトレーニング

ドッグダンスには、ハンドラーと犬が離れて演技をする遠隔の作業があります。

一般的には、犬はハンドラーの元から離れるのはあまり得意ではありません。
もちろん、他の犬や、もっと刺激的な物があれば別ですが、普通に向こうに行けといっても、なかなか離れられないものです。

ハンドラーの顔が見えている状態で、バックステップで離れることも、なかなか距離が出ないのですが、犬が前を向いた状態で、ハンドラーから離れて行くことを教えるには、行って欲しい場所に目標となる物を置いて練習する方法があります。
いわゆる「ターゲットトレーニング」と言われるもので、ターゲットのそばに行くと、褒めてもらえる、おやつがもらえるということを繰り返していくと、自ら進んでターゲットまで前進することが出来るようになります。

距離は少しずつ伸ばしていくと、犬にもわかりやすいので、焦らず、繰り返して練習していきます。

クリッカーを使うと犬にも「あってるよ。」ということがわかりやすく伝えられます。
もちろん、言葉で「そうそう。そうだ!」とか「イエス!」と言って伝えてもかまいません。


今回ターゲットトレーニングで「前進」を練習しているNくんは、以前からいろいろなトレーニングをやってきたこともあり、すぐに飼い主さんの求めていることを理解し、自信を持ってターゲットまで走って行くことができました。


201509091


201509092

201509093

「前進」の意味がわかってきたら、少しずつ距離を伸ばし、同時にターゲットをはずし、おやつをランダムにしていくことで、コマンドだけで、前進できるようにしていきましょう。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

---------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 8日 (火)

ベッドに乗せる?乗せない?

愛犬のアルファ説が巷に広がってから久しい昨今。
当時のトレーニング法から言えば、「犬をベッドやソファに乗せてはいけない。」というのは当たり前の理論だったのかもしれません。


しかし、私の子供のころの夢は、アメリカのファミリードラマに出てくる、犬と子供が一緒にベッドで寝ている図。
親の世代は、『犬は外飼い』が当たり前の時代ですから、ベッドに犬を乗せるなんてことは言語道断だったわけで、私が子供の頃は実現しませんでした。


そこで、やっと自分で管理が出来る年齢になって迎えた犬は、ベッドだろうとソファだろうとOKにしました。
一緒に昼寝をするのもあり、夜並んで寝るもよし。


ただ、実のところ、中型から大型犬だった我が家では、夏場は寝ているうちに犬の方が暑くなって降りてしまうことが多く、冬場だけくっつきすぎて寝返りが打てない状況になっていました(ボーダーコリー3頭)。


ソファやベッドに乗ることで、犬がリーダーになりたがると思うのであれば、『降りる』コマンド(指示語)を教えて、飼い主が決めればいいと思います。
今日は寒いからくっついて寝たいと思えば『上がる』コマンドで乗せ、今日はゆっくり寝たいと思えば『降りる』コマンドで床におろすか、『ハウス』コマンドで、自分の寝床で寝るように伝えればいいのではないでしょうか。
つまり、犬が、「乗ってもいい?」とアイコンタクトを投げてくる関係。


確かに、勝手に高いところに乗って見下ろすというのは、優位感を示しています。多頭飼いの場合、下位の犬が敢えて上位の犬が上れないような高いところに乗って、自己アピールをしていることがあります。
常に人間の頭の上にいるなら考えものですが、ソファやベッドは、家庭のルールで決めればいいのではないでしょうか。


ただ、一緒に寝るという行為については、衛生上の問題(人畜共通感染症など)も頭の片隅にはおいておかなければいけませんし、毎朝口のなかに入った犬の毛を取り去るのもあんまり気持ちのいいものではありません。
また、小型犬の場合は、人間が寝返りを打った時にベッドから落としてしまったり、踏んでしまったりと、犬にとってはあまり心地よくないことも起こりうるので、びっくりして反射的に歯が当たったとしても文句は言えませんね。


基本は、人と犬は異なる種であり、お互いが出来るだけ快適に過ごせるように、人がコントロールしてあげることが大事だということです。


Hans
※生前いつも私のベッドを温めていてくれたハンス。
怒られるとお腹を出しちゃうかわいいやつでした。

では、素敵なドッグライフを♪

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


---------------------------------
ドッグダンスインストラクター養成講座開講予定です。

対象:ドッグトレーナー、訓練士としてお仕事をされている方および、現在ドッグトレーニングについて勉強していらっしゃる方
※トレーナーを目指されていなくても、オビディエンス(服従訓練や競技会)の経験があり、ドッグダンスに興味を持たれている方も参加できます。
日時:2015年10月より全12回(前期8回、後期4回)、水曜日18:30-20:30
会場:屋内ドッグラン(世田谷池尻)

詳細はこちらでご確認ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

仔犬を迎える前に。

「仔犬が家にやってくる!」

よそ様のお宅のことでも、思わずワクワクしてしまうこの言葉。

私が初めて仔犬を家に迎えたのは学生の頃でしたが、当時は外飼いがあたりまえの時代だったので、器用な父が庭にケージと運動場を作り、母は食器やフード、首輪やリードを用意しました。

それから10年以上経て、私が初めて仔犬を連れて帰ってきたときは、なんとなんの準備もなく(見に行くだけだったのに、家人が急に連れて帰ると言い出したので)、食器は母屋で昔使っていたものをもらい、首輪やリードはあとで買うことにして、玄関に置いて夜寝室にあがったところ、夜中家の中を徘徊して、新築の廊下がトイレまみれになり、後日庭に犬舎を用意したものの、垣根越しに脱走を繰り返され、あわててスチール製のフェンスに建て替えるというお粗末ぶりでした。

何を言いたいかと言えば、仔犬を迎える前には準備が必要ということです。

今日のカウンセリングは、これから仔犬が来るというご家庭。
二代目のワンちゃんとは言え、子育てのご経験はほとんどないということでしたので、おうちの中を拝見して、子育てに必要になる物も含めいろいろとアドバイスをさせていただきました。

仔犬の口や手が届く場所に危険な物がないか、トイレのスペースや寝床はどこに置かれるのか等々、成犬の時にはあまり気にならなかったことも、仔犬の行動パターンをベースにお話ししました。

ドッグライフはそのご家庭ごとに異なりますし、おうちのルールも違いますが、仔犬にとって危険な物は変わりません。
あまり神経質になってもいけませんが、転ばぬ先の杖は大切です。

子育ては楽しくなくちゃ。


これから仔犬を迎えられる際は是非お声かけください。


---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


---------------------------------
ドッグダンスインストラクター養成講座開講予定です。

対象:ドッグトレーナー、訓練士としてお仕事をされている方および、現在ドッグトレーニングについて勉強していらっしゃる方
※トレーナーを目指されていなくても、オビディエンス(服従訓練や競技会)の経験があり、ドッグダンスに興味を持たれている方も参加できます。
日時:2015年10月より全12回(前期8回、後期4回)、水曜日18:30-20:30
会場:屋内ドッグラン(世田谷池尻)

詳細はこちらでご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

ルーティーン作り

秋のファンマッチや競技会に向けて、参加者の意気込みもあがってきていますが、今月末のファンマッチに参加される生徒さんは、今最終的なリングデザインや流れの調整に入ってきています。

パーツごとの練習を重ねることで、ハンドラーと犬の動きを合わせながら微修正を行い、パーツとパーツを組み合わせて、全体の流れを確認するのですが、いつも本番と同じ場所で練習できるわけではなく、家庭やレッスンスタジオ、公園、レンタルスペースなど、様々な場所を利用しながら練習を重ねます。

ハンドラーは何度も音楽を聴きながら、動きを考えていますが、犬は音楽よりハンドラーの指示を聞いています。
もちろん、音楽をかけながら練習を続けると、曲がかかった瞬間、一緒にやろうとハンドラーの元にやってくる犬もいます。

しかし、基本はハンドラーの指示で動く彼らにとって、何度も練習してパターン化された部分はスムースに動けても、全ての流れがパターン化されているわけではないので、その都度指示を聞かなくては動けません。

いつもと違う本番の会場での刺激に加え、音楽の音が大きすぎたりすると、指示がよく聞こえず困惑して固まってしまう場合があります。

いろいろな状況を想定して、犬たちにわかりやすく伝えてあげましょう。


20150904


---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


---------------------------------
ドッグダンスインストラクター養成講座開講予定です。

対象:ドッグトレーナー、訓練士としてお仕事をされている方および、現在ドッグトレーニングについて勉強していらっしゃる方
※トレーナーを目指されていなくても、オビディエンス(服従訓練や競技会)の経験があり、ドッグダンスに興味を持たれている方も参加できます。
日時:2015年10月より全12回(前期8回、後期4回)、水曜日18:30-20:30
会場:アンディカフェ2F屋内ドッグラン(世田谷池尻)

詳細はこちらでご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日 (木)

般化

今日のグループレッスンの課題は「般化」。

「オスワリ」や「フセ」「マテ」などの基本動作を、ハンドラーとの位置関係や距離が変わっても、指示に反応できるようにするもの。

つまり、ハンドラーと向き合っていなくても、ハンドラーが動いていても、すぐ隣に他の犬がいても、ハンドラーの指示が聞こえるようになる練習でした。

前回の、「ハンドラーが犬のすぐそばにいて、アイコンタクトが取れていなくても指示が聞こえるように。」から、「犬から離れて、背中を向けた状態であっても。」と少しハードルがあがりました。


犬はコマンドの意味をことばそのものだけでなく、ハンドラーの手の動き、体の動き、周囲の環境などすべてと関連づけて理解します。ですから、いつも同じ状況で指示を出していると、わずかな状況の変化で指示に反応できなくなってしまうのです。


例えば、最初はハンドラーの顔が見えないと不安で「マテ」が出来なくても、少しずつ時間と距離をのばしていくことで、ハンドラーがすぐ前にいなくても落ち着いて「マテ」が出来るようになります。


時間を伸ばしていくときは、最初は犬に声をかけて励ますのも大切です。
「それでいい、あってるよ。」ということを伝えずに黙っていると、犬は不安になり、失敗してしまうからです。
「マテだからね。」と指示を何度か言うことも構いません。
動かないでいることが「マテ」であり、今やっていることがあっているんだよということを伝えていきます。

何度も指示を言うことは、オスワリしようとしない犬に「オスワリ!」「オスワリ!」「オスワリ!」と連呼するのとは違います。


同時に、隣に別の犬がいて、その犬に対し他のハンドラーが指示を出しても、きちんとハンドラーの指示を聞き分けるようにするという練習も行いました。


基本のトレーニングが出来ている今期の生徒さんたち、ベーシックと言いながら、ちょっとハードル高くしてみたくなります。

「雨」でちょっと気分がブルーなお嬢さん、レッスンが終わると、ママに「早く帰りましょう」ビームをだしていました。

201509031


お天気だって、環境の変化のひとつですね。


---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »