« ポジション&ディレクションチェンジ | トップページ | 苦手を無くす。 »

2015年8月19日 (水)

忍耐は必要です。

前回、アシスタントがなかなかポジションを覚えられないということを書きました。

犬も人間と同じで個体差はあるので、覚えの速い子とそうでない子はいます。
ただ、遅いからと言ってあきらめてしまってはそこで終わってしまいます。

その子が納得するまで、繰り返す。
その根気と忍耐力をハンドラーは要求されます。

もちろん、犬も頑張っているので、そこは褒めてあげなくてはいけません。

ドッグダンスのようなハンドラーにとって楽しいことが目標の場合、忍耐強く続けられますが、例えばやって欲しくない問題行動を修正しようとすると、どうしても続かなくてあきらめてしまう場合があります。


問題行動がおまじないように一発で修正されれば楽ですが、長年培ってきたものですと、そう簡単には治らないものです。


楽しいことも、そうでないことも、忍耐強く犬たちと付き合って行かれるといいですね。


201508101
「ニコルさん、そこは『モモ』で『クワッド』ではありませんよ~。」
※コマンドはハンドラーと犬との合言葉ですから、他人に意味がわからなくても大丈夫です(笑)。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« ポジション&ディレクションチェンジ | トップページ | 苦手を無くす。 »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/62116818

この記事へのトラックバック一覧です: 忍耐は必要です。:

« ポジション&ディレクションチェンジ | トップページ | 苦手を無くす。 »