« ドッグダンス合同練習会 | トップページ | プライベートレッスンとグループレッスン »

2015年8月15日 (土)

学ぶ姿勢

ドッグトレーニングではよく「アイコンタクト」という言葉を使います。
『まずアイコンタクトをとりましょう。』
目と目が合えば、少なくともハンドラーの表情や口の動き、発する言葉に耳を傾けやすくなるからです。

犬に何かを伝えようとするとき、犬がそっぽを向いていると、なかなか言葉は伝わりません。
(高度な訓練を積んで、ハンドラーと視線を合わせていなくても指示に従える犬は別です。)
すると当然のことながら、何度も同じコマンドを繰り返してしまい、それでも聞いてもらえないと、最後はあきらめてしまうこともあります。

そうならないためには、アイコンタクトをまずとりましょう。とお伝えするのですが、外的刺激に負けて、完全に気持ちがそれてしまってからではアイコンタクトはとれません。
おやつも目に入らず、リードを引いても関係ない。なんてことはよくあります。

日常的に、「名前を呼んだら顔を見る」という習慣を、馴れた場所だけでなく、刺激のある場所でも練習しなくては、いざというときには向いてくれません。

愛犬と一緒に何か始めようと思ったら、まず名前に反応して、すぐ飼い主さんを見るように愛犬に伝えることから始めましょう。
学ぶ姿勢が出来て初めて愛犬との共同作業が可能になります。

そのためには、愛犬にとって一番の刺激が何かということを知ることも大切です。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

ブログ村に登録してみました!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« ドッグダンス合同練習会 | トップページ | プライベートレッスンとグループレッスン »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/62089911

この記事へのトラックバック一覧です: 学ぶ姿勢:

« ドッグダンス合同練習会 | トップページ | プライベートレッスンとグループレッスン »