« トリックレッスン | トップページ | ドッグダンスレッスン@DogLifeDesign »

2015年7月15日 (水)

犬のトレーニングの方法

犬を含め動物に何かを教える方法として「強制トレーニング(訓練)」と言われるものと「陽性強化トレーニング」と言われるものがあります。

「強制」というと、「力づく」という印象がありますが、チョークチェーンなどで、無理矢理犬の首にショックを与えて、思い通りに動かそうとすることだけが「強制」ではありません。
犬に触って「押す」、犬の首輪を掴んで「引っ張る」ということも「強制」のひとつと言えます。


一方「陽性強化」というものは、犬の自発性を促したり、モチベーター(犬が好きな物)を使って犬にやって欲しい動きを誘導で教えることです。
その中では「犬に触れる」ことはありません。(褒めるときに撫でたり、手をターゲットにしてタッチさせるのは別)


「陽性強化」の有効性は、イルカやシャチなどの大きい動物のトレーニングを見ていれば一目瞭然です。
イルカたちを引っ張ったり、押したりして強制トレーニングを施すことは出来ないのですから。

ただ、「陽性強化」だからと言って、犬を叱らないということではありません。
トレーニング中に間違った時は、「あっ。」や「あれ?」などと言って間違っていることを指摘し、やり直して成功させることが重要なので、「何やってるの!」と叱る必要はありませんが、散歩中に突然道路に飛び出しそうになったら、「イケナイ!」とはっきり叱らなければなりません。
もちろん、そのようなことが起きないように、飛び出してからの対処法ではなく、それ以前のトレーニングを早くからやっておくに越したことはありません。


トレーニングには忍耐力が必要ですが、そんな中でも、犬も人も楽しく学習できるといいですね。



この日のモチベーターはロープボール

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪

|

« トリックレッスン | トップページ | ドッグダンスレッスン@DogLifeDesign »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/61892933

この記事へのトラックバック一覧です: 犬のトレーニングの方法:

« トリックレッスン | トップページ | ドッグダンスレッスン@DogLifeDesign »