« 2014年4月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年6月

2014年6月28日 (土)

音響シャイ対策

ちょうど一年前にも書いたのですが、

カミナリが日常的になっている関東地方では、音響シャイのために、日々辛い思いをしている犬たちや飼い主さんがいらっしゃいます。

「音響シャイ」とは、大きな音に対して過敏になって、いつもと違う反応を起こしてしまう症状のこと。

いつもと違う反応とは、
1.ソワソワして落ち着かない
2. よだれが垂れて心拍数があがる
3. 吠える
などです。

その付帯行動として、
1.部屋の中を走り回る
2.部屋のドアをひっかく
3.自分でドアを開けて部屋から外に出る
(外飼いの子は門を開けて外に出てしまう)
4.狭いところに入ろうとする
5.飼い主のそばを離れない
ということをします。

「音響シャイ」症状の引き金となるものとしては
1.雷鳴
2.花火
3.野球のミットにボールが当たる音(破裂音)
などがあります。

どの犬も「音響シャイ」になるわけではありませんし、「音響シャイ」でなかった子が急になる場合もあるので『我が家は大丈夫』ということはありません。

ただ、そうならないようにするためには、パピーの頃からある程度の音に馴らしておくのはいいことだと思います。

静かな環境で育った子や社会化不足の子はどうしても音に対して敏感になり、大きな音と何かのトラウマが関連づいてしまうと「音響シャイ」になる可能性は高くなると思います。

では、「音響シャイ」になってしまったらどうしましょうか。

それらしき症状が出始めたころであれば、
「音」が聞こえている状況下で、犬にとって楽しいことをやって「音」と「楽しいこと」をリンクさせることで、悪化を防ぐことが出来ます。
例えば、野球の音が聞こえるところを通るような時は、その場で美味しいおやつをあげてハンドラーに集中させたり、ボール遊びなど、その子にとって楽しいことをする方法があります。
ハンドラーも、その「音」が特別なものという態度を取らない方が犬も安心します。


また、物理的に犬をタッチして安心させたり、バッチフラワーレメディなどの対策が有効な場合があります。Tタッチで推奨しているボディラッピングというのも効果があるようです。


もし症状が重症化している場合は、無理に音に馴らそうとしないでください。
逆に悪化する場合があります。
ハンドラーはいつもと同じようにふるまいます。
「おやつ」や「遊び」が有効であれば行いますが、重症化している場合は、ほとんどどちらにも反応しなくなりますので無理強いはしないようにして、先にあげた「付帯行動」を防止しましょう。


外の門もふくめドアが勝手に開けられないようにしたり、どこかをひっかいて流血しないように、安全な場所に移動するなど、対応策も考えておきましょう。


犬にとって理解の出来ない「音」が犬を不安にさせてしまうので、ただ「音」が怖いだけではないということをわかってあげてください。


ちなみに歴代の我が家の犬で「音響シャイ」を発症したのは二頭。
ラフコリーとボーダーコリーの女の子です。

ラフコリーは庭にいると、必ず門を開けて出ていくので、門を勝手に開けられないように工夫しました。人間には聞こえないレベルの音を彼女は感じて、人が気が付いた時はもういないからです。
同時に、ひどくなりそうな時は玄関に入れるようにしました。
玄関にいても、こっそり入ってきて、家族のそばにくっついていました。
この子は家族のそばにいれば安心だったのす。


しかし、ボーダーコリーの女の子は、3歳前に発症して以来、耳が遠くなる晩年まで、大変辛そうでした。
外で遭遇したときは、ベンチの下などにもぐりこんで音をやり過ごし、家にいる時はドアを次々開けて玄関の前で丸くなっていました。とにかくその場から逃げたかったようです。
そこで部屋のドアには鍵をつけました。
幸い逃げられないとわかると、机の下などの暗くて狭いところに逃げ込んでいましたので、流血にはいたりませんでした。
ただ、この子はその後雷が鳴らなくても、雨の音だけで症状が出てしまったので、季節問わず注意が必要でした。


その子によって出る症状も、取るべき対策もそれぞれです。よく観察してあげましょう。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪
---------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

K9フリースタイル競技会@Woof

先週末はDDJ(Dog Dance Japan)主催のセミナー、ワークショップおよび競技会が山中湖で開催されました。

講師であり、ジャッジとして今回イギリスから招かれた著名なフリースタイラー、Kath HardmanさんとKaren Sykesさんは2008年に開催されたWanStep2Moveのワークショップと競技会で講師とジャッジを務めた方です。


懐かしいお二人との再会は、当時参加した私だけでなく、多くのフリースタイラー仲間たちにとって、大変喜ばしいことであり、6年のブランクなどまるでなかったかのように、有意義な時間を共有することができました。


当時ビギナーであった方たちは、今や素晴らしいフリースタイラーとなって日本のフリースタイル界を引っ張っていらっしゃいますし、当時とは世代交代してしまっても、新しいパートナーと素晴らしいルーティンを作っていらっしゃる方もいらっしゃいます。

そんな中で開催された今回のワークショップでは、講師から時間をかけた丁寧なアドバイスを受けることができました。


また、土曜日に行われた競技会では、今回競技会参加二回目のアシスタントニコルが拙い演技を披露しましたが、ハンドラーがいかなる状況にあっても(笑)、パートナーと楽しく踊りきったということでWoof賞という素敵な賞を頂くことが出来ました。
これからも、目を吊り上げることなく、楽しく続けていきたいと改めて実感した次第です。


フリースタイルは本当に奥が深いドッグスポーツです。
愛犬と楽しく遊びを混ぜながらコミュニケーションをとることで、きっと素晴らしい時間を作っていけるはずです。


「私には無理!」と思わず、是非お気に入りの曲を見つけて、愛犬と一緒にステップを踏んでみてください。


これは、6年前、クリスの娘ニキーと一緒に踊った最初で最後のコンペ。
オビディエンスしかやっていなかったニキーと、彼女が出来る数少ない動きだけで踊った一曲です。
これを見れば、きっとあなたも出来ると感じるに違いありません(笑)。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年8月 »