« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

老犬介護の必需品

今日は老いた愛犬のケアのお話。

我が家の初代犬のハスキーは10歳ぐらいから椎間板ヘルニアを発症し、晩年の一年は足を引きずりながらお散歩していました。

その後クリスが我が家にやってきて、2年前15歳で旅立つ前の一年間はやはり介護の日々でした。
10歳を過ぎて心臓の弁の異常が発覚してからは、いつかは・・と思っていたところ、案の定心臓発作で倒れたので、日々の心拍数が気になり始めました。

というわけで、老犬になった時、我が家で、あると便利な物をいくつかあげてみます。

★まずは体温計

201403291

普段から、愛犬の体温がわかっていると、ちょっと熱いなと感じた時、素早く検温できます。

犬の検温は直腸で行うため、当然お尻の穴に差し込まなければなりません。
水銀体温計や検温時間のかかるものは犬にストレスを与えてしまうので、出来れば動物用で、検温時間の短いものがおすすめです。

★つぎに聴診器

201403292

元気であっても、普段の心拍数を知っておくことや、心音に雑音がないか、不整脈になっていないかなど、自分の耳で確認できるので、あると便利です。


★つぎはテーピング用のテープ

201403293

これは、通常の包帯の代わりに使えるもので、粘着性があるので、留め具なしで留められます。
我が家は、足を引きずる犬の爪の上の肉を保護するために巻きます。


先住犬のスコットの時は人間の子供用靴下を試しましたが、テープでとめていても脱げてしまいダメ。

当時は犬の靴も種類が少なく、いくつか試してみましたが、彼の大き目の足の入る靴がありませんでした。

最後に頼ったのが、テーピングテープ。
しかし、当時伸縮性のあるテープが手に入らず、伸びないテープは怪我の防止にはなりましたが、歩きにくそうでした。
この伸縮性テープはクリスが足を怪我したときに使用してとても楽だったので、ハンスがひどく足を引きずるようになったら使おうと思っています。

これらのほかに、大き目のトイレシーツはベッドの上に敷いてい置くと、おねしょの時、ベッドまで汚さずに済むので助かります。

女の子の場合は、尿漏れが気になりはじめたら紙おむつが便利ですし、男の子はマナーベルトにトイレシーツを挟んで使うと、大型犬など、オシッコの量が多い子には便利です。


★最後はこれ

201403294


まだまだ自分の足で歩けると思っていても、お散歩の途中で力尽きてしまうこともあります。
小型犬であれば、だっこして帰ることも可能ですが、中型犬や大型犬は大変。


5月に15歳になるおじさんハンス
先週からバギー登場です。
もちろん、行きは自力で歩いています。牛歩ですが・・。

愛しい愛犬たちもいずれは老いていくので、その日のことも、頭のどこかに予測しておくといいと思います。


---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

Crufts2014

今週からイギリスでCrufts2014が始まりました。
Cruftsと言えば世界でも最大級の犬イベントです。

ドッグショーあり、オビディエンスあり、アジリティあり、
そちてK9フリースタイルもあります。

昨年からYoutubeでライブ観戦も出来るようになり、
臨場感たっぷりで、世界の素晴らしいフリースタイラーたちの演技が見られます。


以前はフリースタイルの世界でもボーダーコリーの占める割合は非常に高いものでしたが、最近では様々な犬種が見られるようになってきました。
と同時に、私的な意見ですが、ボーダーコリーの審査評価が厳しくなったとも感じます。


フリースタイルの世界でもと言ったのは、訓練(オビディエンス)で感じていたからです。

私が訓練競技会に参加するようになった頃は、まだまだボーダーコリーの割合は少なく、シェパード、ラブラドール、ゴールデンレトリバーが大多数を占めていました。


それが、だんだんとボーダーコリーの認知度があがるとともに、訓練所でもボーダーコリーを飼育するようになってきたため、競技会でのボーダーコリー率は格段にあがってきました。


同じ課目でも、「ボーダーコリーらしくないですね。」と酷評されたり、「ボーダーコリーなんだから、障害の高さは60センチ以上跳ばないと減点する」とまで言われたことがありました。
本来ならば、障害の高さは体高で決まっているにもかかわらずです。


いずれにしても、ボーダーコリーはキビキビ動いてあたりまえと決めつけられているがために、まったり系のボーダーたちや、歳を重ねて俊敏さがなくなってきても、「ボーダーなんだから。」と過小評価されてしまう。


いろいろな犬種が、いろいろな場面で活躍できることはとても嬉しいことですが、犬種により難易度が異なり、加点されることはあっても、スタンダードからはずれるからと減点されるのは残念ですね。


Crufts2014は9日までです。


是非、ご覧になってみてください。

ちなみに、K9フリースタイルのHeelwork to Musicの優勝はイギリスのRichard Curtis氏でした。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »