« 異嗜(異食) | トップページ | ゲリラ豪雨の副作用 »

2013年6月26日 (水)

犬の社会化


犬の社会化が重要だというのは、いつも言われていることです。
しかも、成犬になってからではなく、仔犬のころから教える。
なぜなら社会化しやすい時期はほんのわずかだからです。


今日は社会化の必要性を別の角度からお話ししようと思います。
なぜなら、今日参加した「動物取扱業責任者研修」の第二部のお題が
『動物取扱業としての危機管理 - 大規模震災に備える』というものだったからです。


阪神淡路大震災や東日本大震災での経験を踏まえ、
人に対して攻撃性を持たない犬、人を信頼できる犬は
助けられる確率が高まるというものでした。
なぜなら、飼い主と離ればなれになったとき、
救助に来たボランティアから逃げ回っていれば、
保護することはできないからです。

車で逃げようとしたとき、ほかの家族を攻撃するからと、
車に乗せてもらえなかった犬もいたそうです。

また、助けられた犬たちが避難所などで暮らしていくためには
クレートトレーニングが重要だったりと、
人の命が最優先される中で、家族である自分の犬たちの命を守るためにも、
人に迷惑をかけないような犬に育てることの重要さを改めて考えさせられました。


以前家人がこんなことを言ったことがありました。
「あなたに、万が一のことがあっても、ウチの犬たちは人が大好きだから、
すぐにもらい手が決まるわね。」


正直ムッとしましたが、保護犬活動をしていると、
早くに新しい家族がみつかる犬と、なかなか決まらない犬がいるのも知っています。


万が一のことなど日々想定して犬と暮らしているわけではありませんが、
ボーダーコリーと暮らしている私にとっては、
彼らが『ワンマンドッグ』であって欲しい反面、
誰にでも好かれる犬であって欲しいのも事実です。


万が一が起きなくても、新しく家族となったその日から、
人が大好きになるように、教えていってあげられるといいですね。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪

|

« 異嗜(異食) | トップページ | ゲリラ豪雨の副作用 »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/57670241

この記事へのトラックバック一覧です: 犬の社会化:

« 異嗜(異食) | トップページ | ゲリラ豪雨の副作用 »