« ご褒美 | トップページ | 食餌 »

2013年5月 2日 (木)

訓練競技会

先週末、久しぶりにJKCの訓練競技会に参加してきました。

我が家が初めて競技会に参加したのは1998年。
その後、パートナー犬が出産と子育てのため2年ほど休み、
2001年から再開し、6年間のブランクののち、
昨年からドッグダンスのアシスタントを務めている新人ニコルとまた競技会に参加するようになりました。


先住犬たちはフリースタイル(ドッグダンス)を始める前に
服従訓練を学んでいますが、
ニコルは服従訓練を始める前にフリースタイルを始めました。


さらに、レッスンのアシスタントを務めてもらうこともあり、
犬に対しては、極力フレンドリーに接っすることができるように配慮してきました。
そのせいか、ニコルは犬を見るたびに「遊んで~♪」と大興奮。


昨年競技会に初めて出た時も、隣のリンクの犬が気になって
まったくこちらを見ません。
まぁ、まだ一歳前だし、初めてだからと、逃走しなかったことを褒め、
二度目に参加した競技会で、吠えている犬にビビって蛇行したことで
新たな課題を認識し、
三度目の競技会では、暑さで集中力がそがれ、
四度目の競技会でやっと、周囲が多少気になっても、
ハンドラーの指示が聞こえる程度に集中力があがっているのを感じました。

そして先週末の五度目の参加。
練習してきたことはそれなりに出来たものの、
なぜか後方が気になって振り返ってばかりで
課目の前になかなか座らないという行動が見えました。

それでも、初めて100点満点中97.2点という高得点をいただき、
入賞の末席に加えてもらいました。

まだまだ先は長いのですが、一歩一歩共に成長していく楽しさを
久々に味わっています。


フリースタイルでは演技中何度指示を出してもかまいませんが、
訓練競技会では通常の指示はひとつの動作に対して一回のみ。
過剰な声かけや体符(ハンドシグナルやボディシグナル)は減点の対象となります。


犬が一回の指示に反応できるようになることは、フリースタイルの演技をする上でも
大変役に立つことなので、服従訓練はお薦めです。
是非取り入れてみてください。


20130502
ニコル、初の入賞

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪

|

« ご褒美 | トップページ | 食餌 »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/57297282

この記事へのトラックバック一覧です: 訓練競技会:

« ご褒美 | トップページ | 食餌 »