« 般化の重要性 | トップページ | ヒトの修正 »

2012年11月11日 (日)

「待つ」


犬に何かを伝える時、難しいのが、相手に伝わっているかどうかの見極めです。
その見極めがうまく出来ないと、
やろうとしているところに追い打ちをかけていたり、
やる気がないものをいつまでも待っていたりと
なかなか歯車が合わない状況に陥ってしまうことがあります。


基本は、コマンド(指示語)を出したとき、すぐ反応してもらうことですが、
まだ、きちんと定着していない場合、犬が考えていることがあります。
そういう時はせかさず、犬に考えさせて正解を待つことも必要です。


出された答えが正解だったとき、しっかり褒めてあげれば
それが自信となって、次のステップに進みやすくなるからです。


しかし、そうではなく、わかっているのに敢えてやろうとしない時もあります。
犬にしてみれば、「やりたくない。」とか「やらなかったら飼い主はどんな態度をとるのだろう。」と
推し測る場合があるからです。


特に頭のいい犬は後者の場合がよくあります。
そんなとき、「まっ、いっか。」とそのままにしておくと、
「な~んだ。やらなくてもいいんだ。」と都合よく解釈していきます。


ですから、普段から犬をよく観察して、彼らの気持ちを推測していくことも大切です。


人間同士でもなかなか気持ちが伝わらない、
ましてや種の違う者同士。
根気よく伝えて、理解しあえるようになりたいですね。


201211111_2

出来ればこのメロンパンを食べたいという気持ちが見えますが、
多分頼んでもダメだろうとすでにあきらめている目です(笑)。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

基本のしつけやドッグダンスのプライベートレッスンは
WanByWanで♪

|

« 般化の重要性 | トップページ | ヒトの修正 »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/56092282

この記事へのトラックバック一覧です: 「待つ」:

« 般化の重要性 | トップページ | ヒトの修正 »