« 時には心を鬼にして。 | トップページ | 動きを組み合わせる »

2012年6月17日 (日)

「持ってくる。」


愛犬にボールを投げて取りに行かせる遊びは
人にとっても、犬にとっても楽しいゲームです。
犬は獲物を追いかけるという楽しさと
取りに行ったものを飼い主に渡せば
もう一度投げてもらえると言う、『一粒で二度美味しいゲーム』だからです。

「ウチの子はボールやおもちゃに興味がなくて・・」という
ケースはまた別の機会にして、
今回はこのゲームをただのゲームではなく、
トレーニングの要素を取り入れる方法をお教えしましょう。

まず、ボールを投げる前に犬に「マテ」をさせます。
犬たちはハンドラーがボールを投げようとかまえると、
今にも飛び出しそうな勢いで、ボールがハンドラーの手を離れるか離れないかで飛び出しますが、
そこをぐっとこらえてもらい、待ってもらいます。


ボールが落下したのち、
「Take it!(持ってこい)」のコマンドで取りに行かせる方法もありますが、
そこであえて「Walk on.(前進)」をさせ、途中で「マテ」をかけます。


201206181_2

201206182_2


犬が止まって待っているのを確認してから、
「Take it!(持って来い)」で取りに行かせます。


201206183


この「マテ」は、対象物に突撃したい気持ちをコントロールするとてもいい練習になります。
もちろん、時には投げた対象物をすぐ取りに行かせることもあります。
パターンにしないで、いろいろな状況を作ってあげながら、
ハンドラーの指示をよく聴く習慣を付けてあげるといいでしょう。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

|

« 時には心を鬼にして。 | トップページ | 動きを組み合わせる »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/54990996

この記事へのトラックバック一覧です: 「持ってくる。」:

« 時には心を鬼にして。 | トップページ | 動きを組み合わせる »