« 経験値 | トップページ | 「持ってくる。」 »

2012年6月 4日 (月)

時には心を鬼にして。

諸事情で今日から預かり犬が来ています。
今回二度目のお預かり。

一度目の時は、フードの遊び食いをしたので、
フツーに食べるように言ったところ無視されました。
そこですぐ片付けることに。

二回ほど強情にも遊び食いを続けたので、
すぐ片付けていたら、三回目からは即座に食べるようになりました。


そして今回まで、飼い主さんの下では相変わらず遊び食いをしていますが、
我が家に泊まる場合は出来ないのがわかっているので、
今日はきちんと食べました。
しかも、飼い主さんがフードを持ってこられなかったので、
食べ慣れないニコルのフード。
実はこのお嬢さん、食べ物にはあまり興味のないタイプ。
おやつにも執着しません。


犬たちは頭がいいので、よく周りを見ています。
相手によって態度を変えることも出来ます。


たまたま散歩中に会ったご近所の方とそんな話をしていたら、
柴犬を飼い始めた知人が、あまりにネコかわいがりすぎて
とうとう飼い主さんを噛むようになって手放されたと話していました。

かわいがっていた愛犬との別れ。
こんなに辛いことは人にとっても犬にとっても出来れば避けたいもの。
そうならないために、時には心を鬼にして、犬に伝えることが必要なのではないでしょうか。
話せばわかるうちに。


201206041
まだまだ子供のニコル。
何度も何度も根気良く教えることが必要です。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

|

« 経験値 | トップページ | 「持ってくる。」 »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/54877766

この記事へのトラックバック一覧です: 時には心を鬼にして。:

« 経験値 | トップページ | 「持ってくる。」 »