« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月17日 (日)

「持ってくる。」


愛犬にボールを投げて取りに行かせる遊びは
人にとっても、犬にとっても楽しいゲームです。
犬は獲物を追いかけるという楽しさと
取りに行ったものを飼い主に渡せば
もう一度投げてもらえると言う、『一粒で二度美味しいゲーム』だからです。

「ウチの子はボールやおもちゃに興味がなくて・・」という
ケースはまた別の機会にして、
今回はこのゲームをただのゲームではなく、
トレーニングの要素を取り入れる方法をお教えしましょう。

まず、ボールを投げる前に犬に「マテ」をさせます。
犬たちはハンドラーがボールを投げようとかまえると、
今にも飛び出しそうな勢いで、ボールがハンドラーの手を離れるか離れないかで飛び出しますが、
そこをぐっとこらえてもらい、待ってもらいます。


ボールが落下したのち、
「Take it!(持ってこい)」のコマンドで取りに行かせる方法もありますが、
そこであえて「Walk on.(前進)」をさせ、途中で「マテ」をかけます。


201206181_2

201206182_2


犬が止まって待っているのを確認してから、
「Take it!(持って来い)」で取りに行かせます。


201206183


この「マテ」は、対象物に突撃したい気持ちをコントロールするとてもいい練習になります。
もちろん、時には投げた対象物をすぐ取りに行かせることもあります。
パターンにしないで、いろいろな状況を作ってあげながら、
ハンドラーの指示をよく聴く習慣を付けてあげるといいでしょう。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

時には心を鬼にして。

諸事情で今日から預かり犬が来ています。
今回二度目のお預かり。

一度目の時は、フードの遊び食いをしたので、
フツーに食べるように言ったところ無視されました。
そこですぐ片付けることに。

二回ほど強情にも遊び食いを続けたので、
すぐ片付けていたら、三回目からは即座に食べるようになりました。


そして今回まで、飼い主さんの下では相変わらず遊び食いをしていますが、
我が家に泊まる場合は出来ないのがわかっているので、
今日はきちんと食べました。
しかも、飼い主さんがフードを持ってこられなかったので、
食べ慣れないニコルのフード。
実はこのお嬢さん、食べ物にはあまり興味のないタイプ。
おやつにも執着しません。


犬たちは頭がいいので、よく周りを見ています。
相手によって態度を変えることも出来ます。


たまたま散歩中に会ったご近所の方とそんな話をしていたら、
柴犬を飼い始めた知人が、あまりにネコかわいがりすぎて
とうとう飼い主さんを噛むようになって手放されたと話していました。

かわいがっていた愛犬との別れ。
こんなに辛いことは人にとっても犬にとっても出来れば避けたいもの。
そうならないために、時には心を鬼にして、犬に伝えることが必要なのではないでしょうか。
話せばわかるうちに。


201206041
まだまだ子供のニコル。
何度も何度も根気良く教えることが必要です。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »