« ご褒美 | トップページ | 少しずつ・・・。 »

2011年11月27日 (日)

犬が犬を教育

私たち人間が犬をトレーニングする場合、
人間の言葉で、人間の決めたルールを犬にわかりやすく伝えようと努めます。

しかし、犬にすれば、犬同士の話の方が分かりやすい場合があります。
あたりまえだと思われるかもしれませんが、
犬同士だから、必ず話がわかるというわけではありません。

「私と遊んでよ。」と言っても、
「いいわよ。」と必ず良い返事が返ってくるとは限らないのです。

これは人間社会でも同じですよね。

っで、本題。

今日のレッスンでのこと。
見習いアシスタントは例のごとく、キャピキャピ。
レッスンの生徒さんたちと仲良くするのはいいことなのですが、
小型犬の生徒さんにとっては、ちょっと大きい白黒が
ドタバタするのはいただけません。

そこで、熟女のチワワさんが一喝。

見習いはぶっ飛びました。

その後も、チワワさんが目の前を通る度に
見習いは目を合わせないように横を向いていました。

彼女の言葉がちゃんと伝わったようです。

そして夜別のチワワさんと遭遇したところ、
最初はいつもの調子で挨拶に行きましたが、
そのあと、あまりしつこくしてはいけないと思ったのか、
何も言わないのに、すぐ私の横に戻ってきました。

見習いさん、よい勉強をしましたね。
さて、いつまで覚えていられるかな。


---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

|

« ご褒美 | トップページ | 少しずつ・・・。 »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/53351512

この記事へのトラックバック一覧です: 犬が犬を教育:

« ご褒美 | トップページ | 少しずつ・・・。 »