« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

勘違い?


フリースタイルでトリックを教える時、
犬が自発的に見せてくれる動きに名前(コマンド)を付けて
強化していくことがあります。

例えば我が家の場合、
毎朝伸びをする犬たちの様子をキャッチアップしては
「『おじぎ』上手ねぇ」と言い続けていました。
そしてあるとき「おじぎは?」と聞くと、
「これでしたっけ?」と伸びをして見せたのです。
『おじぎ』のポーズはたまたま3頭とも同じ方法で教えることが出来ました。

つまり、この教え方は、犬の動きに対してコマンドを載せていく方法です。
繰り返すことによって、犬は動きとコマンドを関連づけ
動きを理解し、コマンドに対して反応することができるわけです。

っで、最近になって思ったことがあります。

吠える度に毎回うるさいうるさいと言われている犬が、
うるさいと言われれば言われるほど更に吠える。

「うるさい!」イコール「吠えなさい!」と理解しているのではないでしょうか。

(吠えるたびに飼い主が声を張り上げることで、
加勢されていると思う犬もあります。)


なぜこんなことを思ったかと言うと、以前3頭で自転車散歩をしていたとき
下り坂で「ゆっくりねぇ」と言うと、スピードを落とす犬が2頭。
逆にスピードアップする犬が1頭。
なぜ1頭だけスピードがあがるのか当時はわからず、
単純に彼女だけがコマンドを理解できていなかったのだと思っていました。
しかし良く考えると、実は、彼女は下り坂で自分自身のスピードが上がる度に、
私が「ゆっくり!ゆっくり!」と言っていたので、ハイスピードイコール「ゆっくり!」と
理解していたのではないかと思えてきたからです。

どのタイミングで褒めるのか、あるいはコレクション(修正)するのか、
非常に難しい問題ですが、ミスコミュニケーションかなと感じたら、
是非もう一度愛犬の様子と自分の対応を思い返してみるといいかもしれません。

110829
<2008年代々木公園のデモンストレーション:クリス11歳>


---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

信頼関係

犬友だちやレッスンの生徒さんたちからよく聞くことばに、
「ウチの子は、他の人にリードをもってもらっていても
全然私のことを気にしないで平気なのよね。
少しは飼い主のこと気にして欲しいわ。」

飼い主と犬との関係のパターンはいろいろあるでしょうが、
その中で、今まで私が見たことのある例を幾つかあげてみると、

1.飼い主に「マテ」と言われれば、その場を決して動かず、
その犬をよく知っている人間がリードを持っても決して動こうとしない。

2.飼い主が「マテ」をかけてリードを知人に預けると、
飼い主がその場を離れても犬は何も言わずに待っているが、
知人がリードを持って動こうとすると犬は動かない。

3.飼い主が「マテ」をかけてリードを知人に預けると、
飼い主がその場を離れても犬は何も言わずに待っていて、
知人の言うこともよく聴く。

4.飼い主が「マテ」をかけてリードを知人に預けても、犬は飼い主しか見ておらず、
飼い主が見えなくなると吠えて、知人が何を言っても全く聞かない。

5.飼い主に「マテ」と言われても、飼い主の姿が見えなくなると吠えるが、
リードを知人が持つと、知人の言うことを聞き、飼い主のことは全く気にしない。

さて、みなさんのワンちゃんはこの中のどれかに当てはまるでしょうか。
どれかとどれかのミックスと言うのもあるかもしれませんね。

1番はとても忠誠心が強く、盗難などの心配がなく、飼い主も安心していられますが、
飼い主に万が一の時や、先回の震災のような場合には保護しづらいですね。

2番も1番に近いものがありますが、1番と違い、すでに知人がいる場所で
委託しても言うことを聞かないとなると、かなり頑固です。
ちなみに若い頃のクリスはこの傾向がありました。

3番は飼い主にとって大変都合がいいと思います。
万が一の時だけでなく、病院やトリミングなど、
犬だけで預けられる場合は絶対にあるわけですから。
我が家の子供たちはこの傾向が強かったのですが
歳をとってからは、病院だけはビビッて泣いてました(汗)。

4番は、飼い主にとっては自分しか見ていないというところで
「やっぱり私が一番なのね。」という気持ちにもさせてくれますが、
「吠える」となると、要求吠えや分離不安などが考えられ
犬にとってはストレスになっている部分があるかもしれません。

5番は、最初は飼い主に置いていかれて文句を言っていましたが、
相手をしてくれる人がほかにいれば特に飼い主でなくても大丈夫という感じで
飼い主としては信頼関係作りを見直したほうがいいかもしれません。

昔は「3日飼ったら恩を忘れない。」なんてことを言われた犬ですから
人に懐くのも速いのでしょうが、飼い主との絆や信頼関係は
不動のものであって欲しいもの。
「いつかは必ず迎えに来てくれる」と犬が信じて待っていると思いたいものですね。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

犬の学習速度


フリースタイルのトリックを犬に教える時、
よく、「どれくらいで覚えられるでしょうか。」と聞かれることがあります。

当然のことながら、犬種の違いや個体差があって
人と同じで、犬によって速さは異なります。

更に、その犬が、そのトリックを覚えるための下地がどれくらい出来ているかによっても
習得するまでに要する時間は様々です。

昨日のレッスンに参加してくれたトイプードルのS君は
間もなく10歳といういわばベテラン。
普段から飼い主さんといろいろなことをして楽しんでいるので
ある程度の下地は出来ています。
しかも、トイプードルにとっては得意な動き。

つまり・・


20110814

ものの5分もしないうちに、「アップ」と言われれば立ち上がって
前足を飼い主さんの足にかけられるようになりました。

ちなみに、彼には飛びついて困るという前科はありません。
ですから、初めて立ったままの飼い主さんにアップと言われて
立ち上がるように誘導されても意味がわかりませんでした。

しかし、イスに座った状態で、膝を軽く叩きながらおやつで誘導すると、
すっくと立ち上がり、それを何度か練習したのち、
飼い主さんが立ち上がって、誘導しながら「アップ」のコマンドをかけると、
すぐこのポーズがとれました。


一方、バックステップやウィグルを教えていない犬に、
バックウィーブを教えようとすれば、5分では教えられません。
なぜなら後ろ足を下げて動くということに体が慣れていないので、
座り込んでしまったり、思った方向に下がってくれなかったりするからです。
つまり、段階を追って教えてあげなくてはいけないので時間がかかるわけです。

もちろん、S君の「アップ」も5分で完全に習得したわけではありません。
この動きが、言葉のコマンドでもすぐ反応できるまで、
何度も練習して強化することが大切なのです。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

フロントポジションの教え方


K-9フリースタイルのポジションのひとつに、
ハンドラーと犬が向かい合う「フロントポジション」があります。

しつけ教室などを経験している犬たちは、
ハンドラー(飼い主さん)に名前を呼ばれると、ハンドラーの前に走ってきて
ちょこんと座るケースが多いです。
これはとても良い習慣です。

ただ、ハンドラーの前に来るだけでは、犬たちは「フロントポジション」の意味を
まだ理解していません。
呼ばれたので、とりあえず飼い主の顔が見える位置に来ているだけの場合が多いからです。


愛犬と息を合わせてステップを踏むためには、
ハンドラーとしっかり向かい合うポジションを更に強化して教えてあげる必要があります。

トリーツ(おやつ)大好きなワンちゃんの場合は、まず犬の鼻先にトリーツを持っていき
そのままハンドラーが後に下がったり、あるいは方向を変え、
犬がしっかりハンドラーとの位置関係を変えずに付いてくるように誘導します。

ここで注意したいのはハンドラーの誘導の手です。
ハンドラーの正面に誘導したいので、両手でおやつを持ちます。
その手を、犬の鼻先より若干低めに見せて、
犬の鼻先を誘導します。

ハンドラーの手はハンドラーの体から離さないようにします。
手だけ左右に振ったリすれば、正面のポジションではなくなるからです。

小型犬の場合は、かなりひざや腰を曲げた状態での誘導になりますので
最初は少しきつかもしれませんが、「フロント」のコマンドと共に
動き続けながら、少しずつ手の位置をあげて、上手に出来たときだけ
言葉の褒めとおやつのご褒美をあげます。

そして次第に手ではなく、言葉のコマンドで誘導できるように移行していくことで
おやつをはずしていくことが出来ます。

フロントポジションを強化しつつ、前後左右にハンドラーが動くことで、
同時にバックステップやサイドステップの動きも導きだすことが出来るので
丁寧に教えてあげることが大切です。


110807
フロントポジションの練習から、上手にサイドステップの足運びを見せてくれた
Lちゃん。
暑い中も意欲的にレッスンをこなしてくれました。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪
----------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

K-9フリースタイルファンマッチ

6月にジャッジさせていただいた、アウラさん主催のファンマッチが
10月2日山中湖のWoofで開催される予定です。
今日からエントリーも開始されましたので、
ご興味がおありでしたら、是非ご参加下さい。

ファンマッチはトリーツを持っていてもかまいません。
競技会に出る準備はまだ出来ていないという方には
パートナーと一緒に人前でステップを踏む良い練習になります。

もちろん、パートナーにとっても、広いリンクで、
いつもと違う環境の中、ハンドラーに集中する
とても良い場慣らしになりますので、
是非チャレンジしてみて下さいネ。

詳細はこちらから。


110801
2009年WCFO Competition
クリス12歳9ヶ月


---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »