« 刺激に勝つ | トップページ | K-9フリースタイルファンマッチ@Woof »

2011年5月23日 (月)

犬種の特性


犬と一口に言っても、その種類は何百種類とあります。
そしてその犬種の違いは、その犬種に課せられた仕事によるものが多いです。

例えば我が家にいるボーダーコリー。
彼らは牧羊犬です。
以前のパートナー、ハスキーは橇犬。

日本で人気の小型犬も、愛玩犬ばかりではありません。

ダックスフントは本来アナグマ犬と言われるほど、
穴にもぐって猟をします。
スタンダードダックスはアナグマやキツネ。
ミニチュアはウサギと、サイズに寄っても異なっていますが
猟犬であることは間違いありません。

ミニチュアシュナウザーはネズミ捕りを仕事としていました。
小さいからと言って、ただのペットではなかったわけですね。

しかし、彼らの本来の特性を知らずに飼う方が多いです。
それより何より、彼らの大人の姿(大きさなど)を知らずに
仔犬を見て「かわいい!」と飼われる方が多いのも事実です。
そして飼ってから、その犬種独特の性質に戸惑う。

こんなはずじゃなかったと思わなくてもいいように、
どうぞパートナーとして迎えようとする犬の特性を勉強し
理解してみてください。
もっといいパートナーになれるはずです。


20110523

飛んでいるディスクが取れず、ボールを投げれば目をつぶる。
そんな我が家のニキー嬢(2010年没)も
羊を見たら犬が変りました。
もちろんお仕事レベルではありませんでしたが・・(笑)。


---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認ください。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

|

« 刺激に勝つ | トップページ | K-9フリースタイルファンマッチ@Woof »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/51745953

この記事へのトラックバック一覧です: 犬種の特性:

« 刺激に勝つ | トップページ | K-9フリースタイルファンマッチ@Woof »