« タイミング | トップページ | BCRN譲渡会のご案内 »

2010年7月21日 (水)

「吠える犬」と「吠えない犬」。

フリースタイルで踊っている時「吠える犬」がいます。
犬種で多いのがボーダーコリー。

吠える理由は様々ですが、大別すると、「興奮」と「ストレス」
と言われています。

動くことで、興奮が高まって吠えてしまう場合や
苦手なムーヴにストレスを感じたり、
コマンドがよく聞こえなくてストレスになって吠えてしまう。


いかに吠えさせないようにするかが、
「吠える犬」と踊るハンドラーにとっては重要な課題となります。


我が家にもいます。

「吠える犬」と踊る者にとっては、「吠えない犬」と踊ることが
どれほど心地よいかがわかります。

3月に逝ってしまった娘は、一言も吠えませんでした。


では、どうやって「吠える犬」を「吠えない犬」にするのか。

海外の著名なフリースタイラーのアドバイスも聞き、
いろいろ試したのですが、
そうこうしているうちに歳を重ねた我が家の犬は
ますますわがままになって、口数も増え・・(涙)。


5月に代々木で行われたフリースタイルの発表会
吠えない練習というのをやりました。
その時はなんとか成功しました。
っが、次回はわかりません(笑)。


「吠える犬」と「吠えない犬」、その違いをご堪能下さい(爆)


<2007年のデモ。よく吠えています>


<2010年5月:この時は10分間ステージでいろいろやったのですが、その間ひとことも吠ませんでした。>

もちろん、犬は同じです(笑)。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認さい。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

|

« タイミング | トップページ | BCRN譲渡会のご案内 »

ドッグダンス(K9フリースタイル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「吠える犬」と「吠えない犬」。:

« タイミング | トップページ | BCRN譲渡会のご案内 »