« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月20日 (日)

遠隔トリック

フリースタイルの競技の中には
ハンドラーと犬が常に傍にいるヒールワークトゥミュージックと
遠隔トリックを取り入れたミュージカルフリースタイルがありますが、
遠隔トリックというのはなかなか難しいものです。


ハンドラーと犬との距離を正確に定めた規定はありませんが、
1メートルや2メートル程度のものは遠隔とは言えないと
かつてイギリスから招いた講師に言われました。
最低でも5メートル以上は必要のようですね。


今はYouTubeという便利なものがあるので、
ご覧になった方も多いと思いますが、
イギリスのCruftsで行われる演技は
とても広いスペースを存分に使っています。
観客席から見れば、5メートル程度も近く見えるかもしれませんね(笑)。


いずれにしても、ハンドラーの傍ではなく、
ハンドラーから離れた場所で、ハンドラーのコマンドを聞いて反応するには
その状況に馴らしてあげることが必要となります。

そのためには、まず「オスワリ」や「フセ」など、その場で出来る簡単なコマンドを使って、
少しずつ犬との距離を伸ばしていくといいでしょう。

最初は対面して、いつもどおりにコマンドをかけます。
そのとき、ハンドラーと犬との間に、フェンスのような障害物を
さりげなくおきます。


0620_1
<モデルはMくん>


そして、ハンドラーが少しずつ下がって、犬との距離を離していきます。

0620_2

なぜ障害物を置くかというと、
犬たちは、往々にして、コマンドに従うと、ハンドラーの元に戻ろうとするからです。
初めてフェンスなどを使う時は、倒れたり動いたりしないように
しっかり押さえていてあげてください。
前進しようとして当たることがあるので、
その瞬間自分の方に倒れたりして、「怖い」というトラウマが出来てしまうと、
フェンスだけでなく、フリースタイルの練習自体が出来なくなります。

少しずつ距離を出しても、犬がコマンドに従い、
かつまた、その場にいられるようになったら、
スピンやバックステップなど、動きのあるコマンドの練習をします。

そして、少しずつ距離を伸ばしていきます。

0620_3


最後には障害物を取り除きます。


時間はかかりますが、少しずつ犬を馴らしていくと
確実にステップアップできるはずです。


※日を改めて練習する時は、
必ず一段階か二段階落としてから始めましょう。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認さい。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

犬と遊ぶ

「犬は追いかけるのが好き」=「ボール遊びが好き」

この構図は当たっている場合とそうでない場合があります。
犬種による違いもありますが、個体差もあります。

特に、我が家の場合は
「ボーダーコリーだから、運動神経抜群でしょ。」とか
「ディスク投げれば取ってくるでしょ?」と言われることがありますが。

否!

生まれ持った犬種の特性が自然に出てくるタイプと、
誘導してあげることで開花するタイプ、
人一倍やって、やっと人(犬)並みになるタイプなどいろいろいます。


生まれ持った特性に関しては、
出て欲しくないものが出てしまって困るということもありますが、
その話はまた別の機会にすることにして。


ボール遊びひとつとっても、
「うちのは全く興味がなくて・・。」とおっしゃる方がいます。
確かに、目の前にボールをポンと置いても、
自分から興味を持って触りに行って、
鼻で押したらボールが動いた!と喜んで更に興味を持つ場合と、
な~んだ。で終わってしまうタイプがあります。

そこをいかに興味を持たせて食いつかせるかは飼い主さん次第。

別にボール遊びに限りません。
タオルのひっぱりっこだっていいですし、
靴下投げだっていいんです。

要は愛犬と一緒に何か共同作業をしながら遊ぶこと。


フリースタイルで、動きを誘導する時、
その子の好きなおやつを使うことがあります。
ルアーと言って、釣り餌のようなものですね。

そして上手に動けたらご褒美。
最初は誘導で使ったおやつをあげて、言葉で褒めますが、
ある程度動きがわかってコマンドで動けるようになったら
おやつの誘導ははずしていきます。

そして上手に出来たら言葉の褒め。
場合に寄っておやつ。
プラス、「飼い主さんと一緒におもちゃで遊ぶ」というのも効果的です。


普段から、一緒に遊ぶ楽しさを伝えてあげながら、
フリースタイルに結び付けていかれるといいですね。


20100612_1

3月に逝ってしまったこの子は、
ボーダーコリーなのに、投げたり飛んだりしているものは最初全く取れませんでした。
投げると目をつぶるんです。
そして顔に当たる(汗)。
だからボールを見ると逃げる。

でも、何度か引っ張りっこや、転がしたり、
すぐ目の前で投げてやったりを繰りかえすことで、少しずつ楽しさを知って、
最後はボールキャッチも出来るようになりました。


なにごとも根気。
しかも楽しくやりましょう♪

コツは飽きないうちに飼い主さん主導で止めること。


---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認さい。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

ヒールワークのポジション


K9-フリースタイルのヒールポジションは
一般的なものだけでも12個あります。

一番の基本はハンドラーの左側のポジション。
これは、オビディエンスの基本ポジションと同じ。

パートナーがハンドラーの左側にいさえすれば
左ヒールポジションをマスターしたと思う方もいるかもしれませんが、
実はそんなに簡単ではありません。

オビディエンスでさえ、ハンドラーと犬との距離はこぶしひとつ。
かぶりすぎても遅れすぎてもダメと言われます。

オビディエンスのたったひとつの基本ヒールポジション
左脚側だけですら美しく歩くのが難しいのに、
フリースタイルでは12個ものポジションが・・・。
気が遠くなりそうですね(笑)。


しかし、たった一つのヒールポジションでも、
ハンドラーとパートナーの位置関係が美しく、
かつまた、ハンドラーがどう動いても、パートナーがそのポジションを
維持し続けることが出来たなら、
それはとても感動的でもあるのです。


「ずっと、私の左にいて頂戴ね。」とハンドラーが言っても、
ハンドラーが前進するだけでなく、
横に動いたり、後に下がったりすると、
パートナーはヒールポジションをどうやって維持していったらのか
少々戸惑います。

顔だけでも維持しようとして、斜めになってしまったり、
回転してしまったり。

その原因のひとつには、後ろ足の使い方をマスターしていないことが
あげられます。

以前、パートナーと一緒に椅子の周りをまわると
パートナーが椅子に後ろ足を当てないようにするために
後ろ足を横へ逃がすので、いい練習になると書きました。


次のステップでは、パートナーを左ヒールポジションにつけたまま
ハンドラーが同じ場所で90度ずつ左回転をします。

パートナーは左ヒールポジションのコマンドを聞いて、
ハンドラーとの位置関係を保とうとし、
後ろ足を使わないと、ハンドラーの横には来られないと学ぶのです。

この学びの時間には個体差があります。

今日のレッスンは、屋外でしたので、多くの刺激がありましたが、
ハンドラーが何度も正しい位置をパートナーに繰り返し伝えることで、
パートナーが上手に後ろ足を使いながら、ハンドラーの横に移動することを学びました。

最初は前足だけの移動でしたが、ちょっとずつ、何度も繰り返して
パートナーが理解できたのです。
その間、パートナーはとても集中していました。


ハンドラーとパートナーとの間に、見えないゴムが付いているかのように、
ハンドラーが動くとパートナーがしっかり付いて動く。
フリースタイルの理想ですね。


20100605_1
※ハンドラーにとてもよく集中しています。


20100605_2
※ハンドラーとの位置関係はバッチリ!です。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認さい。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

ダンスは楽しく。

先日参加したドッグダンスフェスティバルの写真が届きました。

レッスンで教えている生徒さん、人前で初めて踊ったのに、
本当に嬉しそうに愛犬とステップを踏んでいらっしゃいます。

そして、他の方たちも・・。

そう。
こんなペアが見たかったのです。


っで、自分の写真を見ると、
うっ・・・、笑っている写真が一枚、二枚?

「吠えるなよ~。」と念を送っていたからでしょうか。


まっ、いずれにしてもダンスは楽しく。


20100601


普段着に、息子のベストはちょっとまずかったかも・・。

---------------------------------
ドッグダンスのグループレッスンはDLDでご確認さい。

プライベートレッスンのお申し込みは
WanByWanで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »