« 動物取扱責任者研修 | トップページ | コマンド(指示語) »

2010年2月12日 (金)

バックステップ

ダンスのトリックの中には、観客を驚嘆させるような犬の動きが
いくつかあります。

けれども、犬のトレーニングになじみのない人を驚かせるトリックと、
ハンドラーが犬に教えるトリックの難しさは比例しません。

例えば、犬がハンドラーの足の間をくぐって歩く『ウィーブ』は
見ている人を楽しませてくれますが、
さほど難易度は高くない動きです。


そして、もうひとつ、バックステップ。

逆にバックステップは簡単そうに見えて
実は結構難しいのです。

曲がらず真っ直ぐに何メートルも下がるなんてことは
そう簡単には出来ません。

中には、『遊ぼう!』とお尻を上げながら
遊び相手を誘う動きをして後ろに下がる犬もいますが、
基本的には犬は前進するので、
後ろに下がる動きには慣れていません。

ですから、バックステップを教える時は、
まず後ろ足を動かすことに犬を慣らしていくと教えやすくなります。


人間だって、慣れない動きは難しいですよね。
それに後ろが見えないのに下がるのは大変。

ためしに、後ろ歩きをしてみてください。
ちょっと怖くないですか?


では、どうやって後ろ足を動かす練習をするか。

続きは次回♪


20100212
△ハンドラーの足の間のポジションでバックステップ中

|

« 動物取扱責任者研修 | トップページ | コマンド(指示語) »

ドッグダンス(K9フリースタイル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックステップ:

« 動物取扱責任者研修 | トップページ | コマンド(指示語) »