2022年10月 2日 (日)

犬のきもち

犬が喜んでいるかどうかは、ほぼすべての飼い主さんはわかると思います。
一緒に遊んでいるとき、ごはんを食べているとき、飼い主が外出先から帰ってきたとき、散歩好きな犬の場合、飼い主がリードを持つのを見たとき、などなど、犬が小躍りしているようなときは、ほぼ喜んでいると思って間違いないでしょう。

また、犬が怖がっている、嫌がっている、というのもある程度わかります。
尻尾が下がっていたり、足の間に挟まっていたりするのを見ると、一目瞭然です。

こういった犬の感情に関しては、人間が余計な憶測をしなくてもすぐわかりますが、もっと細かい感情の機微に関しては、ついつい人間が擬人化してしまうことが多いものです。

よく言われるのが、「これみよがしに」とか「わざと」と言った人間の感情を当てはめて憶測することです。

留守番しているときに、布団の上で排泄をしていたりすると、「あてつけ」や「わざと」と言ったことを言う人がいます。
果たしてそのような感情が犬にあるのでしょうか。

例えば犬同士の遊びを見ていると、おもちゃの取り合ったり、お尻に噛みついたり、お互いいろいろ仕掛けて遊んでいますが、根に持つような行動はあまり見られません。
おもちゃを取るのは、単にそのおもちゃが欲しいからで、意地悪をするつもりはなく、他のおもちゃに気がいけばすぐに違うことに心を奪われてしまうこともあります。

要は自分にとって興味のあることに集中していくだけで、楽しいことが無ければ、すぐに飽きてしまいます。

多頭飼いの場合、どちらかがいなくなってしまうと、今まで一緒にいた仲間がいなくなったことで喪失感を持つのは当然のことです。
元気のない愛犬を見て、「悲しんでいる」と言う人もいます。
「なんでいつもいるのにいないんだ?」という不安感とも取れます。
その状態に馴れると、急にタガが外れたようになる犬もいます。

いつもと違う場所での排泄も、「あてつけ」よりも「ひとりでいることの不安」とも考えられています。

犬も人間同様、個体差がありますし、環境による学習の度合いも違います。
中には秀でた感情表現をする犬もいるかもしれませんが、擬人化しすぎてしまうと、本当の犬の気持ちを見落としてしまうかもしれませんね。

さて、今日公園に行った時のこと。
休日で人出も多かったので、ロングリードは使わず、通常のリードを着けたまま見習い2号とおもちゃで遊んでいたら、勢い余った2号のマズルが私の右手首に激突。
肘をぶつけたときのように、一瞬激痛が走って力がはいらなくなったので、思わず「痛~い。」と涙声を出したら、横で伏せておもちゃがこぼれるのを待っていた1号が、急に私の顔に顔をすり寄せて来ました。
あたかも心配しているかのように。

202210021

犬にも様々な感情がありますし、人との暮らしの中で多くのことを学習しています。
細かい感情表現をしてくれる犬もいるかもしれません。

いずれにしても、よく観察することは大事ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年10月 1日 (土)

ドッグトレーニング:ターゲットはいつはずす?

犬に新しい行動を教える方法はいくつかありますが、その中に「ターゲッティング」という手法があります。
ターゲットとは「指標」となるものです。

例えば、ターゲットマット、ターゲットスティック、ハンドターゲットなどがそれにあたります。

ターゲットマットと同様に、犬に立っていて欲しい場所を教えるツールとして「プラットフォーム」があります。
米国では、プラットフォームを使ったトレーニングは一般的なので、市販のプラットフォームもありますが、日本ではまだ耳馴染みが無いこともあり、自作しています。

我が家の場合はお風呂用のマットを切って貼りあわせたものですが、犬に正しいポジションを理解してもらうために使っています。

例えば脚側位置やフロントポジションで曲がらないためなどに使います。

202210011

しかし、どんなターゲットも最終的には外していかなければいけません。

では、いつはずすのか。

当然、犬がターゲットがなくても、正しい景色(犬から見る)を学習してからです。

日によって位置が大きくずれたり、体が曲がっているようであれば、まだまだターゲットは外せません。

また、あまり使わないポジションの場合、リマインドが必要になることもあります。
そんなときも、体を押したり引くことすることなく、プラットフォームを出せば、犬は自然と正しい位置に乗ってくれます。

体が馴れて、正しく理解してもらえたら、プラットフォームを外して練習して行きます。

焦らず、ゆっくり、ですね。

見習い2号にフロントポジションを教えているときの動画です👇。


----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年9月30日 (金)

犬のトレーニングって誰がするの?

犬は人とは種が違うので、当然会ったばかりでは言葉で言ってすぐ伝わる相手ではありません。
犬より多少器用な人間の方が犬に合わせてコミュニケーションを取る努力をする必要がでてきます。

よく言われる「しつけ」や「トレーニング」というものは、飼い主と犬の数だけあるので、同じではありません。
当然教える側(トレーナーやインストラクター)もクライアント(飼い主)さんの要望に合わせて内容を精査していくことが大事ですが、それはクライアントさんの言いなりになることとは違います。

例えば、「ウチは一緒に寝るのよ。」というご家庭に、それを否定することを言う必要はありませんが、もし一緒に寝ていることで弊害が起きているとすれば、それを伝えて、別の解決策を提案する必要があります。
※ウチは一緒に寝る犬もいます。

いずれにしても、犬を育てていく過程で、飼い主さんが間違った方向に行かないように指標をしめしつつ、妥協点も探し、犬と人が出来るだけストレスを少なくして一緒に暮らせる環境を作るお手伝いをするのがプロの仕事です。

「しつけはいらない。」という人がいます。
おそらく「しつけ」という言葉のニュアンスだと思いますが、人と異なる種が人の社会で一緒に暮らしていくには当然その環境に馴らしてあげなければ犬にってストレスです。
それがある意味、犬に「教えるべきこと」で、いい方を変えると「しつけ」という言葉になってしまうのかもしれません。

しかし、それらのことは、飼い主不在ではできません。

例えば、訓練競技会に出るための課題を教えたいというのであれば、全てプロに任せてしまえば速く教えられることでしょう。
自分では出来ないからプロにやってもらう。というのもある意味正解ですが、教える過程を知っておくことは飼主の義務でもあります。
なぜなら、過程を知らないと、犬が教えた行動を崩し始めたときに修正するすべを知らないからです。

最近犬の「しつけ」や「トレーニング」を依頼する方の中に、自分はやりたくないから預けているときにやってもらいたいかたが増えているようです。

確かに忙しくて日中ケアが出来ない場合、犬を預けたいと思っている人は少なくありません。
飼い主が面倒を見られない時、人に託すことは悪いことではありませんし、犬にとっても退屈しないのでいいことだと思います。

昔から「預託訓練」というシステムもありますが、それも全てプロにまかせっきりではなく、きちんと飼い主が参加できるシステムになっているはずです。

トレーニングも含め、全てを人に任せ、出来上がった犬と暮し、壊れそうになったらまた人に任せるというのは「犬と暮す」ことで得られる何か大事な部分が抜けてしまっているような気がします。

犬育てにどんどん関わっていきましょう。
一喜一憂しながら、その子全部を請け負うということが人にとっても犬にとってもコミュニケーションを強固なものにしていくプロセスのような気がします。

さて、基本的には犬大好きな見習い2号ですが、だからと言って突撃されては相手が迷惑。
犬を見かけても、テンションマックスにならないよう声をかけていきます。

202209301

まずは、刺激が少ない場所で、こちらのキューに反応出来るようにトレーニングしておくことが大事ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年9月29日 (木)

ハードルは少しずつ上げていく

どんな行動を犬に教える場合でも、一回で犬が完璧にこなせるようになるわけではありません。

「オスワリ」ひとつ教えるだけでも、
①腰をおろす行動を教える。
②行動と「オスワリ」という言葉のキューの関連付ける。
③ハンドラーの目の前でなくても、言われたときにすぐ座ること。
④家の中だけでなく、どんな場所でも、言われたときに座れるようにすること。
⑤解除されて、初めてオスワリを止めてもいいこと。

以上のことが出来るようになって、初めて完璧に「オスワリ」が出来るということになります。

こんなに細かいこと言われたくない。と思われる方もいるでしょうが、これらが一つ欠けても、犬は本当の「オスワリ」の意味が理解できていないので、失敗する可能性があります。

「オスワリ」の失敗なんて、大したことじゃない。
と思っていらっしゃる方は、犬が「オスワリ」と言われて出来なくても、決してバカ呼ばわりしてはいけません。
なぜなら、ちゃんと教えてあげていない人間のミスなのですから。

例えば、パン屋の店先で犬を座らせて待たせようと思ったのに、パン屋から出て来たら犬が立ちあがっていた。なんてことはよくある話。
別に大勢に影響はないからと放っておけば、当然犬はいつでも立っていいものと理解していくだけです。

店の前で座って待っていて欲しい時は、家の中でも座って待つ練習をしたり、外でも座っていられる練習をする必要があります。

要は犬に何を伝えたいかですね。

さて、見習い2号は将来的にオビディエンスの競技にも出てみたいので、コーン周りの練習をしています。
誘導でやったところ、うまくいかなかったのでシェイピングから始めて2ヵ月半。

最初は室内。
202209291

別の場所でコーンとの距離を伸ばす。
202209292

屋外で至近距離から。
202209293

ディストラクションがある屋外で本番に近いコーンの量で。
202209294

この先は、コーンまでの距離を少しずつ伸ばしたり、往復走行の速度を上げていくことが課題になります。

その途中で、あまり大回りしないことも教えていきます。

単なるコーン周りですが、ステップをひとつずつ踏んで教えて行かないと、途中でやり直さなければいけないことにもなりかねません。

焦らず、少しずつですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年9月28日 (水)

スタートは大事

訓練競技やオビディエンス競技においては、ヒールワーク(脚側での移動)がとても重要になります。
特にレベルが上がってくるとノーリードでの作業になるため、犬がフラフラしていれば当然制御不能になってくるので、リードが着いている状態で、ヒールポジション(脚側位置)を犬にきちんと教える必要があります。

いわゆる脚側行進(ヒールでハンドラ―の横を歩く)の評価は、犬がハンドラーの横で顔をあげて、ピッタリハンドラーにくっついて歩くことで良しとされてきましたが、犬の福祉の観点から、不自然な体の使い方は推奨されないということになりました。
例えば首が上がり過ぎているなどがそれにあたります。

とは言え、犬のハンドラーへの集中力を確固たるものにするためには、犬の意識がハンドラーに向いていることが欠かせません。
もちろん、たとえ顔があがっていなくても、ハンドラーに全集中している犬はいます。
それは、犬の耳がどっちを向いているかで確認することができます。

しかし、犬は動体視力がいい動物でもあります。
目に入ったものに気持ちがそがれることはゼロではありません。
そういうことを考え合わせると、ある程度顔が上がっていてくれる方が犬の反応の遅れを防ぐことが出来ます。

例えばヒールワークの作業において、スタート時にすぐ方向変換があったり、歩度(スピード)が変わるような場合、顔が前を向いている犬の場合、歩き出し時の視線の向きによっては、他に気を取られてしまい、作業の開始が若干遅れてしまうことがあります。
日常生活上では大したことではありませんが、競技に臨む場合は、犬にわかりやすく伝えることが一番重要になるので、犬が他のことに気を取られてしまわないような環境づくりも必要です。

見習い1号はワーキング系のボーダー・コリーなので、そもそも頭があがりづらいタイプです。
無理に上げようとするのであれば、体の使い方から教えていかなければ負担になってしまいます。
そこで、顔が凄く上がっていなくても個人的には良しとしてましたが、やはりスタート時などの反応速度(Latency)に若干お遅れや、耳より目の方が優先されていることがあるので、少しずつ修正しています。

その修正が1号にとって楽しいものになってくれると競技における集中も上がってくれるのではと期待しています。

🍀修正中
202209282

🍀修正前
202209281

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年9月27日 (火)

犬は人間が思う以上に周りを観察している。

犬との暮らしが長くなってくると、犬は飼い主が何か言う前に行動を先読みしていることがよくあります。
生活のパターンとして覚えているということもありますが、飼い主の行動を観察しながら次を予測することが出来るのです。

飼い主がカバンを持てば、仕事に行くのか散歩に行くのか予測し、自分のいるべき場所に移動します。

我が家でも、寝る支度を始めると、2号が自分からハウスに行くようになりました。
ちゃんと学習しているといことですね。

かつて最初のボーダー・コリーを迎えた時のこと、子犬を連れてブリーダーさん宅に遊びにいくと、子犬は古巣に帰った喜びで大騒ぎ。
私が傍観していると、なんと先住のボーダー・コリーがコッソリ私の後ろに回って、お尻をガブッツ!
まるで「あんたの連れてきた子犬でしょ。ちゃんと面倒みなさいよ。」と言われているかのようでした。

犬は自分の飼い主だけでなく、周りの状況もきちんと判断できるということですね。

例えば、多頭飼いのお宅で、片方の犬が叱られているとき、知らん顔を決め込む犬もいれば、飼い主に同調して、片方の犬を責める犬もいます。

人間の憶測だけで犬の行動を解釈することはいいことではありませんが、犬はいろいろ考えて行動することができます。

今日のレッスンではNさんが、シェイピングの過程で、いろいろ迷った末に正解をだしました。

202209271

間違えてしまったときはネガティブなことは言いません。
クリッカーが鳴らないだけで、犬は間違ったことを理解し、考えているからです。
「あっ」や「違う」と言われてしまうと、考えるモチベーションが下がってしまうときもあります。

シェイピングと言う手法は犬の好奇心を利用して行うものなので、好奇心を下げてしまわないように注意する必要があります。

トレーニングは楽しく!が基本ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年9月26日 (月)

サイドステップを教える

犬のサイドステップは前肢と後肢を平行に横方向に動かす動きです。

ドッグダンスのムーヴで使いますが、オビディエンスにもあります。
オビディエンスの場合は前肢が若干先に動いても問題ありませんが、ダンスにおいては平行に動かないと評価が低くなります。
いわゆる「曲がっている」状態になるからです。

犬のサイドステップは、犬だけが単独で行う場合と、ハンドラーとのポジション維持の中で行うものとがあります。
ハンドラーとのポジションを維持したまま動くときは、ハンドラーがターゲット(指標)になるので、犬にとっては動きやすくなりますが、ハンドラーと距離がある場合はターゲットが無いので、曲がらないで動くことは結構難しくなります。
つまり、遠隔のサイドステップを教えるのは時間がかかります。

どのレベルのサイドステップを望んでいるのかによって、行動を教えるステップは変わってきます。

ドッグダンスのHTM(ヒールワークトゥミュージック)で横方向に動くには、前肢と後肢が平行に動くことをきちんと教える必要があります。

これは言葉で言ってもわかることではないので、犬の体の使い方を引き出す必要があります。
トリーツを使ったり、おもちゃを使ったりする誘導も出来ますが、体をまっすぐすることを教えるには、ターゲットとなるハンドラーがいた方がわかりやすと思います。
そこで、脚側(ヒールポジション)をすでに教えてある犬の場合、私はヒールポジションをベースにサイドステップを教えていきます。

今日はディスクのムーヴにもサイドステップを取り入れたいS君のレッスンで、サイドステップの導入をやりました。

202209261

後肢の意識を持つ練習からですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年9月25日 (日)

子犬同士の挨拶

今日は生後11か月の見習い2号と公園にいきました。
あいにくの悪天候続きだったので、晴天に恵まれた連休最終日の今日の人出は結構なもので、2号にとってはディストラクション満載の散歩となりました。

そもそも、行きかう犬全てと挨拶しなくてもいいと教えている2号ですが、こう犬ばかりと至近距離で遭遇すると、ついつい周りばかりが気になって飼い主のことを忘れがち。
それでも、途中で止まったり、方向を変えたりと、いろいろ2号のアテンションをとる工夫をしながら歩きました。

2号は他犬に対しては極めて低姿勢で挨拶にいきますが、小型犬の場合はそれ以上小さくなりようがないこともあり、ほとんどスルーしています。

しかし、今日はたまたま中・大型犬の子犬と遭遇したので、突撃しないペースで挨拶させてみました。

初めに遭遇した生後4か月のダルメシアン。
相手が子犬であっても、2号はかなり低姿勢です。

202209251

若干尻尾が入り気味ですが、背中の毛は立っていないので、それほど緊張はしていません。

202209252

挨拶が済むと、すぐ人の方に挨拶しに行こうとする2号です。

202209254

私が2号に、「上手にご挨拶ね。お利口さん。小さくなってね。」などと言っていたら、それを聞いていた飼い主さんが、2号の低姿勢な挨拶は教えたものなのかと聞かれました。

いいえ。これは教えたわけではありません。
2号が自分から考えての行動です。

つまり持って生まれた性格ですが、好ましい行動に対しては、出来るだけ褒めるようにしています。
しかし、相手と距離があると逆に若干警戒して、背中の毛を立てたり、吠えたりすることがあるので、やはり、犬のいる景色が当たり前になってくれるように、まだまだ修行が必要です。

ちなみに、故アシスタントは挨拶をするときは遊びに誘うことが多く、警戒心自体はほとんどありませんでした。
また、他犬の存在自体もあまり気にしていなかったので、散歩中バタバタすることはありませんでした。

202209253

元々の性格も関係してきますね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年9月24日 (土)

WCRL規定ラリーオビディエンスイベントのご案内

12月にWCRL規定のラリーオビディエンスセミナーおよび体験会とトライアルを開催いたします。
参加お申込みは101()20:00スタートです。

202209241

トライアルの参考動画はこちら👇
レベル1A:リード付きのクラス


🍀イベント詳細

①12
16日(金)午前:WCRL規定ラリーオビディエンスセミナー
WCRL規定のラリーオビディエンスの概要及びルールについてのセミナーです。
ラリーオビディエンスにご興味のある方、トライアルに出たいので詳細を知りたい方におすすめです。
参加費:6,000

-----------------------------
②12
16日(金)午後:WCRL規定ラリーオビディエンス練習会
コースを体験してみたい方、翌日のトライアルのための練習をしたい方におすすめです。
練習コース:レベル1、レベル2、レベル3
全コース参加可能
参加費:5,000

-----------------------------
③12
16日(金)終日参加の方
参加費:10,000

-----------------------------
④12
17日(土)WCRL規定ラリーオビディエンストライアル
WCRL規定の正式競技です。
クラス:Level 1A1B2A2B3A3B、ベテランA、ベテランB
参加費:5,5001エントリー)
WCRL
登録費:6,0001頭)
(登録はご自身でWCRLあるいはUSDAAのホームページから行うことも可能です。犬の登録が出来ていないと、競技結果が反映されません。)

-----------------------------
🍀
ジャッジ
川端千賀子氏(WCRL公認ジャッジ)
三井 惇 (WCRL公認ジャッジ)

🍀
お申し込み方法
下記の内容をそれぞれご入力のうえ、メールでお申し込みください。

【件名】ラリーオビディエンスイベント申し込み

お申込み開始:2022101日(土)20:00
お申込み締切:20221130日(水)24:00
定員になった場合、締切日より早く締め切る可能性があります。 

セミナー/練習会
1.
参加カテゴリー:①②③(当てはまるものを残してください)
2.
参加者のお名前(フリガナ)
3.
練習会参加の場合のパートナーの名前(フリガナ)
4.
参加犬の犬種・性別・年齢
5.
メールアドレス(PCからのメールが受信できるアドレス)
6.
お弁当の数(終日参加の方はお弁当を御注文下さい)
7.woof
ご同伴者の数・・・大人名 子供名 犬
9.woof
ご宿泊の方の数(ご本人も含めます)・・・大人名 子供名 犬
10.
参加者のご住所とお電話番号

◆WCRL
規定ラリーオビディエンストライアル
WCRLあるいはUSDAA登録:
済んでいる(犬の登録番号:      )
済んでいない:同時登録を希望する(6,000円) / 自分でする
2.
ハンドラー名(アルファベット):
3.
パートナーの名前(アルファベット)
4.
犬種および性別:
5.
犬の生年月日:
6.
犬の体高(肩の位置で):
7.
参加クラス:
LEVEL1A
LEVEL1BLEVEL2ALEVEL2BLEVEL3ALEVEL3B、ベテランA、ベテランB
参加クラスについては詳細をご確認の上、対象クラスのみ残してください。
8.
参加者のご住所ご連絡先:
9.
課目修正申請がある場合は以下にお書きください。
例:ハードルの高さを〇〇センチにしてほしい。
10.
お弁当の数
11.woof
ご同伴者様の数・・・大人名 子供名 犬
12.woof
ご宿泊の方の数(ご本人も含めます)・・・大人名 子供名 犬

<イベント中の禁止事項>
・チョークチェーン、スパイクチェーンの使用
・パートナーの動きを強制したり、パートナーを罵倒するなどの行為。

<一般注意事項>
ヒート中の犬・または終了して2週間以内の犬はwoofの規定上ご参加ができません。
お申込み受付後にヒートや体調不良で該当犬が参加出来ない場合、犬を替えての参加は可能です。
お申込みメール受信後はキャンセルフィが発生しますが、ご都合が悪くなった場合はお早めにご連絡下さい。
キャンセル時のwoofの施設利用料金はかかりませんが、宿泊に関しましてはwoofの規定でキャンセルフィがかかる場合がありますのでご確認ください。
荒天等で開催が不可能となった場合は必要経費を除いて一部返金できる場合もあります。
演技中の写真および動画の撮影は演技者の許可を得てから行ってください。
イベント中の写真はブログやSNSなどに掲載させて頂く場合があることをご了承ください。
他の参加者の競技中に過度の吠えなどがある場合はご退場頂く場合があります。
会場内での犬の待機はクレート内でお願いします。
ハンドラーさんはご自身で椅子等ご持参ください。
会場内での、犬同士、参加者同士のトラブルは、当事者で話し合いのうえ、双方の責任のもと解決してください。主催者は責任を負いません。
当日の欠席連絡はmitsuiアットマークwanbywan.comまでお願いします。
セミナーおよびラリーオビディエンスは参加者が催行最低人数に達しない場合は、開催を中止する場合があります。その場合は事前にお知らせします。

お申し込み先:
info
アットマークwanbywan.com(アットマークを@に変えてください)

皆様のお申込み心よりお待ちしております。


----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年9月23日 (金)

ドッグトリック:パーツとパーツを組み合わせる。

今日はDogLifeDesignさんでドッグダンスのレッスンがありました。

ドッグダンスはトリックだけでなく、一緒に移動するヒールワークはハンドラー自体がモチベーターにならないと出来ないので、とても重要です。
ヒールワークが楽しいと思ってもらえると、他の作業にも意欲的になってくれます。

二コマ目の参加犬L君は若い男の子で、ドッグダンスは始めたばかりですが、基本のトレーニングを受けているので、意欲的に作業に参加してくれます。

前回ピボットターンをマスターしました。
今回は、最近覚えた「コーン周り」とピボットターンを組み合わせた作業にチャレンジしてもらいました。

最初は離れた場所にあるオブジェを認識しやすいように、コーンを載せて、スムースに周って来られるようになったらコーンを外します。

202209231
202209232

コーンを外した状態で周ることがスムースに出来るようになったら、すでにマスターしているピボットのキューを追加してみます。

202209233
つまりひとつのオブジェクトに対して異なる作業を行うと言うもの。

冷静に聴き分ける力が無いとできません。
いわゆる「弁別」です。

目に入ったものを見て、勝手な思い込みで走り出すと、不正解を出すこともあるので要注意。

ひとつひとつ丁寧に教えていくことが大事ですね。
----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

«犬同士の挨拶