2018年7月19日 (木)

ドッグトレーニング:苦手を得意にする


オビディエンス競技には左脚側時の後退があります。
ドッグダンスでは、前進するだけでなく、後退やサイドステップを使うので、ハンドラーとして私はバックステップ自体にあまり苦手意識を持っていません。
実際我が家の犬たちもバックステップやサイドステップは出来ます。
しかし、出来るのと得意なのとは違います。


見習いと脚側の練習をしていると、前進しているときは問題ないのですが、後退やサイドステップになると不安そうにカーミングシグナルや鼻鳴きが出る時があります。

そんなとき、「ちゃんと出来てるよ。」と声をかけてもやっぱり自信なさそうにしています。

きちんとヒールポジションが理解出来ているのに、自信だけがない見習い。
遠隔時にはおもいきり走って行くし、招呼でも必死で走って来るのに、細かい作業に対しては自信がない見習い。

そこでちょっとステップを下げて、一歩下がるたびにクリック&トリーツしていたら、なんと鼻鳴きせずに一歩ずつ下がりはじめました。

新しいことを教えるときは強化(正解だと褒める)の頻度を増やすことが欠かせません。
出来ると過信していると、ついつい見過ごしがちなる犬の気持ち。
「なんとか出来る」のではなく、「自信を持って出来る」ようにしてあげることも大事ですね。


201807191

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

ドッグトレーニング:ヒールポジションの理解

愛犬と様々なドッグスポーツを行う上で犬がハンドラーの横を付いて歩くヒールウォークはとても重要です。
リードが付いていようといまいと、パートナー(愛犬)がハンドラー(飼い主)から離れてしまっては思うような作業は出来ません。
特に服従訓練(オビディエンス)やドッグダンスにおけるヒールウォークは確固たるヒールポジションを維持していなければ評価されません。

そんなヒールポジションを犬に理解させるにはどうしたらいいでしょう。


犬は飼い主が歩きはじめると付いて来ます。
特に子犬は飼い主が動けば楽しそうに付いて来るものです。

そこを褒めていくと犬は飼い主に付いて来やすくなりますが、ヒールポジションとはちょっと違います。
そこで、正確なヒールポジションを犬に教えるためには、まず止まった状態でのヒールポジションがどこなのかを丁寧に教えてあげることから始めます。


正しい位置が理解出来ると、離れた場所から呼び寄せたとき、飼い主の傍ではなく飼い主のヒールポジションに入ってくることができるようになります。

そこで一歩を踏み出し、ヒールポジションの維持を教えていきます。


201807181


ヒールポジションの意味が分かれば、ハンドラーが前に進もうが後ろに下がろうが、はたまた横に動こうがパートナーはポジションを維持したまま移動し続けることができるようになります。

ちょっとずれても、犬が自分で修正し始めたら、少しポジションの意味が理解出来始めた証です。
正確なポジションを理解するまでは、頻繁に褒めて強化の頻度をあげることがポイントです。
あきらめずに地道に教えてあげましょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

やめられない犬

犬たちにとって楽しいことは子供と同様やめられない時があります。
まぁ、子供でなくても、大人でもやめるには自制心が必要ですから、やめさせるのは意外と大変です。


特に犬たちが体を動かしているときはなかなか止まらないものです。

例えば、

● ディスク追いに夢中になっている犬


● 泳ぎに夢中になっている犬


● 犬同士で遊んでいる犬



どれも、なかなかやめられません。

中には、そろそろ疲れたからと休憩を取れる犬もいますが、ボーダーコリーのように、何かに夢中になるとやめられなくなる犬もいます。

初代のボーダーコリーはディスクフェチだったので、ディスクの練習を始めると絶対やめようとせず、ある日腰を抜かしてしまったことがありました。
もう20年近く前のことです。

関連記事↓
https://www.facebook.com/notes/jun-chris-mitsui/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E8%99%9A%E8%84%B1-border-collie-collapsebcc/1121374571288642/

ボーダーコリーは死ぬまで走り続ける(仕事をする)犬だとよく冗談まがいにいいますが、実際このタイプの犬たちは楽しいことに手を抜く気はなさそうです。


今回たまたま見習いが生徒さんと楽しく遊ばせてもらいましたが、涼しい室内でのワンプロとは言え、どちらも「休もう」とは言いださないので、強制的に休憩を取らせました。

201807171

川遊びなどもそうですが、犬任せにしておくと大事に至ることもあるので、気を付けることが必要です。

201807172
昨年湖に遊びに行ったとき、見習いは呼ばないと水から上がって来ようとしないので、強制休憩を入れました。


夏場は、熱中症、水中毒、低体温症など、様々な危険が犬の周りにあるので、いつも以上に気を付けたいものですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

犬だって楽な方を選ぶ


犬に「フセ」や「オスワリ」をきちんと教えたのに、気が付くと腰を崩して座っていたり伏せていることはありませんか?

人間も座っているときつい姿勢が悪くなったりするのと同じで、犬も気を抜くと楽な姿勢を取ったりするものです。

以前レッスンに来ていた柴犬くん、おうちでテレビを見ているときにソファの背もたれに寄りかかって横座りをしていることが多いそうで、オスワリをしてもらうと、すぐ腰を崩してしまいます。
楽な座り方に慣れてしまった柴犬くん、きちんと座る練習を再開したら、腰を崩さなくなりました。

さて、オビディエンスの競技でも「オスワリ」や「フセ」、「立って」などの姿勢変更が課目にありますが、当然腰を崩してはいけません。
さらに、姿勢変更をしているときにズルズルと前や横に動いてしまうのもNGです。

離れた犬に姿勢変更のキューを出すと、犬は飼い主の方に近づこうと少しずつ前に出てしまいます。そこで前に出ないよう、その場で姿勢変更するように教えていきますが、気持ちの問題だけでなく、姿勢変更の方法によっても、自然に動いてしまうことがあるので修正が必要になってきます。

どういうことかというと、立っている犬にフセをさせるとき、犬が後ろ足の位置を変えずに伏せようとすると、前足少し前に出てしまいます。そのフセの状態からオスワリをさせるとき、今度は前足を動かさないで座ろうとすればさらに前に出ます。

しかし、前足か後ろ足のどちらかだけを基軸(基準)にして姿勢変更を行うと、同じ場所から動くことなく姿勢を変えることができるのです。

ところが、この基軸を変えないで姿勢を変更するというのは犬が無意識に出来るものではないので、姿勢変更の方法を犬に教えることが必要になります。

それでも、犬は楽な方を選ぶ確率が高いので、日々の習慣にすることが大事です。

オビディエンスに挑戦中の見習い、課目に姿勢変更が入っているため、その場から動かない練習をしていますが、後ろ足基軸で教えているため、立止からフセをするときにはお尻を下げなければいけませんが、ちょっと気を抜くと前にずるっ。

そこでどれくらい動くのかコーンを周りに置いて検証しながら練習を続けたところ、大分コーンを飛ばさなくなりました。

しかし、これが本番でも発揮できるとは限らないので、日々の練習は欠かせません。
無理ではなく、意識的にでもなく、無意識に習慣になってくれるといいのですが。


201807161

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

悪戯好きは勉強好き?

犬は悪戯をするものです。
というか、悪戯というのは人間側の言い分であって、犬にとっては遊んでいるだけです。
つまり好奇心旺盛な犬ほど、遊びも多岐に渡りますし、退屈すれば自分で遊びを創りだしてしまうでしょう。

となると、むげに悪戯を取り上げてしまうのは大事な好奇心の目をつんでしまいそうで気が引けますよね。
しかし、悪戯には多くの危険性をはらんでいるので、知らん顔は出来ません。

では、好奇心を失くさせないで、愛犬に安全に悪戯をさせるにはどうしたらいいでしょう。

悪戯をさせないのではなく、代わりになるおもちゃや遊びを与えることで、好奇心を満足させてあげてはどうでしょう。


201807151_3


そして、最良の遊び相手は物ではなく飼い主だと思ってくれれば、飼い主との二人三脚で様々なドッグスポーツも含め、楽しい時間を一緒に過ごすことができるはずです。


小さい頃から何の問題もなかった愛犬は、それはそれで楽なのかもしれませんが、好奇心旺盛な犬ほど、学習意欲が高い可能性があります。


ふつーに悪戯をしていたアシスタント。
特に好奇心が旺盛なわけではありませんが、とりあえず、何かやろうと声をかけるとその気になってくれます。


201807152


ずっと好奇心を持ち続けて欲しいものです。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

ドッグトレーニング:アイコンタクトには理由がある


人間同士の会話で、相手と視線があっていなかったり、返事が返ってこなかったりすると、ちゃんと聞いていたのか心配になることはありませんか?

相手が犬の場合、ある程度ハンドラー(飼い主)を気にしている犬は、視線があっていなくても耳だけ開けていてくれるので、こちらから出したキュー(指示)に素早く反応してくれますが、他に気を取られていたり、常態的にハンドラーに意識を向けていない犬は、何か言われてもやってくれないことの方が多いものです。

そんな時ハンドラーは何度も犬に言わなくてはならず、犬もそのうちやればいいぐらいに考えていることがよくあります。


相手の顔を見るアイコンタクトは、少なくとも相手に意識を向けているので、言われた言葉をきちんと聞いています。
聞いていてやるかやらないかは日常生活の習慣にもよりますが、言ったことはきちんとやってもらう習慣がついていれば、アイコンタクトが取れた方が指示に反応してくれる確率は格段と高くなります。

日常の散歩中、常にハンドラーの顔を見上げている必要はありませんが、時折こちらに意識を向けたり、ハンドラーが声をかけた時は聞く耳を持ってほしいものです。

人大好きなM君、街中の散歩では、気になるものが多いので、再度アイコンタクトの強化。
聞こえているM君は、アイコンタクトが取れていない時より反応も速く、ストレスも少ないです。


201807141

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

トリックレッスン:意外と難しいお手お代わり

小さい子供は犬を見ると、「お手できる?」と必ずといっていいほど聞いてきますが、それほど犬のトリックと言えば定番の「お手、お代わり」。
つまり、出来て当たり前ぐらい難度は低そうに見えますが、この「お手、お代わり」をきちんと教えると、ドッグダンスではかなり強い味方になってくれます。

きちんと教えるということはどういうことでしょうか。
それは、「お手」と言われたら、あらかじめ決まった側の前足を持ち上げることができることです。

言葉のキューは別になんでもいいのですが、「お手」も「お代わり」も左右適当に前足をあげていたり、あるいは目の前に誰かが手を見せてくれないと前足をだしてくれないとか、オスワリをしていないと出来ないというのは「きちんと」教えていないことになります。

犬の姿勢がどうであっても、目の前にハンドラー(人)が手を出していようがいまいが、キューを出されたら、決まった前足を持ち上げられればきちんと犬が理解していることになります。


そのために、オスワリしているときの練習や立っているときの練習、人が前にいるときや犬と並んでいるときなど、さまざまなシチュエーションで練習を繰り返すことで、犬は正しく言葉の意味を理解できるようになるわけです。

「お手」と「お代わり」セットで理解していたLくんですが、少しずつ左右の違いが分かってくるようになり、立った状態でも前足が上がるようになりました。


201807131


今回はフセをしているときにも前足をあげられるように練習を始めました。

フセの状態でも前足があがると、こんなトリックも出来るようになります。


201807132


これは左右の前足をクロスするトリックです。
左右それぞれの動きに別のキューを付けてあげると、そんなことも出来るようになります。


暑くてなかなかお散歩や運動がままならないこの季節は、家の中でこんなトリック練習も楽しいですね。

7月22日は駒沢のDogLifeDesignさんでトリックレッスン開催します。

詳細・お申し込みはDogLifeDesignさんで。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

ドッグトレーニング:左脚側の弊害

ドッグトレーニングでは通常犬はハンドラーの左側にいます。
どの競技会でも、犬は左脚側を維持することが基本動作にあります。

停座(オスワリ)や伏臥(フセ)も遠隔作業でなければ左脚側で行われ、右脚側では行いません。

一方ドッグダンスでは脚側(ヒールポジション)は左右のみならず、両足の間や足の前、後ろなど様々です。
つまり、犬とハンドラーとの位置関係はそれぞれ異なるため、ハンドラーを見上げる犬の体づかいにもバリエーションが出ます。

とはいっても、日常は左脚側で歩く人が多いことも事実です。
すると、どうしても体の使い方が片側に傾き、体重ののせ方や首の曲げ方なども癖になっていることが多いものです。

元々体が柔らかいアシスタント、ぴったり私の足にくっつくほどではないにも限らず、斜に構えて私を見上げる傾向があり、フロントポジションも歪みがちです。


201807121


ラリーオビディエンスでは、フロントポジションでの停座が課題によく出るのですが、顔をまっすぐあげて私を見ようとすると、お尻が少し曲がったりします。
おそらく左脚側時で私を見上げる動きに関連していると思われます。

左脚側を日常的に使っているからといって、すべての犬がそうなるわけではありませんが、右側に顔をあげる癖がつきすぎると、こんな弊害が出る可能性もあります。


何事も左右バランスよく使うことが大事ですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

ドッグトレーニング:ハードルは少しずつあげる

出来る場所で出来ることを少しずつ増やして成功体験をさせながら経験値を増やすことが、犬たちにとって自信を付けることにもつながります。
失敗から学ぶのは人間で、犬ではありません。

ということで、今日のプライベートレッスンでは、慣れた敷地内での呼び戻しと、集中力アップの練習を行いました。

当然何もなければすぐ戻れるレベルですから、よく知った見習いをディストラクションに使い、お互いが遊びモードに入る前に呼び戻します。

本来ならばご褒美は犬同士の遊びでもいいのですが、今回は大きさの差もあるので、戻ったご褒美はトリーツにしました。

その後ディストラクションが近くにいてもハンドラーに集中する練習を行いました。


201807111

見習いは「マテ」と言われているので、勝手に動くことは出来ません。
しかし、見ることはかまいません。

自分の目で相手を見て、見習いは動かないことを選択し、Kさんはハンドラーと歩くことを選択すればいいのです。


お互いがディストラクションになっての勉強でした。


201807112


相手の犬がいても気にしない練習は、ディストラクションとなる犬がコントロールできないと刺激が強すぎて呼び戻せなくなる可能性があります。

刺激のレベルは犬の状況(レベル)に合せて設定しましょう。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

ドッグトレーニング:トイレトレーニングは出来るようになるのか

子犬から迎えた犬であっても、トイレトレーニングを行っていなければ、決まった場所でのトイレや、タイミングに合わせた声掛けでトイレをしてくれるようにはなりません。

そもそも「トイレトレーニング」自体に否定的な考え方を持っている人はおそらくトイレトレーニングなどしないかもしれません。
「犬なんだから、好きな時に、好きな場所でトイレをすればいいんだよ。」とおおらかな考えを持っている場合、ご自宅内であれば自由にルールを決めればいいのですが、一緒に旅行に行こうと考えたり、お友達の家に遊びに行くような場合、トイレを済ませてから屋内(施設)に入ったほうが安全だと思うのではないでしょうか。
それこそ犬ですから、屋内外問わずトイレに行きたくなくなるでしょうし、よその犬の排泄の匂いを嗅いで催したとしても、普段から自由にしていいというルールが家にあれば、おそらく好きな場所で排泄するでしょう。

施設によっては、「マナーベルト着用」と義務付けられているところもありますし、よそのお宅で粗相をしてしまったとき、「大丈夫ですよ。」と言ってくれたとしても、それはちっとも大丈夫ではないはずです。なぜなら自分の犬までその場所で排泄する可能性が高くなるからです。

「コントロール」という言葉に嫌悪感を感じる方は多いと思いますが、愛犬がのべつまくなしにトイレをしてしまう犬だったらちょっと困りませんか?
特にオス犬の場合、家中の壁にマーキングされてニコニコ笑っていられる人はあまりいないのではないでしょうか。
「コントロール」とは、犬に無理矢理トイレを我慢させることではありません。
犬が排泄するタイミングを見はからって、排泄のキューと排泄行動を関連付けて促してあげることです。

※排泄を促すときは、周囲の状況を前もって確認することも大切です。
安全な場所でなければ、犬も排泄しようと思いません。


さっき済ませたばかりであっても、屋内施設に入ってしばらくしたら、一度外に連れ出してトイレを促してみるとか、これから競技のリングに入るからその前に済ませておこうとか、よそのお宅の門や花壇だったら、そこでトイレをするのは遠慮しようとこちら側から提案することです。
しかし、もし排泄を意味する言葉と排泄行動が関連づいていなければ提案することは出来ません。
この関連付けがトイレトレーニングのベースになっているのです。

関連付けは年齢を重ねても行えます。
もし今まで一度もトイレトレーニングをしたことが無ければ、是非散歩中愛犬が排泄しているとき、さりげなく「トイレ」や「ワンツー」などの声掛けを続けてみてください。
ある日こちらが先に「トイレは?」と言えば、いつもの場所でなくてもトイレを済ませてくれるかもしれません。

ちなみに先代のボーダー親子3頭は、一時的な仮住まいで庭のトイレ出しが出来なくなり、急きょバスルームにトイレシーツを敷いて屋内トイレに変更しましたが、母犬は当日、子供たちも翌日には排泄のキューでバスルームでも済ませてくれるようになりました。なぜなら、庭のトイレや散歩中のトイレでも、日ごろからトイレのキューを口に出して言っていたからです。


201807101
13年前のニキーさん


あきらめず、根気よく言うのがポイントです。

ちなみに、老犬になって階下に下りることが難しくなってからは、寝室にトイレシーツを敷いてもトイレのキューを聞けば排泄してくれたので、夜中にトイレに行きたくなっても、介護側も寝ぼけて階段から落ちる心配が無くなりました。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ドッグトレーニング:あらゆる状況を想定する。