2017年11月19日 (日)

犬とこども

今日公園に犬を連れて出かけた時のこと、犬たちとベンチでまったりしていたところに、小さいお子さんを抱いた若いご夫婦が通りがかり、ボーダーコリーを飼いたいと思っているとおっしゃいました。

我が家の犬たちはそれぞれの方法で歓迎し、ますますボーダーコリーに対する思いは大きくなられたようでした。

こどもがいる家庭に犬がいると言うのは「いのち」の大切さを知り、自分以外のか弱いものを慈しむ心を育てることができるので情操教育にもいいとされています。
もちろん、最期まで見守ることが大前提です。


しかし、こどもと犬の関係は極めて難しいものです。
こどもの年齢、犬の気質など、さまざまな要因を考えあわせて決めなくてはいけません。
犬種選びもその大事な要因でしょう。
犬のサイズの問題ではありません。

我が家も子供が小さい頃大型犬を迎えていますが、犬がおっとりした性格だったので子供との相性もよく、双方の関係はとても良好でした。


成犬で迎える場合は、こどもとの相性を見ることが第一ですが、こどもは成長するので、成長の過程でどのような行動を取るようになるかは親次第と言ってもいいでしょう。
子犬で迎える場合は、こどもと子犬の両方が成長していくので、その都度親は管理士し、見守ることが不可欠です。

いずれにしても、どちらかを犠牲にするのではなく、双方にきちんと説明しながら折り合いをつける生き方を教えていくことでしょう。


若いご夫婦に今できる私のアドバイスは、犬の気質を見極めてから迎えて欲しいということ。
その気質をある程度わかっているのはブリーダーだともお伝えしました。
同じ母犬と父犬から生まれた兄弟姉妹犬であっても、それぞれ気質が違います。それは生後1ヵ月~2ヵ月くらいの子犬たちの遊び方を観察していると見えてきたりします。

子犬との出会いは運命かもしれませんが、時間をかけて探すこともまた楽しいものです。良い家族と巡り合ってほしいですね。

昨年やってきた見習いは、小さい子供が家にいないこともあり、社会化の一環として、子供ならしを行いました。
201711191

少し腰は引けていますが、自分から確認しに行きました。
無理矢理ではなく、自発的な動きを尊重します。


---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

物品持来

ダンベルを使った物品持来には、まずダンベルを咥えることから教えていかなくてはいけません。

おもちゃを取りに行ったり、咥えて持って来ることができる犬の場合は、持って来る行動がある程度わかっているので、持って来る対象物をダンベルにするために、ダンベルを好きにさせることから始めます。

咥えるダンベルの場所もポイントです。
競技会では端っこを持てば減点です。

ダンベルが咥えられるようになったら、
今度はそれを保持すること。
咥えて歩くこと。
咥えたものを手渡すこと。
さらに噛み返しも防がなければいけません。

201711181


焦らず、少しずつ、成功体験を増やしていきましょう。

そして大事なポイントは、おもちゃと違うので首を振って振り回さないこと。
これはドッグダンスの小道具を咥えることにも通じるので、くれぐれもお忘れなく。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

ポジションを強化する。


ドッグダンスで重要なヒールポジション。初めは誘導で教えていきますが、誘導しなくてもポジションに入ってこられるようになってきたら、前進するだけでなく、後退してみたり、安定してくれば横にも動いてポジションの意味を確実なものにしていきます。

その過程で、スピンやウィーブなどのトリックを入れたら、戻ってくる場所(ポジション)を早めに伝えて犬が戻って来やすくします。

適当な場所に戻るのではなく、きちんと伝えた場所に戻れるようにしてあげることで、次へのレベルアップがしやすくなります。
次の動きに入る前に、必ずポジションに戻ってきたことを確認してから動いてあげましょう。
時には少し待つことも大事ですね。


意欲的に動く活発な犬の場合、勢いで動きすぎてしまうこともありますが、少し落ち着いて歩いてあげることで、ポジションを維持する意識が強くなります。

201711171


若い犬の場合特に適当になってしまうことがあるので、時には落ち着いて動くことを教えてあげることも大事です。
意欲を落とさないためには、ペースチェンジも有効です。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

自分で克服する力を育てる。

2回目のレッスンに伺ったパピーさん。
1回目のお散歩レッスンでは怖いものや気になるものが沢山あって、なかなか飼い主さんに付いてこられなかったのですが、今回は楽しそうに横を小走りに付いて来ます。
リードはもちろん長めで決して無理矢理引っ張りません。

まだまだマンホールなどは避けて通っていますが、避けられないグリーチングは勢いよく跳び越えていきました。

201711161

家に戻ると、自分からフセをしてアイコンタクトを取ってきます。

201711162


「フセ」はまだ教えてはいませんが、自分からフセたことを飼い主さんがしっかり褒めて強化してあげているから進んで伏せてくれます。

沢山吸収しているパピーさんの成長を見るのは楽しいですね。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

目が合わなくても出来ますか?

犬のトレーニングでは「アイコンタクト」が重要視されます。
なぜなら、愛犬がハンドラーに目を向けていないケースの多くは他に気をとられているからです。

しかし日常生活の中では、愛犬と目が合っていないこともあります。
愛犬が下を向いていたり、あるいは通りの反対側の犬に目を向けているからと言って飼い主の言葉が聞こえていないと不便ですし、危険な時もあります。


昨日のJ君はそんな場面でも飼い主さんに意識を集中できるように、アイコンタクトが取れていない状態でも安心していられる練習をしました。

初めは飼い主さんの方に振り返ったりと落ち着かない様子を見せていましたが、練習を繰り返すうちに、少しずつ安定してきました。


201711151


ドッグダンスでも、パートナーとハンドラーの視線が合わないことはよくあります。
遠隔での動きやパートナーがハンドラーの前にいるポジションなどはアイコンタクトが取れません。
まずは様々な場面を想定して練習することから始めます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

ハンドシグナルとボディシグナルをはずす理由


訓練競技会(オビディエンス含む)ではパートナー(犬)に伝える指示のキューは言葉だけ(1声符)が基本です。
つまり、手を動かしたり(遠隔は別)体をねじったりなど余計な動きをすると全て減点になります。
ハンドラーは常にニュートラル(自然)な姿勢をとっていないといけないので、常歩(並足で歩く)や速歩(はやあし)で移動するとき、両手が自然に振れていないとそれも減点となります。


一方ドッグダンスにおいては、言葉のキューは何度言ってもかまわないし、手足や体は振付が出来るので動いていてもかまいません。
しかし犬を誘導するような動きは「ルアー」とみなされて評価されません。

※ドッグダンスは減点方式ではなく、各コンテンツをどれくらい満たしているかプラス評価をします。難度が高ければ評価点は高く満点に限りなく近づき、難度が低ければ低い点数となります。


そこで、振付と誘導の違いをどう見分けるかがポイントになってきます。
手のひらの向いている方向や、手の位置が限りなく犬の鼻先に近ければ誘導と見られてしまうかもしれませんし、手の形がおやつを握っているように見えるとそれもルアーと取られかねません。

そのためにハンドラーは振付の手の動きにはとても注意しますが、ハンドシグナルやボディシグナルをはずしても犬がきちんとその行動やポジションを理解していない場合、ハンドラーの手や体の動きばかりに目がいってしまい、ハンドラーの言葉のキューをちゃんと聞かなくなってしまいます。
そうなると、振付のつもりで動いていても、犬は誘導の動きと勘違いして、本来ハンドラーが言ったキューとは違う動きをとってしまったりという弊害が出てきます。


まずは言葉のキューだけでも犬がちゃんと理解していることを確かめてから、振付の動きに犬が惑わされず反応できるかどうか確認することが重要になります。


一枚目の画像は言葉のキューで「おじぎ(バウ)」の指示をしているところ。
201711141


二枚目の画像は振付で犬とシンクロしてハンドラーが前にかがんでいるところ。
201711142

ハンドラーが体を曲げることが「おじぎ」だと犬が理解してしまうと、ハンドラーが前かがみになるたびに犬は勝手に「おじぎ」をしたり、あるいはハンドラーが立ったポーズでおじぎをさせようとしても犬は「おじぎ」をしようとしなくなります。

まずはニュートラルな姿勢で犬にキューが伝わっているか確認してみましょう。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

トレーニングデモ@麻布十番

今日は麻布十番で開催されたロンリーペットさん主催の「いぬねこ里親会」でトレーニングのデモと無料しつけ相談をさせていただきました。

アシスタントと見習いを連れて行きましたが、現地到着直前から見習いが車の中で興奮して吠えが出てしまったため、今日のデモもアシスタントのニコルだけで行う予定にしていましたが、しばらくすると大分落ち着いたようでしたので、デモの途中で若犬の環境馴致のモデルで手伝ってもらうことにしました。


前半は、犬が飼い主と一緒に学習しようという気持ちになるために必要なステップをご説明しました。
愛犬が飼い主の存在をちゃんと認めていないと共同作業は出来ません。

201711121

最後は見習いの環境馴致だけで終わるかと思いましたが、思いのほか集中してくれ、周りの犬たちに反応することもなく、きちんと私の話しを聞いていてくれました。
ただ、自分から車に帰ると意思表示をしたので、それは尊重することにしました。


201711122


まだまだ大人の階段を上っている最中の見習いです。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

パピーレッスン:子犬に選択させる

先日二回目のレッスンに伺ったパピーのKさん、お散歩と言えるほどのお出かけはまだでしたので、とりあえず様子を拝見させて頂くことにしました。
っで、お決まりのロングリードを付けて、Kさんの動向を観察。

すると、敷地外に出た途端、地面の匂い、草の匂い、アスファルトに落ちている花びらなどなど、いろいろな物に目を奪われてしまい、飼い主さんがどんどん遠くに行っても全く気にせずマイペース。

周囲の刺激に阻まれ、なかなか最初の一歩が踏み出せないパピーもいますが、一心不乱に情報収集にいそしむKさんはなかなかたくましい。
その間、名前を呼ばれても全く反応なし。
家の中のKさんとはまるで別犬。

ところが、ひとしきり散策を終えると、自分から飼い主さんを追いかけ、その後は付かず離れず歩き始めました。
時折道端の草に気を留めますが、先ほどのような執着は全くなく、すぐに飼い主さんの元へ。


201711111


ただ、マンホールやグレーチングなど金属が苦手で回り道をしながら歩いています。
さすがに金属の質感は好きになれないのでしょう。

しかし自宅を前に、どうしても遠回り出来ない場所が。
Kさんのとった行動は。

犬たちはどんどん学んでいきますね。
慣れること。
克服すること。
それが社会化の第一歩と言えるでしょう。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

いぬねこ里親会@麻布十番


週末12日の日曜日は麻布十番でロンリーペットさん主催のいぬねこ里親会が開催されます。

新しく家族を迎えようと思ったとき、考えるのがブリーダー、ペットショップ、保護犬ではないでしょうか。
犬種にこだわればブリーダーさんを探したり、場合によってはペットショップを覗いたりということもあるでしょう。
もし犬種にこだわらないのであれば、保護犬の里親という選択肢もあります。
是非一度里親会を覗いてみませんか。


当日は犬のトレーニングアドバイスと無料しつけ相談も行います。
愛犬との生活でお困りのことがありましたら、是非お出で下さい。

201711101
(前回のデモの様子)


---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

オビディエンスI:コーン周り

FCIオビディエンスIの競技には「コーン周りを含む往復歩行」という課目があります。
脚側停座から10メートル先に設置されたコーンに向けて前進し、コーンを周って戻って来ると言う競技課目です。

最初はコーンの周りをタイトに周る練習をし、次第に距離を伸ばしていくのですが、タイトに周っていた見習いが最近少し大回りをするようになってきたことに気づきました。

「コーンは回ればいい」と言うものではありません。
規定の中に「コーンとの距離の空け方は犬種特性や実行スピードが審査上考慮される必要がある。」と書かれているからです。

見習いはボーダーコリーなので、犬種特性を考慮されると、コーンに限りなく近く、実行スピードも限りなく速いものが求められるわけです。

ということで、あえて大回り出来ない状況を作って再練習。
果たして来月の本番はどうなるでしょうか。


201711090

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«やはり食は基本