2018年8月13日 (月)

ドッグトレーニング:「出せ」を教える

「犬と遊ぶ」と聞いて、どんなことを想像されるでしょうか。

相手が子犬の場合、人間がちょっと動いても、後ろから付いてきたり、動くものを見つけると興味津々で咥えようとしたりします。
咥えたものを引っ張ってみると、引っ張り返したりもします。
こんなところから愛犬との遊びは始まってきます。

場合によっては、飼い主の意図していない物を咥えて遊んでしまう場合もあるかもしれません。

犬にとって引っ張りっこは口を使う楽しい遊びのひとつですが、「噛む」ことをあまり制限しすぎてしまうと、やらなくなってしまうこともあります。

噛んでいいものとそうでない物をちゃんと教えながら引っ張りっこの楽しさを堪能してもらえると、成犬になってからでも愛犬と楽しく遊ぶことができます。


201808132


もちろん引っ張りっこだけでなく、投げたおもちゃを取りにいき、また投げてやるという遊びも犬たちにはとても楽しいものです。
紐付きボールは両方が楽しめる絶好のおもちゃです。

フライングディスクなどは遠くに飛ぶので、走って追いかける楽しさも加味されたゲームです。


ただ、引っ張りっこも持って来るゲームも、最後に口から離さなけれなりません。
持って来いゲームは手渡してくれなければゲーム自体がそこで終わってしまいます。

大事なポイントが咥えている物を口から出させることです。


201808131


「ウチの犬は咥えるとなかなか離さなくて。」や「取ろうとすると唸るんで。」というお話をよく聞きます。

確かに楽しいものを手に入れると、離したくないのは誰でも同じです。
そこで、離しやすくするために、おやつと交換したり、咥えているもの以上のおもちゃと交換したりして、「出せ」という言葉の意味を教えていきます。

引っ張りっこにしても、「負けると犬が上になる。」なんていうことはありません。
犬だっていつも負けていたらきっと楽しくないですよね。

たまにはこちらが負けてみたり、必死で引っ張る姿を「すごいねぇ」と褒めてやったり、取り上げたらまた引っ張りっこに誘ったりすることで、犬も楽しく遊ぶことができます。


もちろん最後は取り上げて終わりにするので、そこで力づくで取り上げようとすればやはり犬も必死で死守しようとしてきます。
そこで、終わりにする時は「出せ」で手渡してくれると、犬もゲームが終わったことが理解できるはずです。

「出せ」がきちんとわかっていると、道端で誤飲したときや、家の中で咥えて欲しくない物を口にしたときも、「出せ」のキューで反射的に口から離せるようになるので危険の回避にもつながります。


もちろん出してくれた時は「いい子ね」と褒めたり、「ありがとう」でおやつをご褒美にあげることで、犬も死守することにあまり執着しなくなります。


小さい頃から「出せ」を遊びの中で教えてあげると、引っ張りっこや持って来いをゲームとして楽しむようになり、「取られる」という所有欲自体も軽減させることができるでしょう。


201808133


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

ドッグトレーニング:時には犬を信じて


陽性強化トレーニングでは、犬にご褒美としてトリーツ(おやつ)を使います。
目の前で見せて釣るのではなく、出来たことへのご褒美として出すのがリワード(報酬)ですが、実はなかなかはずせないのも現実です。

なぜはずせないのか。
トリーツが無いとハンドラーの言うことを聞いてくれないかもしれないという不安から、ハンドラーが犬にトリーツを渡してしまうからです。

トリーツを渡すとき、クリッカーによってマークしてから出すことで、犬にその行動があっていると伝えていくのですが、ある程度行動が身に付いたら、クリッカーにこだわらず、言葉で褒めたり、トリーツではなくおもちゃで遊んだりと、様々なバリエーションに移行していくことで、日常的に手元にクリッカーやトリーツが無くても犬に指示を出してやってもらうことができるようになるわけです。

そのためには、日常のトレーニングでも、トリーツを減らしていく練習は欠かせません。

そんなことを体験してもらうために、今日のレッスンでは、2分間トリーツを渡さず、褒める時は言葉をかけて褒めるという練習をしていただきました。


201808121

褒められると「おやつくれるんだよね。」というまなざしを向けられると、ついつい信念がゆらいでしまいそうになりますが、J君は最後まで集中を切らさず作業を続けてくれました。
最後は大好きなボール遊び。

トリーツは有効なツールですが、頼りすぎるとなかなかはずせません。
愛犬のレベルに合わせて、使い方を変えていきましょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

ドッグトレーニング:練習で必ず成果は出るはず

WCRL規定のラリーオビディエンスではレベル2になるとハードル障害が出てきます。

前にアシスタントがレベル3の障害練習をしていると書きましたが、実はレベル2に初チャレンジしたとき跳ばなかったという前歴があります。

最近の練習では大分安定してきましたが、それでも100%ではありません。
フロントポジションでの停座も含めて、精度アップのために練習しました。

出来ると思って油断せず、繰り返して成功体験を増やしていくことが欠かせませんね。


201808111
アシスタントは脚側停座ばかりしてきたので、フロント停座の強化も欠かせません。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

ドッグトレーニング:クールダウンは咀嚼の時間

犬に新しい行動を教える方法にシェーピングがあります。
犬の体を押したり引いたりするのでなく、トリーツ(おやつ)で誘導するのでもなく、犬が自発的にとる行動をマーク(クリッカーを鳴らして、あっていると伝える)しながら、目標の行動に導くものです。

例えば、台の上に前足を乗せる動きを教えようとするとき、犬が台に目を向けた時にクリックしてトリーツを出します。
前足と引っ張ったりはしません。

犬は「台」を特別なものかも知れないと、チラチラ見るようになり、その都度クリックがなります。
そのうち、見ているだけではクリッカーが鳴らなくなり、犬が鼻を付けて時にクリッカーが鳴ったり、足が触れた時にクリッカーが鳴ったりと、最終目標に向けて少しずつレベルをあげていきます。


このとき、こちら側の意図した動きが出来ないからと、延々とエラーを重ねさせていても犬は頭がいっぱいになって学習できなくなります。

出来ても出来なくても、2分程度の短い時間から始め、犬が意味を理解して学習がスムースになるまでは無理強いしないことです。

2分やったら一度休憩を入れて、また改めてやります。
短いセッションの合間に休憩を入れることで、犬は休憩の合間に学習したことを頭の中で整理していると言われています。

繰り返されたセッションの後には、犬と遊んだりしながらブレイクタイムをとります。

短い休憩も、セッションの間の長めの休憩も犬にとってはクールダウンと咀嚼の時間です。

何事もやりすぎは禁物ですね。


201808101
学んだあとの犬の顔はイキイキしていますね。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

ドッグトレーニング:プラットフォーム

9月6日に開催するドッグダンスのワークショップでは、春のワークショップに引き続きプラットフォームを使うのですが、プラットフォームはポジションを教えるときにとても便利なので簡単にご紹介しましょう。

ターゲットマットと同じように、犬の立ち位置を教えるために使うのですが、日本ではプラットフォーム自体の販売はおそらくないのではないかと思います。

海外では販売しているようですが、多数のメーカーが製造しているわけではありません。
https://www.k9playproducts.com/dog-training-platforms

中型犬であれば人間のエクセサイズ用のステップ台でも代用できますが、持ち運びには不便なので、私はお風呂用の滑り止めマットを切って作りました。


201808091


もちろん犬は初めからこの上に乗るわけではないので、トリーツやハンドタッチなどで誘導しながら乗せます。
時間があれば一からシェーピングして乗せることもできます。


幅は犬が4本足で自立できる幅に少し(左右4cm程度)ゆとりをもたせ、長さは「フセ」などさせる時は犬がフセても落ちない程度の長さにするといいでしょう。

最近では、プラットフォームを使ってボディエクセサイズもやっているので、トレーニング以外にも使い道はあります。

ご興味がおありでしたら、是非ワークショップにご参加ください。
9/6のワークショップはドッグダンス限定となります。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

ドッグトレーニング:環境が変われば出来なくて当然

出張プライベートレッスンにお伺いすると、オーナー様が、「ちゃんと練習したので、いつもは出来るんですよ。」とうまく出来ない愛犬の様子を見ながらおっしゃることがあります。


出来なくていいんです。
そのために私とアシスタントがお伺いしているのですから。

201808081


つまり、オーナー様と二人だけでいつもの環境であれば出来ても、他人や他の犬がいれば刺激になって集中力できないのは当然のことです。
二人で出来るようになったら、次は刺激に慣れることが重要なポイントです。


愛犬とどんなドッグスポーツを楽しむにしても、周囲には他の参加者や競技犬がいるものです。
そんな環境で、出来るだけいつもの実力が発揮できるような練習は欠かせません。

普段の練習も、おうちの中だけでなく、お散歩途中で立ち寄る公園などでもやってみませんか?
人前でも気にせず動けるようになりますよ。

もちろん緊張するのは犬だけではなく人間もですので、自分のためにもやってみましょう。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

ドッグトレーニング:体を馴らすことから始める

犬も人と同じで癖があります。
癖は元々持っている場合もありますし、長年の習慣で身に付いてしまった場合もあります。

例えば左脚側(ヒールウォーク)。
ハンドラー(飼い主)の左側で、右側にいるハンドラーの顔を見上げるように歩いていることの多い犬たちは、ハンドラーの右側に立つと景色が変わります。
当然顔の傾け加減も変わってきます。

日常的に左右両サイドのヒールポジションで歩く練習をしているドッグダンサーたちに左右の差異はあまり見られませんが、普段左側で歩いている犬にとって右側に来ると真っ直ぐ立てないことがあります。
つまり左側に首を傾けることに慣れていないと、真っ直ぐハンドラーの顔を見ようとして、後肢が外に開いてしまうのです。

そんな時は、少しずつ体を馴らしてあげましょう。
右側に壁などの障害のある場所で、前進したり後退したりしながら、ハンドラーの方に少し顔を傾けながら真っ直ぐ歩く練習をしていきます。


201808071


焦らず、ゆっくり、繰り返して練習しましょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

ドッグトレーニング:障害飛越

犬の障害飛越というとアジリティが思い浮かびますが、訓練競技の課目にもあります。

JKC(ジャパンケネルクラブ)主催のCD(コンパニオンドッグ)競技では、ハンドラーと犬が並んで停座しているときに、犬の目前にある障害(ハードル)を飛越するように犬に指示を出します。


アシスタントはこの障害飛越に関してはとりあえず問題なくクリアしてくれますが、ラリーオビディエンスでは、犬の目線の直線状に障害(ハードル)が無い課目があります。
つまり、犬は斜めに障害に向かい、その後ハンドラーの元に戻ってくるというものです。


201808061
※ハードルから1.8メートルのラインを犬と前進中に、犬だけハードルに向かわせ、飛越したのちハンドラーのヒールポジションに戻り、常歩行進を続ける。

201808062
※ハンドラーは犬を待たせて離れ、振り返って犬にハードルを跳ぶように指示をだして呼び戻す。

あいにくアシスタントにはアジリティの経験が無いので、ハンドシグナルによる方向指示に慣れていないのと、ハードルに対する意識が低いので、今回一から練習し直したのですが、実際やってみると、なかなか難しいようです。

向かい合わせでアシスタントの左手に方向指示を出したときは、自分の左後方に向かって走って行く場面もありました。

慣れるまでまだまだ時間がかかりそうです。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

ドッグトレーニング:やっぱり犬は見て学ぶ

昨日のレッスンは室内で行いました。
さすがに陽が傾いてもアスファルトはかなり熱め。

生徒さんに新しい行動を教えているところですが、なかなか身に付くまで時間がかかりそうです。
頭がいっぱいになりそうなときはリセットしながら休憩を入れます。

休憩時にデモで同伴したアシスタントが自分から「フセ」をして待っていたので、「おりこうさん」と言ってトリーツを渡したところを生徒さんしっかり見ていました。

視線を感じたので、アシスタントが動かないでいるとき、なんどもクリッカーを鳴らしながら、「フセ上手ね」「おりこうさん」と連発し、その都度トリーツをあげていたところ、いつもはなかなか「フセ」てくれない生徒さんが自分から「フセ」て飼い主さんにアピールを始めました。

しかも、いつもはトリーツをもらうとすぐ立ち上がっていたのですが、昨日は立ち上がろうとせず、飼い主さんにアイコンタクトを取っています。


201808041


そこで、「フセ」の持続練習を始めたら、見事に長時間「フセ」が出来ました。

「やりなさい」と言われるとなかなかやらなくても、自分からやる気になるとちゃんと出来るようです。
もちろん、日ごろ飼い主さんがちゃんと行動を教えているから出来るのですが、単頭飼いの場合、ライバルがいないこともあり、やる気が出るまで時間がかかることもあります。

ちょっと目の前に気になるヤツがいると、犬もやる気が出るようですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

WCRL規定のラリーオビディエンスの競技体験会開催予定

今年になって、AFC(アニマルファンスィアーズ)に加えてOPDESがWCRL規定のラリーオビディエンストライアルを開催するようになり、ラリオビ競技の回数が格段と増えています。

本競技に出る前に、練習を兼ねた競技体験をしてみませんか?

201808040

開催日時:10月13日(土)10:00~16:00 (1時間の昼休憩あり)

内容:レベル1およびレベル2の競技体験とレベル3についての概略説明


開催場所は横浜市神奈川区内ですが、詳細につきましてはメールにてお知らせいたしますので下記メールアドレスまでお気軽にお問合せ下さい。


参加費:1ペア (ハンドラーと犬)3,000円
(体験会は公式競技と同じ設定で行います)

参加犬の基準:生後12か月以上で他の犬に攻撃性がないこと
「オスワリ」「フセ」などの基本マナーが理解出来ている犬

講師:WCRLラリーオビディエンス公認ジャッジ(Lebel 1, 2)
   三井 惇(WanByWan)

お問合せ先/お申込み:WanByWan
infoアットマークwanbywan.com

お申し込みの際は以下の内容をメールに添付してください。
お申込者(ハンドラー)名:
パートナー犬の名前、性別、犬種、年齢、去勢/避妊の有無
トレーニング経験の有無(しつけ教室や訓練など)
ご連絡先(PCメールからのメールが届くアドレス)

ご参加お待ちしております。

定員になり次第締め切ります。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«基本のマナーはドッグスポーツの基礎