« ありがとう・・。 | トップページ | ボクです。 »

クリ家から

こんにちは。
ニキーの旅立ちに際し、皆様からの暖かい励まし、お悔やみの御言葉
本当に有難うございます。

クリスのブリーダーさん関係で親しくして頂いている方、
1999年頃JBCNが発足した当時からのネットを介して知り合えた方、
2005年から書き始めたこのブログを介して知り合えた方、
BCRNで一緒に活動させていただいている方
ニキーがアシスタントを務めていたドッグダンスの生徒さん、
地元駒沢で一緒に遊んで頂いているお友達、
多くの方からのコメント、本当に有難うございます。


ニキーは・・
小さい頃からお転婆で、男の子の兄弟と互角に遊んでいましたが、
お散歩デビュー直前に、はしゃぎすぎで骨折。

その後、力の強いハンスにいじめられながらもめげることなく、
いつの間にか、体力ではなく眼力でハンスに抵抗するすべを身につけ、
怖いクリス母さんに対しては逆鱗に触れないよう、
上手に空気を読む子でした。

いつも一番なクリス母さんと、KYで派手顔なハンスが目立つ中
控えめな彼女の存在は、我が家でも三番手になりがちでした。


そんな彼女の体調に異変が生じたのが一昨年(2008年)の秋。
乳腺に腫瘍が見つかり、検査をするより、手術しましょうという話になり
12月に入院したのですが、麻酔が効かず帰されてきました。

その後体調を壊し、腫瘍の周りが腫れるなど、状況がよくなかった為
高度医療センターで年明け1月に摘出手術を行いました。
無事生還してきましたが、腫瘍は悪性の中の悪性と言われ、
すでにガン細胞はリンパにまで流れ出ていることがわかりました。
頭の中が真っ白でした。


そして3ヶ月間の抗がん剤治療をおこないました。

この頃でしたね。
名前の画数で運命が悪かったのかと
ニッキー改めニキーになりました(笑)。

それから、定期健診を続けながら一年が経ちました。


なんとか拾った命、ニキーと一緒にもっといろいろなことをしようと
去年はクリスのピンチヒッターや、普段からニキーが自然にやっている
アニマルセラピーを老人ホームなどで役に立てて行こうと
一緒に活動してきました。


あっという間の一年でした。


今年二月、足の不調から検査に行って、
肺への転移が疑われる結果がでました。

とうとう来てしまったのか・・・。
いつかは来るとわかっていても、やっぱり受け入れがたいことでした。


消炎剤をもらって一週間、足の不調がおさまりかけたように見えた頃
呼吸に異常が出始めました。

ちょっと動いても息遣いが荒い。
数歩歩くと固まる。

そしてとうとう散歩に行けなくなりました。


日常的に呼吸が浅くなり、心拍数もあがったため
再度病院で検査に行きました。
最初の白い影が見えないほど、肺全体が白くなっていました。

週末は歩けない彼女も車に乗せて
毎週通った公園に行きました。
草の上におろしてやると、
苦しいながらも外の空気を一生懸命嗅いでいました。


そして検査から三日目の深夜。
辛そうに呼吸しながら旅立ちました。

本当にあっという間でした。


いろいろなことが悔やまれます。
ああすれば、こうしてあげれば・・・。

最期を看取ってやれたことがせめてもです。

長年共に暮らしたパートナーとの別れ。
何度遭遇しても馴れるものではありません。

当分はちょっと変なクリ家だと思います。

お散歩も今はまともに出来ません。
隊列がぐちゃぐちゃで、転ばされそうです(汗)。

暖かいコメントを下さった皆様へ、
ニキーの病気のご報告も含め、
お礼の言葉に代えさせて下さい。

本当に有難うございました。


100311


|

« ありがとう・・。 | トップページ | ボクです。 »

コメント

たられば、そればっかりを考える日々、すっごく理解できます。

あーしたら、こーしたら・・・
私もそんな毎日が続きました。
もしかしたら今も続いているかもしれない。

そして、自問自答。
あの子は私のところに来て幸せだったんだろうか?
ってね。

でも、多分私の事が一番好きで、最後までいっしょに居られたし、って自分で自分をなぐ

投稿: エルダママ | 2010/03/21 16:13

続き・・・(病院の使い慣れないPCでごめん!)
さめたりして。

第3番手だったというニキーだけれど、CMにも出たりで格好良かったよん!!

ママの気持ちが少しでもラクチンになることを心より祈ってます。


投稿: エルダママ | 2010/03/21 16:16

ニキーちゃんはクリ家で生まれて、クリ家で幸せな日々を過ごして、そして旅立つときもクリ家で・・・
幸福な一生であったことは間違いありません。
悔いが残ることもあるでしょうが、そのとき、その時を一生懸命過ごしたんですからいいじゃあないですか!

昼間留守番ばかりの我家でシスターズは幸せなんだろうか?などと考えた時期もありましたが、できることを一生懸命やれば良い、と思うようにしています。

クリままさん、ご自愛ください。

投稿: クレアパパ | 2010/03/21 20:55

寂しいですね。。。

先日のレッスンで最後に挨拶できてよかったです。
あの時の力強いニキーちゃんの目がとても印象に残っています。

ご冥福をお祈りいたします。合掌

投稿: knighthime | 2010/03/21 23:17

ニキーちゃんのご冥福をお祈り致します。
からび家

写真部時代のニキーちゃんも忘れません。
その後、川遊びで出会えた事も忘れません。

投稿: かびぱ | 2010/03/22 14:26

お淋しくなられましたね
いつも一緒だった3にん組が欠けてしまったと思うと読者の一人としても淋しいです

いつか来る日と分かってはいてもやはり別れは耐え難い悲しみですよね
後悔しても甲斐のないことと分かっているけどあれこれと悔やんでしまいますよね
それでもニキーちゃんは最後にちゃんとママさんに看取られて安心して旅立てたと思います
いつか必ずみんなが行く道ですから しばらくのお別れです
どうぞクリスちゃんやハンス君のためにも早くお元気になられてくださいね

投稿: Akiki | 2010/03/23 00:31

ニキーちゃん、一番つらい時間が短く済んで、ママに見守られて旅立つことができてよかったね。
でも、そんなにあわてて場所取りに行かなくてもよかったのに。
もっとこっちで皆と遊んでからでもよかったのに。


どんなに手を尽くしても後悔はあるかと思いますが、ニキーちゃんはきっと幸せです。

ニキーちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

投稿: Autumn | 2010/03/23 03:45

クリママさん、ニキーちゃん、逝ってしまったのですね。

アビィの数少ない身内のニキーちゃん。
中々お会いする機会もありませんでしたが、2年前の冬、雪の朝霧で、
元気良く羊を追っていた彼女の姿が、懐かしく思い出されます。

もう苦しむこともなく、今はいっぱい走り回っていることでしょう。

心よりご冥福お祈りいたします。

投稿: あびちょ | 2010/03/24 09:19

☆エルダママ
ありがとうございます。
そうでしたね。CM撮影。
一日がかりで文句ばかりのクリスかあさんのピンチヒッターを
最後までしっかりつとめてくれました。


☆クレアパパさん
ありがとうございます。
生まれた時から我が家の子。
よく我慢して頑張ってくれました(笑)。


☆knighthimeさん
ありがとうございます。
あの日、knighthimeさんが、ニキーに会った最後のお友達でした。
本当に、眼はしっかりしていたので、まさかこんなに早く逝くとは・・・。


☆からび家さま
ありがとうございます。
最後まで泳ぎは大嫌いな嬢ちゃんでした(汗)。


☆Akikiさん
ありがとうございます。
私も犬たちも、なんか変なんですけど、
お互いあまりつきつめないようにしています。


☆Autumnさん
ありがとうございます。
そうですね。私が不在の時だったら、
どうなっていたかと、ちょっと怖い気がします。


☆あびちょさん
ありがとうございます。
あの時は、本当に楽しそうに羊を追い散らかしていましたね。
全然進歩しませんでしたが・・・(汗)。

投稿: クリまま | 2010/03/24 22:35

はじめまして。三田ともうします。
いきなりコメント失礼します。

読んでいて、目が潤んでしまいました。
おれが感じたのは氷山の一角かと思います。

やっぱり犬は素晴らしいですね。

イロイロ悩んでいましたが、好きなボーダーコリーを飼いたい。
一緒に暮らしたい。そう思わしてくれました。

大変失礼かもしれませんが、ありがとうございました。

どうか、ご自愛くださいませ。

投稿: 三田 | 2012/01/29 20:12

★三田様
コメント有難うございます。

ボーダーに限らず、犬たちは本当にいろいろなものを与えてくれます。

素敵なパートナーにめぐり合えますように。

投稿: クリまま | 2012/01/29 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/47866067

この記事へのトラックバック一覧です: クリ家から:

« ありがとう・・。 | トップページ | ボクです。 »