2021年2月27日 (土)

ドッグトレーニング:予測したトレーニングプラン

今日のプライベートレッスンは思春期の女の子Aさんから始まりました。

初めてのヒートが来て、少し落ち着いたかと思ったのですが、いやいや、まだまだ元気爆裂。
今日も楽しそうにはじけてくれました。

ハウスは鉄板になり、一声で飛び込んでくれますし、オスワリとフセの弁別も出来ていますので、少しずつ持続を教えてあげています。
持続が理解できていないのに、最初から長く待たせるのは失敗のもと。
少しずつ待てる時間を強化していきます。

ヒールの意味も大分理解出来て、少しずつトリーツのルアーからハンドターゲットへ移行しつつあります。

202102271

何よりAさんが楽しそうにしているので、こちらも楽しくレッスンが進められます。

二つ目は、カウンセリングのBさん。
ジャックラッセルとチワワが入っている感じのミックス。
お散歩は引っ張り気味なのに、どちらかというと警戒心が表に出てしまうようなので、お散歩の歩き方から変えていただくようにアドバイス。

少し歩き方を変えていただいたところ、飼い主さんへのアテンションがとても良くなりました。

202102272

一回で改善できるものではないので、日々の習慣として取り入れていっていただくようにお話ししてみました。


最後は3か月のパピーさんの初散歩に同行。
初めて自力で歩く日はなかなか歩みが進まないものですが、S君怖いものなし。

しかし、ボーダー・コリーという犬種には、他の犬種には無いやっかいな特性もあるので、それらのことを理解したうえで、注意しなければいけない部分をお話したあと、初爪切り2本経験。

沢山頭を使った後は、そろそろ集中も切れて疲れているのでハウスに誘導。

202102273

『疲れた犬はいい犬』

オーナーさんが、S君のために、リビングダイニング全面にコルクマットを貼ってくださいました。
S君の室内走り、ますます磨きがかかっているようです。

これからが楽しみですね。


-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月26日 (金)

犬の行動を引き出すのに力はいらない。

屋内でのドッグトレーニングでは、リードはほとんど使いません。
グループレッスンなどで、どうしても他の子が気になって突進していってしまうような場合は、コントロールのためにリードを付けることもありますが、実際にハンドラー(飼い主)さんと動いてもらうときは、そもそも、ハンドラーさんに集中できていなければ始められないので、集中できるまで待つところから始まります。

ハンドラーさんに集中できるようになってくれば、当然リードは無い状態でのレッスンですので、いかに愛犬の集中を取るか、飼い主さんの努力が必要になってきます。
つまり、犬に何かをやらせるのではなく、犬が一緒にやりたい気持ちにさせることが重要なポイントだということです。

何度も書いていますが、犬に「オスワリ」や「フセ」などの行動を教えるとき、人間は一切犬に手を触れる必要はありません。
犬の行動を引き出すために力はいらないからです。
もちろん、上手に出来たときは、その犬が触られることを好んでいれば、言葉で褒めたり、撫でて褒めたりします。

例えば、オスワリをさせようとして、犬のお尻を床に押し付けようとしても、犬は自由を阻害されてジタバタしたり、逃げてしまったりするでしょう。
元々、誰だって嫌なことをされたら、その人の傍にいたいとは思わないので、学習する気にもならないでしょう。

しかし、大好きなおもちゃやオヤツがご褒美にもらえるとなれば、あるいは、何か面白いことが始まると思えば、自分から作業に加わろうとしてきます。
例えば、床の上にしゃがみ込んで一生懸命に何かを探していたり、あるいは、床の上に落ちている物を楽しそうに見ていたりすると、犬たちが自分から寄ってきたりしませんか?

つまり、余計な力は一切必要ありません。
犬がやりたい気持ちにさせてあげればいいのです。

さて、今日のプライベートレッスンのLさん。
「ヒールポジション」の意味が分かってきたり、「マテ」の意味を少しずつ理解し始めたりしながら、日々いろいろな意味で進化しています。

一緒に成長することが楽しい飼い主さんはついついいろいろLさんに教えたくなるようで、最近はベッグ(Sit up)が出来るようになってきたそうです。

見せていただくと、

202102261

上手にLさんがベッグ出来るように誘導しています。

ベッグの体の使い方をLさんがマスターしたら、少しずつ誘導のモチベーターをはずし、次にハンドシグナルをはずし、最後は言葉のキューだけでもベッグ出来るように練習していきます。

これは体の使い方(バランス)が重要なポイントなので、どの子(どんな犬種)でも簡単に出来るわけではありません。
体幹に優れていたり、もともと二足立ちしやすい犬種はバランスがとりやすいので、速くマスターできるでしょう。

以前も書いたように、我が家のアシスタント、バランスを上手に取れるようになるまで数年かかりました。(毎日この練習をしていたわけではないので)

今では、言葉のキューだけでも、すっくと立ち上れるようになりました。

202102262

何事も、焦らず、犬のペースに合わせて、繰り返し練習していきましょう。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月25日 (木)

犬は教えたことは忘れない。

今日は「基礎オビ」のグループレッスンでした。

参加犬は生後9か月の若い女の子や1歳の若オス、2歳と5歳の女の子と様々。
当然課題もそれぞれなので、課題に合わせてレッスンを進めていきます。

若い子の場合は、ハンドラーへの集中強化が一番重要です。
ドッグスポーツをやるやらないに関わらず、ハンドラーに意識を向けられなければ、協働作業以前に、日常生活も難しくなります。

当然、ドッグスポーツをやろうとすれば、ハンドラーへ意識が薄い場合は協働作業は成立しません。

いずれにしても、ハンドラーが一番になるように、犬の望ましい行動を強化しながら、ハンドラーに対する関心を深めてもらうことが基本の基。
オスワリが出来るとか、フセが出来るとかの以前の問題ですね。

ハンドラーへの意識が強化されてきたら、次のステップ、つまり各作業の精度をあげていきます。

さて、若い子の中に混じっていた5歳の女の子は、しばらくブランクがあった子。

最初は体が動くまで少し間がありましたが、少しずつリマインドしてあげると、以前の動きが見え始めました。

202102251

繰り返し教えたことは、一時的に忘れることはあっても、リマインドしてあげると、ちゃんと思い出してくれます。

先日見習いとFCIオビディエンスの課目の一つである、ボックス(3メートル四方のスペース)に送り出す練習をしていたら、アシスタントがやりたそうにしていたのでキューを出すと、自分からボックスの中へ。

202102255

アシスタントとFCIオビディエンスの競技に出ていたのは4年ほど前。
それでも、ちゃんと覚えていました。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月24日 (水)

犬に自信をつけさせる

犬の行動が成長とともに変わることは当然のことです。
特に子犬の頃から2歳ぐらいの成犬になるまでは、人間の子供と同じように体や心が成長していくので行動も変わります。

先日、思春期の男の子の行動が少し変わってきたというブログを読みました。

男の子は女の子以上にゆっくり育ちます。
体も心も。

女の子はヒートが来ると、急に落ち着いてしまうことがありますが、男の子はなかなかそうはいきません。

思春期は人間と同じように、犬たちも不安定になりがち。
昨日まで大丈夫だったものが、急にそうではなくなったり、過剰に反応してみたりと、様々な行動の変化が見られます。

その都度驚かされることは沢山ありますが、思春期はそのうち通り過ぎるものと思って、子犬の頃と同じように、ひとつひとつ自力で乗り越えるサポートをしてあげればいいでしょう。

以前見習いが家の近所に停めてあったカバーのかかった大型バイクを見つけたときのこと。
角を曲がったらちょうど目に入り、急にフリーズし、後ずさりしながら吠えたことがありました。

人間の子供であれば、「バイクが停めてあるだけよ。」と言うことで納得できますが、犬はそうはいきません。

それを、確認させずにリードを引きながら通り過ぎてしまえば、翌日も同じ行動を取る可能性があります。
しかし、逆に、大丈夫だと言って無理やり近づければ、「怖い」と言う気持ちが先に立って、犬は考える間もなく、怖いものの前にさらされるという経験をしてしまうでしょう。


そこで、私はリードを少し緩め、彼に確認する時間を犬に与えたところ、少し腰は引けていましたが、自分で傍まで行って匂いを嗅ぎ、「なんだ、怖くないものだったよ。」と納得し、翌日からはそれを気にしなくなりました。

このような状況は、子犬の初めての散歩においてもよく見られるところです。
「大丈夫、大丈夫」と言って、腰の引けている子犬を無理やりリードで引っ張って近づけるのは禁物。
特に相手がただのオブジェクトではなく、生き物であった場合は相手の動きは予測できないので、犬が怖い思いをしないとも限りません。

相手が犬の場合は、相手の飼い主さんに確認する必要があるでしょう。
犬の安全が確保できている場合は、時間を取って、犬に自分で確認させることが、犬に自信を持たせることにもなるので、出来るだけサポートしてあげるといいでしょう。

子犬も、思春期の犬も、成長途上にあることは同じです。
日々の変化を見過ごさないことが大事ですね。

202102241
※生後1歳ごろの見習い。
今まで誰にでもフレンドリーに寄って行っていた見習いが、少しずつ初対面の人は警戒するようになり、自分から車に戻ることが多くなりました。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月23日 (火)

なぜ遠吠えが始まったのか。

犬の行動は環境によって変化します。

わかりやすい例をあげてみると、リードの持ち主が変わると犬の行動は変わります。
この場合の環境はハンドラーです。
ドッグトレーニングのセッションなどで、トレーナーがリードを握った途端、犬が急にいい子になったりするのを見たことありませんか?
「まるで別犬みたい。」と言われることもあります。

トレーナーはプロなので犬への伝え方が上手いため、犬がよく反応出来ているのです。

中には体罰を与えているトレーナーもいるかもしれませんが、多くのトレーナーは罰を使わなくても上手に犬に教えることができるので、くれぐれも、叱られるから我慢しているとは思わないでくださいね。


また、家など箱物の環境が変わることで、行動が変わることもあります。
例えば、今まで住んでいた家の周りが静かで、家の中にいても外の音が聞こえなかったのに、引っ越し先は意外と騒々しく、家の中にいても外の音が響いてくるような場合、犬が警戒心から吠えるようになることがあります。
騒音に馴れてしまえば、落ち着くこともありますが、それまでは、何か音がするたびに吠えるという行動が習慣になってしまうこともあります。

多頭飼いの場合、同居犬が増えることで環境が変わり、今まで見せなかった行動を見せるようになるということもあります。

最近よく言われているのは、昨年からのコロナ禍の影響でテレワークが続いてしまい、飼い主さんと一緒にいる時間が増えて幸せだった犬たちが、テレワークが終わった後、急に分離不安になってしまったというものです。

実は我が家の見習いも、昨年まではアシスタントと一緒に留守番しているときは一切吠えなかったのに、コロナ禍で外出自粛が長かったせいか、その後少しずつ仕事で外出するようになったのと、夏場で車待機が出来ない時期が重なって留守番が増えたことで、アシスタントと一緒にいても、私の不在時に時折遠吠えをしているようです。

202102231
※昨年夏の証拠動画から切り出した写真

犬たちはちょっとした環境の変化にも左右されます。
いつもと違う行動が出ているときは、犬だけを見るのではなく、犬をとりまく環境に変化がなかったのか確認してみると理由がわかるかもしれませんね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月22日 (月)

子犬育ては最初が肝心

毎朝聞いている某FM局でDJが、最近問題になっている、コロナ禍におけるペットブームと、その背景にあるペットの遺棄に対し、「ペットは家族なのだから、最期まで寄り添う気持ちがなければ、飼ってはいけない。」と語っていました。

まさしく。

彼はまた、「自分だけが癒されるのではなく、ペットのこともきちんと考えるべき」といったようなことも話していました。

たしかに。

ペットを迎えることが悪いのではなく、きちんと準備をして、15年、20年先のことに想像力を働かせてからお迎えすることが大事なのです。

ペットは飼うのではなく、命を預かること。ですね。

さて、昨日は新しく子犬を迎えたおうちへのカウンセリングに伺ってきました。
初めての犬との生活に向けて、沢山お勉強されていました。
子犬の睡眠時間が沢山必要なこともご存知でした。

生後3か月ちょっとのボーダーコリーの男の子。
そろそろ活動範囲も広がり、いたずらもエスカレートしてくる頃です。

トイレは上手に出来ているので、今後問題となるのは、危険を回避するための予防策です。
手や口が届く場所に、危険な物や大事なものを置かないこと。
特に危険だらけのキッチンにはベビーゲートがあった方が安心なこと。
身体能力はどんどんレベルアップしていくので、ある程度予測することが欠かせません。

誤飲や怪我で獣医さん通いにならないために、きちんとした環境設定は不可欠ですね。

小さいころにやらなかったことは、大人になって急にやり始めることは少ないものです。
しかし、子犬は何でも口にいれてしまうもの。
そこで、環境設定はとても重要になります。

犬の行動を予測しながら予防策を取ることがポイントです。

そして犬が自発的に取る行動を見逃さずに褒めて強化していくことで、良い行動は習慣化していきます。

202102222

こんなかわいい顔をして、フロアカーペットを剥がし、ドッグベッドを破壊し、サークルのジョイントを食して脱走を企てていたのは、我が家のアシスタントです。
-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月21日 (日)

愛犬と一緒に何かを始める前にやって欲しいこと。

今日は等々力のDogLifeDesignさんでドッグダンスのレッスンがありました。
参加者は、ドッグダンス未経験の生後9か月の男の子。

生後9か月と言えば、自立心や自信もついて、いわゆる思春期や反抗期ともいえる時期ですが、当のM君、思いのほか落ち着いています。

202102213


ドッグダンスは基本、ノーリードで行うドッグスポーツです。
つまりリードやカラーで制御することは出来ません。

ドッグダンスというスポーツ自体が、ハンドラー自身が犬にとってのご褒美(モチベーター)でなくては成立し難いと言ってもいいでしょう。

例えば、ディスクは飛んでいるディスク自体がモチベーターとなります。
アジリティであれば、目の前の障害物が犬にとってのモチベーターです。
もちろん、だからと言って簡単なドッグスポーツだと言っているのではありません。
ディスクの投げ方、キャッチの仕方はきちんと練習しなければなりませんし、犬が勝手にハードルやトンネルに飛び込んで行ってはいけません。

しかしドッグダンスにおいては、何も犬を盛り上げるものがありません。
そこにいるのはハンドラーだけ。

そこで、ハンドラーがモチベーターとなるには、ハンドラーとの作業が楽しいと犬に思ってもらわなければならなくなるわけです。

今回レッスンに参加されたMさんは、お家の中では飼い主さんといろいろなトリックも楽しんでいるようですが、今回はまず、いつもと違うレッスン場という環境の中でも、飼い主さんへの集中が取れるように、本気で遊ぶ方法や、褒めるタイミング、オヤツやおもちゃなどのモチベーターの使い方などをお伝えさせていただきました。

最初はリードを持っていなければ、フラフラと好きなところに離れてしまいそうになっていたMさんですが、ちょっと遊び方を変えたところ、初対面の私とでも上手に遊び相手になってくれたうえに、おもちゃを投げれば、もっと投げて欲しくて自分からおもちゃを持ってきてくれ、

202102215

最後はリードを持っていなくても、楽しそうに顔をあげて私について歩いてくれました。

202102216

もちろん、飼い主さんにも同じようにやって頂くと、Mさん、最初よりとても集中がよくなっていました。

一緒に作業を始める気持ちづくりから始めてみませんか。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月20日 (土)

ドッグトレーニングは押し付けるのではなく、やりたい気持ちにさせる

犬のトレーニングは、昔は押したり、リードを引っ張ったりといった、ある意味力によるものが多かったのですが、昨今のトレーニング法は、人間が力を加えるのではなく、犬が自ら動いて取った行動を褒めることでその行動を強化し、頻繁に行動が出るように導く方法が多く取られています。

例えば、お尻を押して「オスワリ」を教えるのではなく、犬のお尻が自然に下がるように、犬の目線をあげるといった方法によって、犬が自発的に座ったことを褒めていくというようなことです。

犬は誰にも押されたり引っ張られたりしないので、ストレスを感じることなく、かつご褒美がもらえることでトレーニングを楽しめるようになります。
トレーニングを楽しむことは、言い換えれば、ハンドラー(飼い主さん)との関わりを楽しむこと。

かつて、悪戯ばかりして怒られる時にしか名前を呼ばれなかった犬の生活が、褒めらるときや、いいことがあるときに名前が呼ばれる生活になると、自分の名前に対して良いイメージが刷り込まれ、ますますハンドラーと何かする時間が楽しみになってくるわけです。
つまり、ドッグトレーニングは、厳しい「しつけ」ではなく、楽しい「ゲーム」でなければ続かないということです。

行動を引き出すときには、犬にとって嬉しいものをを「モチベーター」として使います。

先代のボーダーコリーたちをトレーニングしていた時は、私はテニスを楽しんでいたので、もっぱら試合に使えなくなったテニスボールがモチベーターでした。
今はおもちゃだけでなく、トリーツ(おやつ)なども使っています。
要は、犬にとって嬉しいものでなければモチベーターにはなりません。

プライベートレッスンのLさんはオヤツは嫌いではありませんが、ウチのアシスタントのように、「オヤツ命」ではありません。
つまり、オヤツを見せても、「だから?」というときがあります。
これではモチベーターにはなりませんね。

もちろん、オヤツのグレードを変えることや、オヤツのデリバリーの方法を変えることで、多少はモチベーションがあがることもありますが、それにも限界があります。

しかしLさんには、オヤツ同様好きな物がありました。
おもちゃです。

レッスンの後半、オヤツの価値が落ちてきたときは、おもちゃを使います。

「オスワリ」はすぐに出来るように習慣になりましたが、「フセ」がちょっと苦手なLさん。
先日のレッスンでは、おもちゃをモチベーターに練習してみました。

202102191

「フセ」が理解出来て、習慣になるまではまだ少し時間がかかりますが、モチベーターがあることで、「フセ」しやすくなってくれるのであれば、どんどん使います。
もちろん、上手に出来たらモチベーターで遊ぶことを忘れてはいけません。

202102192

「見せるだけ」では、いずれその価値は失せてしまいます。
これはトリーツ(オヤツ)でも同じです。
「見せれば何でもしてくれる。」と犬を侮っていると、そのうち見せてもやらなくなります。
なぜなら、ご褒美としてすぐにもらえないことを犬は学習してしまったからです。

賢い犬ほどすぐにその違いを感じ取ります。

愛犬とのトレーニングは頭脳戦です。
お互い、楽しく知恵比べしていきましょう。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

第三期オンラインコースのスタートは3月1日からです。

昨年からスタートしたドッグトレーニングのオンラインコース、「ドッグトレーニング基礎見直しコース」と「ドッグダンスベーシックコース」の第三期生を募集しています。

コースのスタートは3月1日(月)です。
隔週で出る課題に練習動画をFacebook上にアップしていただき、アドバイスをさせていただくというものです。

各課題ごと、3回までは練習動画がアップできます。
最終課題提示後3か月までは投稿可能ですので、二週間以内にアップできなくても大丈夫です。
締め切りはありません。
ご都合のいい時に動画を撮ってアップしてください。

「ドッグダンスベーシックコース」の課題の一部👇
202102212
※課題動画から抜粋


「基礎見直しコース」の課題の一部👇
202102201
※課題動画から抜粋
 
課題はテキストと動画で出ます。

遠隔地の方や、外出を控えたい方は是非チャレンジしてみませんか?

詳細は下記をご覧ください。👇
http://wanbywan.com/lesson.htm#onlinecourse
-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月19日 (金)

ドッグダンスビギナークラス参加者募集中!

2/21(日)10:30から等々力のDogLifeDesignさんで開催する、ドッグダンスのビギナークラスの参加者募集中です。

ドッグダンスがどんなものか、チャレンジしてみたい方は是非お気軽にお申込みください。

以下のスケジュール表の「お問合せ」をクリックして、お進みいただくとお申込みが出来ます。
http://doglifedesign.com/schedule/

202002103_20210219202601

DogLifeDesignさんの詳細は👇
http://doglifedesign.com/


-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

«ドッグトレーニングはプロと飼い主さんの協働作業です。