2024年7月17日 (水)

子犬の学習は目覚ましい。

子犬をお迎えすると、とても楽しい反面、とても大変なことが後から後から起こって、なかなか気が休まる暇がありません。
人間の赤ちゃんと同じですから仕方ないですね。

しかし、人間の赤ちゃんと違って、子犬は産まれてまだ数か月であっても、どんどん学習していくので、日々驚かされることばかりです。
今までできなかったことが、気が付いたら急に出来ていたり、新たな課題が出て来たりと、子犬の成長は止まりません。

子犬のサポートは、出来ることを増やしてあげたり、人にとって問題とならないようにルールを伝えていくことです。

個体差があるのは当然ですが、伝え方を間違えなければ、必ず伝えられるので、日々楽しい子犬育てを続けて欲しいですね。

さて、今日は生後3か月のO君のプライベートレッスン。

飼い主さんが頑張って続けて下さいっているので、ケージから出るときも落ち着いて座ってくれるO君。
前回からお散歩の練習を始めましたが、今日もリードを着けて練習していただきました。

初めはルアーリングで行動に馴らしていきます。

202407171

馴れてきたら、ルアーリングではなく、トリーツはご褒美から渡していきます。

202407172

最後は休憩を入れた後、リード無しで一緒に歩く練習。

動きに慣れてくると、リードが無くてもリードが付いているときと変わらず横を付いて歩くO君。
さすがですね。

202407173

リードは愛犬の安全を守るための命綱ですが、リードに頼り過ぎると、リードが付いていないときに糸の切れた凧になってしまうので、リード無しの練習も重要ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年7月16日 (火)

ドッグトレーニング:愛犬の好きなものを効果的に使う

犬のトレーニングは、いわゆる「犬のお勉強」ですが、犬にとって楽しくなければ学習が進まないので、強制して犬にやらせるのではなく、犬の「やりたい」気持ちづくりが重要です。

そのためには、犬にとって「ご褒美」となるものが必要になるのはいつも書いていることですが、「ご褒美」は犬によって、あるいはその時々で変わると言うことを常に頭のどこかに置いておく必要があります。
なぜなら、犬へのご褒美は、人間から与えられるものばかりではないからです。

例えば、犬同士の遊び、地面の匂い取り、草食べ、動くものを追いかけること、などなど沢山あります。
海外のトレーニング本ではよく、「裏庭のリス」を追いかけるのがご褒美になっていたりして面白いですね。

つまり、目の前に差し出したオヤツや、いつも飼い主と遊ぶオモチャが、犬にとっての一番のご褒美にはならないということです。

しかし、一番のご褒美では無いからと言って、トレーニングをあきらめてしまうわけにはいかないので、周りの環境に合わせて、一番犬を惹きつける方法を飼い主は考えなくては行けなくなります。
いつも同じに行かないところがある意味大変であり、面白いところです。

さて、今日は若いM君のプライベートレッスンがありました。
1歳半の男の子は、まだまだ未成年のようなものですが、日々のトレーニングを頑張って頂いているので、飼い主さんとのコミュニケーションも大分取れています。

しかし、庭で遊ぼうとすると、芝生がディストラクションになって、すぐ食べ始めるそうなので、今日はその行動が出る前に、まずその日のお気に入りのオヤツを使いながら、飼い主さんと動くことから始めました。

202407162

最初から「好きにしていいよ」と言えば、ずっと芝生を食べ続ける可能性もあるので、そこは避けたいところ。
「ダメ」と言っても、目の前に美味しいものがあると思っているM君にすれば、叱られ続けているのは楽しいことではありません。

こんな時のオヤツは、敢えてM君に見せて、オヤツと芝生どちらを選択するかで、そのあとの遊び方も変わってきます。

M君のアテンションがとても良くなってきたところで、今度はM君の好きなオモチャにシフトして遊ぶことにしました。

202407161

遊びの中にも、オモチャを出すことや取りに行くことなど、飼い主さんのお願いが盛り込まれているので、M君が一人で勝手に遊んでいるわけではありません。

それでも、自分から飼い主さんの元に走って行ってくれるので、楽しい遊びが継続されます。

最後はM君が飽きる前に、飼い主さんのキューで終わります。

要は、M君が飼い主さんとの協働作業を楽しいと思ってくれるようにすること。
今日はとてもいい感じでした。
上手に持続できるようになるといいですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年7月15日 (月)

行動が先か、ことばのキュー(合図)が先か。

犬に新しい行動を教えるとき、人はついつい先に言葉のキュー(合図)を言ってしまうものです。
例えば、「オスワリ」と言いながら犬のお尻を押してみたり、「フセ」と言いながら犬の背中を押したりということです。

そもそも、犬は押されたり引っ張られたり、力によって強制されることをあまり好ましく思っていないので、言葉が発せられたあと嫌なことをされたら、行動を習得すること自体が楽しくなくなってしまいます。

ルアーリングやシェーピングによって、犬の行動を引き出しながら犬に学習してもらうポジティブトレーニングであれば、キューを先に言うのではなく、行動が身についてきてからキューを乗せていく方が犬にはわかりやすくなります。

例えば「オスワリ」を教えるとき。
犬に触ることなく、犬が自発的に座る瞬間を褒め続けていくことで、座る行動の頻度が高くなってきてから、犬がオスワリするタイミングで「オスワリ」という言葉のキューをのせていくわけです。
犬がなかなか座らないと困っている人は、少し待ってあげることも大事。

一度でも腰を下ろしたらすかさず言葉で褒めてから、愛犬の好物のオヤツをひとつ渡します。
本格的にトレーニングをされたい方は、腰を下ろした瞬間をマークしてから褒めると学習がもっと効率的に進みます。
クリッカートレーニングの知識があるプロに教えてもらうことをお奨めします。

その後犬は、座るといいことがあると学習するので、座る頻度が高くなるわけです。

202407151
※生後2ヵ月のとき、自発的に座ったらクリッカーが鳴って褒められた見習い。

騙されたと思ってやってみて下さい。
犬のトレーニングはお勉強と言うより、楽しいゲームのひとつ。
ご褒美がもらえると学習すれば意欲も増します。

ただ、この時注意しなければいけないのは、犬の目の前にオヤツをちらつかせないこと。
ここを間違えてしまうと、目の前にオヤツがぶら下がっていないと何もやらない犬になってしまうからです。

愛犬に何かを教えるのは、愛犬との楽しいコミュニケーションタイムと考え、根気よく続けることが大事です。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年7月14日 (日)

犬の身体能力を侮らない

アクティブ系の犬に限らず、一般的な犬種においても、犬である以上ある程度の身体能力を備えていることは日々の暮らしの中で多くの飼い主さんの感じるところだと思います。

「まさか、こんなことが出来るなんて。」
と言うことに限らず、最近ではSNSなどの動画でも、あっと驚く犬の行動に驚かされることは少なくありません。

我が家のアシスタントと見習いは、そもそも同じ犬種でありながら、全く別の身体能力を兼ね備えています。
その一つが跳躍力です。
特におもちゃ(ボールやディスク)が目の前にあると、跳びついて取ろうとします。
そのために、遊ぶ場所には気を付けないと思わぬ怪我をするので注意しなければと痛感しています。

202407141

また、人との遊びとは関係なくても、犬にとって何か突き動かされるものがあれば、思わぬ力を発揮することがあります。

かつて単犬種レスキューのお手伝いをしていたとき、保護犬の里親希望者さんのお宅に伺って環境チェックをしていたことがありました。
環境チェックとは、犬の目線で、犬の安全が保たれているかの確認です。

家の中であれば、危険な物が犬の口や手の届くところに無いか。
入って欲しくない場所はゲートなどで制限されているか。
床は滑らないか。
犬の生活エリアの動線はどうなっているか。
などです。

家の外の場合は、玄関から犬が飛び出さないような工夫がされているか。
庭から外に出てしまうような隙間が無いか。
犬が口にして危険な動植物はないか。

そういった内容を、今まで犬を飼ってきた経験や、私の場合はプロの立場からアドバイスをさせていただくわけです。

もちろん、安全を配慮していたにも関わらず不慮の事故というものもあります。
例えば、2階から勝手に階段を下りないようにとゲートを付けておいたら、そのゲートを跳び越えてしまい、階段を落下して骨折したというような場合です。(実話)

助走距離が無いと跳べない犬と、助走距離が無くても跳べる犬、跳び越えなくてもよじ登る犬などもいます。

我が家の初代のハスキー犬は、庭に出していた時逃げ出したことがありました。
ひとりで近所の獣医さんを訪ねて行ったようで、電話があって発覚しました。

木戸も閉まっていたし、逃げられる隙間も無かったのに、どうやって逃げたかわからず、対処方法が見つけられなかったのですが、ある日庭に目をやると、垣根をよじ登っている彼の後姿を目にしました。
慌てて声をかけると、彼はすぐにやめましたが、まさかよじ登っているとは知りませんでした。
現在のアシスタントたちと違い、そんなに活動的な犬では無かったので、予測していなかったからです。
当然、垣根は撤去され、ブロックとスティールパイプを使ったフェンスに取り替えられました。
高さも1メートル50ぐらいはあったと思います。

どんなに気を配ったとしても、いわゆる「想定外」はあり得ますが、出来るだけ「想定外」にならないように、老婆心であったとしても、犬の安全を確保することは重要です。

家族になったばかりの犬たちであればなおさら、その子のことは未知数と言えます。

我が家でも外出時は出窓の窓を閉めていきます。
3階なので、万が一落下したら命の保証はありません。
現時点で日常的に出窓に乗る犬はいませんが、外から気になる物音がしたら見に行かないとも限りません。

「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、用心深くし過ぎて困ることはありませんね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年7月13日 (土)

気質に合わせた対処法

犬の性格や気質が個体によってそれぞれ違うのは人間と同じ。
「犬だから」と十把一絡げにする人はいないと思いますが、そうは言っても、「犬なんだから」とどこかでひとくくりにしていたりしませんか?

例えば、「こんなに愛しているんだから、何をやっても怒らないはず。」なんて思ったりしていませんか?

ハンドラ―と犬との関係性がしっかりと築かれ、犬に信頼されているのであれば、犬は多少のことは我慢しますが、まだ子犬だったㇼ、暮らし始めて数か月の間柄で、どこまで心を許してくれるかは個体によって異なります。

また、多少のことは我慢していても、それ以上は無理ということもあります。

かつて、我が家のアシスタントが生後8ヵ月の頃でしたでしょうか。
いつも行く公園で、いつも可愛がってくれる少年がいました。
少年はいつもアシスタントを見ると傍によって撫でてくれていました。
その時のアシスタントにはさほどストレスを感じているようには見られませんでしたが、ある日少年が抱きついて離してくれなかったとき、「ワン!」と一声吠えました。

202407131

いっぱいいっぱいだったのでしょう。

それからは、抱きつきはご遠慮いただくようにしました。

先代アシスタントが常にウェルカムだったのと比べると、やはり違いがあります。

202407132

それを理解して、個体に合わせた接し方が必要ですね。


さて、今日は若いYさんのプライベートレッスンがありました。
Yさん、私が行くと耳が平行になるくらい大歓迎をしてくれるのですが、なかなか傍に行かないと、「早く来い!」とお怒りになるタイプです。
当然私は落ち着くまで行きません。

落ち着いてから挨拶をしに行くと、やっぱり喜んでスリスリしてくるので、隣に座って「お利口さんね」と声をかけたり、「オスワリ出来る?」と言って、頑張ってくれたらご褒美をあげていました。
私に寄りかかっているので、さりげなく撫でていたら、ブルブルと体を震わせました。
「そろそろやめてね。」のサインなので、離れました。

するとYさんは、ゆっくりくつろいでお昼寝し始めました。

要は犬の機嫌を取るのではなく、犬の嫌がることを無理強いしないこと。

もちろん、一緒に暮らしていれば犬にとって嫌なことをお願いしなければならないときは沢山あります。
それを、少しずつ「大丈夫」にしてあげるためのサポートはとても大事です。
初めから敢えて嫌がることをしないということが、信頼関係を築いて行くためには不可欠ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年7月12日 (金)

犬暮らしは根気が大事

様々なドッグスポーツを楽しむ競技犬との暮らし同様、一般家庭犬としての犬暮らしにおいても、犬に多くのことを伝えなくてはいけないことは同じです。
なぜなら、全てを犬任せには出来ないからです。

家のルールから始まり、やって欲しい行動を教えていくプロセスは、家庭犬も競技犬も同じです。
しいて言えば、競技犬の方が、スキルの部分が多くてちょっと大変なところが違うだけです。

しかしながら、一般家庭犬であっても競技犬であっても、なかなか犬にうまく伝えられずに困っている方が少なくないのが現実です。

「ちゃんと教えたはずなのに。」

これは私も同じように感じることが多々あります。
「これまでちゃんと出来ていたのに、なぜ?」や「ちゃんと教えたはずなのに・・。」

しかし、実際犬がやってくれないということは、犬が出来ないということの証明でもあります。
同時にそれは、犬が出来る状態のメンタルかどうかも合わせて重要になってきます。

たとえば、完璧に犬に伝えてあったとしても、その場の環境によって、犬が平常心でなければ、必ず出来るかどうかわかりません。
他に気を取られていれば出来ないこともあるからです。
それを理解して上で、特に競技犬の場合は、犬のスキルアップだけでなく、メンタル面でのケアが不可欠になるわけです。


反対に、普段から5割程度の出来栄えであれば、それは「出来る」とは言えないので、人間側のサポートがまだ足りていないということです。
つまり、1回や2回お願いしたことをちゃんとやってくれたからと言って、犬がその行動を完璧に理解したわけではないということもわかっていなければいけません。

さらに、犬も人間同様「忘れる」こともあります。
毎日コンスタントに同じことを練習していれば継続的に学習されていくので経験値はあがりますが、なかなか毎日出来る人ばかりではありません。
そのために、「リマインド」や繰り返しの練習が不可欠になるわけです。

愛犬の「オスワリ」をする確率が高いのは、日常的に「オスワリ」をお願いする頻度が高いからです。
当然犬の経験値はあがって、オスワリの学習は進みます。
ハンドラ―(飼い主)が意図していなくても、ちゃんと学習はされているということですね。

さて、昨日犬たちとオビディエンスの練習したのですが、見習いの方向感覚が少々不安定になってしまいました。
右と左の理解。
ちょっと前まで出来ていたのですが。

202407121

まだまだ時間がかかるかもしれませんね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年7月11日 (木)

愛犬は触られるのを喜んでいますか?

「愛犬を撫でていたら急に噛まれた」という事例は少なくありません。
飼い主にとってみれば、「かわいがっているのになぜ?」と言う感じでしょう。

しかし、この場合愛犬が急に機嫌を悪くして噛んだわけではありません。
ではなぜ噛んだのでしょうか。

犬の「噛む」行為自体は嫌なことをされたときの反射的行動です。
そう言われると、飼い主は、「いつも撫でて欲しくて傍に寄ってきます。」とおっしゃいます。

そうです。
犬も撫でて欲しい時もあるので、そういう時は自分から寄ってきます。
っが、途中で「もういいからやめて」と言ったわけです。

そもそも、犬は束縛されることはあまり好きではありません。
その中には、「抱きしめる」や「顔や体を撫でまわされる」というのも入っています。
子犬を捕まえようとしたり、抱きかかえようとすると、手足をバタバタさせてもがく犬は少なくありません。

そういう人間からの接触に対して、好きになるように馴らしてあげたり、あるいは好きではなくても、我慢できる程度にしてあげる人間側のサポートは不可欠です。
なぜなら、犬にとって人間のサイズは大きいので、圧を感じやすいからです。

人間馴れしていない保護犬と暮したことがある方はご存知ですが、初めから人間に親和性を持っている犬ばかりではありません。
人間への親和性は小さいころからの、ブリーダーさんたちのケアがあって初めて人間はいいものだというように刷り込まれていくわけです。
※パピーミルのように、ケージに入れっぱなしで手をかけられていない子犬たちは人に対して親和性を持ちづらいです。

子犬を迎えたら、圧を与えることなく、人間と暮すことが楽しいと犬たちに思ってもらえるようにしていくことが重要です。
これは、何も甘やかすという意味ではありません。
人間と暮すことの楽しさを教えていくだけです。

実は我が家の見習いは前肢を触れるのはあまり好きではありませんが、トリックで「お手・お代わり」を教える過程で、触っているとオヤツがもらえるという下地を作って、とりあえずは触らせてくれるようになりましたが、無理矢理掴もうとすれば手を引っ込めます。

「イヤだな」と感じることを無理強いするのではなく、少しでも「イヤ」ではなくなるようなサポートをすることが大事です。
「イヤ」と言う気持ちからすぐに噛むようにはなりません。
「イヤ」と言う気持ちを、身体を避けたり、唸ってみたりしながらサインを出しているので、無視しないことが重要ですね。

見習いにがドッグダンスのエンディングポーズで「お手」をお願いすると、「ワン!」と言うときがあります。

202407111

頑張ってやってくれたら沢山褒めてあげます。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年7月10日 (水)

なんで愛犬は戻ってこないのか。

かつて、我が家の初代ボーダー・コリー、クリスが若かったころ、毎朝公園のお仲間たちと楽しい時間を過ごさせて頂いていました。
楽しい時間と言うのは、犬同士で遊ぶというより、周りはラブラドールが多かったこともあり、飼い主さんが愛犬にボールを投げて、犬がそれを取りに行くというピストン運動を楽しそうに追いかけていただけです。

私とのボール遊びが終わって、そろそろ帰ろうかと思うと、クリスは他の子たちの遊びにくっついて走って行ってしまい、まったく帰ろうとしませんでした。

そこで、ある日私を無視し続けているクリスから離れて、近くの茂みに隠れて待つことにしました。
しかし、しばらく待っても、クリスはまったく気づきません。
そのうち、お友達も一人帰り、二人帰りと数が少なくなってきたとき、ようやく私の不在に気づきました。

どうするのかとしばらく見ていたら、周りを見回し、それでも見つけられず、ソワソワし始めたので、すかさず名前を呼んで姿を見せたらダッシュで戻ってきました。

以来「帰るわよ~♪」と声をかけると、クリスはすぐに戻ってくるようになりました。

楽しいものを見つけた犬たちは、飼い主がいつも同じ場所にいるとわかると、安心しきって遊びに興じ、飽きるまで戻ってきません。
呼んでも戻ってこない理由のひとつです。

さて、一昨日のワークショップの合間に、林のドッグランで、犬たちが何かに気を取られてついてこなかったので、こっそり木の陰に隠れたところ、しばらくして私の不在に気づいた2頭はそろって数分間フリーズしていました。
探さないのか?と思うほど、2頭共微動だにせず。

待ちくたびれて動いたら、慌ててダッシュで戻ってきました。

そのせいか、今日林のランに入ったら、見習いが私の傍から離れません。

202407101

もちろん、「おりこうさん」と一声かけておきます。

たまには母の存在を気にしてもらわないといけませんね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年7月 9日 (火)

家の中のルール

昨日のワークショップで、講師に開口一番聞かれたのが「家でのルールを決めていますか?」というもの。

出番が最初だったので、全く予期せぬ質問に頭が回らず、「ルール・・、考えて行動してもらうことでしょうか。」と、なんとも漠然とした回答になりました。
というのは、子犬の頃は沢山の制限をかけていても、大人になって家のルールが理解出来てくれば、制限をかけなくても問題となる行動が出なくなってくるからです。
そのため、「考えて行動すること」が我が家のルールかなと思ったのですが、その後の参加者が、細かく家の中のルールについて話しているのを聞いて、改めて家のルールを考えてみることにしました。

・キューが出たらすぐに反応する
・母が寝ているときは起こさない
・階段は私が先に下りて、呼ばれるまで下りてこない
・玄関を出るのは私が先
・帰ってきたら足を拭くまで勝手に上がらない
・食事はクレートの中
・水のボウルが空になったら教える(ボウルを前足で触る)
・アシスタントはベッドに乗ってもいいが見習いはダメ

思い当たるルールはこんなところでしょうか。

一番最初の「キュー」に対する反応は、当然犬がすでに理解しているキューに限りますが、その他の部分はキューが出なくても、犬に自発的にやってもらっていることです。
つまり、キューが無くても、学習したことを習慣としてやっていることです。

もちろん犬が迷ったときはサポートします。

家の中で出来ないことは外でも出来ません。
それは子供と一緒です。
人間は外面と内面があるように、その場の状況に合わせて行動を変えることは出来ますが、犬は出来ません。
相手次第で行動を変えることはある程度できますが、様々なシチュエーションごとに変えることは難しいものです。
そのために「般化」と言う作業が別に必要になります。

つまり、ある程度、きちんとルールを教えておくことが重要ということです。

しかし、ひとつここで覚えておかなければいけないのは、制限が緩和されたことで、犬がメンタル面で自分の立場を勘違いしてしまうことです。
家の中でフリーになる時間が増えたとしても、家の管理者は人間であって、犬ではないということは日々伝えていかなければいけません。
なぜなら、犬にすべてを任せるといろいろ余計な行動を取るようになることもあるからです。
リソースガーディングもそのひとつです。

愛犬との快適な暮らしのためには、ひとつの行動だけに目を向けるのではなく、広い視野でチェックすることが大事ですね。

202407091
昨日のお出かけで疲れたシニアのアシスタント。
ソファで寝ても、ハウスで寝てもかまいません。
こちらがハウスに入るようお願いすれば、すぐに入ってくれるからです。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年7月 8日 (月)

ワークショップに参加してきました。

今日はワンダフルステップさん主催のワークショップに参加してきました。
お題は「犬との関係性を深める」。
講師はJKC公認訓練士でもあり、JKCアジリティ公認審査員の須山雄次氏。

個人的にはアジリティに足を踏み入れたことはありません。
理由は自分が走れないから。
何とも情けない話ですが、よくこけるので、アジリティの世界は未知の世界。

そんな世界の方のお話が聴けるのはとてもありがたいので、今回は楽しみに参加しました。

結果、客観的に観ていただかなければ気づかないことなどご指摘いただき、今後の課題が少し見えてきました。

202407081

202407082

ドッグスポーツのカテゴリーは違っても、ドッグトレーニングの基本は同じ。

さらに、先日海外のドッグトレーニング関連グループの投稿に、「正の強化」を使ったドッグトレーニングは「古典的な強制訓練」に劣ると言われたという書き込みがあったので、少々モヤモヤしていたのですが、今日はそういうお話もあって、今までやってきたことは間違っていなかったと改めて思いました。

ドッグトレーニングは奥が深いですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

«音響シャイについて