2021年9月23日 (木)

ドッグトレーニング:環境刺激に馴らす

今日はドッグダンスの練習会に参加させていただきました。

本番と同じようなリンク設定でリンクインし、ルーティン(演技)の練習をするというもの。

持ち時間18分の中で、どんな練習をしてもいいので、それぞれのペアの課題に合わせた練習ができます。
我が家の見習いVincentとの課題は、見習いを緊張させないこと。

どんな競技であっても、全く緊張しないハンドラーは少ないと思います。
競技自体を楽しんでいる某メジャーリーガーを見ていると、非常にうらやましいと感じます。
人間だけの作業であれば、自分の失敗とあきらめることは出来ますが、犬との協働作業においては、人間と犬それぞれがいつも通りに動けていないと当然結果はついてきませんし、それ以前に楽しめません。

我が家の問題は、ハンドラーが多少緊張気味ということもありますが、見習いの方もまさにその緊張を反映して、競技リンクに入ると頭がいっぱいになり、私に「ヘルプ!」と言いに来ることです。

そこで今日の練習会では、リンクインをいかに楽しくするか。

リンクイン後の気持ちをリラックスさせるために、いろいろ工夫しながら何度も繰り返して練習してみました。
もちろんその間、一切ネガティブなことは言いません。

202109231

当然、何度も何度も、リンクインのみの練習となったため、一曲通して踊れたのはたった一度でした。

それでも、前回のファンマッチでハンドラーが間違えたキューを間違えなかったことで、エンディングポーズはバッチリ(?)決まりました。

202109232

ドッグダンスだけでなく、オビディエンスの競技リンクも苦手な見習い。
環境刺激に弱いと言ってしまえばそれまでですが、強くなるためには本番に近い環境の中での練習も欠かせません。

環境刺激に関しては、競技犬だけの問題ではありません。
例えば愛犬とカフェにお出かけしようと思ったら、最初から、他の犬が間近にいるカフェに飛び込むのではなく、公園のベンチに座ってテイクアウトのコーヒーを飲んだり、スイーツを食べたりしているときに、愛犬を足元に敷いたカフェマットにフセさせ、視界に犬が入っても落ち着けたら褒めるという練習をするのも有効ですよ。
もちろん、ご自分が食べているスイーツはねだらせないことも大事ですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月22日 (水)

ドッグトレーニング:「出来る」を確実にするには

パピーレッスンは、伺う度に子犬たちの成長見られて楽しいものです。
体だけでなく、頭も成長して、人の話が通じるようになってきて、いわゆる「犬らしく」なってきたのを実感します。

しかし、あくまでも子犬は子犬。
人間でいえば、子犬は幼児と同じなので、日々の成長は目まぐるしくても、出来たことがいつでも必ず出来るわけではないということを時々忘れてしまわれる飼い主さんがいらっしゃいます。

例えばトイレ。
今日は100パーセントトイレシートで失敗することなく出来たとしても、明日出来るとは限りません。
なぜなら、まだ習慣になっていないからです。
また、精神面でもまだ大人になっていないので、なんらかの刺激があれば、トイレに行くという行動に集中できなくて、失敗してしまうこともあります。

ギリギリまで遊んでしまい、トイレに行きたくなった時は間に合わなかったなど、よくある話です。

いずれにしても、「完璧!」と言えるようになるには、環境や状況が変わっても、トイレのタイミングになったら、トイレの場所に行き、トイレが出来るようになることです。

「オスワリ」という行動も同様です。
いつも、向かい合わせで目を合わせて「オスワリ」が出来たからと言って、それはまだまだ中間地点です。
ハンドラーが椅子に座っているとき「オスワリ」と言ってできるかどうか、ハンドラーが5メートルぐらい離れていても「オスワリ」ができるかどうか、あるいは、周りに子供が走り回っていたり、ボールが転がってきても「オスワリ」が出来るのか、さらには、犬がそばで遊んでいても「オスワリ」が出来るのか。

つまり、様々な状況下にあっても、「オスワリ」というキューを聞いたら、腰を下ろすという行動がすぐとれるかどうかが判断基準となります。

こんなことを書くと、「そんな難しいこと出来ません。」と言われそうです。
確かに周りで犬が走り回っているとき、オスワリをさせる必要はないかもしれません。
しかし、もしドッグランなどで、犬同士のトラブルがあった時、ついつい江戸っ子気質でトラブルの中に飛び込んで行ってしまいそうな犬は、ハンドラーの傍で座っていることをお願いした方が、愛犬の安全は確保しやすくなるでしょう。

また、もし出来ないとわかっていたら、敢えて難しい環境でオスワリをさせようとして、出来なかった経験を増やしていくのではなく、出来る環境での「オスワリ」の経験を増やして少しずつハードルをあげえいくことが学習の早道です。

何度も声掛けして出来ない場合は、その環境ではまだ難しいと考え、一度ハードルを下げて成功体験を増やしながら、少しずつ環境の難度をあげたところで出来るようにしていく方法を取ると、完璧に近づくことが出来ます。

例え競技に出ないとしても、「オスワリが出来る」と信じていたら、家以外では出来なかったというレベルでは、家庭犬であっても「出来る」とは言えないので、少しずつ「出来る」が増えるようにサポートしてあげたいですね。

それは、単に犬の芸を増やしていくことではなく、犬が自信を持って行動できることを増やすことで、ハンドラーとのコミュニケーションを増やして信頼関係を築く基盤にもなっていきます。
さらに、犬の安全確保にも役立つので、愛犬とのコミュニケーションをどんどん増やしていきましょう。

202109221

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月21日 (火)

火曜ドッグダンス定期レッスン

今日は世田谷でドッグダンスのグループレッスンでした。

先月から前進の遠隔練習を始めました。
つまり、犬だけ前に送り出して、こちらのキューで止まり、前を向いて立っていてもらうという作業です。

オビディエンスの前進は振り返りますが、ドッグダンスではハンドラーとアイコンタクトを取らない方が難度が高くなることもあり、前を向いたままの状態で止まってもらうムーヴがよく使われます。

振り向かないことを少しずつ理解してきたら、今度はその状態を持続していきます。

202109211

どんなムーブ(作業)であっても、一瞬芸ではなく、持続することはドッグトレーニングの基礎としても重要なことです。
例えば「オスワリ」ひとつ取っても、「オスワリ」と言われて犬が腰をおろし、次の瞬間立ち上がってしまっていてはオスワリをしてもらう意味がありませんね。

動作として教えるときは、その行動が出来たらすぐに褒めますが、その状態を維持することも次のステップとしては教えてあげないと犬はわかりません。

ということで、前を向いて立っている状態も持続を教えていきます。

遠隔で出来るようになるまでは、まだまだ時間がかかりますが、ひとつひとつ、ステップを飛ばさないで教えていくことが大切ですね。

火曜ドッグダンスクラス(第1・第3火曜日14:45~世田谷池尻)は現在欠員(1名)募集中です。
参加レベル等、詳細はwanbywan.comのお問合せフォームよりお問合せ下さい。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月20日 (月)

パピーレッスン:お散歩は楽しく。

今日は生後4か月半のパピーさんのお散歩レッスン
4か月半とは言え、体重は17キロ。
お散歩も上手にリード出来ないと、振り回されてしまいます。

まず、どうやって歩いて欲しいのか、少しずつ伝えていきます。

はじめは、家の中では取れる集中を、外でも取れるように強化していきます。

202109203

エントランスの前で顔を見てくれたら褒めます。

202109204

そして横についてのオスワリ。

202109201

出来たらすかさず褒めます。

彼はおうちの中でも沢山強化していたせいか、意外と落ち着いて座ってくれます。
跳びつき防止にもなり好評です。

ハーネスやリードは大分馴れていますが、落ち葉が気になったり、歩いている人にふらっと寄っていきそうになったり、急に動かなくなったりと、子犬にありがちな行動も沢山とってくれるので、放っておくわけには行きません。

変なところに顔を突っ込みそうになったら、名前を呼びながら「おいで」で呼び戻し。
戻って来られたら沢山褒めます。

知らない人に寄っていきそうなときも同様。
大型犬はびっくりされるので、むやみに寄らないよう、なるべくハンドラーの横をついて歩く練習。

トボトボ歩いているだけでは、退屈でいろいろな物を探してしまうので、時折ペースを変えて刺激になるようにします。

お腹も刺激されて、排泄も出来ました。

わずか15分程度のお散歩でしたが、一回りしてきただけでも十分お疲れになったようです。

202109202

けれども、お散歩の途中で一度も叱られることはありませんでした。

お散歩は楽しい方が絶対いいですよね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月19日 (日)

WCRLラリーオビディエンストライアル開催しました。

WanByWanイベント最終日はラリーオビディエンストライアルでした。

今回は10回目となるWanByWan主催のラリーオビディエンストライアル。
初めてご参加のチームもいらっしゃいました。

レベル1はリードを装着して行いますが、リードさばきもなかなか難しいものです。
当然、リードを着けないレベル2や3はさらに課題の内容が難しくなりますが、基本的なことがちゃんと伝えてあれば、個々の課題の動きを練習することで、出来るようになります。

初参加は人も犬も緊張しますが、回を重ねるごとに、どのペアも確実に進化しているのを実感しています。

また、途中でご褒美のトリーツをあげたり、言葉でも褒めてあげられるのがラリーオビディエンスです。
一度トライしてみませんか?

今回も見習いVincentはレベル1Aと2Aに参加。
レベル2Aでは、少し緊張したのか、また声が出てしまいました。
それでも、3か月前のトライアルと比べると、ちょっと落ち着いたような気がしないでもありません。

202109191

一方、アシスタントの方は前回に引き続きレベル3Bのみに参加。
途中で苦手なハードルがあったのですが、落ち着いて作業をしてくれたので、210点満点を取ることができました。

202109192

若いころにちゃんと教えたことは忘れない。

これは、前日のリハーサルショウで、15歳になる参加犬が、全盲になってもきちんとハンドラーのキューを聞いて作業する様子を見て改めて感じたことです。

歳を重ねて行っても、楽しくトレーニングを継続することで、犬たちの脳はちゃんと活性化されているので、シニアになってもトレーニングは続けて欲しいですね。

ラリーオビディエンスのレッスン、参加者募集中です。
場所は横浜になります。
WanByWan.comのお問合せフォームからお気軽にお問合せ下さい。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月18日 (土)

ドッグダンスリハーサルショウ無事開催しました。

3 Daysイベント2日目はドッグダンスのリハーサルショウでした。
リハーサルショウは、コンペに出る前のリハーサルとしてご利用いただいたり、コンペは難しいけれど、トリーツを使って褒めながら踊りたい方を対象に開催しています。

今回は台風の接近という思いもよらない状況に見舞われましたが、みなさま無事においでくださり、開催することが出来ました。
最前列でみなさまのパフォーマンスを拝見出来て、ほんとうにうれしい限りでした。

202109182

さらに、見習いVincentと初めて主催のリハーサルショウで踊りました。
と言っても見習いには今調整しなければいけない課題があったので、最後まで踊り切ることは出来ませんでしたが、リンク馴れという部分ではよい機会になりました。

202109183

本番(競技など)でいつも通りのパフォーマンスが出来るペアはそう多くはありません。
なぜなら、犬が様々な環境刺激に左右されてしまうこともあるからです。

平常心でいることは人間もなかなか難しいものです。
回を重ねながら、少しずついつも通りのパフォーマンスが出来るようにサポートしていきたいですね。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

イベント最終日の明日はWCRL規定ラリーオビディエンストライアルです。

-------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
--------------------------------

| | コメント (0)

2021年9月17日 (金)

ドッグダンスワークショップ開催しました。

今日は3Daysイベント初日、ドッグダンスのワークショップでした。
今回の参加者は経験者やトレーナーなど、ドッグダンスの経験者も多く、ご参加前にワークショップの希望課題などをお伺いしました。

課題は3つ
◆単独バックステップの精度をあげる。
◆遠隔サイドステップの基礎づくり。
◆送り出し(前進)の基礎づくり。

これらの課題に合わせ、今回はHomecare For Animals代表の菅沼礼子氏とWanByWanの三井のコラボで対応させていただきました。

そもそもドッグダンスのベースはオビディエンス(服従訓練)ですが、単独バックステップや遠隔サイドステップなどは、さらにレベルアップした課題です。
また、送り出しも服従訓練のそれとは違い、犬は前進後前を向いていなければいけません。

どの課題もかなりハードルが高いものでしたが、皆様精度をあげるための基礎づくりに真摯に取り組んでくださいました。

最後は日々のトレーニングで疑問に思っていらっしゃるところや、お困りの点などの質問に対しても、アドバイスさせていただきました。

長い時間、お疲れさまでした。

202109181

-------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
--------------------------------

| | コメント (0)

2021年9月16日 (木)

ドッグトレーニングのメリットとは。

犬のトレーニングを依頼する飼い主さんの目標はそれぞれです。
競技会(ドッグスポーツ)に出たいと思う人から、お散歩が楽しく出来るようになりたい人などいろいろです。
しかし、必要性を感じるからこそプロに依頼しています。

一方トレーニングを必要としていない人は、ご自身できちんとコントロールできる人から、犬はこういうものだからと、あえて犬と話が通じなくてもあまり気にしない人までこれまた様々です。
よく言えば、犬のありのままの姿を受け入れるタイプの人です。

しかし、犬は人との作業を楽しむ動物です。
犬とコミュニケーションを取ることを犬も楽しんでいます。

以前、庭で走り回っていればいい運動になるだろうとボーダー・コリーを放任していたら、ボーダー・コリーは庭から見える、人、車、自転車、犬を追いかけて吠えることを趣味にしてしまい、最後はうるさいからと飼い主から放棄されました。

何がその犬にとって必要なのか、どうやったらもっとコミュニケーションが取れるようになるのか。
ドッグトレーニングをやってみると新たな発見があるかもしれませんよ。

呼んだら戻ってきてくれる犬。
待っててねと言われたら、ちゃんと待てる犬。
おうちの中だけでなく、どこでもできるようになると、さらに頼れる相棒になってくれるに違いありません。

たとえ競技会に出なくても、基本のトレーニングを理解している犬は、人の話をちゃんと聴ける犬に育つはずです。

ウチの子は出来なくて当然。
ではなく、出来るようにサポートしてあげませんか。

明日からのイベントで前乗り、天気が心配です。
ご参加のみなさまは気をつけておいでください。

20210916

-------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
--------------------------------

| | コメント (0)

2021年9月15日 (水)

太りやすい犬種?

今日のチワワさんのレッスンで、トリーツを貸していただいたところ、なんとも小さい。
確かに、小型犬の場合大きなトリーツをあげてしまうと、食べることの時間が取られてしまい、何のご褒美だったかわからなくなってしまうことがあります。
さっと口に入れて、すぐに飲み込んでくれると、続けて行動を強化しやすくなるので、ドッグトレーニングにおいてはトリーツの大きさも重要になってきます。

飼い主さんは、チワワさんが太ってはいけないので、トリーツの大きさや量もよく考えていらっしゃるようです。

確かに、トリーツをあげすぎてしまうと、当然一日の適正食事量をオーバーしてしまい、結果ウェイトオーバーしてしまう可能性は高くなります。
そこで、子犬の場合は、一日の食事量からトリーツとして与える分を分けておくと、全体量を増やすことなく、適正体重を維持しやすくなります。

先日、別の犬種のパピーさんのレッスンに伺ったとき、飼い主さんがブリーダーさんに、「この犬種は太りやすい犬種」と言われたそうです。

太りやすい犬種?

適正量の食事と、適正な運動量があれば、おそらくどんな犬種であっても、太り過ぎを防ぐことはできるのではないでしょうか。

確かに、避妊や去勢といった施術後に太りやすくなることがあります。
ホルモンのバランスが変わったり、基礎代謝量が減ったりすることで、施術前と同じ量の食餌量を与えていると、当然のことながら消費量が少ないので、ウェイトオーバーしてしまうからです。

太りやすい犬種ではなく、太らせてしまうのは人間側の問題とも言えるでしょう。

「かわいいからオヤツをあげる。」
「欲しがるからあげる。」

あげるのは構いませんが、多めに上げたときはご飯を減らしたり、あるいはちょっと運動量を増やすといった工夫も必要ですね。

ちなみに、我が家のアシスタント、ちょっと運動量が減って、ちょっとオヤツが増えたとき、ウェイトオーバーしたことがあります。
お腹にくびれがなくなり、走っていても重そうで、板障害を跳び越えるときにお腹をぶつけてしまいました。
ちゃんと管理してあげなかったこちらの責任です。

体が重いと、人間も動きづらくなるもの。
体重管理、大事ですね。

こちらの方は、ちょっと増やしても太ることはありません。
202109151

その代わり、量が増えるとお腹がゆるくなります。
ちゃんとコントロールしないといけないですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月14日 (火)

ドッグトレーニング:強化の頻度がポイント

人間もそうですが、たまにしかやらないことはなかなか身につきません。
例えばテニスのレッスン。
月に一回通う程度では、前半は前回の復習で終わってしまい、なかなか上達できませんが、週に2~3回通えば、1~2か月で軽い試合(遊び)が出来るようになります。
もちろん、体力作りは別ですが。

犬に新しい行動を教える場合や、今までの行動を変えようとする場合、強化(褒める)頻度が少なければなかなか行動は身につきません。

そこで、強化頻度があがるように、環境を作ることも必要となってきます。

今日のレッスンのLさんは若い女の子。
パピーの頃からのレッスンで、お散歩も上手に出来ていますが、よその犬と遭遇すると、つい警戒吠えが出てしまいます。
お友達になれば問題ありませんが、道で会う犬全てと友達になるわけにもいかないので、基本気にしないで歩けるようになることが目標。

先日ご自宅の界隈でお散歩レッスンを行ったところ、涼しくて天気もいいのに、一頭の犬にも遭遇できなかったので、今日は公園でレッスン。

大きな公園内では、さすがに犬との遭遇回数も増えます。

その都度、好ましい行動を強化し続けていくことで、少しずつ吠えることが彼女にとってあまり重要ではなくなってきました。
今回はLさんの大好きなアシスタントを同伴していたことで、気持ちが少しアシスタントに向いていたことも役に立ったようです。

ドッグランの横を歩いたり、よその犬が視線にはいったり、すれ違ったりというシチュエーションが何度も繰り返されましたが、大きな興奮は一度だけで、やり過ごすことが出来ました。

最後は、「マテ」の練習。
最初は周りばかり気になって、待てなかったLさんですが、最後は落ち着いて飼い主さんにフォーカス。

202109141

成功体験を沢山重ねて欲しいですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

«その報酬、行動とみあってますか?