2020年10月23日 (金)

犬はなんでいたずらするの?

ドッグトレーニングのご依頼の際、問題行動として愛犬のいたずらが上位にランキングすることはあまりありませんが、ご自宅にお伺いすると「実は・・。」と出てくることがよくあります。

洗濯かごから靴下などを持ち出して遊んでいるとか、壁や床を噛むとか、靴を噛むとか、ゴミ箱を漁るなどなど色々出てきます。

犬は何でいたずらをするのでしょう。
大きく分けると理由はふたつ。
1.
退屈しているから。
2.飼い主さんの注意を惹きたいから。


どうでしょう。
思い当たることはありませんか?

好奇心旺盛な犬たちにとって、たいくつは最大の敵。
そのためには、十分な運動や脳への刺激が欠かせません。
体や頭を使った犬はぐっすり寝てくれます。

身体的な疲労はすぐにチャージされてしまうことが多いですが、頭を使うともっと疲れてくれるものです。
満足した犬はいたずらにまで気は回らなくなります。

また、群れの生活に馴れている犬たちにとって一人でいることは結構辛いものです。
そこで、飼い主さんにかまって欲しい犬たちは、自分の気持ちをアピールするために、飼い主さんの周りを跳びまわったり、足に噛みついたりしながら自分に注意を向けようとします。

それでもうまくいかなかったとき、退屈した犬たちは自分でゲームを作り出そうとしますが、そのゲームが人間にとって都合が悪いとき、人間はそれに対してリアクションするので、犬は教えたわけでもないのに、いたずらをするとかまってくれると学習していくのです。

今日プライベートレッスンでお伺いしたLさん。
まだまだお子様のお嬢様。
私が伺うと、コロナ禍で人との接触が少ないこともあり、大歓迎してくれます。

レッスンの合間、飼い主様とお話をしていると、早速始まりました。
コルクマットの端っこをはがすゲームです。

お気に入りのおもちゃは床に落ちているので、遊ぼうと思えば十分遊べるのに、今は一人遊びの気分ではないようです。

普段飼い主さんはいたずらを見ておもちゃを投げてあげたり、「やめてね。」と声掛けをしたりされるそうです。

そこで今日はちょっと知らん顔していただくようお願いしました。
L
さんは、端っこに噛みついてピリピリはがしながらちらちらこちらを見ています。
それでも、気にせずお話をつづけていたところ、

202010231

なんと寝てしまいました。

L
さんがいたずらしようと画策しているときは、遊んで欲しい時。
それがわかっていれば、その兆しを見せたときはこちらから声をかけて遊んであげれば満足させてあげることができるのです。

知らないうちに犬のペースにのせられてしまうと、犬にとって思い通りにいかないときにストレスを感じさせてしまいます。

犬との関わりの中でもネゴシエーションは必要です。
お互いがストレスにならないよう、うまく付き合っていきたいですね。

※もともと犬がいたずらすると危険な物(ごみ箱やケーブルなど)は犬の口は手の届かないところに置いておきましょう。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

ドッグダンス:練習量とプラスアルファ

今日はアシスタントのニコルとドッグダンスの練習会に参加してきました。

ほぼ春と秋に開催されるドッグダンスの発表会や競技会。
今年の春はコロナの影響でほとんどの競技会が中止となりましたが、今秋は少しずつ競技会がスタートしており、本格的なシーズンに入ってきました。

アシスタントと踊っている現在のルーティンは昨年の秋から作り始めましたが、春の開催がなかったこともあり、一年以上練習していることになります。
とは言っても、なかなか本番に近い練習が出来ず、今回機会があって二度目の参加。

練習での成功率が低いものは当然本番でできないので、本番と同じリンクを使っての自主練しながら確認しました。

202010221

課題が明白になって、今後のプランが立てやすくなりました。
他の参加者もそれぞれの課題をクリアするために、様々なプランを考えて参加されています。

どんなスポーツも同じですが、練習量は不可欠です。
同時に、場所(環境)に馴れることも大事。

今日は会場の傍で自衛隊の演習が行われていたこともあり、音に敏感な犬たちにとって厳しい環境になったペアもいました。
犬たちの状況をよく観察しながらサポートしてあげられるといいですね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

ドッグダンス:素早くきれいに回るには

今日は午後からプライベートグループレッスンでした。
それぞれの課題に合わせて、ドッグダンスのトリックやムーヴの練習。

遠隔の動きにはターゲットを使いながら、犬にわかりやすく伝えていきます。

さて、後半はルーティンの中に組み込むムーヴの練習。
簡単に言うと、離れたところにある物の周りを回ってくるというもの。

 

まわってくるという動きは理解できているのですが、どうも大回りになってしまい、途中で気がそれそうになっています。

遠隔作業になるとハンドラーから離れるために自分の周囲が気になってしまうということと、回転系の動き自体が周りの景色が目に入ってきやすいので、気がそれやすいという理由があります。

そこで、遠隔で練習する前に、まずは目の前のオブジェクトを回る練習から始めることに。

ここでポイントとなるのが、なるべくオブジェクトの周りを小さく回ってくるということ。
この場合オビディエンスではないので、体に負担になりそうなほどスピードを上げる必要はありません。回ったらハンドラーを目指してまっすぐ帰ってきて欲しいと伝えるだけです。

 

そこで、オブジェクトの回り方を誘導で教えた後、回った後にスピードがあがるような環境を作ること。

少し練習しただけで、Rさん、きれいに回れるようになってきました。

202010211

あとは、その動きが習慣になるように練習するだけですね。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

ドッグダンス:理解できるまで丁寧に

今日はドッグダンスの定期グループレッスンでした。

ルーティンの構成が大分出来上がって、個々のパーツの精度を上げているペアたち。

バックアラウンドがルアーがなくても回れるようになってきたGさん。

202010201

単独バックステップをまっすぐ下がれるように、ターゲットマットを使いながら練習するNさん。

202010203

フロントポジションからハーフターンでセンターに移動することを学習中のBさん。

202010202

初めはルアーで動き方を教えてあげても、だんだんとルアーをはずし、ハンドシグナルもはずし、最終的にんは言葉のキューだけで動けるようになるためには、パートナーにわかりやすく動きを教えてあげなければいけません。
自信をもって動けるようになるまでサポートするとともに、ある程度までわかってきたら、自分で考えて回答を出す力もつけてあげましょう。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

ドッグダンス:新しい動きと知っている動きを合わせる。

等々力DogLifeDesignさんでのプライベートレッスンはドッグダンス。
L
さんにオブジェクトを回ってくるという動きを初めて教えてあげることになりました。

L
さんは、ヒールポジションやヒールウォーク、ハンドラーの周りを回るアラウンドなど多くのことをすでに学習していますので、今回遠隔の動きを加えることにしました。

まずはヒールポジションからLさんを送り出し、目の前にあるオブジェクト(この場合CDデッキ)の周りを回って戻って来るという動きを教えてあげます。

最初はトリーツで動きを誘導してあげますが、慣れてきたらハンドシグナルに移行していきます。

202010192

L
さんは、アラウンドと左のヒールポジションを理解しているので、まわったあとで、「おいで」と声をかけ、「アラウンド」や「ツイテ」とキューを出してあげることで、自信を持って動いてくれるので、学習速度もアップします。

202010193

初めての動きとすでに理解している動きを合わせることで、一発芸的なトリックが少しずつ繋がったシークエンスになって、ドッグダンスに近づいて行きます。

13
歳のLさんも、日々進化しています。
出来ることを少しずつ増やしていってあげましょう。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

オンラインコース11月期生募集中!

コロナ禍から始まったオンラインレッスンですが、「ドッグトレーニングの基礎見直しコース」と「ドッグダンスのベーシックコース」で2期生(112日スタート)を募集しています。

202010191

レッスンはFacebookのグループを使って行います。

基礎見直しコースでは、ヒールポジションの教え方から、犬へのキュー出し、遠隔作業への導入など、ドッグスポーツの基礎となる部分に特化した内容を、ドッグダンスのベーシックコースでは、基本がある程度わかっている方を対象に、ドッグダンスに必要なポジションや、後肢の使い方やバックステップなどの動きを学んでいただきます。

 

各課題はご都合のいい時間におうちで取り組んでいただき、できたら練習状況を投稿していただき、拝見したものにアドバイスさせていただくというものです。

遠隔地で対面レッスンが難しい方や、外出を自粛されていらっしゃる方は是非トライしてみてくださいね。

オンラインコースの詳細はこちらから👇
http://wanbywan.com/lesson.htm#onlinecourse

お問合せ・お申込みは下記より
info@wanbywan.com

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

犬はいつまで学べるの?

夕方仕事の帰りに犬たちの息抜きにと公園に寄ったところ、ちょうどサッカーの練習をしている少年たちと遭遇しました。

見習いのオビの練習をしていたら、珍しそうに傍に寄ってきた少年たち。
見習いの脚の速さに驚きながら、50メートル何秒か?とか、アシスタントも速いのかとか、歳はいくつだ?とか興味津々で尋ねてきました。
さらに、犬たちを訓練するのにどれくらい時間がかかるのかということも。

そこで、基本のトレーニングには1年ぐらいかかるけど、犬たちはいくつものことを教えているので、毎日トレーニングはしているというと、歳を取った犬も覚えられるのか?という質問が。

歳をとっても新しいことはちゃんと覚えられるし、毎日繰り返し練習すれば忘れないという話もしました。


普段散歩で歩いている犬たちを見ているだけでは、犬の訓練がどんなものかわからないので、少年たちはとても興味深そうに聞いてきました。
興味をもってくれたことはとても嬉しいことです。

202010182

実はこの少年たち、今までに何度か遭遇していますが、そのうちの一人が、「小さい犬がいないね。」と。
初め何を言っているのか気づきませんでしたが、Nちゃんを連れているときにもかわいがってくれた少年だったようです。

202010183

子供たちにも愛想よくしてくれたNちゃん、アシスタント同様、人間大好きな犬に育ってくれることでしょう。


今日のレッスンではシニアのLさんが、遠隔の動作に挑戦。

202010181

バックステップが大分安定してきたので、遠隔作業と繋げようとしているのですが、行動を追加すると、どうしてもハンドラーの傍に戻ってこようとしてしまいます。
それも、ターゲットマットを使いながら、少しずつ距離を変えて練習していくと、ちゃんと学習してくれます。
要は日々楽しく繰り返していくことですね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

ラリオビ体験セミナー

今日はドッグダンスの生徒さんを対象にしたラリオビセミナー&体験会でした。

202010171
photo by B-mom

今回初めてラリーオビディエンスを体験される方や経験者も含めて行いましたが、普段からドッグダンスというスポーツを通してハンドラーさんとのコミュニケーションが出来ている犬たちなので、新しい環境下で多少刺激に気を散らされるものの、基本的にはとてもよく集中していました。

強いて言えば、ハンドラーが慣れていないために、パートナーへのキューが遅れてしまったり、わかりづらかったことで、犬の動きが止まってしまったり、気をそらしてしまったことでしょうか。。
ということは、ハンドラーが落ち着いて対処できれば、犬はきちんと作業出来るということですね。

ラリーオビディエンスは課目の作業中にも犬を褒めることができるので、コミュニケーションが取りやすいオビディエンス競技です。
ただ、人間がいっぱいいっぱいになると犬を褒める余裕が無くなりますので、人間がまず慣れることが大事ですね。

ラリーオビディエンスのコース練習会などは不定期に行っていますので、ご希望の方はお問合せください。

久しぶりにアシスタントもレベル2の練習をやってみました。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

ドッグトレーニング:犬に身体の使い方を体得してもらう

どんなスポーツも、初めはきちんと習わないとうまくできないものです。
もちろん生来の感性で素質を持っている人はいますが、初めてテニスラケットを握ったからと言って、ガットにボールをあてることは出来ても、狙った場所に打ち返すことは難しいものです。

犬もある意味同様です。
俊敏な動物だからと言って、素早く走れたり、上手に曲がれるわけではありません。
野生動物は親が子供にいろいろな機会(試練)を与えて、体の使い方を体得させていきますが、家畜化された犬たちにとって、どう体を使うかを教えるのはある意味人間のお仕事かもしれません。

同じ種だからと言って、どの犬も同じ体の使い方をするわけではありません。
脚の長さや、胴の長さ、体重の違いなどによって、歩様一つも変わってきます。

例えば、大型犬の場合、側対歩で歩く犬がいます。
側対歩とは、左右の同じ側の脚が同時に動くことです。
右前肢が前に出るときに、右後肢も前に出るというものです。
側対歩の良し悪しは別として、これは誰が教えたわけでもなく、犬が自然にやっていることです。

つまり、歩き方ひとつとっても、それぞれ個性がある犬たちに、例えばアジリティ(障害物競技)を教えようとすれば、上手にバーを跳び越える方法を教えてあげることが必要になります。
犬だから、当然バーぐらい跳び越えるだろうと思ったら大間違いです。

いろいろな体の使い方を覚えるためには、いろいろな経験(体験)が必要になります。
放っておいて勝手に出来るものもあれば、人間がサポートすることで、効率のいい動き方を教えることもできます。

前置きが長くなりましたが、オビディエンスの競技では、走っている犬に止まってもらったり、伏せてもらったりという課目もあります。
当然のことながら、惰性がつくこともあり、走っている犬に止まることを指示しても、瞬時に止まることは出来ませんし、犬も別に瞬時に止まらなくていいだろうと思っていたりすると、キューを出してからズルズルと進んで1メートル以上動いてしまったなんてこともあります。

日常生活での危険回避も含め、お願いしたことを瞬時にやることを犬に教えるだけでなく、止まり方も教えてあげる必要が出てくるわけです。

というわけで、先日は見習いと「止まる練習」をしました。

基本的にリードで引っ張ったりすることはしないので、犬が止まりたくなる状況や、止まらなくてはならない状況を作りながら練習していきます。
繰り返すことで体の動きが馴れてくると、キューに対する反応(動作)も速くなってきます。

競技においては常歩行進中の作業(停座・伏臥・立止)もありますが、スピードが出ていないからといって、これらも犬が瞬時に反応してくれるとは限りません。
口ではなかなか伝えられない体の動きは、実際に犬が自分で体得するのをサポートしてあげることが必要ですね。

この時の練習は大好きなおもちゃを使っての練習。

202010161


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

Nさん、無事海を渡りました。

10日ほど前、パピー合宿を終え、オーナーさんの待つ国に飛ぶはずが、書類のトラブルで1週間伸びてしまったNさん。
今朝、無事にシンガポールの空港に着いたとご連絡を頂きました。

あれからどうなったのだろうと、生徒さんにもご心配を頂いていましたが、今日ようやく嬉しい便りが届きました。

その後オーナー様から何枚か写真を送って頂き、すっかりおうちでくつろぎ、お嬢様を満喫している様子が伺えました。

202010152

N
さんとの出会いはメールでの問い合わせからで、全く面識のない海外の方でしたが、日本で間に入ってくださった方のご協力もあり、我が家での1か月半の合宿も無事終えることが出来ました。

わが家ではスペース上、アシスタントや見習いと同じ部屋での滞在となるため、基本的に一般のお預かりはしていません。
犬たちにとって面識がある生徒さんや友人に限定していますが、今回は子犬ということでお預かりさせていただきました。
それでも初対面だった見習いが馴れてくれるまでには10日間もかかってしまいました。

小型犬はどちらかというと愛玩犬といわれるタイプの犬種が多いため、ついつい過剰に抱っこしたり、手を貸したりと、過保護になりやすいものですが、我が家においては、身体的に無理と思われる場面以外はほぼ自力で歩いてもらい、アシスタントたちとも一緒に走り回ってもらうという結構ハードな時間を過ごしてもらいました。
なぜなら、オーナー様にはすでにシニアの先住犬がいて、その子に手がかかることもわかっていたからです。

オーナー様のところに行って、こんなはずじゃないと思われないように、至ってシンプルに接してきたので、恐らく新しいおうちでは天国のような生活を満喫しているに違いありません。

10
日間見ないうちに、毛も大分伸びて、ちょっとレディのようになったNさん。

わが家にいたころと比べると、かなり大人びて見えます。
小型犬の成長は速いですね。

202010151

先住犬とも上手に距離を取って、お行儀よくしているそうです。
時折ボーダー・コリーっぽい行動が見られるとか。
多分、本人はミニチュアボーダーだと思っているに違いありません。

必要なキューは英語で教えましたが、日常会話はどうしても日本語だった我が家の環境。
賢いNさんのことですから、きっとすぐに慣れてうまくやっていけるでしょう。
届く便りが楽しみです。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

«ドッグトレーニング:犬に「やだっ!」と言われたら。