2022年1月24日 (月)

ドッグトレーニング:クレート待機練習

ドッグスポーツや競技に出る場合、自分の出番が来るまでは当然待たなければいけません。
ドッグスポーツによっては、犬の興奮を高めるタイプのものもあります。
フライボールやディスク、アジリティなどがそうです。

他犬の競技中、他犬の動きを見ながら大興奮していたら、自分の番が来た時に疲弊し、パフォーマンスが落ちてしまわないとも限りません。

そこで、いかに効率よく待機するかということも、競技中のパフォーマンスを上げるためには考えなければいけなくなるわけです。

グループレッスンにおいても、他犬のレッスンを観ているときは、自分の犬には静かに待機していて欲しいものです。

クレートで静かに待機できるかどうかは、環境設定と練習次第。

今日は見習い1のレッスンなので、見習い2はクレート待機でした。
時間はほぼ1時間。

クレートに入れる前に少し遊び、クレートにはコングにフードとクッキーペーストを詰め、おもちゃと一緒に入れておきました。
クレートにカバーはかけておきます。

時々コングを噛む音がしていましたが、後半は静かに寝ていたようです。

レッスンへの同伴は4回目ですが、少しずつ習慣になってきたのかもしれません。

帰りがけに、公園で社会化練習。

前回より少しディストラクションがある場所で、様々なものを落ち着いて観察し、母の声を聴く練習。

前回は他犬に少し吠える状況が見られましたが、今回は黙って見送れました。

202201241

バスケの練習する少年たちや、ストリートパフォーマンスの練習にいそしむ怪しい若者たちも、気にしないでいることが出来ました。

202201242

公園には様々なディストラクションがあるので、距離を取ながら練習を繰り返していきましょう。
-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年1月23日 (日)

犬との生活:犬の警戒心は環境によって異なることもある。

犬には多かれ少なかれ警戒心があります。
日常生活上、警戒しなければいけない場所にいれば当然外部の刺激に対してリアクティブに反応してしまいます。

そもそも、庭の犬小屋に係留されていた(あるいは現在も)犬たちは、不審な者に吠え、家を守ってきました。
現在、特に都会にあってはほとんど室内飼いに移行していますが、それでも、外を通る人の声、車の音、近隣の音に対して警戒心を表す犬たちは少なくありません。

窓から外を通るモノが見える場所にいる犬たちは、窓際で外に向かって唸ったり吠えたりすることもあります。
(このようなときは、窓に目隠し用シートなどを貼って、一時的に外が見えないようにすることで解決することもあります。)

ところが、飼い主が留守にしていると、意外と反応しない犬たちもいます。
つまり、飼い主ありきで警戒アラートを出す犬も少なくないということです。

今日のレッスンは、家の近所や散歩中、人や犬に対して吠えるというY君のお散歩レッスン。

ご主人がリードを持って歩いていると、視界に入った見知らぬ人に対して激吠えしながら突進しようとしました。

そこで、私がリードをお預かりして、突進しようとするY君のリードを止めながら、「それ違うよ。」と言ったところ、Y君振り返って、リードを持っている人間が代ったことを知り、静かになりました。

その後も私がリードを持って歩いていると、チラッと人や犬に目を向けますが、そのあとは無視して歩いています。

202201231

警戒心は、飼い主との関係性において出ることもあります。
飼い主さんが、警戒しなくていいことを繰り返し伝えていくことも大事ですね。

さて、今日の見習い2号、先住犬の練習中係留していたらハーネスを外してしまいました。
犬の動きを妨げないハーネスは、後ろに下がる犬にとっては外れてしまうこともありますので注意が必要ですね。

一度覚えると、自由を求めて下がる確率があがるので、ベストの下にハーネスを着けることにしました。
果たしてどうでしょうか。

今日は昨日のワンブロックから5ブロックに伸びました。
他犬との遭遇や見知らぬおばさまに声をかけられたりと、彼女なりにいろいろな経験をした散歩時間。

202201232

ちょっとした段差も石橋を叩くタイプ。
家の中では我が物顔なのに。

明日はどんな顔を見せてくれるのか楽しみですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年1月22日 (土)

パピートレーニング:交替制を教える

見習い2号が昨日散歩デビュー。

我が家に来てから1ヵ月近く、毎日カートに乗せて散歩していましたが、自身の足で歩けるのとは全く違います。
落ちているものが気になるのは当然。
行きたい方向に飛んで行けるようになるのも当然。

カートの中で先住犬たちの日々の練習を落ち着いてカートの中で見ていられるようになった見習い2号でしたが、実際自分の足で歩けるようになれば、当然絡みたい気持ちに駆られてしまいます。

案の定今朝の練習で、見習い2号は「自分もやる!」と騒ぎました。
リードで係留しているので、見習い2号は憎いリードを噛みちぎろうとしたり、こちらに飛んできそうになったり。
当然の行動ですね。

202201221

そこで、おもちゃを渡したところ、気が紛れて騒がなくなりました。

202201222

先住犬たちも、前の先住犬たちの練習中は静かに待っていることを学び現在に至っています。
代わりの物を与えなくても、自然に待つことを学んでいきましたが、性格には個体差もあるので、おもちゃで気が紛れて、吠えて騒ぐ行動が出なければ問題ありません。

落ち着いていられるようになれば、おもちゃが無くても待っていられるようになるでしょう。

見習い2号、生後3か月と2日です。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年1月21日 (金)

ドッグトレーニング:体はバランスよく使ってもらおう

犬は人間と違い、自分の体の使い方のことはあまり気にしません。
変な言い方ですが、体をバランスよく使わなければと思うことはありません。

そこで飼い主としては、犬が怪我をしづらいよう、バランスよく体を使えるようにサポートしてあげるわけです。

オビディエンス(服従訓練)などでは左脚側が基本のため、右脚側をすることはほとんどありません。
しかし、いつも同じ方向に意識(顔)を向けていれば、体の使い方のバランスが崩れてしまう可能性があります。
そこで、右脚側もプラスアルファとして練習してあげるとバランスがよくなるというわけです。

特にドッグダンスでは様々なポジションでのムーヴが出てくるので、当然右脚側も使います。
左右の脚側中にスピンなどの回転系の動きがあれば、左回りだけでなく右回りも教えてあげる必要があります。
それはある意味犬たちのためでもあるので、左右あるものは是非両方練習していきましょう。

今日のプライベートレッスンではL君が上手に左旋回をやってくれたので、今度は右旋回の練習をお願いしました。

202201211

さすがに左旋回で鍛えた後肢の使い方。
すぐに左後肢がスムースに動き始めました。
きっとすぐに右旋回も出来るようになるでしょう。

さて、今日は見習い2号の散歩デビューでした。

朝は家の前で歩く練習と、先住犬たちの練習を静かに見る練習。
午後は少し足を伸ばしてワンブロック歩いてみました。

202201212

地面がとっても気になる生後3か月です。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年1月20日 (木)

ラリオビグループレッスン

今日はWCRLラリーオビディエンスのグループレッスンでした。

202201201
※コース見分中

ラリーオビディエンスは、課題(作業)の途中で犬を褒めたり、声をかけたりできるので、パートナーとコミュニケーションを取りながら協働作業を楽しめるオビディエンス競技ですが、基本は通常のオビディエンスと同じで、ハンドラーと一緒に歩くことや、きちんと座ることなどは大前提です。

しかし、どんな競技でも犬の集中力を持続させるのは難しいもの。
声をかけることでパートナーがハンドラーへの意識を持ってくれれば、作業に集中することができます。

出来る犬を、どこでも出来る犬になるようにサポートしてあげると、犬にも自信がつきます。

焦らず、ゆっくり、愛犬をよく観察してみましょう。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年1月19日 (水)

ドッグトレーニング:犬に予測させない練習

日々同じことが繰り返されていると、人間だけでなく犬もルーティン化して、次に起こることを予測します。
ごはんや散歩といった日常生活のルーティンも然り。
ごはんを前にしてハンドラーが「オスワリ、フセ、マテ、ヨシ」と言っていれば、言われなくても勝手にやるのも同じです。

しかし、ドッグスポーツはいつも同じとは限りません。
特にアジリティやオビディエンス競技においては、その日の朝に課題の詳細が決まります。

個々のスキルを身に着けてもらうことは大事ですが、次に起こることを勝手に予測してフライングされることはペナルティになります。

例えばFCIオビディエンスの課題では、招呼(呼び戻し)の途中で犬を止めることがあります。
止まった時の姿勢はいろいろですが、止まることを犬は予測しているので、ハンドラーがキューを出す前に勝手に速度を落として止まってしまう犬もいます。
見習い1号もまさにそれをやります。

そこで、本番では止めなくてはいけなくても、練習では止めない練習も入れていく必要が出てくるわけです。

「次はこれでしょ?」と犬に言わせないために、ハンドラーはいろいろ工夫しながら練習をプランニングしなければいけません。
ある意味知恵比べのようなものですね。

FCIオビディエンスクラスIIIの課題には、ハンドラーの元から離れてコーンを周った後、ハンドラーのキューで止まり、その後指示された方向にあるダンベルを咥え、目の前のハードルを跳んで戻ってくるというものがあります。

コーンを周って、ハンドラーのキューを聴き、ダンベルを咥えてからハードルを跳ぶという一連の作業自体はきちんと覚えて欲しいのですが、勝手に止まってしまうとペナルティになります。
なぜなら、ハンドラーのキューにきちんと反応するというのがオビディエンスの基本だからです。

202201191

ややこしいルールをきちんと犬たちに教えていくのは時間がかかりますね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年1月18日 (火)

ドッグトレーニング:四肢の動かし方をサポートする

今日はLさんのプライベートレッスン。
他犬が苦手なので、公園で行いました。

昼間の公園は沢山お散歩に来る犬たちがいて、良いディストラクションになります。
距離を取って、Lさんが自分で対処できるようにサポートしていきます。

ドッグランの横目に飼い主さんと遊んだり、園内をリラックスして歩いたりと、今日は落ち着いて散歩が出来ました。

途中ベンチで休憩タイム。
マットトレーニングもしているので、マットを敷くとちゃんと乗っていられます。

最初は立っていましたが、そのうち自分から伏せられるように。

202201180

Lさんは、先日後肢の動きを少し練習したところ、上手にヒールポジションに入って来られるようになったそうです。

犬の後肢は前肢の動きにあわせて動くのが普通です。
後肢だけを動かすことは日常的にはあまりありません。
そこで、後肢を意識するようにサポートしてあげると、犬は後肢にも意識を向けることが出来るようになります。
四肢に意識を向けられるようになると、動きもスムースになり、ストレスも軽減されますね。

さて、今日は見習い1のオビ練習で、止まり方のサポート。

FCIのオビ競技では、リコール中に犬を止める課題があります。
しかし、ストップのキューの後、ズルズルと前に歩いて行ってしまうとペナルティがついてしまいます。

つまり、キューに対して出来るだけ速く反応することが要求されるわけです。

特に何も言われなければ、見習い1は「タッテ」のキューを聴いても、数歩前に進んでしまいます。

202201181

そこで、出来るだけ素早く止まれる止まり方を少しサポートしてあげると、両足を同時に止める方法にも気づけるようになります。

202201182

動き方が身に着くまでは時間がかかりますが、少しずつ練習することで、別の動き方も学んで行くことが可能です。
焦らずゆっくり経験値を積んでいきます。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年1月17日 (月)

ドッグスポーツに不可欠な要素とは。

愛犬と一緒にドッグスポーツを楽しみたいと思う人は沢山います。
現に様々なドッグスポーツを楽しんでいる人がいますが、競技に参加し、高みを目指そうと思えば練習は欠かせません。

ディスクやアジリティ、フライボールといった、目の前に犬にとって大きなモチベーターとなるものがあったとしても、どのペアも完璧に出来ていい成績が出せるとは限りません。

それぞれのスポーツに必要なスキルの練習は当然不可欠ですが、それ以前に犬の行動の完成度をあげるために犬に教えておかなければいけない要素がいくつかあります。
その代表的なものが「正確さ」。
つまり、犬がそのキューをきちんと理解しているかどうかです。
理解していなければ、当然ハンドラ―のキューに正確に反応することはできません。

3月のワークショップでは、愛犬との協働作業において必要なベースとなる要素も合わせてお伝えする予定です。
※イベントの詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2021/12/post-ac5cfb.html
ワークショップ残席わずか。

さて、今日はいつもイベントを手伝ってくれているスタッフの練習会でした。

今回初ドッグダンスにチャレンジするKさん。
シニア犬ですが、やる気満々で、最後まで集中が切れませんでした。

202201171

ルーティンの初披露楽しみですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年1月16日 (日)

ディストラクションレッスン

今日はディストラクションの中でのトレーニング。

きちんと教えた行動を、ハンドラーからキューを出されたとき、いつでも出来るようになっていなければ、教えた意味はありません。

しかし、犬の気を散らすものがいろいろあるのが現実。
他の犬が視界に入ったり、大きな音がしたり、苦手な物がそばにあったりすれば、当然気もそぞろになってしまい、ハンドラーの言葉は耳に届かないこともあるでしょう。

ハンドラーの声が耳に届くようにサポートするのがハンドラーの務め。

日常的にも、何もない静かな場所だけでトレーニングをするのではなく、いろいろな場所(環境)で出来ることを増やしていくことが大事ですね。

初めはディストラクションのレベルを下げて練習。

202201161

少し馴れてきたら、遊びを混ぜてみました。

202201162

少しずつ出来ることが増えるといいですね。

さて見習い2号は、合間に呼び戻し練習。

202201163

まだまだこれからですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年1月15日 (土)

子犬生活:小さい異変に気付く

子犬は日々成長しているので、確実に大人になっていくものですが、「成犬=扱いやすい犬」ではありません。

「大人(成犬)になれば、きっと楽になる」
ある意味間違ってはいませんが、犬の成長をよく観察しながら、人間との共同生活において好ましいと思われる行動をきちんと伝えていかないと、大人になったからと言って、話が通じる犬に育っているとは限りません。

トイレのこと、散歩の仕方、家の中での過ごし方など、小さいころからきちんと教えてあげて初めて子犬は大人になったとき、話が通じる良きパートナーになってくれます。

そのためには、小さいころにかける手の量をケチってはいけないということです。

それに加え、ちょっとした子犬の変化に気づいて、早めに修正してあげることも大事。

良い子に育つようにと頑張るのはみなさん同じなのですが、この「ちょっとした変化」をそのままにしておくと、後で「こんなはずじゃなかった。」となることもあります。

今日のプライベートレッスンVさん。
今までやらなかったのに、先日走っている車を見て大興奮したそうです。

最近お散歩のコースが車通りの無い所だったらしく、ちょっと刺激的だったのでしょう。
動いている物を追いかけたくなるボーダー・コリーという犬種ではよくある話です。

そこで、どの程度の状況なのか見せていただいたところ、確かに車が通るたびに若干気にしているようですが、大興奮とまではいっていません。
もともと基礎のオビディエンス練習をやっているので、脚側停座をしてもらうと、落ち着いていることも出来ます。

202201151

落ち着いていられることを強化して褒めていきます。
トリーツが食べられるレベルであることもポイント。

飼い主さんが早めに気づいてくださったおかげで、今後の散歩コースには車と遭遇する場所も入れていただくことにしました。

一方見習い2はカート散歩中に遭遇した他の犬などに対して、大興奮しないで落ち着いて見ていられたら、それだけでトリーツがもらえます。

202201152

自分の足で歩き始めたときに、少しでも役立ってくれるといいのですが。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

«トレーニングの基本はハンドラーとの関係性作りから