2019年6月18日 (火)

ドッグランに入る前にすること。

昨日のプライベートレッスンはドッグランの利用についての実践編でした。

愛犬を自由に走らせてやりたいと思うのはどの飼い主も同じでしょう。
しかしながら、都会にあってはなかなかそのような場所を見つけることはできません。

そこで、「ドッグラン」の利用ということになるわけですが、
なんでもかんでも中にいれればいいというものでもありません。

第一に愛犬の状態を確認することが大事。
日常的に他の犬に対する反応がどうなのか。
ドッグランのある場所での愛犬の精神状態(興奮度)はどうなのか。

まずは、そんなところからチェックしていきました。

都内の比較的大きなドッグランのある公園自体がその子にとっては大興奮の要因でした。
日常的に利用していればそんなことにはなりませんが、初めての場所、初めての広い場所、初めて出会う多くの犬たちや人、自転車、などなど、彼女にとっては刺激満載でした。

そこで、まずは公園内をお散歩していただくことから始めました。

最初は周囲ばかりが気になって、同伴していた我が家の犬たちなどほとんど目に入らないくらいの状態でしたが、ドッグランの周辺を何周か回っていただくうちに、少しずつ落ち着いてハンドラー(飼い主さん)の声が耳に入るようになってきました。

それまでおよそ1時間。

その間、ドッグラン内の様子も確認しました。
どんな犬が入っているのか、犬たちの様子はどうなのか。

落ち着けたところでようやくドッグランの中に入ることに。

初めはリードを緩めた状態で入っていただきましたが、とてつもなくけたたましく吠えたてる小型犬がしつこくやってくるので、リードは外していただきました。
なぜなら、嫌だと感じてもリードが付いていれば逃げられず、応戦する可能性がゼロではないからです。

元来フレンドリーな性格の犬なので、多少びっくりしていましたが、応戦することもなく、周囲の様子を観察していました。

201906181

そこで、時折飼い主さんに呼び戻しをしていただき、戻ったことを褒めて、またリリースするということを何度か繰り返していただきました。
2
3度連呼することはありましたが、戻りは100%。上出来です。

201906182
※写真の犬は大型犬の子犬で、これまたフレンドリーに人の後ろをついてきました。

初めてのドッグランは完全にアウェイですから、常連の犬たちにとっては興味津々。
そんな中でも、上手に立ち回りつつ、飼い主さんの声にも耳を傾けられていたので、何か起こる前の短い時間で引き上げることにしました。

201906193

老婆心のようですが、実際ドッグランに入る前に、何度か喧騒が勃発していたので、無理なストレスをかける前に、ニュートラルな思い出を持ち帰っていただくことにしました。

ドッグランの利用目的は人によってさまざまでしょう。
しかし、自分と愛犬だけが楽しく過ごせる場所ではなく、周囲の状況も把握し、配慮した利用が求められますね。

--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

週末はラリオビトライアル@woof

22日(土)は山中湖のwoofWCRL規定のラリーオビディエンストライアルが開催されます。
WanByWan
主催2回目のトライアル。

日々の練習の成果が出せますように。

事務仕事もようやく終わりに近づいています。

201906171

9:00 会場
9:30 受付開始
10:00 ブリーフィングのあと競技開始

ご参加のみなさま、週末お会いできるのを楽しみにしております。

--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

子犬はスポンジ

仕事柄、いろいろお困りな部分があって呼んでいただくことが多いのですが、そんな中でもパピーレッスンは子犬に新しいことを教えていくため、子犬はどんどん新しいことを吸収してくれるので見ていて楽しいものです。

レッスンを始めたばかりのボーダー・コリーのCさん、今日は初めてお散歩の様子を拝見させていただきました。

201906160

多少の引っ張りはあっても、人の話がきこえないほどではないので、少しずつアイコンタクトをとる練習をしていきます。

ディストラクション(よその犬や子供など)の少ないところで地道に繰り返していきます。

おうちの中の様子もお聞きしました。
ハウス嫌いではありませんが、もっとハウス好きになってもらうためにハウスの中でもごはんを食べさせてはとお伝えしていたところ、早速実践してくださったようで、ごはんの準備が始まったとたん、部屋の中をぐるっと一回りしたと思ったら、一目散にハウスに飛び込みました。

201906161

子犬はゼロから新しいことを吸収していくのでスポンジと同じです。
変な癖がつかないように早めにケアしてあげることがポイントですね。


--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
---------------------------------

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

その合図のキュー、犬は理解していますか?

犬は動体視力がいいので、動くものに対して反応しやすいものです。
例えば、「オスワリ」というキューを犬に教えるとき、
ハンドラー(飼い主)が人差し指を立てて、前かがみになりながら、「オスワリ」と言えば、犬はハンドラーの動きに反応して「オスワリ」の動作を覚えてしまい、ハンドラーの手がふさがっている(荷物を持っていたり、何か作業している)ときに、「オスワリ」と言っても座ってくれないことがあります。

このような愛犬の行動を見てハンドラーは、「教えたはずなのに、なぜできないのか」と悩んでしまうでしょうが、実は犬にちゃんと伝わっていなかっただけだからです。

教え始めたころは、体符(ボディシグナル)や視符(ハンドシグナル)などを使うことはかまいませんが、ある程度行動が身に付いてきたら、それらをはずす練習も必要です。

同様に、言葉のキューをきちんと聞くことも教えていきます。

早とちりな犬は、キューの最初のことばを聞いて勝手に動いてしまうこともあります。

例えば「マテ」をさせたいのに「マ・・」と聞いただけで、前進の「マエ」と勘違いして筋肉がぴくっと動いてしまう見習い。
これではこちらの言うことがなかなか伝わりません。

201906151

そのために、合図のキューはなるべくかぶらないように設定しなければいけないのですが、これに関しては私のミスでした。

いずれにしても、犬はハンドラーのことばを聞き洩らさないように一生懸命聞いていますが、キューが長かったり、会話の中に入っていたりすれば、大事な部分を拾うのはとても大変です。

「そろそろごはんにするからオスワリして待っていてね。」
なんてことは日常会話だから成立しますが(別に座っていなくても大勢に影響はない)、「向こうから車が来るからそこから動かないでね。」などは生死にかかわることなので、「マテ」と簡潔に言った方が犬にはすぐ伝わるでしょう。

何回か言ってるうちにやってくれればいいというスタンスであれば、犬にすぐやることを求めてはいけません。

一度でやって欲しいのであれば、犬にわかりやすく伝えるサポートが必要ですね。

--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
---------------------------------

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

ポジションの精度をあげる

ドッグダンスで必要なヒールポジションは競技の主催団体によって異なりますが、ヒールポジション自体はハンドラーのそぐ近くにいる必要があります。
しかも曲がることなく。

201906141

ドッグダンスはオビディエンスと異なり常に動き続けているので、犬もハンドラーに付いて動き続けることになりますが、ヒールポジションがあいまいのままだと、ポジションチェンジや次のムーヴへのトランジット(移行)がスムースに出来ません。

犬にはそれぞれ得意なスピードがあります。
素早く動ける犬もいれば、ゆっくりな犬もいます。

ゆっくりな犬の場合、ヒールポジションに入る前に動き出してしまうと、犬はいつもヒールポジションから外れた場所をヒールポジションとして認識してしまうこともあります。

ゆっくりな犬の場合は、ポジションに入るのを待ってから動いてあげるとわかりやすいでしょう。

ボーダー・コリーと言ってもスピードは様々。
アシスタントのニコルの場合、速い動きはちょっと苦手です。

ということで、必ずポジションに入ってから動き始めるようにします。



こうすると、あまり遅れずについてこられますね。

--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
---------------------------------

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

呼び戻し練習は不要?

日本国内の犬事情では、いわゆるリードが付いていない状況は「放し飼い」と十把一絡げにされています。
たとえ、犬がハンドラーにぴったりついて歩いていたとしてもです。

私の子供のころは、近所の犬は散歩の時間になると飼い主が家の門を開け、犬は勝手に近所の空き地に行ってトイレを済ませて帰ってきていました。
これこそまさしく「放し飼い」。
放れている間は、犬は誰からも管理されていないからです。

どこかのサイトで「犬に呼び戻しなど教えなくても、勝手に帰ってくるから必要ない」と言った内容が書かれているのを読んだ気がします。

こういう犬は呼び戻されなくても、勝手に家に帰ってきます。
しかし、家の周囲が車の通りが少ないとか、ほとんどよその人が歩いていないという環境だからこそできるのでしょう。

一歩家の外に出れば、自転車やバイクが走り抜け、そもそも近所に空き地が無い状況で、犬は勝手に散歩などまずできません。


今朝見習いのトレーニングをしていたときのこと、運動場に小型犬が一匹走りこんできました。
「前進」の練習をしている見習いに興味を持って追いかけてきたといった感じでした。

見習いは作業中全く周りを見ないので、踏んでは大変とすぐ呼び戻したのですが、当の小型犬の飼い主さんは全くその気配なし。

呼び戻した見習いが脚側停座していると、その周りでちょっかいを出そうとぴょんぴょんしています。
見習いに飛びつきでもしたら、「あっちに行け!」と一喝入れないとも限らないので、そのまま見習いと脚側しながら飼い主さんと反対方向に歩いて行ったところ、ようやく飼い主さんの元に戻っていきました。
確かに、待っていればそのうち飼い主の元に戻るから呼び戻しなど必要ないと言われそうです。

しかし、私がその時に聞いた飼主さんの声は「邪魔しちゃだめでしょ。」と言ったような感じでした。

「ダメ」なのは小型犬ではありません。
勝手に走っていく犬を止められなかった飼い主さんです。

ずっと以前、某都立公園の中を散歩をしていた小型犬が、飼い主の元を離れ、園内を散歩している別の犬のところに走り寄ったところ、その犬に噛み殺されたという事故がありました。

噛んだ犬はリードがついていて、そばにその飼い主もいたそうです。
その犬は元々犬が嫌いで、以前から似たような事故が起きていたので、常連の飼い主さん仲間では近づかないようにしようというのが暗黙の了解になっていたそうです。

「かわいい我が子を犬友達に挨拶させよう。」と小型犬の飼い主さんは思っただけかもしれませんが、人間の子どもであっても、親が手を放して事故に遭うケースも沢山あります。
かわいい我が子であれば、なおさら保護監督は必要でしょう。

リードが付いていればそんなことにはならなかった?
確かに。
でも、リードが付いていても、何かの拍子にするっと抜けないとも限りません。

リードが付いていたところで、狭い道ですれ違う時、相手の犬に興味津々で突進していく犬を呼び戻せないのは相手の犬には迷惑この上ないことです。

犬の自主性に任せることはとても大事ですが、人が介入しなくてはいけない場面も多々あります。
人に迷惑をかけないルールを愛犬に教えるのは飼い主の責任でもあるはずです。

都会で飼われている愛犬の安全を考えるなら、是非呼んだらすぐ戻ってくることを教えてあげてください。
予期せぬ嫌な事故に遭遇することを防ぐことが出来るかもしれません。

見知らぬ子犬が苦手な見習い。
とりあえず母に呼ばれて猛ダッシュしたので、嫌なことを経験させずに済みました。

201906131


--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
---------------------------------

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

ディストラクションレッスン

今日はワンダフルステップスタジオでのディストラクションレッスンでした。
伊藤哲郎先生と私が2クラス同時にレッスンを行います。

ディストラクションとは犬が気をそがれるもの。
つまり集中を切らす原因となるもの。

例えば、よその犬であったり、ボールなどのおもちゃだったり、あるいは走る人や、大きな音など、犬の集中を妨げるものは沢山あります。

気になるものが多ければ、競技の本番に実力が発揮できないこともあります。

ということで、今日のレッスンは参加犬弱点を見ながら、レベルに合わせてディストラクションを設定しました。

201906121

ディストラクションレッスンは一回で弱点が改善されるものではありません。
ディストラクションの中で、少しずつそれらの刺激に慣らす練習を繰り返し、その刺激が犬にとってなんでも無いものにしていくことで、犬は集中を切らすことなく、自信をもって作業にあたることができるようになります。

犬も人間同様、冷静さを欠いてしまうと、ハンドラーのことばをきちんと聞き取れなかったり、作業の精度が落ちてしまいます。

愛犬が自信をもつことは、日常生活においても愛犬のストレスを軽減することができます。

長い目で練習していきましょう。

※ディストラクションレッスンの詳細、お申込みはワンダフルステップスタジオのサイトでご確認ください。

--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
---------------------------------

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

食糞について

子犬の食糞についてよくご相談をいただきます。
「食糞」とは、自分がした便を食べてしまうことです。

犬を飼ったことのない人が聞けば、
え~っ!まさか!
となると思いますが、実はそんなに珍しいことではありません。

特に子犬の場合、生まれてしばらくは母犬が子犬のお尻を舐めて排便を促したり、食べて処理するので、子犬の便を食べることが悪いわけではありません。

ただ、子犬が自分の便を食べてしまう癖がつくと、成犬になってもなおらないこともあります。
なぜ自分の便を食べてしまうのでしょうか。

ブリーダーさんのところにいるとき、生まれた子犬の数が多かったりすると、ついつい目が行き届かず、排便の処理が遅れることがあります。

最初は退屈を紛らわすために、便で遊んでいただけでも、遊んでいるうちに口に入ってしまい、癖になってしまうこともあります。

新しい家族の元に行った後に、頻繁に排便の処理をしていると、自然と食糞の癖はなくなりますが、散歩の途中の茂みでよその犬の便を見つけて口にしてしまうこともあるので要注意です。

子犬の時分に、一人での留守番が長いと、これまた食糞の癖がつくことがあります。
子犬の排泄タイミングは成犬と比べて短いので、どうしても飼い主の目が届かないときに排泄される可能性があるからです。

ただ、留守中のことは人間側の都合なので、ウンチまみれになっていたとしても、飼い主としては怒れません。
下手に怒ると、犬はますます飼い主の見ていないところで排泄するようになるからです。

かといって、笑っていられないのが飼い主。
ひたすら我慢しながら汚れた犬を洗ったり、サークル内の掃除をするわけです。

犬には排便を隠すという習性もあるようです。
先代のボーダー・コリーは生後78か月のころ、23時間の留守中部屋でフリーにしていたら、悪戯しないようにソファの下に隠しておいたトイレシーツを引っ張り出し、その上に排便したあと、シーツを丸めて便を隠していた時がありました。
帰宅してリビングのドアを開けたとき、リビングのど真ん中に丸まったトイレシーツを見て、「また悪戯したか。」と大きなため息とともに片づけようとしたら、中からウンチが出てきたのです。
わざわざトイレシーツをソファの下から引っ張り出したのもビックリでしたが、隠してあってのにも驚きました。

身体が大人になれば、排泄のサイクルも安定してきます。
朝夕2回になれば、夜中や日中の留守番時の心配も減るでしょう。
それでも、気は抜かず、排泄物はさっさと片づけてあげましょう。

いずれにしても、悪気があって食糞しているわけではないので、飼い主としては、なるべくそのような環境にならないようにサポートしてあげることが大切ですね。

201602151

実はこの方もチビのころ食べてました。
というか、ある日ウンチを拾おうとティッシュを用意していたら、チビがパクっとやってびっくり。
「あっ!」と言ったら、ポロっと。

しかし、その後も散歩の途中で茂みで悪さをしているのを発見し、その後は茂みに顔を突っ込ませないように気を配りました。
おかげさまで、彼の癖はその後すぐに出なくなりましたが、なくなるまでは気が気でありませんでした。
この癖が続けば、ドッグランなどで放置されたものを口に入れないとも限りません。

愛犬の健康のためにも、早く治してあげましょう。

--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
---------------------------------

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

興奮している犬は学習できない

今日はドッグランでのディストラクションレッスンを予定していましたが、あいにくの雨のため、ご自宅内でのレッスンとなりました。
今日のディストラクションは見習いVincentです。

元来フレンドリーなJさんは、見習いとも面識があり、今日もスタート時から大歓迎。
見習いもまんざらではないので、見習いにとってもまじめにやらないと意味がありません。

そこで見習いとの距離をとってから、飼い主さんに集中する練習。

と言っても、気になるものが視野に入っていれば、気が散ってしまうのは当然です。
そんな中では難しいことをさせる必要はありません。
じっとしているだけで褒めます。

しかし、興奮しているときはクリッカーやトリーツさえ効果が無いこともあります。
刺激のレベルとご褒美のレベルも考えなければいけません。
なんとかさせようとするというより、飼い主さんも「待つ」ことから始めます。

そして飼い主さんと目が合ったら褒めていきます。

刺激が強すぎるときは見習いを視野外に連れていきます。

最初はバタバタしていたJさんも、だんだんこの環境に慣れて、飼い主さんのことばが耳に入るようになってきました。

201906101

この間、一切ネガティブな言葉はかけません。
見習いを見たり、気にすることが悪いのではないからです。

ディストラクションがあっても飼主さんに集中できるようになるまで練習は地道に続けていきましょう。

頑張ったJさん、最後は大好きな探し物ゲームでクールダウン。
J
さんの嗅覚はかなり性能が良いようです。

--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
---------------------------------

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

ドッグトレーニング:継続は力

今日のプライベートレッスンは梅雨の合間を縫って外で行いました。

少し前まで雨が降っていたせいか、公園の人出も今一つでしたが、
野球の練習をしていた親子を発見。
ディストラクションに利用させていただきました。

以前は飛んでいるボールが目に入るだけでも
集中が取りづらかったJくん。
多少のディストラクションは気にならなくなってきました。

201906091

ハンドラーへの集中力があがるということは、
犬の自信にもつながります。

少しずつ成功体験を増やして自信につなげてあげましょう。

--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
---------------------------------

| | コメント (0)

«その犬にとってのご褒美とは